ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

2017.08.30

Breyton Spirit22インチ/ステンレスジャケット削除BBFバフポリッシュクリアー

ステンレスジャケットカバーの曲りガリ傷はアルミのように肉盛り研磨形成が出来ませんので修理不可ですので新品のジャケットと交換となりますが、ジャケットのみの販売をしないメーカーや交換出来ても新品定価の半値以上したり既に廃盤となったモノなど様々な難問が出て来ます。

リムにステンレスを貼り付けて有るリムカバーですのでカバーはを外してアルミ肌のポリッシュに戻せばステンレスジャケット交換より遥かに安く上がり次回からの修理代も安価で収まります。修理の利かないステンレスジャケットや耐久性が悪く修理代が高額なクロームメッキなど不人気下火となり廃盤になっているケースが多い理由でも有ります。

Breyton Spirit22インチ/ステンレスジャケット削除BBFバフポリッシュ溶剤クリアー

福井県のお客様・・・一見リムがメッキで3Psの様に見えますがなんちゃってダミーボルトとリムにステンレスジャケットカバーを貼り付けて有る3Psみたいな1Psホイールです。

アルミリムなら何て事無い簡単な修理ですがステンレスジャケットカバーの傷は治りませんのでステンレスカバーを交換するかリムをアルミポリッシュにするかいずれかです。今後の事を考慮して修理出来無い高価なステンレスジャケット交換より、リムポリッシュする方が絶対お勧めです。

ステンレスジャケットが廃盤で入手不可の理由も有りリムポリッシュにしますのでステンレスジャケットカバーを剥ぎ取ります。

接着剤で張り付けて有るだけでしたので簡単に取れました。
アウトリムをアルミ本来のポリッシュに戻します。

ディスクは今回再塗装無しノータッチのためリム磨きでディスクに傷が入らぬ様マスキングガード

アウトリム側面は研磨して黒塗装

アルミ素地に戻しBBFバフポリッシュから溶剤クリアーを塗って完成です。
※ディスク低温焼き付け60℃の溶剤カラーを残した状態で高温焼き付け180℃のパウダークリアーを塗ればディスク溶剤シルバーが沸騰変色しますのでパウダークリアーは塗れません。

インナーリムから側面リムの再塗装無しでアウトリムフランジ側面のみ黒塗装

ディスクのシルバーメタは溶剤でさらにプラ樹脂製のダミーボルトが付いたままではアウトリムへのパウダークリアーが出来ませんのでアウトリムポリッシュは同種溶剤クリアーになります。

ステンレスジャケットでは無くポリッシュ仕上げですので次回からの修理代もステンレスジャケット交換代に比べて修理ランニングコスト1/4程度で納まります。
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2017.08.23

2Ps溶接ハメ殺しボイドとベルサスのバレル2次元研磨パウダークリアー

2Ps溶接ハメ殺しのボイドとベルサスのバレル2次元研磨パウダークリアーです。

ボイドの方は凸凹波打ちリムをシーリングで面出しされた悪質な修復歴と4本表裏リム曲りが多数有り修理と手直しに時間が掛かりましたが、リムとディスクに僅かな隙間が有るためバレル研磨が比較的やり易い2Ps溶接ハメ殺しです。

ベルサスの方は曲りガリ傷が無く程度良好ですが、リム側面に湾曲ディスクが被さった隙間の無い構造のため下磨きに時間を要しバレル研磨の難易度が高い2Ps溶接ハメ殺しです。


2P溶接ハメ殺しは塗装磨きなど何をするにも手間と時間が掛かる上に塗装磨きが完全に届かない部位も出て来てリフレッシュ・リメークメニューも極一部に限られる厄介なホイールです。

2Ps溶接ハメ殺しボイドとベルサスのバレル2次元研磨パウダークリアー
その1・・ボイド2Psハメ殺し凸凹リム他店修理手直しバレル2次元研磨パウダークリアー

神奈川県のお客様・・・2Psハメ殺しでも比較的バレル研磨し易い構造ですが悪質な修復歴が有り修理と手直しに手こずったボイドです。

リムタイヤビート辺り面の凸凹修理面を誤魔化すためにシーリングで面出しして有る悪質極まりないリム修理です。
「クレームナシ」と書き込みされていますが何がクレーム無しなのか?・・・

写真は極一部抜粋ですが4本リム表裏ボコボコ曲がっています。

ガリ傷修理などボコボコ曲りに比べれば屁みたいな修理です。

リム表裏ボコボコ曲りとガリ傷修理が無事終われば後はひたすら磨き込みます。

インナーリムから側面リム研磨

ハンドアクション研磨からリム研摩

当社独自の乾式バレル中研磨!

バフ磨きからバレル仕上げ研磨
※ノークリアーの場合ここで完了です。

パウダークリアー密着性向上のガスグラスプライマー化学処理!

ポリッシュ専用アクリルパウダークリアー静電噴射!

バレル2次元研磨パウダークリアー完成!

インナーリムから側面リムはバレル研磨でついでに綺麗になります。
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ノークリアー時と比較すれば若干の艶落ち感は避けられませんがメンテはやり易くなります。

年代モノのためやや腐食が残った部分はパウダークリアーにより一部発泡沸き現象が出て来ました。

フルポリッシュバレル研磨の出来栄えより修理手直しの方を評価ください。
その2・・バルサス2Psハメ殺し修理無しバレル2次元研磨パウダークリアー

愛知県のお客様・・・曲りガリ傷無し程度良好なベルサスですが、リム側面に湾曲ディスクが被さった磨きにくい構造のホイールです。

修理工程が有りませんのでいきなり剥離からハンドアクション研磨!

乾式バレル中研磨・・・こんな構造のモノはバレル荒研磨のメディアでは満遍な研磨が出来ませんのでバレル中研磨の出番です。

ハンドバフ磨き!

バレル仕上げ研磨
※ノークリアーの場合ここで完了です。

パウダークリアー密着性向上のガスグラスプライマー化学処理!

ポリッシュ専用アクリルパウダークリアー静電噴射!

バレル2次元研磨パウダークリアー完成!

インナーリムから側面リムはバレル研磨でついでに綺麗になります。
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ディスクサイド面窓部はゆず肌のままでバレル2次元研磨による鈍い銀の光沢ハイパーシルバー(DSK)風になります。

ノークリアー時と比較すれば若干の艶落ち感は避けられませんがメンテはやり易くなります。

リム側面に湾曲ディスクが被さった構造のためリムだけ磨く事は不可能なホイールですがバレル研磨による丸磨きなら何とかなります。

装着写真を頂きました。
※装着写真をお送り下されば随時ブログで紹介させて頂きます。
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されていないメール「迷惑メール」と判断して削除されますので回答・返信出来ません

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

 

2017.08.18

WORK旧エクイップ19インチ/ブラッシュド&リム交換

WORK旧エクイップ19インチ3Psのリアーアウトリム4.0Jをフロントに移植してリアーアウトリムは新たに5.0Jリム交換からのブラッシュド全パーツフルパウダーコートです。

旧エクイップ完全分解出来る3Psですのでパーツ別個々の加工やリム移植、リム交換など自由自在に無限大のカスタムが可能です・・・復刻版エクイップ分解出来ない3Ps溶接ハメ殺しで旧エクイップと外見は同じでも構造が全く違いますのでご注意ください。

WORK旧エクイップ3Ps19インチ/ブラッシュド&リム交換

兵庫県のお客様・・・深リムの旧エクイップです。
初期の旧エクイップは完全分解出来る3Psですのでリム交換からパーツ個別の無限大カスタムリメークが可能です。

リム曲りをチェックして曲り修理から始まります。

ガリ傷の肉盛り修理

インリムの割れ修理

インリム割れ表裏の研磨形成!
※色塗りや磨きを行えば何処を治したか解らなく治すのは本当の修理です。

                      溶接団子残し
手抜き修理

                ↓


塗り壁みたいな不細工な溶接団子残しは強度確保が理由らしいですが何の根拠もく無く10分も有れば修理出来る簡単な素人だましの手抜き修理です。団子上や団子境目に割れが入る上に見た目もかなり不細工です。
※溶接団子残し修理手直しは全てお断りしています。

インリム割れ修理が終わればインリムは当社定番のパウダーグロスブラックの静電噴射!

社外19x5.0Jと純正19x4.0JのアウトリムBBFバフポリッシュ

ポリッシュ密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理

アウトリムへのパウダークリアー静電噴射!

ディスク&キャップの塗装剥離

サンドブラストからハンドアクション研磨!

ディスクサイド面窓部を鈍い光沢を出すためにバレル中研磨~バレル荒研磨

バレル2次元研磨ベースからディスク天面のブラッシュド

パウダークリアー静電噴射!

WORK凸文字ロゴはブラッシュド仕上がりに影響しますのでWORK凸文字ロゴ研磨削除してブラッシュドからパウダークリアー静電噴射!

ピアスボルト洗浄研磨からクローム光沢を透かし生かしたパウダーキャンディーレッドの静電噴射!

全パーツ別フルパウダーコートの完成!

アウトリム4.0Jと5.0J交換により「フロント19x11.0J」と「リアー12.0J」になります。

          ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ディスク窓部の鈍い銀色光沢と天面ブラッシュドとのコンストラストのバレル2次元ブラッシュド

■旧エクイップ3Psブラッシュド&リム交換フルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・4.0J+5.0J交換/BBFバフポリッシュ+パウダークリアー

・センターディスク・・・・・・・・・・・バレル2次元ブラッシュド+パウダークリアー

・センターキャップ・・・・・・・・・・・ブラッシュド+パウダークリアー

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・・ブラッシュド+パウダークリアー

・インリム・・・・・・・・・・・・・・・・・・割れ修理パウダーグロスブラック

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨パウダーキャンディーレッド

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新品交換

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し
      
            復刻版エクイップ3Ps溶接ハメ殺し
               ↓


初期型旧エクイップ3Psと見た目同じ復刻版3Ps溶接ハメ殺しのエクイップ!
※化研光輝アルマイトリムとクロームメッキディスクですが分解出来ない溶接ハメ殺しは新品オリジナルに沿った「光輝アルマイト」や「クロームメッキ」など出来ませんのでくっ付いたまままマスキングして色を塗るかリムを磨かの方法しか有りません。

外見はピアスボルト&ナット締めされているため初期型旧エクイップ同様の3Psと思い込んでいるユザーが多い様ですが分解出来ない(修理カスタム出来無い様に?)ご丁寧にしっかり溶接された3Psハメ殺しです。

2Ps&3Psハメ殺しのリフレッシュ・リメーク http://www.243ok.com/blog/2012/05/#date-2012-05-18


3Psハメ殺しのアウトリム切断カットすれば再クロームやカスタムリム交換も可能です。

3Psハメ殺しのリム交換 http://www.243ok.com/blog/2017/05/#date-2017-05-20
 

再塗装や磨きによるリフレッシュリバレルは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されていないメール「迷惑メール」と判断して削除されますので回答・返信出来ません

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«10月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリーリスト

フィード