ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

2018.04.26

二輪テクマグホイールの修理パウダーコート再塗装x2台

二輪テクマグホイールの修理パウダーコート再塗装x2台 二輪マグホイールの曲り修理からパウダーゴールド&パウダーパールホワイト再塗装です。

二輪ホイールの曲り修理は難しく二輪マグの曲り割れ修理は難易度が高くなり修理成功率は50%前後ですのでダメ元修理再生出来たらラッキーとして捉えてください。
マグは鉄やアルミと違い塗装との相性が非常に悪い特異な金属なため特別な外注依頼塗装剥離やマグ専用の塗装下処理などアルミに無い多くの工程を要しますので修理や再塗装はアルミの倍近いコスト納期が掛かります。
マグはアルミや鉄のように粘りが無い為、プレス修理に伴い割れる事が多々有ります。

二輪テクマグホイールの修理パウダーコート再塗装

その1・・マグ専用下処理パウダーゴール3コート


埼玉県のお客様・・・鋳造テキマグの曲り修理ついでにパウダーゴールに再塗装します。

リムの大きな曲りと小さな曲り

粘りの無いマグですので大きな曲りの方はプレス修理により案の定薄っすらとクラックが入りました。

クラック部のV字開先

マグ溶接・・・・アルミ溶接など簡単ですがマグ溶接は「沸騰、沸き、発火、巣穴」など出るため修理成功率が低くなります。

肉盛り溶接研磨形成

マグ専用剥離からリム研摩

1コート目ガスグラスプライマー化学処理してマグ専用ハイブリッドプラーマー

2コート目パウダーゴールド静電噴射!

パウダーゴールド塗装後、再度マスキング貼り直ししてパウダークリアーの下処理

3コート目パウダークリアー静電噴射!

フロント側・・パウダーゴールドパウダークリアー3コートの完成!

リア側・・パウダーゴールドパウダークリアー3コートの完成!

完全な下処理研磨からの丸塗りですので側面リムもパウダー2コートで綺麗になります。

溶剤のお化粧塗装指定カラーがない限りレベリングも溶剤の引けを取りませんのでパウダーコートフィニッシュが耐久性の面では理想的です。

その2・・マグ専用下処理パウダーパールホワイト4コート

山口県のお客様・・・・曲りガリ傷の無い程度良好な鋳造テキマグです。

曲りガリ傷修理が有りませんので即マグ専用剥離からリム研摩

1コート目ガスグラスプライマー化学処理してマグ専用ハイブリッドプラーマー

2コート目パウダーグロスホワイト

パウダーホワイトからパウダーパールホワイトの下処理

3コート目パウダーパールホワイト静電噴射!

パウダーパールホワイト肌でも十分ですがパール本来のキラキラ感や光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのためパウダークリアーリコートの下処理

4コート目パウダーアクリルクリアー静電噴射!

フロント側・・パウダーパールホワイト4コートの完成!

リア側・・パウダーパールホワイト4コートの完成!

完全な下処理研磨からの丸塗りですので側面リムもパウダー4コートで綺麗になります。

写真では映りにくいですが艶の有るキラキラしたパールになります。
※溶剤ボディーカラーのパールホワイト同様の表現はやはり溶剤パールホワイトが勝ります。
 ●・・・二輪ホイール曲り修理の特性について・・・●
二輪ホイールはリム幅が細いため曲りにより反対側が引っ張られ反ってしまいホイール本体が横振れを起こします。

さらにタイヤ側への押し込み曲りはエアー漏れはしませんがディスクまで押されるためディスク自体の曲り、横振れ、歪み現象が起きます。
曲りよりも反りつまりホイール本体のよじれ歪みが大きい場合は曲りが治っても横振れが残る事がありその場合は修理不可扱いとなります。
※自転車のようなワイヤーホイールは歪現象が顕著に現れます。
修理不能歪現象はこちら https://www.youtube.com/watch?v=c3kQbnR5Vs8
また修理の際プレス痕や場合により肉盛り溶接も伴えば修理箇所周辺の研磨から部分塗装の有無が御座います。
※メッキタイプ(クローム・蒸着・アルマイト)は修理に伴う修理箇所付近のメッキ焼け、剥げが出ても部分メッキが出来ませんので曲りプレス修理のみとなります。
●・・マグの再塗装について・・●
マグネシウム(鋳造・鍛造)問わずスチール、アルミと違い塗装との相性が悪い特異な金属です。
マグホイールはF1やフォーミュラーカー使用の軽量かつ機能性重視のため塗装の耐久性など二の次です。

塗装の耐久性や外観性などを問わないレース専用の特異な素材のマグホイールを実用車で機能性重視から塗装外観も良い状態を維持するという事は現実的にマグは無理な素材です。

マグの再塗装はマグ専用の外注剥離から本格的な下処理は陽極酸化(アルマイト)など施しその後マグ専用の皮膜形成処理やプロテクターなどアルミに無い特殊な下処理してからパウダーコートをベースとして溶剤ウレタンカラー仕上げの工程を踏みますのでアルミの倍以上の納期とコストが掛かります。

マグ専用の下処理に陽極酸化や化成処理しても実用車として永い年月で劣化しないとは言い切れませんしまた保障も出来ません。
マグネシウムホイールは実用に耐えうる金属では有りませんのでマグの特性上ある程度割り切りが必要です。

量産の鋳造マグでも塗装の浮きや縮み現象もそれらのマグ特性によるものですので修理からワンオフ塗装は出来るだけベストな処理を施し、腐食発生を先延ばしにする、というイメージだと思ってください。近年アルミの鍛造(FORGED)の方が鋳造マグより軽量化していますので鋳造マグの意味が無くなりました。

※マグのガリ傷欠けなどマグを肉盛り溶接してから再塗装をしていますので強度を必要とする箇所はパテ埋め補修など行っていません。

●・・マグホイールの曲り修理から再塗装の流れ(二輪・4輪)・・●
1・マグ剥離(外注依頼)~2・曲り、ガリ傷修理~3・本体丸ごと研磨~4・脱水脂(釜炊き)~5・化成処理(釜炊き)~6・マグハイブリッドプライマー(釜炊き)~7・パウダーコート(釜炊き)~8・パウダー肌サイディング~9・陥没埋め+サフ塗装(釜炊き)~10・サフサイディング~11・溶剤塗装(釜炊き)~ 12・トップコート(釜炊き)~13・バフ磨きして完成!剥離から完成まで釜炊きだけで最低7回を要します。

※マグは新品でも塗装縮み現象が起きる特異な素材のためマグ専用の下処理をしたからと言って完全無欠では有りませんのでマグの特性をご理解の上お願いします。
※テクマグはマグ含有量が少ないためたた重量が有りマグ純度の高い超軽量のマグ鍛造より塗装剥げが少ないです。
1・マットブラックやガンメタ他マット系はパウダー1コート仕上げのためパウダークリアー2コート、3コートなど不要ですのでパウダーコートカラーでは一番安く上がります。
2・黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアーリコートをお勧めします。
3・ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアーリコートをお勧めします。
4・パールやラメ系は「ベースカラー+パールOrラメ」から光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアーリコートをお勧めします。

二輪ホイールの再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

二輪ホイール2本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.04.21

アメ鍛HYPER-FORGED(ハイパーフォージド)20インチ/パウダーマットブラック&リムポリッシュリフレッシュ・リメーク

アメ鍛HYPER-FORGED(ハイパーフォージド)20インチ/アルマイトブロンズからパウダーマットブラック&リムポリッシュのリフレッシュ・リメークです。

リムからディスの同色アルマイトブロンズでしたがアルマイトブロンズ修理は納期が掛かる上に高額になるため今後の修理ランニングコストも考慮してパウダーマットブラック&リムポリッシュに模様替えです。

アメ鍛HYPER-FORGED(ハイパーフォージド)20インチ/アルマイトブロンズからパウダーマットブラック&リムポリッシュリフレッシュ・リメーク


千葉県のお客様・・・・4本ガリ傷だらけの修理ついでにパウダーマットブラック&ポリッシュに模様替えします。

元は3Psですがアウトリムとインリムを溶接された実質2Ps構造です。

アウト&インリム曲り修理から・・・僅かな曲りも見逃さず曲り修理やガリ傷修理は基本中の基本です。

アウトリムのガリ傷検品

アルマイトブロンズリムのガリ傷肉盛り溶接研磨形成・・・・誤魔化し出来ないポリッシュ仕上げですのでここが修理技術、腕の見せ所です。
※悪質な削り込み修理など修理やとしてプライドが有りますのでそんなインチキ修理など一切行っていません。

ディスクの塗装剥離~ブラスト研磨

ゆず肌削除ハンドアクション研磨

さらに平滑面出しのバレル研磨
※再塗装は下処理仕込みが命です。

センターディスクのパウダーマットブラック静電噴射!

センターキャップの剥離から3色仕上げします。

オリジナルに沿っ黒シによる凸文字の

パーツ別個々のパウダーコート完成!

フロント側・・組み付け完成!

リア側・・組み付け完成!

インリムはノータッチ洗浄研磨のみでアウトリム側面は磨き処理です。

ディスクパウダーマットブラックとリムポリッシュ

アウトリムのアルマイトブラックとリムポリッシュでは1/3程度で施工出来ますし次回からの修理も再アルマイトブラックより1/3程度で収まりますので修理ランニングコストは今後短納期、低予算で上がります。
■アメ鍛HYPER-FORGEDO(ハイパーフォージド)リフレッシュ・リメークの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・曲りガリ傷修理BBFバフポリッシュノークリアー
・インナーリム・・・・・・・・・・洗浄のみノータッチ
・センターディスク・・・・・・・パウダーマットブラック(全消し)
・センターキャップ・・・・・・・黒塗装背景+赤文字+白文字墨入れクリアー抑え
・ピアスボルト・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用
・ナット・・・・・・・・・・・・・・・研磨再利用
・エアーバルブ・・・・・・・・研磨再利用
再塗装や磨きによるリフレッシュリバレルは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
お問い合わせやお見積もりは nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.04.19

初期型OZフッツーラ18インチ/リム交換リバレル/ブラッシュド/フルパウダーコート

初期型OZフッツーラ18インチのリム交換リバレル、バレル2次元研磨ブラッシュドフルパウダーコートです。

アウトリムの曲り腐食有りとOZフッツーラ特有の裏リム割れや割れ溶接団子残しなどが多く有りますが、今回はアウト&インリム新品8枚交換します。

OZ系3Ps(フッツーラ・シュニッツアー・AMG・MAE・スカラー・その他)17~21インチや幅JJに多種サイズに対応出来ますのでお好みのカスタムサイズリバレルが可能です。

初期型OZフッツーラ18インチ/リム交換リバレルバレル2次元研磨ブラッシュドフルパウダーコート


山形県のお客様・・・曲り、ガリ傷、割れ、腐食が有る初期型OZフッツーラですが今回アウト&インリム8枚交換リバレルしますので現品リム修理は不要です。

OZフッツーラのインリムは割れ易い素材のため割れた物が多くその分不細工な手抜き溶接団子残しばっかりです。インリム交換しますので廃棄処分!

アウトリムの腐食、曲り有りですがアウトリム交換しますので廃棄処分

リア側3㎜スライスオフセット加工

剥離ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

バレル荒研磨

バレル仕上げ研磨からディスク天面ブラッシュド

初期型OZフッツーラのエンブレムはゴム製みたいな樹脂で樹脂縮みを起こしています。

ゴム製樹脂を剥離してアルミ素地に戻します。

凹文字にプレスされたOZロゴの凹文字をパテ埋めでフラット面にして背景黒を塗ります。

背景黒の上のKsマークシール貼り付けしてクリアー抑え

センターキャップのブラッシュド

ディスクとキャップのブラッシュドへのパウダーアクリルクリアー静電噴射!

錆びかけたピアスボルトは研磨すれば光沢が出ましが、コーティングしないと直ぐに錆びますので再錆び防止の役目としてガスグラスプライマー化学処理からパウダーアクリルクリアーでコーティング!

錆びたナットはブラスト研磨して再錆び防止の役目としてパウダーシルバー静電噴射!

そうこうしている間に海外輸入社外アウト&インリム入荷

新品インリムは当社定番のパウダーグロスブラック静電噴射!

全パーツ個々のパウダーコート完成!

シール小文字は剥げ易いため文字枠シールを造りクリアー抑えします。

フロント側・・アウター3.5J+ディスク挟み厚0.5J+インナー5.5Jでトータルサイズ9.5Jの完成

リア側・・アウター4.5J+ディスク挟み厚0.5J+インナー6.5Jでトータルサイズ11.5Jの完成

・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

3年経過したインリムパウダーブラック

3年前当社でフルパウダーコートしたBBSアウトリムガリ傷修理の再入庫ですがインリムのパウダーブラックは3年経過しても「塗装剥げ、こびり付き汚れ、パットカス」などパウダー塗膜まで入り込みませんのでサッとシャンプー洗いで綺麗になります。
※ガン吹き液体溶剤の場合は「塗装剥げ、こびり付き汚れ、パットカス」が付きやすく肌が弱い溶剤塗膜まで入り込むため強引に洗えば塗装まで剥げます。

USA製AGIOやHYPER-FORGEDで火か付いた今流行りのブラッシュド!

シール小文字の抑えは過去透明シール貼りでしたが、見た目を考慮してクリアー抑え変更しました。

初期型OZフッツーラのサンドイッチ式リバレルブラッシュド11.5J
※サンドイッチ式はアウトリムとインリムとディスクの挟み厚0.5Jが加算されますが、オーバーヘッドディスクやアンダーヘッドディスクはアウトリムとインリムとの合計サイズがホイールJJサイズになります。

■初期型OZフッツーラ18インチ/リム交換リバレルブラッシュドフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・3.5J+4.5J交換再ポリッシュパウダーアクリルクリアー
・インナーリム・・・・・・・・・・・5.5J+6.5J交換パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・・・・・バレル2次元研磨ベースのブラッシュドパウダーアクリルクリアー
・センターキャップ・・・・・・・・ブラッシュドパウダーアクリルクリアー
・ピアスボルト・・・・・・・・・・・研磨再錆び防止パウダーアクリルクリアー
・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨再錆防止パウダーシルバー
・エンブレム・・・・・・・・・・・・・背景黒塗装ロゴシール貼り付けクリアー抑え
・エアーバルブ・・・・・・・・・・・新品交換
・エンブレム・・・・・・・・・・・・・黒背景塗装+シール貼り付け溶剤クリアー
・3Psリム・・・・・・・・・・・・・・分解合体に伴うシーリング打ち直し

OZ用純正中古パーツ「アウトリム・インリム・ディスク・・ピアスボルト・ナット」など修理リフレッシュお客様用のストック品のため純正中古パーツのみの販売はお断りしています。
ヤフオフで良く見かける国産リムは鍛造では無く合金プレスリムで0.75スタートからの0.5J刻みのため3.25Jや3.75J半端な数値になりますが、当社扱いの海外輸入社外リムは6000番フローフォミング鍛造リムで0.5Jスタートからの0.5J刻みになりますので3.5Jや4.0Jになります。
OZはモデル、サイズにより一部元々0.75スタートから0.5J刻みリムも有ります。

再塗装や磨きによるリフレッシュリバレルは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«7月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリーリスト

フィード