ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

モノチューブWリム修正

合金W型モノチューブカールリムの曲り修正について 

1枚型リムとは違いW型モノチューブカールリムの曲り修正はどこでも直せません!
経験と技術を要す非常に難しい曲り修正です。

合金プレス1枚型のアルマイトリムは柔軟性があり1枚式のため角の立ってないお辞儀した程度の曲りはアルマイトは一切剥離研磨せず比較的簡単にプレスのみの修理も可能です。しかしW型モノチューブカールリムの曲り修正はパイプ式の構造のめ小さな曲りでも、肉盛り溶接は絶対必要工程となります。1枚式リムの修正は簡単といっても過去数千本直した経験上で得たものであり決して他がやって以下のようには簡単に直せるものではありません。

1枚型リム・W型モノチューブリムに関わらず当社自慢のプレス技術のなせる技です。

1枚型リム

1枚型リムのお辞儀程度のリム曲り修正はアルマイトを剥離研磨せずプレスのみで修正出来る事もあります。

Before

After

Before

After

カールしたパイプ状のため曲りによる凹みは構造上押し出しが不可能なのがお解りかと思います

凹み箇所を肉盛り溶接しないで凹み部分の低い所を基準に削り込んでしまえばこんな事になってしまいます。

低い所を基準に削り込む修正

薄くなってしまった結果使用中に割れたホイール

表裏削り込めばこんな結果になります。

裏面の凸凹を隠すための色付きコーキングで隠して有る物は100パーセント削り込み修正です。これは断言できます。

1枚型リムに対してW型モノチューブカールリムの曲り修正はリム構造がパイプ状のため曲がった箇所をプレス修正してもリム外周は当然つぶれたままとなります。つぶれて凹んだ箇所は必然的に外周復元の肉盛溶接が絶対必要不可欠となるためプレスのみで直す事は構造上、「不可能です。」それをしない修正が削り込みとなってしまいます。
下の写真はより判りやすい説明のため曲ったモノチューブリムをプレス切断した解説用の例です。

1.良くあるモノチューブリムの曲り

2.②の内周はプレスして出せますが、①のリム外周は凹んだままで、③の押し込みが良く解ります。

3.凹んで入る箇所を肉盛り溶接で肉厚を出し形成の必要があります。

上写真と同じ工程の修正例

1.お辞儀した程度の軽い曲り

2.プレス修正

3.外周、裏リムの肉盛り溶接

1.リム根元よりの大きな曲り

2.リム垂直部を綺麗にプレス出しするのがこの修理の出来を左右します。永年の経験と感がモノヲ言います。※解り易いように外周のみの溶接ですが、実際は表裏の肉盛りをしています。

3.裏リムの押し込んだ痕跡が見えリム幅が保たれている事は、肉盛り溶接したとして一目瞭然です。

特にタイヤビートのあたる裏面はシビアに形成しないとエアーもれの原因となります。凹んだ部分を基準に削りこみシーリングで、隠してあるホイールをよくみかけます。表面部分の仕上がりだけを見てリム外周や裏面を確認するお客様はほとんどいません。さらに、タイヤ付きで修正依頼された場合タイヤを組んでしまえば、お客様は確認しようがありません。以前修正に出された方はタイヤ交換時、是非一度タイヤビートのあたる裏面の箇所や外周もしっかり確認して見てください。

最近の2Ps・3Ps組み立て式の扁平タイヤに耐えられるリムの構造として全体の8割以上がW型モノチューブカールリムです。このホイールをまともに直せるお店はほとんど有りません。2Ps・3Psリムの曲りが直せなければホイールのリフレッシュもお受けする事は出来ません。2Ps・3Psの曲り修正に比べたらガリ傷程度の肉盛り修正だけなら屁みたいなものです。(ハイパー塗装やメッキはその後の塗装に時間と手間を要します。)
1枚型アルマイトリム/W型モノチューブカールリムの曲り修正の詳細はこちら■2P・3Pモノチューブカールリムの修正

小さな曲りも大きな曲りもモノチューブリムは全て肉盛り形成が必要となります。
※写真には有りませんが表面だけではなくリム裏から包みこむ溶接となります。
2Ps・3Psのような大きな曲り修正に比べたらよくあるガリ傷程度の肉盛り研磨修正など屁みたいなものです。

Before After

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

仕上げ実績をBlogにて公開中!

  • facebook
  • Youtube
  • みんカラ+

有限会社オートサービス西

〒899-5652
鹿児島県姶良市平松7366-4
TEL. 0995-65-7225
FAX. 0995-66-4606

当社へのアクセス