ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

2017.05.18

カールソン/バレル2次元研磨パウダースモークブラックとシャレン/バレル3次元研磨パウダーキャンディーゴールド

カールソン19インチ「スパッタリングメッキ」からバレル2次元研磨パウダースモークブラックとシャレン20インチバレル3次元研磨パウダーキャンディーゴールドです。

「スパッタリングメッキ」は塗装ベース(黒やグレー)の上に蒸気化したクロームを飛ばしクローム層に溶剤クリアー塗装で抑えて有るため一般的に塗装メッキと呼ばれています。

スパッタリングメッキはクローム層へ直に溶剤クリアー塗装で抑えて有るため高圧洗浄機や洗車機など掛け過ぎるとメッキ層がパリパリ剥げたりタイヤ組み替えでもリム端のメッキが剥げる事も多々有るそんな密着性、耐久性を犠牲にした見た目重視のメッキはしばらく光っているだけで褪色、剥げが直ぐに起き長持ちしません。

バレル2次元研磨パウダースモークブラック&(黒薄目)バレル3次元研磨パウダーキャンディーゴールドx2台

その1・・カールソン19インチ/バレル2次元研磨パウダースモークブラック(黒薄目)

宮城県のお客様・・・スパッタリングメッキのカールソン19インチです。スパッタリング再メッキは高額な割にはすぐに剥げますので耐久性有るバレル2次元研磨からパウダーコートに模様替えします。
メッキから別加工 http://minkara.carview.co.jp/userid/782662/blog/c645474/

スパッタリングメッキは密着性が悪いためメッキ層がパリパリ剥げて来て塗装のグレーが見えて来てます。密着性を犠牲にした見た目だけのメッキですので長持ちしません。
※扁平タイヤなど組み替えでリム端のメッキが剥げる事も多く有ります。

先ずは基本の曲りガリ傷修理から

裏リムフランジはなぜか削り込んで有ったため肉盛り溶接で原型修復!

スパッタリングメッキ剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

湿式バレル荒研磨

乾式バレル中研磨!
乾式バレル中研磨は他所には無い当社独自の下処理研磨です。

ハンドバフ研磨とバレル仕上げ研磨を納得いくまで繰り返しバレル2次元研磨の完成!

バレル研磨はクロームメッキや化研光輝アルマイト同様バフ磨きの下処理が全てです。

パウダースモークブラック(黒薄目)の静電噴射!

パウダースモークブラック(黒薄目)180℃焼き付け完成!

インナーリムから側面リムまで丸塗りですので普段メンテ洗浄研磨出来ない裏リムこそ「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

鏡面光沢を透かした黒の鈍い光沢です。

スポークサイド面窓部はバレル2次元研磨銀ゆず肌光沢になりスモークブラックを塗る事で渋めのハイパーブラック(DBK)風になります。

スパッタリングメッキの派手さを抑えたアルミ磨き独特の落ち着いたポリッシュスモークブラックで高級感漂う光沢になります。
その2・・シャレン20インチ/バレル3次元研磨パウダーキャンディーゴールド

北海道のお客様・・・シャレン20インチセンターディスクのバレル3次元研磨!素材がいいですのでメッキの様な輝きを放ちます。

シャレンのセンターディスクは高品質な鍛造削り出しですのでバレル3次元研磨のは相性抜群の素材です。
バレル2次元&3次元研磨とは凹凸の有るディスクの下処理研磨の違いで平面磨きの2次元研磨のに対して立体的な磨きが3次元研磨になりますのでリング状のリムには2次研磨や3次元研磨の概念は有りません。

アウトリムのBBFバフ研磨からバレル研磨してポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理!

バレル3次元鏡面研磨したセンターディスクとアウトリムのパウダーキャンディーゴールド静電噴射!

インリムはど派手なパウダーグロスレッド静電噴射!

パーツ個別のパウダーコートの完成!

1本ずつ丁寧に磨き込んだピアスボルトを装着組み付け合体完成です。

インナーリムから側面リムまでパウダーコートフィニッシュですので、普段汚れっぱなしでメンテ洗浄出来ない裏リムなど頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良いの利点からンリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。パウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

極太の深リムはピアスボルト装着時に工具でリムを傷付け無い様に1本ずつ手締めのため一番気を使う処です。

ゴールドメッキ風でゴールドメッキより安価で耐久性は遥かに勝ります。

■シャレン20インチ/バレル3次元研磨パウダーキャンディーゴールドの詳細■
・アウターリム・・・・・・・BBFバフ+バレル研磨+パウダーキャンディーゴールド

・インナーリム・・・・・・パウダーグロスレッド

・センターディスク・・・・バレル3次元研磨+パウダーキャンディーゴールド

 ・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨再利用

 ・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・交換無し
※パウダーコートは200℃高温焼き付けの樹脂膜ですので「密着性、耐光性、耐色性、耐熱性、頑丈肌」に優れ丈夫で長持ちお手入れ楽々です。

パウダーキャンディーカラー見本短冊(90色以上有り)
バレル鏡面研磨の光沢を生かした透き通るパウダーキャンディーカラーで「密着性・褪色性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性も兼ね備えたカラフルで個性豊なバレル研磨キャンディーカラーを提供いたします。
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです

※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。


お問い合わせやお見積もりは「みんカラ」メッセージではなく会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービ西

2017.05.16

BBS-RS-GT18&20インチのパウダーマットブラック3分引き/8分引きx2台

BBS-RS-GT18インチはパウダーマットブラック3分引きとリムノークリアーで19インチはパウダーマットブラック8分引きとリムフルパウダーコートx2台です。

パウダーマットブラックは安定した仕上がりで耐久性が有る上に安価で収まり新品カラー設定には無い渋いパウダーマットブラック3分艶引き&8分艶引きなどが有り3~5分が半消しで7~8部引きが全艶消しに当たります。

ディスクのパウダーマットブラックの3分&8分の艶引き感の違いと2Ps本体は研磨無垢仕上げとパウダーブラック&ポリッシュパウダークリアーのフルパウダーコートで塗装内容は違いますが同時期入庫の同時進行で完成した同品2台まとめて紹介します。

BBS-RS-GT18&19インチ/パウダーマットブラック3分引き&8分引き/ノークリアー&フルパウダーコートx2台
その1・・パウダーマットブラック3分引きとリムポリッシュノークリアー

広島県のお客様・・・多少のガリ傷は有りますが程度良好なG-P(ゴールド&ポリッシュ)の18インチRS-GTです。

小さな曲りとガリ傷修理!
中古ホイールで曲りの無いモノはほぼ有りません。

RS-GTはナット締めて無くホイール側にメスネジを切った2Psタイプでネジ台座が特に汚れる箇所です。
その2・・パウダーマットブラック8分引きとリムポリッシュパウダークリアー

愛知県のお客様・・・4本ガリ傷だらけのDSK-P(ハイパーブラック&ポリッシュ)の20インチRS-GTです。

写真には収まらほどの4本全部ガリ傷や削り込みの修理!

18&20インチ2Ps本体の剥離研磨

20インチ側は2Ps本体先塗りパウダーグロスブラックを塗りますのでガスグラスプライマー化学処理!

20インチ側の2Ps本体先塗りパウダーグロスブラック静電噴射!

20インチ側のアウトリムはBBFバフ研磨からバレル研磨してポリッシュ密着性のためのガスグラスプライマー化学処理

20インチ側のポリッシュ面のパウダークリアー静電噴射!

18&20インチセンターディスクは共通の剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

18&20インチセンターディスクのバレル荒研磨で平滑面出し※塗装は下処理仕込みが命!

18&20インチのディスクそれぞれパウダーマットブラック3部引きと7部引きの静電噴射!

18インチ側パウダーマットブラック3分引き組み付け完成!

鍛造リムのノークリアーは鏡面光沢になりますが、雨泥にさらられると酸化白ボケしますので鏡面光沢を維持するために普段もメンテが必要です。その代わり少々の傷などユーザー直しが可能で白ミミズサビの発生も有りません。

2Ps本体インナーリムから側面リムはパウダーカラー無しのアルミ無垢表現です。

20インチ側パウダーマットブラック8分引き組み付け完成!

ポリッシュ専用のアクリルパウダークリアー独特のモッチリとした肉厚感有る透明度の高い頑丈肌になります。

     ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

新品カラー設定には無い耐久性重視のパウダーマットブラック&フルパウダーコート

■BBS-RS-GT18インチ/パウダーマットブラック3分引きノークリアーの詳細■
・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(ノークリアー)

・2Ps本体塗装・・・・・・剥離研磨(ノークリアー)

・センターディスク・・・・パウダーマットブラック3分引き

 ・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨再利用

 ・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

■BBS-RS-GT20インチ/パウダーマットブラック7分引きフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・BBFバフ+バレル研磨(パウダークリアー)

・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーグロスブラック

・センターディスク・・・・パウダーマットブラック7分引き

 ・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨再利用

 ・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

パウダーコートは200℃高温焼き付けの樹脂膜ですので「密着性、耐光性、耐色性、耐熱性、頑丈肌」に優れ丈夫で長持ちお手入れ楽々です。
                   マットブラック「半消し&全消し」
                      ↓


写真左パウダーマットブラック3~5分引き(半消し)
写真右パウダーマットブラック7~8分引き(全消し)
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです

※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。


お問い合わせやお見積もりは「みんカラ」メッセージではなく会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービ西

2017.05.13

アルミパーツのバレル研磨からパウダークリアーOrノークリアー

アルミパーツのバフ磨きから当社自慢のバレル研磨パウダークリアーOrノークリアーです。

アルミパーツ磨きは通常、青棒やコンパウンドによる乾式バフ磨きですが、乾式バフ磨きではバフラインバフムラや摩擦熱によるバフ焼けが入り面の広い平滑なモノほどそれらは余計目立ちます。さらに凹凸有る複雑な構造や手の届かない箇所など手磨きでは限界が有ります。

バフ磨きは下研磨としてバフライン・バフムラ・バフ焼けを解消して均等に鏡面研磨するのが水槽混入セラミックによる湿式バレル研磨です。

バレル研磨機水槽ボックスサイズ内で2~3ヶ所以上穴が開いたアルミパーツならバレル研磨治具にボルトオン貼り付けして鏡面ポリッシュバレル研磨が可能です。

二輪・四輪アルミパーツのバレル研磨
その1・・エンジンヘッドカバー

四輪ワーゲンのシングルエンジンヘッドカバーの剥離からハンドアクション研磨してバフ磨き

バフ磨きからバレル研磨(ノークリアー)完成!

四輪ダイハツのシングルエンジンヘッドカバーのハンドアクション研磨

バフ磨きからバレル研磨(ノークリアー)完成!
※メッキみたいな仕上がりですがメッキでは有りません。

二輪CBXツインカムエンジンヘッドカバーのハンドアクション研磨

バフ磨きからバレル研磨(ノークリアー)完成!
※ツインカムエンジンヘッドカバーはシングルヘッドカバーの磨き領域が倍有りますので工賃もシングルの倍になります。
※パウダークリアーの塗装など構造に関係しません。
その2・・フロントブーツ&トップブリッジ

フロントブーツのバフ磨きからバレル研磨

トップブリッジのバフ磨きからバレル研磨
その3・・ハブ&ブレーキパネル&ディスクブレーキ

バフ磨きからバレル研磨!
その3・・オイルカバー&チェーンカバーその他カバー

バフ磨きからバレル研磨!
                         ■・・・バレル研磨治具装着・・・■

バレル研磨機水槽ボックスサイズ内で2~3ヶ所以上穴が開いたアルミパーツならバレル研磨治具にボルトオン貼り付けして鏡面ポリッシュバレル研磨が可能です。
                          ■・・・パウダークリアー・・・■

用途に応じて透明のパウダークリアーや色付きパウダーキャンディーカラーの静電噴射!
・・■サイズオーバーやボルトオン出来ないバレル研磨不可パーツ■・・

サイズオーバーな二輪フレームなどバレル治具にセッティング出来ませんので通常の乾式バフ磨きになります。

穴溶接埋め研磨

フレーム内側先塗りのパウダーグロスブラック静電噴射から240番手から6工程の1500番手まで追い込んだハンド磨き

ハンドバフ磨きからトレース研磨機による仕上げ研磨して仕上げは湿式スポンジ磨き

ポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマーからパウダークリアー静電噴射!

パウダーブラック+バフ磨き+パウダークリアーの完成!

バレル研磨機が出来ないパーツは通常の乾式バフ磨きになりますのでバフ磨き特有の「バフムラ・バフライン・バフ焼け」などの現象は避けられません。
そんな乾式バフ磨き「バフムラ・バフライン・バフ焼け」を解消して均一に鏡面ポリッシュにするのがバレル研磨の最大の特徴役目です。


アルミ素地表現の鏡面仕上げのため金属膜蒸着のメッキ「クローム(金属層)・スパッタ&蒸着(銀幕層)」の様に剥げる概念が無く、メッキは高額な割には直ぐに剥げるため修理ランニングコストもメッキ加工の1/2~1/3の料金で収まります。

素材自体の磨き込みですので、素材の良し悪しにも大きく影響しますので程度の悪いモノはそれなりの仕上がになります。


ガリ傷、欠け、割れが有ってもアルミ製パーツならアルミ溶接研磨形成からバレル鏡面仕上げが可能です。
 

お問い合わせやお見積もりは「みんカラ」メッセージではなく会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日お休み。

電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

ブログ内検索

カレンダー

«8月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリーリスト

フィード