ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - 2019年04月

2019.04.13

二輪マグホイール/パウダーゴールドパウダーアクリルクリアー二輪パーツバレル研磨

二輪マグホイール/パウダーゴールドパウダーアクリルクリアー二輪パーツバレル研磨!

二輪マグホイールの欠け、ガリ傷肉盛り修理は問題無く修理可能ですが、曲り修理は難易度が高く曲がりによるクラックが有る場合は10打数3安打割程度の成功率で今回は修理出来ました。

マグは鉄やアルミと違い塗装との相性が悪い特異な金属なため特殊な塗装剥離やマグ専用の下処理などアルミには無い多くの下処理を要しますので修理や再塗装はアルミの倍近いコスト納期が掛かります。

二輪マグホイール/パウダーゴールドパウダーアクリルクリアー二輪パーツバレル研磨


佐賀県のお客様・・・直上塗りの二輪マグホイールとアルミパーツ

リム曲りによりクラック有り・・・アルミならほぼ修理可能ですがマグ割れの修理成功率は3割程度です。

上塗りは削り込みパテ埋め補修が多い為、マグ塗装剥離してから確認、見積り

大雑把な削りでパテ埋めされてました。

パテ埋め補修部のマグ肉盛り修理

曲り、割れ、パテ埋め補修修理無事完成して研磨形成

1コート目ガスグラスプライマー化学処理してマグ専用ハイブリッドプラーマー

2コート目パウダーゴールド静電噴射!

パウダーゴールド下処理

3コート目パウダーアクリルクリアー静電噴射!

フロント側・・パウダーゴールドフルパウダー3コートの完成!

リア側・・パウダーゴールドフルパウダー3コートの完成!

完全な下処理研磨からの丸塗りですので側面リムもパウダー4コートで綺麗になります。

アルミパーツの鏡面ポリッシュ
二輪アルミパーツのバレル研磨
アルミカバー

アルミトップブリッジ

アルミステー

アルミマニホールド
●・・・二輪ホイール曲り修理の特性について・・・●
二輪ホイールはリム幅が細いため曲りにより反対側が引っ張られ反ってしまいホイール本体が横振れを起こします

さらにタイヤ側への押し込み曲りはエアー漏れはしませんがディスクまで押されるためディスク自体の曲り、横振れ、歪み現象が起きます。
曲りよりも反りつまりホイール本体のよじれ歪みが大きい場合は曲りが治っても横振れが残る事がありその場合は修理不可扱いとなります。
※自転車のようなワイヤーホイールは歪現象が顕著に現れます。
修理不能歪現象はこちら https://www.youtube.com/watch?v=c3kQbnR5Vs8
また修理の際プレス痕や場合により肉盛り溶接も伴えば修理箇所周辺の研磨から部分塗装の有無が御座います。
※メッキタイプ(クローム・蒸着・アルマイト)は修理に伴う修理箇所付近のメッキ焼け、剥げが出ても部分メッキが出来ませんので曲りプレス修理のみとなります。
●・・マグの再塗装について・・●
マグネシウム(鋳造・鍛造)問わずスチール、アルミと違い塗装との相性が悪い特異な金属です。
マグホイールはF1やフォーミュラーカー使用の軽量かつ機能性重視のため塗装の耐久性など二の次です。
塗装の耐久性や外観性などを問わないレース専用の特異な素材のマグホイールを実用車で機能性重視から塗装外観も良い状態を維持するという事は現実的にマグは無理な素材です。
マグの再塗装はマグ専用の外注剥離から本格的な下処理は陽極酸化(アルマイト)など施しその後マグ専用の皮膜形成処理やプロテクターなどアルミに無い特殊な下処理してからパウダーコートをベースとして溶剤ウレタンカラー仕上げの工程を踏みますのでアルミの倍以上の納期とコストが掛かります。
マグ専用の下処理に陽極酸化や化成処理しても実用車として永い年月で劣化しないとは言い切れませんしまた保障も出来ません。
マグネシウムホイールは実用に耐えうる金属では有りませんのでマグの特性上ある程度割り切りが必要です。
量産の鋳造マグでも塗装の浮きや縮み現象もそれらのマグ特性によるものですので修理からワンオフ塗装は出来るだけベストな処理を施し、腐食発生を先延ばしにする、というイメージだと思ってください。近年アルミの鍛造(FORGED)の方が鋳造マグより軽量化していますので鋳造マグの意味が無くなりました。
※マグのガリ傷欠けなどマグを肉盛り溶接してから再塗装をしていますので強度を必要とする箇所はパテ埋め補修など行っていません。
●・・マグホイールの曲り修理から再塗装の流れ(二輪・4輪)・・●
1・マグ剥離(外注依頼)~2・曲り、ガリ傷修理~3・本体丸ごと研磨~4・脱水脂(釜炊き)~5・化成処理(釜炊き)~6・マグハイブリッドプライマー(釜炊き)~7・パウダーコート(釜炊き)~8・パウダー肌サイディング~9・陥没埋め+サフ塗装(釜炊き)~10・サフサイディング~11・溶剤塗装(釜炊き)~ 12・トップコート(釜炊き)~13・バフ磨きして完成!剥離から完成まで釜炊きだけで最低7回を要します。
※マグは新品でも塗装縮み現象が起きる特異な素材のためマグ専用の下処理をしたからと言って完全無欠では有りませんのでマグの特性をご理解の上お願いします。
※テクマグはマグ含有量が少ないためたた重量が有りマグ純度の高い超軽量のマグ鍛造より塗装剥げが少ないです。
1・マットブラックやガンメタ他マット系はパウダー1コート仕上げのためパウダークリアー2コート、3コートなど不要ですのでパウダーコートカラーでは一番安く上がります。
2・黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアーリコートをお勧めします。
3・ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアーリコートをお勧めします。
4・パールやラメ系は「ベースカラー+パールOrラメ」から光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアーリコートをお勧めします。
二輪ホイールの再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。
二輪ホイール2本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2019.04.11

HOSHINO-IMPUL-G5-13インチ/パウダーブラック&バレル研磨ノークリアー

インパルG5-13インチのパウダーブラック&バレル研磨ノークリアーです。

4本曲りガリ傷が多く有りますが、ノークリアーが幸いして酷い腐食が無くバルレ研磨が出来ました。

曲りガリ傷は治せても虫食い、陥没など侵食した腐食痕は消えませんので素地磨きのフルポリッシュバレル研磨は「曲りガリ傷の有無」より「腐食の有無」こそが仕上がりを大きく左右する重要ポイントです。

ホシノインパルG5-13インチ/パウダーブラック&バレル研磨ノークリアー


福岡県のお客様・・・30年前の2Ps溶接ハメ殺しのHOSHINO-IMPUL-G5-13インチ
4本曲りガリ傷が多く有りますがノークリアーのため酸化白ボケしても腐食は殆ど有りません。

4本8ヶ所以上曲り修理

ガリ傷肉盛り修理・・・ペンチ曲げ直しが有りますが曲り、ガリ傷より手間が掛かりますので手を加えずお願いします。

リム修理が無事終われば塗装剥離からディスク表裏ブラスト研磨

2Ps本体インナーリムから側面リム研磨

2Ps本体先塗りのパウダーグロスブラック静電噴射

凹部の黒を残しディスクからリム研磨

ハンドアクション研磨

ディスク部バフ磨き

リムのバフ研磨

黒のダミーボルトは有りませんのでメッキダミーボルト装着してバレル研磨完成!

・・・2Ps本体インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

リムの曲りガリ傷修理はほぼ完璧です。

腐食が有りませんでしたので鏡面ポリッシュ映り込み良好!

ペーパライン、バフライン、バフムラ、パフ焼けなど完全に消して鏡面ポリッシュになるのがバレル研磨です。
一液型溶剤クリアー白ミミズシミ腐食現象について
ノークリアーのインパルは白ボケしてますが雨、泥水は直ぐに蒸発乾燥しますのでミミズシミなど入らず虫食い、陥没も起きにくくなります。
4駆の方は肌が弱い薄い一液型溶剤クリアーを塗って在りポリッシュ素地とクリアーの間に水が浸入して常に湿った状態のため白ミミズシミが入り終いには素地内部まで侵された虫食いが起き金太郎飴の様にいくら磨きても腐食痕が残ります。
ベース先塗りカラーが溶剤でない限り当社ポリッシュオンクリアーは全てパウダーアクリルクリアーになります。
焼き付け温度の違いで溶剤(70℃)の上にパウダークリアー(180℃)は出来ません。
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行ってません。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2019.04.09

BBS-RSⅡオープン17インチDBK-P

BBS-RSⅡオープン17インチDBK-Pハイパーブラック&ポリッシュです。

LMの限定カラーDBKは-Pの現行品はDB-SLDと名称が変わりましたが同じハイパーブラックDBK)です。

溶剤ハイパー塗装DBKは黒ベースの上に銀膜添料により「黒薄目~黒中間色~黒濃い目」と濃淡調整が可能で今回のBBS-RSⅡオープンは黒濃い目です。

BBS-RSⅡオープン17インチDBK-Pハイパーブラック&ポリッシュパウダーアクリルクリアー


福岡県のお客様・・・年代モノBBS-RSⅡオープン17インチ

曲り、ガリ傷修理から

インナーリムから側面リム剥離研磨

DBK-Pの2Ps本体は溶剤シルバーメタですがディスクのハイパー塗装(DBK)にはパウダーグロスブラックの方がディスクとマッチングが良いですのでパウダーグロスブラックの静電噴射!

アウトリムリムフランジからBBFバフ鏡面仕上げ

アウトリムポリッシュ面密着性向上のガスグラスプライマー化学処理からパウダーアクリルクリアー静電噴射!

ディスク塗装剥離

ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

さらに平滑面出し当社独自のバレル荒研磨 ※再塗装は下処理仕込みが命!

4ペク4コートのハイパーブラック(DBK)黒濃い目

ピアスボルトブラスト研磨~ガスグラスプライマーしてガンコートブラック
※外締めボルトはパウダーブラックになりますが内締めボルトの場合パウダーコートでは塗膜が厚くなり内締め埋まってしまうためガンコートブラックになります。

エンブレム台座2枚穴が開いて両面テープで貼り付けて有ります。

個々のパーツ完成!

ガンコートブラックピアスボルトを組み付け装着してSPからDBK-P(黒濃い目)の完成

リムポリッシュには透明度が高く密着性有るパウダークリアー

2コートのガンメタとは違い4コート(塗装)4ペグ(釜焼き)して高級感有るめメタル調ハイパー塗装DBK(黒中間色)

・・・2Ps本体インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

量産新品の溶剤ブラックのインナーリムから側面リムは被った程度の塗装ですが、パウダーグロスブラックは表裏満遍なく塗ってますので奥深い黒光してパットカスも付きません。

■BBS-RSⅡ17インチDBK-P(黒濃い目)の詳細■
・アウターリム・・・・・・・・ガリ傷修理からBBFバフポリッシュ+パウダークリアー
・2Ps本体・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・・・溶剤ハイパー塗装DBK(黒濃い目)
・ピアスボルト・・・・・・・・ガンコートブラック艶有り
・ナット・・・・・・・・・・・ホイール本体メスネジ式のため無し
・エアーバルブ・・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・中古再利用

こちらLMのDBK-Pハイパーブラックは黒薄目になります。
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行ってません。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2019.04.06

ハリアー純正18インチ鋳造(CAST)ホイールのバレル3次元研磨ノークリアー

ハリアー純正18インチ鋳造(CAST)ホイールのバレル3次元研磨ノークリアーです。

バレル研磨機に投入して2次元研磨や3次元研磨になる訳では有りません。・・・・ハンドアクション研磨、手磨きして2次元バフ磨きや3次元バフ磨がバレル2次元研磨、バレル3次元研磨に反映されますので手磨き、バフ磨き領域がバレル2次元研磨とバレル3次元研磨の違いです。

素地磨きのフルポリッシュバレル研磨は「曲りガリ傷の有無」より「腐食の有無と素材の良し悪し」で仕上がりを大きく左右します。

ハリアー純正18インチ/バレル3次元研磨ノークリアー


長崎県のお客様・・・曲りガリ傷腐食無し程度良好なハイパー塗装DBKのハリヤー純正18インチです。

純正ホイールはインナーリムから側面リムは時間とコスト低減のため?表面の塗装が被った程度で塗装されていません。

塗装剥離~ブラスト研磨

インナーリムから側面リム研磨

3次元ハンドアクション研磨(ここまでが全体7割の時間を占めます。)

湿式バレル荒研磨~当社独自の乾式バレル中研磨

さらにペーパー目を細かくしてハンドアクション3次元研磨~バフ磨き

バフ磨きとバレル研磨を数回繰り返してバレル3次元研磨の完成!

インナーリムから側面リムは水槽混入バレルによりついでに奇麗になります。

ホール穴中央部はバレル回転比率が弱いため2000番手まで手磨き、バフ磨きしてと鏡面光沢にはなります。※樹脂メッキのセンターキャップとバランス良くマッチしています。

デザイン天面同様にスポーク窓部まで手磨きバフ磨きしてバレル3次元研磨になります。

ノークリアーですので素地ポリッシュ鏡面光沢

装着写真を頂きました。
↓バレル2次元研磨とバレル3次元研磨の違い↓
スポーク窓部は手磨き無しのバレル研磨により鈍い銀の光沢になるのがバレル2次元研磨です。
バレル2次元研磨からメッキ掛ければ2Dクロームになり、パウダークリアーを塗れば2Dポリッシュクリアーになりますので最終処理が違うだけ!

リムとディスク天面同様にスポーク窓部まで手磨きしてバレル3次元研磨になります。
バレル3次元研磨からメッキ掛ければ3Dクロームになり、パウダークリアーを塗れば3Dポリッシュクリアーになりますので最終処理が違うだけ!
以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーはお任せください。 
※バレル研磨の再バレル研磨修理  http://www.243ok.com/blog/category/464/
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2019.04.04

BBS-LM20インチ/バレル2次元研磨ベースのメルテッドブロンズ(艶消し)&パステルブラック(艶消し)フルパウダーコート

BBS-LM20インチ/ディスクはバレル2次元研磨ベースのメルテッドブロンズ(艶消し)とアウトリムはBBFバフポリッシュパステルブラック(艶消し)フルパウダーコートです。

一般的なキャンディーカラーはシルバーや他塗装をベースとしたキャンディーカラーですが、本来のキャンディーカラーは塗装ベースでは無く、磨き込んだ光沢ベースに透けた色付きクリアーカラーで表現するのがバレル研磨&バフ磨きベースのパウダーキャンディーカラーです。

BBS-LM20インチ/バレル2次元研磨ベースのパウダーキャンディーカラーフルパウダーコート


愛知県のお客様・・・1本修復歴有りその他程度良好なBBS-LM20インチDSK-Pです。

リムフランジ修復歴有りでリムフランジが丸くなってます。

2Ps本体剥離インナーリムから側面リム研磨

2Ps本体パウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムのBBFバフポリッシュ鏡面仕上げ

アウトリムポリッシュ面密着性向上のガスグラスプライマー化学処理からパステルブラック(艶有り)静電噴射!

塗装剥離~ブラスト研磨

ゆず肌削除のハンドアクション研磨

バレル荒研磨~バレル中研磨

ハンドバフ磨き

バレル2次元研磨完成!

ポリッシュ面密着性向上のガスグラスプライマー化学処理からメルテッドブロンズ静電噴射!

ピアスボルト洗浄研磨ガスグラスプライマー化学処理してパステルブラック静電噴射!

パーツ別個々のフルパウダーコート完成!

メルテッドブロンズ(艶消し)&パステルブラック(艶消し)組付け完成

・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

バレル研磨やBBFバフポリッシュ光沢を透した色付きパウダーキャンディークリアーカラーですので、シルバーその他塗装ベースでのパウダーキャンディーカラーではこの表現にはなりません。

リムは薄っすらと艶消し黒の入ったパウダーキャンディーパステルブラック(艶消し)

■LM20インチ/キャンディーカラーフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ/パウダーキャンディーパステルブラック(艶消し)
・2Ps本体・・・・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・・バレル2次元研磨メルテッドブロンズ(艶消し)
・ピアスボルト・・・・・・・パウダーキャンディーパステルブラック(艶消し)
・ナット・・・・・・・・・・洗浄再利用
・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・磨き再利用
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2019.04.02

RAYS15インチ/溶剤ハイパー塗装DBKからパウダーコートDBK

RAYS15インチの溶剤ハイパー塗装DBKから耐久性重視のパウダーコートDBKです。

ハイパー塗装はメーカーにより名称が異なりDBK、DSKはBBS固有名称ですが一般的にハイパー塗装をDBK、DSKと呼ばれています。

黒ベースDBKとグレーベースDSKは溶剤4コートメタル調塗装で高級感は有りますが、塗装肌がデリケートで脆く弱いのが溶剤ハイパー塗装の弱点です。

溶剤ハイパー塗装は塗膜が弱いデリケート肌の弱点を補うのがDBK&DSK近似の耐久性重視フルパウダーコートによる再塗装です。

RAYS15インチ/溶剤ハイパー塗装DBKからパウダーコートDBK


神奈川県のお客様・・・ガリ傷修理ついでに溶剤ハイパー塗装DBKからパウダーコートDBKに塗り替えです。

溶剤ハイパー塗装DBK特有の塗装浮き剥げが至る個所出て来てます。

アルミ製バルブは柔らかいためナット締め過ぎでバルブが変形して焼き付きを起こし再利用不可です。※軽量が売りのアルミ製バルブは焼き付き損傷が多く再利用出来ないモノが有りますので、わずか10g程度軽くなった処でタイヤバランスのウェイト付ければ意味が無いかと思いますが?・・・・

ガリ傷肉盛り修理

リム研磨形成~剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨~バレル荒研磨
※塗装は下処理、仕込みが命!

インナーリムから側面リム研磨

1コート目・・・ミラークロームDBK風パウダーコート静電噴射!

パウダーミラークローム乾燥冷却待ち

2コート目・・・パウダースモークブラック静電噴射!

パウダースモークブラックの艶出しパウダーアクリルクリアー前

3コート目・・・最終トップコートのパウダーアクリルクリアー静電噴射!

プラ樹脂製キャップはパウダーコート出来ませんのでガン吹き液体溶剤カラー塗装になります。
※爪折れ1個有り

エンブレムマスキングしてガン吹き液体溶剤カラー塗装からエンブレム丸塗りのレンズクリアー

金属エアーバルブはホイールと同様のパウダーコートDBK塗装

パウダーコートDBK風完成!・・・写真では上手く表現出来ませので実物とは色合いが異なります。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」の利点からインリムまで塗装までパウダーコートが絶対お勧めです。ガラスコーティングは肌の弱い溶剤カラーを保護する役目のコーティングですので頑丈肌のパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

下処理仕込みのバレル荒研磨でユズ肌も消えて平滑レベリングも良好ですが、本来のハイパー塗装DBK色味メタリック感はガン吹き液体溶剤DBK塗装が勝ります。

塗装仕上げのビジュアルも重要ですが見えない工程、基本土台となる修理こそが修理屋の本丸です。

リム外周全面削れていたリム原型修復はほぼ完璧です。※パテ埋めなど補修など一切行っていません。

装着写真を頂きました。・・・ベースカラーを透かした手法のため光の当たり具合いで黒濃淡が変化します。
・・パウダーコート(DBK&DSK)の弱点欠点・・
1・パウダーコートは粉(個体)の静電気蒸着方のためプラ樹脂製は通電せず高温焼き付けに耐えきれませんので金属製以外のモノは施工が出来ません。
2・液体ガン吹き溶剤塗装の様に臨機応変に部分塗装修理が出来ません。
3・200℃高温焼き付けのため「虫食い、腐食、巣穴」の酷いモノは空気発泡現象が起きます。
【溶剤ハイパー塗装とパウダーコート塗装肌の強度比べ】 実験YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU
■溶剤ハイパー塗装の特性のおさらい■
ハイパー塗装は一般的な調色した溶剤2コートカラー塗装と違い4~5層の塗装を重ねたレイヤー式のメタル調表現のため密着性を犠牲にして成しえる高級感あるハイパー塗装になります。
ハイパー塗装はベースカラーの上へ銀膜から最終のトップコートまでの中間塗装はサイディングや密着剤添付が出来ません。つまりベース上の中間から上の層まではバームクーヘンのように挟んで重ねてあるだけのため密着が悪くなり飛び石に弱く、また取り付け時の工具干渉やタイヤ組み付け傷など付きやすく塗装肌が軟弱な事が最大の弱点ですのでタイヤ組み付けや装着作業また普段のメンテなど極デリケートに扱いう必要が有ります。
それら密着性を犠牲にして特殊なカラー表現ですので高級特殊塗装と言われる(ハイパーやスパッタリングメッキ)は重ね塗り手法のためカスタム塗りも社外量産新品や純正ホイールなどハイパー塗装は全て高圧洗浄機や洗車機は絶対厳禁です。
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※色塗って誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など素人でも出来る塗装修理などプロの仕事では有りません。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«4月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード