ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - パウダーコート/パーツ編

2021.08.23

溶剤ウレタン塗装からバイクフレーム&パーツのパウダーグロスブラック

溶剤ウレタン塗装から二輪バイクフレーム&パーツのパウダーグロスブラックです。

旧車絶版車バイクのフレームは溶剤ウレタン塗装ですので年数経過して錆び、腐食や酷いモノは鉄腐食が溶け穴が開き朽ち果て再生困難な物も多く有ります。

パウダーコート(粉体塗装)は、液体有機溶剤を含まない樹脂膜ですので需要の多いホイールは基よりバイクフレーム、パーツなど腐食再錆び防止にも一役買いワンオフならでは今や主流となった理想的な塗装です。 

溶剤ウレタン塗装からバイクフレーム&パーツのパウダーグロスブラック


高知県のお客様・・・小型スクーターフレーム

鹿児島県のお客様・・・・中型ゼファー400中型フレーム

塗装剥離~ブラスト研磨・・・パウダーコート自体は難しく有りませんが塗装までの研磨下処理に全体の8割を占めます。

パウダーグロスブラック静電噴射

小型スクーターフレームのパウダーグロスブラック完成!

中型ゼファー400中型フレームのパウダーグロスブラック完成!

パイプや網状の複雑な形状、溶接部、狭い奥バッタ箇所など静電噴射式ですので隅々まで満遍なく塗装が載ります。
↓パーツのパウダーコート↓

パウダーマットブラック

パウダーマットブラック

パウダーマットブラック

パウダーグロスブラック+パウダーゴールド

パウダーグロスブラック

パウダーグロスブラック

パウダーグロスブラック
塗膜に柔軟性、光沢が有り耐衝撃にも強く、耐久性にも優れている為、黒光りしたきれいな外観を長い間保つことが出来るためむき出しバイクのパーツやフレームは特に適してます。
パウダーコートの利点「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など「アルミ・スチール・マグネシューム・クローム・その他」金属製品への再塗装はパウダーコートが今主流ですので溶剤塗装は単品修理のみ出番です。
パウダー塗装は研磨下処理が命です。
パウダー7.000色以上のカラーバリエーション
●ホイールへのパウダーコート再塗装の流れ●
1・曲りガリ傷修理~2・塗装剥離~3・ブラスト研磨~4・ハンドアクション研磨~5・バレル荒研磨~6・化成処理~7・脱脂~8・200℃以上空炊き~9・パウダーコート~10・カラーによりパウダークリアー
(任意オプション)
1・マットブラック、その他マット系はパウダー1コート仕上げのためパウダークリアー2コート、3コートなど不要のためパウダーコートカラーでは一番安く上がります。
2・黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんのでパウダークリアーは任意ですが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため用途に応じてパウダークリアーリコート”をお勧めします。
3・ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系やブロンズなどパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートになります。
4・パールやラメ系は「ベースカラー+パールOrラメ」から光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の3コートになります。
5・指定カラーが有る場合はパウダーコートはベースとしてパウダーサイディング下処理して調色可能な溶剤カラーが追加となります。
お問い合わせやお見積もりは会社メール  nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
〒899-5652 鹿児島県姶良市平松7366-4
TEL 0995-65-7225
FAX 0995-66-4606
Eメール nishi@243ok.co.jp
HP http://www.243ok.com/
営業時間:9:00時~19:00時
定休日:日曜祝祭日  第2第3月曜日2連休
※連休、休日内でも荷物受付年中無休
(有)オートサービス西

2020.11.24

モンキー分解フルパウダーコートレストア

モンキー完全分解してプラ樹脂、ゴム製品以外の金属パーツは全てパウダーコートOr耐熱ガンコートです。

・プラ樹脂パーツ/ハイパー塗装&蒸着メッキ~溶剤アクリルクリアー

・アルミ製パーツ/バフ磨き~バレル研磨~パウダーアクリルクリアー

・鉄メッキパーツ/バフ磨き~化成処理~パウダーアクリルクリアー

・鉄塗装パーツ/パウダーグロスブラック~アクリルクリアー

・発熱パーツ(エンジン、マフラー)/耐熱ガンコートマットブラック

モンキー分解フルパウダーコート&ガンコート&ポリッシュレストア


フルメッキモンキーから十数年前溶剤塗装でのカスタムしたモンキーです。
ノーマルに戻しフルパウダーコート模様替えリメークします。

エンジン、フレーム分解

エンジン、フレーム、キャブレター湿式&乾式ブラスト研磨

小物パーツ塗装剥離~ブラスト研磨

パーツ別パウダーコートカラー静電噴射!

アルミパーツを色塗りでは芸が有りませんのでハンドバフ3次元磨き

アルミパーツから当社自慢のバレル3次元研磨フルポリッシュ

パーツ別パウダーアクリルクリアー静電噴射!

タンクロゴをスキャンしてイラストレーターでトレースカッティングシール作成・・・金文字は似合わなかった為急遽赤文字変更

全パーツ完成

組付け完成!・・・・パウダーグロスブラック以外パーツの施工内容
再塗装2回レストアベースモンキー

リストア前最初ベース30年前のフルメッキモンキー限定車・・・・メッキですのでそこかしこメッキ剥げが多く出て高額な再メッキしてもは長持ちしませんのでからカラー塗装に変えた経緯です。
1回目溶剤ホワイトレストア

1回目レストアはパウダーコート導入前でしたので溶剤ホワイトでしたが15年以上もてば溶剤カラー塗装は長くは持ちませんのでそこかしこ塗装浮き、剥げが出て来てアルミパーツは塩吹きだしました。
2回目フルパウダーコート

2回目レストアはノーマルに戻しメッキ系以外のパウダーコートは耐久性抜群で新車以上の仕上がりです。
パウダーコートの利点「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など「アルミ・スチール・マグネシューム・クローム・その他」金属製品への再塗装はパウダーコートが今主流ですので溶剤塗装は単品修理のみ出番です。
塗装や磨きは下処理が命です。
パウダーメーカー数社合わして7.000色以上のカラーバリエーション
●ホイールへのパウダーコート再塗装の流れ●
1・曲りガリ傷修理~2・塗装剥離~3・ブラスト研磨~4・ハンドアクション研磨~5・バレル荒研磨~6・化成処理~7・脱脂~8・200℃以上空炊き~9・パウダーコート~10・カラーによりパウダークリアー
(任意オプション)

1・マットブラック、その他マット系はパウダー1コート仕上げのためパウダークリアー2コート、3コートなど不要のためパウダーコートカラーでは一番安く上がります。

2・黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんのでパウダークリアーは任意ですが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため用途に応じてパウダークリアーリコート”をお勧めします。

3・ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系やブロンズなどパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートになります。

4・パールやラメ系は「ベースカラー+パールOrラメ」から光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の3コートになります。

5・指定カラーが有る場合はパウダーコートはベースとしてパウダーサイディング下処理して調色可能な溶剤カラーが追加となります。

お問い合わせやお見積もりは会社メール  nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

〒899-5652
鹿児島県姶良市平松7366-4
TEL 0995-65-7225
FAX 0995-66-4606
Eメール nishi@243ok.co.jp
HP http://www.243ok.com/
営業時間:9:00時~19:00時
定休日:日曜祝祭日  第2第3月曜日2連休
GW、お盆休み、SW、正月休み(カレンダーにより変動)
(有)オートサービス西

2018.11.24

車椅子スチール&アルミパーツと二輪、四輪パーツのパウダーコート

車椅子スチール&アルミパーツと二輪、四輪パーツのパウダーコートです。

粉末樹脂の静電式高温焼き付け粉体塗装(パウダーコート)は「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など「アルミ・スチール・マグネシューム・クローム・その他」金属製品への再塗装はパウダーコートが主流です。

車椅子スチール&アルミパーツと二輪、四輪パーツのパウダーコート


宮崎県のお客様・・・・毎月定期的に数百個単位でご依頼頂くお得意様の車椅子4セット、スチール&アルミのパーツ大・中・小約200個

新品ですが鉄錆止め塗装をして有りますので剥離を要します。

200個以上1個ずつ表裏隅々まで錆止め塗装剥離ブラスト研磨

付きっ切りで丸2日掛けてブラスト研磨から化成修理

200℃釜空焚き

パウダーグロスブラック静電噴射!

メタリックブルーパーツ用の剥離ブラスト研磨

メタリックブルー静電噴射!

メタリックブルー1コート目

2コート目パウダーアクリルクリアーリコート

メタリック系のパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートになります。

車椅子スチールパーツ&アルミパーツのパウダーコート完成

車椅子組付け完成写真を頂きました。
二輪・四輪パーツのパウダーコート

スチールグリル/パウダーグロスブラック

二輪スチール&アルミパーツ/パウダーグロスブラック

エンジンヘッドカバー/パウダーマットブラック&凸部文字ポリッシュ

作業効率Upパウダーコート釜2台フル稼働!
パウダーコート6.500色以上のカラーバリエーション
●ホイールへのパウダーコート再塗装の流れ●
1・曲りガリ傷修理~2・塗装剥離~3・ブラスト研磨~4・ハンドアクション研磨~5・バレル荒研磨~6・化成処理~7・脱脂~8・200℃以上空炊き~9・パウダーコート~10・カラーによりパウダークリアー
(任意オプション)
1・マットブラック、その他マット系はパウダー1コート仕上げのためパウダークリアー2コート、3コートなど不要のためパウダーコートカラーでは一番安く上がります。
2・黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんのでパウダークリアーは任意ですが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため用途に応じてパウダークリアーリコート”をお勧めします。
3・ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系やブロンズなどパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートになります。
4・パールやラメ系は「ベースカラー+パールOrラメ」から光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の3コートになります。
5・指定カラーが有る場合はパウダーコートはベースとしてパウダーサイディング下処理して調色可能な溶剤カラーが追加となります。
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«9月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード