ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - リバレルリム交換

2015.01.24

BMW用アルピナTRXインチ規格リム制作からのリフレッシュ・リメーク

35年前の海外製のホイールで14インチでも15インチでも無い特殊サイズTRXミリ単位規格のホイールのためこれを修理リフレッシュしてもタイヤが無いとただの飾りオブジェになってしまうため現品のディスクに合してインチ規格のリムをワンオフ制作して15インチに造り直し復活したアルピナの紹介です。





BMWアルピナTRXリムからインチ規格リム制作リフレッシュ・リメーク



宮城県のお客様・・・分解された状態で送って来た14インチでも15インチでも無いTRXのミリ単位のリムのアルピナです。







海外サイトからの中古輸入らしくレベルの低い大雑把な修理で薄っぺらいパラペラのリムに変わり果てています。どの道このミリ規格のリムサイズではタイヤが無いため廃棄処分です。







ディスクはまあまあ程度が良かった事が幸いしてこのディスクを基準としてインチ規格リムへの勘合加工からアウト&インリムの3Psをワンオフで造ります。







ディスク部は塗装剥離してから削れ部分は肉盛修理します。

パテ埋め補修からの塗装はいたしません。







このディスクにはリムとの勘合溝など無く単にピアスボルトだけで位置決めしてあるようです。







ワンオフ制作の15インチ規格のリム内径にぴしゃりと合うようにディスクの勘合加工です。これでリムの中心位置ずれは起きません。







ピアスボルトの受け案内穴開け加工してからブラスト研磨してアクション研磨で塗装の前処理をします。







最終仕上げが溶剤カラーですのでベースも溶剤ベースを塗ります。







イン&アウト計8枚15インチx7Jのワンオフ(一品物)リム制作完成!

アウトリムはBBFバフ研磨から光輝アルマイトでインリムはバフ研磨無しの白アルマイトになります。







35年前当時のアルマイトと違い進化した現代の光輝アルマイトの15インチアルピナの完成です。

古いアルマイトのホイールで腐食の有るリムへ再アルマイトしても腐食痕が残るため腐食の有る再アルマイトは不可です。







アウトリムとインリムのシーリング直接結合のオーバーヘッド3Psになります。







ディスクの荒目の砂肌感は当時のまま再現塗装してあります。







新規15インチのリム内径合わせのディスクの勘合加工からリムワンオフ制作してアルマイト処理まで施し新たなピアスボルトの穴開け加工など多種の専門業者の連携も有り完成まで3ヶ月以上かかり35年前のアルピナのミリ規格がインチ規格のホイールとなり復活しました。





4本フルリフレッシュ・リメークに限り今年も送料往復無料キャンペーン中!



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

TEL0995-65-7225(平日AM9:00時~PM19:00時日・曜、祭祝日はお休み)



(有)オートサービス西HPはこちら

2014.10.10

BBS-LM17&18インチ3Ps化リバレルブラッシュド

当社オリジナル高品質純国産リムキットによるLMの3ピース化からサンドイッチタイプのカスタムリフレッシュ

リムからディスクまで拘りのフルパウダーワンコートフィニッシュ仕上げです。







BBS-LM17&18インチ3Psリバレル/ブラッシュド



岐阜県のお客様・・・白と黒に塗られたNSX用17&18インチのLMです。

リバレルしますのでリムの損傷は今回関係有りません。







無垢の状態のアウト、インのリムキットですので好きなサイズオーダーから様々な表面加工(BBFバフポリッシュ・バレル研摩・パウダーコート・ブラッシュド・光輝アルマイト・クロームメッキ・その他)が可能です。







インリムはパウダーコート用の下処理リム研磨から化成処理







インリムは当社定番のパウダーグロスブラック







アウトリムはBBFバフ研磨から仕上げはバレル研摩









アウトリムのパウダークリアー







センターディスクは剥離からハンド研磨してバレル中研磨







2次元ブラッシュドのベースとなるバレル研摩の完成







ディスクサイド面はバレル研摩肌を残し天面部のみブラッシュド

※ブラッシュドの下処理にバレル研摩をベースとするのは当社独自の工法です。







ディスクのブラッシュドへのパウダークリアー







再クロームしたロングボルトを含め全13パーツの完成







BBS純正の再クロームしたロングボルトを装着サンドイッチ式に組んで合体完成です。同規格品M7の社外ボルトも有りますが今回は拘りのBBS純正ロングボルトです。

3Ps化すれば勘合台座のインとアウトの2枚分の重ね厚みが出るためLM用のショートボルトは使えませんのでロングボルトに交換する必要が有ります。







裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへのパウダーワンコートフィニッシュを推奨する理由、目的です。







フロント17x8.5Jx2枚







リアー18x12.0Jx2枚









■LMリバレル3Psバレルブラッシュドの詳細■

1・アウターリム・・・・・・・・1.3J+2.8Jバレル研摩(パウダークリアー)

2・インナーリム・・・・・・・・6.7J+7.7Jパウダーグロスブラック

3・センターディスク・・・・・バレル2次元研磨ブラッシュド(パウダークリアー)

4・ピアスボルト・・・・・・・・再クロームロングボルト交換

5・エアーバルブ・・・・・・・・洗浄研磨再利用

6・エンブレム・・・・・・・・・・赤パッチ

7・サンドイッチ式に伴うシーリング打ち直し





NSXへの装着写真を頂きました。リアーは2.0Jアップの11.0Jになりましたので元タイヤではパンパンの引っ張りタイヤです。!



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送キャンペーン中!



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

TEL0995-65-7225(日曜、祭日以外平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。



(有)オートサービス西HPはこちら

2014.07.26

2PsLMから3PsLMカスタムリバレル制作販売開始

3PsタイプのRSのリバレル(リム交換)は海外製のリムで数年前よりリム交換カスタムをしていましたが高品質で信頼性有るRS用に純国産リムが提供出来るようになりました。

純国産リム制作に伴い要望が多かった2PsのLMを3Ps化した純国産リムのカスタムリバレルの制作販売のサンプル試作品が出来ましたので紹介します。

ディスクと独立したアウトリムとインリムから構成される3Psホイールになりますので既存の2Psを切ったり貼ったりした危険なホイールでは有りません。







まずは初歩的な2Psの構造解説から・・

「ディスク」と「インアウト一体型リム」とで構成される2PsのLMです。

2Psホイールはセンターディスクと「イン・アウト一体型」・「イン・アウト別パーツ溶接結合型」いずれか2通りになります。LM、LM-R、RS-GT、Super-RSなど全て「インとアウト一体型」の2Psです。

そんな2Psを「アウトだけ深くしたい、細くしたい」など無茶な問い合わせがたまに有りますが2Psを切ったり貼ったりして太くしたり細くしたりは出来ません。



純国産リムのLM3Ps化リバレルサンプル試作品

3Ps・・LM17x5.5J(標準タイプの表組オーバーヘッドディスク)



17x5.5Jハイパーブラック(DBK-P)仕様にしてみました。

LM100-4Hディスク提供なら軽用のLMが出来ます。







極細のLMです。・・アウトリムのリムフランジから側面はシルバーメタでインリムはパウダーシルバーです。





3Ps・・LM17x12.0J(標準タイプの表組オーバーヘッドディスク)



17x12.0Jディスクは当社独自のバレル研摩からのブラッシュドにしてみました。







極太のLMです。・・アウト&イン直結合でトータルサイズ12.0Jになります。

アウターリムは無垢仕上げでインナーリムはパウダーシルバーです。







こんな深リムのLMは他所にまず無いですので目立ち度、注目度は抜群です。

浅リムの大口径ホイールより小口径でも深リムホイールの方が断然カッコいいです。







3Ps・・LM17x12.5J(挟み式のサンドウイッチタイプ)



3PsですのでRSの様にサンドウイッチ式にも出来ます。







アウトとインの間にディスクを挟むサンドウイッチ式の場合ディスク挟み厚を加算してトータルサイズ約12.5Jになります。

※注:アウトとインの二枚重ねの勘合厚みが出るためLM純正M7ボルト(傘下23ミリ)では長さが足りなくなりますので同規格品M7か国産ボルトM8の傘下30ミリ以上のロングボルト交換が必須となります。







試作品ですので1本しか有りませんがほしい方はオブジェとしてお譲りいたします。



最少サイズ5.5J~最大サイズ12.0J位までお好みのリバレルが可能ですが対応出来ないサイズも一部有ります。



完全分解可能な3Psホイールはアウトとイン個別のオーダーが出来ますが2Psはアウトとインの2枚セットでの制作販売となります。



RS用の純国産リムは既に制作販売していますので現在3セット純国産リバレルリムからのリフレッシュ施工中です。完成後ブログで紹介いたします。



純国産のリバレルリムは無垢仕上げですので後の施工はご希望に応じて各種加工(BBFバフ研磨・バレル研摩・ブラッシュド・アルマイト・クローム・パウダーカラー・キャンディーカラー・その他)可能です。

ポリッシュ仕上げ後のクリアーの有無から溶剤硬質クリアー&パウダクリアーなども対応可能です。

※重要1・リバレルリムへのダイヤモンドカットは出来ません。

※重要2・アウトとインの二枚重ねの勘合厚みが有るためLM純正M7ボルト(傘下23ミリ)では長さが足りなくなりますので同規格品M7か国産ボルトM8の傘下30ミリ以上のロングボルト交換が必須となります。



BBS-RS用のアルミ無垢削り出しのフラットキャップロータイプ6角キャップさらに極薄6角キャップも近日制作販売致しますので興味のある方はお問い合わせください。

※キャップの表面処理もバレル研摩からのパウダークリアーやクロームメッキ、キャンディーなど何でも可能です。



BBSに限らずOZ系や国産SSRなど他のメーカーホイールのリバレルも可能です。





お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。



お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西 HPはこちら

2013.02.26

BMW用/BBS-RS16インチのリフレッシュ

本国仕様BMW用のBBS-RS16インチのリフレッシュです。

本国(当時の西ドイツ)製と国産(ワシマイヤー)製は同じRSでもポリッシュ、ピアスボルト、ディスクのデザイン、塗装下地など造りが微妙に違い国産と互換性の無いモノも一部有ります。

本国BBSに限らずヨーロッパ製のホイールは昔からも今の商品でも塗装下地が違うため塗装を剥ぐのに苦労するホイールでも有ります。



本国仕様BMW用/BBS-RS16インチのリフレッシュ



東京都のお客様・・・なぜかピアスボルト付近が黒く塗られていますが、全体的には程度良です。

要は「曲りやガリ傷の有無」よりもリムポリッシュ面の「変な修復歴の有無」「腐食の酷さ」で仕上がりが決まります。







ガリ傷肉盛り修理!









僅かな曲りもチェックしてインリムの曲り修理!

何十年も使って曲りやガリ傷の無いホイールはめったに有りませんから・・・・









ヨーロッパ製の塗装は簡単には剥げません。国産品の数倍時間がかかります。







研磨機で完全研磨します。







パウダーコート前に釜で100℃前後で空炊きをします。







インナーリムへパウダーグロスブラック噴射!







ディスクとメッシュプレートの剥離からブラスト研磨!







溶剤シルバーメタのベース下処理塗装!









こちらも釜で他の商品と同時に焼きます。







ディスク塗装と6角キャップバレル研磨3台分完成!







アウトリムと6角キャップは個別に磨き込みピアスボルト交換して合体完成!

ディスクメッシュは国産RSの丸みを帯びたモノに対してややエッジが強い角ばったディスクです。







インリムは熱に強く汚れにくいパウダーブラックです。

黒いインリムはホイール全体が締まって見えます。







BMW用BBS-RS16インチリフレッシュの詳細

1・アウターリム・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(ノークリアー)

2・インナーリム・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

3・ディスク&プレート・・・・・溶剤ゴールドメタ

4・6画キャップ・・・・・・・・・・3次元バレル研磨(オンクリアー)

5・ピアスボルト・・・・・・・・・・M7同規格社外クロームボルトと交換

6・エアーバルブ・・・・・・・・・BBS純正新品と交換

7・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し

8・エンブレム・・・・・・・・・・・・BMW新品バッチ交換

※15~17インチまでのレギュラーサイズのリムは多数ストックしていますので、「修復暦有りのリムや曲り、割れ、腐食」のひどいモノは在庫がある限り、リム交換、ピアスボルト交換、キャップ交換して修理、リフレッシュいたしますので安心してご依頼ください。



同モデルでもディスクまで磨き込むとFACEがガラリと変わります。

       ↓




センターディスクを普通にカラー塗装する方法だけで無く、スーパーポリッシュバレル研磨でディスクまで磨き上げる工法は当店ならではのカスタム技術でRSの個性をより引き立てPremiumOnlyOneRSも提供いたします。









当日4台完成しました。※右端は希少な14インチ100-4Hです。

※色んな軍団が重なって毎日パニクッテいます。納期が掛かります事ご理解、ご了承ください。



4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へ電話番号明記の上お願いいたします。





お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西HPはこちら

2010.11.20

BBS-RSのアウターリム交換について

リフレッシュに伴いリム交換依頼が一番多いBBS-RSのアウターリム交換とディスクとの関連について今回はご案内ご説明いたします。

写真は0.5インチから3.0インチまでの代表的なアウターリムです。

※ホイールサイズの15や16インチではなくアウターリムのみの高さ深さのインチの意味です。

1Psや2Psホイールは幅サイズJの変更は出来ませんが、3PsホイールはRSに限らずアウター&インナーリム交換が可能ですので、お好みのサイズにカスタム出来ます。



BBS-RSアウターリム  国産0.5inchから輸入品4inch

0.5インチ(約13ミリ)

15インチ~17インチまでのオフセット数値の大きいFF車やハイキャリ車などに使われており、中古で一番多く出回っている、0.5インチリムです。

13ミリの浅いリムを深く表現するためディープリム風に凹状の形状となっています。









 

1.0インチ(約25ミリ)

オフセットが30ミリ代のモノから20ミリ代のモノなどへ多く使われています。

15インチの国産車用リムは1.0インチまでしか在りません。

15インチ1.5インチ以上のワイドリムは輸入リムとなります。

※当店に在庫が無いのではなく商品設定が無く販売されていない意味です。







 

1.5インチ(38ミリ)

1.5インチ~の国産車用リムは16・17インチからの設定となります。

マツダ車や日産系のFR車用のフロントまたはリアーなどに多く使われています。

Y31・32系セドリック、シーマ、R30.31.32スカイラインなど









 

2.0インチ(約50ミリ)

トヨタのFR車用のリアーなどに多く使われています。

130系ワイドクラウンなど

2インチ以上は一部外車用がありますが国産品とは互換性の無いものがあります。

16・17インチの国産車用リムは2.0インチまでしか在りません。

16・17インチの2.5インチ以上のワイドリムは輸入リムとなります。

※当店に在庫が無いとの意味ではなく商品設定が無く販売されていない意味です。







2.5インチ以上は国産品の設定が有りませんので輸入品となります。

2.5インチから5.0インチ位のアウターリムのみ入手可能ですが、全て輸入品となります。

サイズや幅で価格は変動しますが、ドル換算で1枚200~300ドル前後ですので1ドル90円弱として3万前後で購入できます。(2010年平均値)

輸入品は今が買い時かも知れません。

 

2.5インチ(約64ミリ)

【輸入品】BMW・Benz・Ferrari・Golf などヨーロッパ車用に多く使われています。







 

3.0インチ(約76ミリ)

【輸入品】BMW・Benz・Ferrari・Golf などヨーロッパ車用やカスタム車に使われています。







 

4インチ(約101ミリ)

【輸入品】オーバーフェンダーやブリスターフェンダーなどカスタム改造車に多く使われます。









センターディスクの形状について

オフセット40前後のローディスクからオフセット15前後のハイディスクはディスクの形状(もっこリ山並み、フラット平面)と下駄の厚さが違います。



同じ1インチリムをオフセット40前後のローディスク(左)とオフセット15前後のハイディスク(右)に組んだら高さがこれだけ違います。つまり高さ(出っ張り)に余裕のあるローディスクは2インチリムを組んでもハイディスク1インチと比べフェンダー側への出域は全く同じとなり、より深いリムが選択できる事になります。



※カスタムホイールのアドバイス)

1・アウターリム3インチ以上の輸入品は今が買い時です。

2・ローディスクは下駄が薄いのでフェンダー側へ余裕が出てきます。キャリパーに干渉しない程度のローディスクの選択によりワンランク上のホリ深のアウターリムが設定できる事になります。ディスクの厚みでアウターリムの選択が決まります。


例・・フェンダーへのはみ出しがハイディスクの2インチが限界の時、ローディスクの場合3インチまで収まる事になります。

ローディスクの場合キャリパーへの干渉がある車種は逃げとなる下駄の厚みが必要となりハイディスクで無いといけない場合も多くあります。



ホイールサイズはアウターリムとインナーリムで決まりますが、オフセットはディスクの高さやリムの深さなどそれぞれの組み換え組み合わせで変わってきます。





BBS-RSリム交換の詳細はこちら





(有)オートサービス西のHPはこちら



BBS-RS15インチ 16インチ 17インチ 販売用の在庫も多数ございます。






希少品 BBS-RS15インチ 100―4穴 6J~6.5J~7Jのサイズは現在4セットございます。

お気軽にお問い合わせください。

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«10月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリーリスト

フィード