ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - 2016年01月

2016.01.30

ADVAN RacingGT19インチ鍛造1Psスーパーポリッシュバレル3次元研磨+パウダークリアー

YOKOHAMA-ADVAN RacingGT19インチRAYS製の金型鍛造(FORGED)1Psホイールのスーパーポリッシュバレル3研磨からのパウダークリアーコーティングです。

鍛栄舎・RAYS・BBSなど国産鍛造(FORGED)ホイールは「磨いて良し・塗って良し・軽くて取り扱い良し」の3拍子揃った高品質ホイールのためバレル研磨やパウダーコートには相性抜群です。しかも新品は腐食なども有りませんので安心してスムーズに作業が進みます。

※重要):バレル研磨やリム磨き、パウダーコートなど曲りガリ傷は治せても「虫食い、陥没、腐食」など完全には治りませんので腐食損傷の有無こそが仕上がりを大きく左右する重要ポイントです。



ADVAN-RacingGT19インチ1Ps鍛造(FORGED)スーパーポリッシュバレル3研磨からのパウダークリアーコーティング



滋賀県のお客様・・・RAYS製新品のADVAN Racing GT 19inch金型鍛造(FORGED)ホイールです。





新品塗装の剥離!金型鍛造は表面がざらついたさめ肌の粗い素地肌になっています。







ざらついたさめ肌の粗い肌をひたすら削り落としスポークサイド面窓部も全て追い込んで研磨します。※フルポリッシュはカラー塗装とは違い根気のいる作業です。







バレル3次元研磨で一番手間と時間のかかるハンドアクション研磨工程







アウトリムやインナーリム、側面リムは回転研磨機で研磨しますのでディスクの研磨に比べれば容易に早く研磨が出来ます。





バレル3次元研磨の完成!国産の鍛造「BBS・RAYS・鍛栄舎」はバレル研磨すれば最鏡の光沢になります。







バレル研磨フィニッシュ時はまさに鏡面ですがこのディスクを磨けるのがバレル研磨の最大の売り特徴です。







鏡面仕上げに(溶剤Orパウダー)のクリアーを塗れば若干光沢の艶引きが出ます。







パウダークリアーの静電噴射!







パウダークリアーによるコーティングの完成!







インナーリムから側面リムまで丸塗りのパウダーコートは「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」など効果的です。

新品でしたのでラベルも上手に剥いで再利用して有ります。ラベルの再利用は結構面倒ですがちょっとした心使いです。







パウダークリアーは樹脂膜のため肌が固く厚いためバレル研磨フィニッシュ時より若干の艶引き感は避けられません。





メッキの様な派手な輝きでは無くアルミ独特の落ち着いた大人の光沢風合いでいぶし銀の輝きです。





バレル3次元研磨5台完成!※2Psのフロントラインは腐食が酷かったため溶剤クリアー対応ですがそれ以外は腐食が無かったためパウダークリアーです。まだ作業中のバレル研磨8セットはもうしばらくお待ちください。



・・・パウダークリアーの特性・・・

磨き肌ポリッシュへのクリアー塗装は密着性が劣るため溶剤のクリアーでは飛び石や干渉傷に弱くなります。それに対してパウダークリアーは「密着性、耐候性、褪色性」などはパウダークリアーが最強ですが厚い樹脂膜のため艶引き感が出る事と傷を入れた場合部分修理が出来ませんので全面パウダークリアー剥離が必要になります。



・・・ノークリアーの長所・・・

素材光沢がそのまま表現されます。クリアー層の下へ入る水の侵入など有りませんの白ミミズ腐食などは無縁です。また少々の傷直しや白ボケは手磨きでユーザー自身でリペアーが出来ます。

・・・ノークリアーの短所・・・

雨泥や塩カリ、降灰が被ったまま放置すると水垢や酸化腐食、白ボケを起こしますので普段のメンテが必要になります。お住まいの環境地域条件にも大きく左右します。



・・ノークリアーのメンテについて・・・

アルミ素地無垢は泥や水気が一番の敵ですので泥汚れは水洗いして乾燥させた後に市販のコンパウンドで手磨きして水弾きの強いワックスを塗ってコーティングしておけば光沢を永く維持出来ます。洗車や磨きを至福の喜びとする方はノークリアーが良いかと思います。



バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。



 生産国による仕上がりの違いはこちらhttp://243ok.co.jp/blog/category/465/





以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。





4本フルリフレッシュ・リメークに限り今年も継続して往復送料無料キャンペーン中!単品修理は当社送料片道負担になります。



メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2016.01.25

BBS-RS15インチ100-4H(国産RSとドイツ製RS)のリフレッシュ・リメークx2台

3Psの旧RSには純国産RS(当時の日本ビービーエス製)とドイツ(当時の西ドイツ製)3PsのRSが有り遠の昔に廃盤となったモデルです。

ピッチ100-4Hでどちらも同じ様に見えますが、15x6.0J+38は国産FF普通車用で15x6.5J+33や7.0J+24のRSはゴルフⅠ・ⅡやBMWのE30など外車FF&FR普通車用で、「サイズ、オフセット、ディスクの形状、ピアスボルトの表面処理、シルバー&クリアー塗装」など形は似ていても各所が微妙に異なります。

同じRS15インチ100-4Hでも「国産品とドイツ製」の違いと一品物ワンオフならでの当時無かったパウダーコートによる耐久性重視です。



BBS-RS15インチ/100-4Hリフレッシュ・リメークx2台

その1・・国産FF普通乗用車RS15インチ/オフセット変更/軽四用へカスタマイズ







茨城県のお客様・・・年代モノの割にはポリッシュの腐食が少なく程度良好です。

曲りガリ傷の有無よりもポリッシュ部の腐食の程度こそが一番重要です。





パット面スライス5㎜オフセット変更

※重要:RS15x6.0J+38は普通車のFF用で元々軽四用では有りませんので現行の軽四用にするにはオフセット加工又は車両側の足回りの改造をしないとドノーマルの軽四に装着すればフェンダー側へ10ミリ前後はみ出ます。





センターディスクの剥離からサンドブラスト研磨





ここから塗装では有りません、まだ中間地点です。

ここからハンドアクション研磨してさらにバレル研磨がまでします。塗装は下処理が命です。





インリムの剥離研磨





6角キャップのバレル研磨





ナットへのパウダーシルバー





国産RSのピアスボルトはクロームですがここまで錆びたモノはいくら磨いてもすぐに錆びてしまいます。





ピアスボルトの再クローム





インリムへのパウダーシルバー静電噴射!





ナットもパウダーシルバー静電噴射!





6角キャップのバレル研磨からパウダークリアー静電噴射!





アウトリムはBBFバフポリッシュからパウダークリアー静電噴射!





全パーツの個別施工の完成





再クロームしたピアスボルトを装着して合体完成





純正カラーは溶剤のシルバーですが裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートなら「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点からインリムはパウダーコートフィニッシュが絶対お勧めです。







腐食の無いリムでしたのでパウダークリアーも上手く行きました。

腐食の酷いモノは完全に腐食削除が出来ませんので腐食痕が残ったままの仕上がりとなりさらにパウダークリアーも不可となり





全く同じ施工内容のRS15&16インチ2台同時完成!

■RS15インチ/100-4H/リム交換リフレッシュの詳細■※16インチも内容は同じです。

1・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)

2・インナーリム・・・・・・・パウダーシルバー

3・センターディスク・・・・オフセット変更+溶剤シルバーメタ

4メッシュプレート・・・・・溶剤シルバーメタ

5・6角キャップ・・・・・・・・バレル研摩(パウダークリアー)

6・ピアスボルト・・・・・・・再クローム

7・ナット・・・・・・・・・・・・・パウダーシルバー

8・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用

9・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

10・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し



その2・・外車普通車用本国RS15インチのリフレッシュ・リメーク



神奈川県のお客様・・・リムの表裏がボコボコ曲がっている15x7J/100-4H+24のRSです。

※重要):15インチのPCDが100-4Hでも外車用のRSはサイズやオフセットが違いますのでこのまま国産の軽四には使えません。





インリムの曲り修理





アウトリムの曲り修理・・・酷い曲りは純正リムと交換です。





BBFバフ研磨からディスクを替えてさらにバレル研磨





アウトリムのバレル研磨完成





インリムの剥離研磨





センターディスクの剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨~バレル研磨





アウトリムのパウダークリアー静電噴射!





インリムのパウダーグロスブラック静電噴射!





ナットへのブラスト研磨からパウダーシルバー





ドイツ製RSのピアスボルトは特別傷んではいませんでしたが、磨いて光沢のでる素材では無いためクロームメッキします。





現在施工中のRS9セットまとめて6角キャップのハンド研磨





6角キャップのバレル研磨からパウダークリアー





9台分+α予備の6角キャップ完成





全パーツ個別施工の完成!





組み付け合体完成です。





裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートなら「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムはパウダーコートフィニッシュが絶対お勧めです。







純正の黄色っぽナシジボルトからクロームにした事で高級感がより一層増します。





パウダークリアー独特の肉厚感有るモッチリとした樹脂膜になります。





■本国仕様RS15インチ100-4H/リム交換リフレッシュの詳細■

 
1・アウターリム・・・・・・・0.5Jx2枚純正交換/バレル研磨(パウダークリアー)

2・インナーリム・・・・・・・パウダーグロスブラック

3・センターディスク・・・・溶剤ゴールドメタ

4メッシュプレート・・・・・溶剤ゴールドメタ

5・6角キャップ・・・・・・・・バレル研摩(パウダークリアー)

6・ピアスボルト・・・・・・・再クローム

7・ナット・・・・・・・・・・・・・パウダーシルバー

8・エアーバルブ・・・・・・・新品交換

9・エンブレム・・・・・・・・・赤パッチ新品交換

10・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し





装着写真を頂きました。



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2016.01.21

iFORGED18インチ/ガリ傷修理/スーパーポリッシュバレル2次元研磨パウダースモークブラック(薄目)

iFORGED18インチのガリ傷修理して当社自慢のバレル2次元研磨からパウダーコートによるキャンディー(透明系)の「透き通るパウダースモークブラック黒薄めです。

透明系のキャンディーカラーは素地光沢を透したカラー表現ですので「BBFバフ研磨・バレル研磨・ブラッシュド」などホイールを先ずポリッシュ化する事が最前提です。



iFOGED18インチ/ガリ傷修理からスーパーポリッシュバレル2次元研磨パウダースモークブラック(薄目)



千葉県のお客様・・・4本ガリ傷だらけのiFORGED18インチです。ガリ傷修理ついでにバレル研磨パウダースモークブラックに模様替えします。





無垢表現ポリッシュは修理の誤魔化しが出来ませんので曲りガリ傷修理は修理屋として腕の見せ所でも有ります。





塗装の剥離からスタートです。





大きなガリ傷は押し込みによる曲りも伴いますので曲りを直してから肉盛り溶接修理





砂肌の粗い素地のためハンドアクション研磨からひたすら砂肌を削り落し平滑にします。





ハンドアクション研磨~バレル荒研磨





バレル荒研磨~バレル中研磨~バフ磨き~バレル2次元研磨の完成です。

※腐食さえが無ければ問題なくテカテカに光沢が出ます。





パウダースモークブラックの静電噴射!





お客様から提供頂いたエンブレムバッチを取り付けて完成です。





1Psはインナーリムから側面リムまで本体丸塗りパウダーコートになります。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」など純正カラーと比らべて耐久性がUPした上にメンテも容易になります。





金属組織の粗い鋳造(CAST)は溶接により巣穴ピンホールが出る事が有りますが金属組織が密度の濃い鍛造(FORGED)ホイールの場合腐食が無ければ溶接により巣穴ピンホールは殆ど出ません。





腐食が有りませんでしたので200℃高温焼き付けパウダーコートによるブツ、発泡現象も見当たりません。





磨きやパウダーコートによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。



以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール送受信のお願い・・
携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



  (有)オートサービス西

2016.01.16

BBS-CBCジャガー純正16インチ/スーパーポリッシュバレル2研磨+パウダークリアー

BBS製CBCジャガー純正アルマイトからバレル2研磨&パウダークリアーです。

酸化被膜のアルマイトはアルミ無垢の削り出しや板物プレスリムなどへカラーアルマイトや光輝アルマイトに多く利用されていますが、鋳造、鍛造の鋳物品にアルマイトすれば光沢が引いて白濁します。そのため鋳造、鍛造の1Psホイールはカラー塗装やポリッシュ加工になっています。

年代物のBBS製ジャガー純正は鍛造(FORGED)ホイールをアルマイトされた極稀なホイールです。今回のジャガー純正を例に素材によるアルマイトの「得意、不得意と特性」についてご案内いたします。

素地磨きのポリッシュは「曲りガリ傷」の有無より「虫食い、腐食」の損傷程度こそが仕上がりを大きく左右する重要ポイントです。



BBS-CBCジャガー純正16インチ/アルマイトからバレル2次元研磨+パウダークリアー



埼玉県のお客様・・・一般的な1Psの塗装&ポリッシュでは無く鍛造ホイールにアルマイト処理されたホイールです。

ディスクのメッシュ部は鍛造肌のままのアルマイトでリムは旋盤削り出しからのアルマイトですので1Ps丸ごとアルマイトでも下処理の違いでアルマイトの表現も異なります。





塗装剥離では無くアルマイトの剥離

30年ほど前の商品ですが腐食が殆ど有りませんのでこれならパウダークリアーが可能です。





インナーリムから側面リムは研磨剥離





剥離研磨~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨~バレル中研磨~バレル荒研磨~ハンドバフ磨き~バレル仕上げ研磨の長~い工程が有りますが写真撮り忘れのためいきなりバレル研磨の完成です。





180℃の空炊き脱脂してパウダークリアーの静電噴射!





年式に関係無く腐食の無い素材の良い鍛造(FORGED)ホイールは見事に光沢復元します。





裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点からインナーリムから側面リムまでの丸塗りのパウダーコートはより効果的です。





腐食が有りませんでしたのでパウダークリアーによるブツ沸きは皆無です。

「曲りガリ傷」のは治せても「虫食い、腐食」は治せませんので腐食の有無こそが仕上がりを大きく左右するポイントです。





新品でも中国製の鋳造ホイールここまでなりません。新品、中古は関係な有りません。あくまでも素材造りの問題です。





四半世紀前の年代物ホイールでも「虫食い・腐食」さえなければ素材が良いモノは光沢復元出ます。※曲り、ガリ傷云々より腐食の有無程度がこそが全てです。



一体型1Psの鋳造、鍛造ホイールをアルマイトしても光沢は出ませんがバレル研磨すればテカテカになりその上にアルマイトすれば白濁したアルマイトになります。



3Ps板物合金プレスリムへの光輝アルマイト

http://243ok.co.jp/blog/category/492/



以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール送受信のお願い・・
携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



  (有)オートサービス西



2016.01.13

アルピナ/21インチとTE37/18インチの1Ps丸塗りパウダーコート

アルピナ21インチは全面ガリ傷修理からパウダーグロスブラックベースの溶剤カラー&溶剤硬質クリアー仕上げでRAYSTE37/18インチの方は曲りガリ傷修理無しでパールの入ったパウダーPerlnachtblauからパウダークリアーによるパウダーコートフィニッシュです。

パウダーコートの上に溶剤カラー&クリアーをで仕上げる場合はパウダーコートはベースの役目となり最終塗膜肌は溶剤の特性になります。

溶剤カラーはガン吹き(液体)のため無限大のカラー調色が可能ですがパウダーコートは粉(個体)のため調色が出来ないのが最大の欠点では有りますが「素地への密着性、耐色性、耐光性・耐熱性・樹脂膜の頑丈肌」など耐久性がパウダーコート最大の売り特徴です。

カラー調色が無限大で色見、色調、レベリング重視なら溶剤カラー塗装の選択となり、ある程度の色見、色調は犠牲にしても耐久性重視ならパウダーコートがお勧めです。溶剤もパウダーも一長一短が有りますので目的や使用条件に応じてご判断ください。

 

アルピナ/21インチとTE37/18インチのパウダーコートベース&パウダーコートフィニッシュ



その1・・アルピナ21インチ/パウダーグロスブラック&溶剤カラー&クリアー



兵庫県のお客様・・・4本ガリ傷だらけのアルピナです。

どうすれば4本全部ガリ傷が入るのか不思議ですネ!





2本は全周ガリ傷で2本は半周のガリ傷有りです。





大きな衝撃干渉によるガリ傷ですので同然リムが押されて曲がっています。





リム1周の肉盛り溶接





ガリ傷半周や一部傷の肉盛り溶接







フィンの突起が有る構造のため回転研磨機で研磨出来ない難儀な構造のため研磨形成は全て手作業です。

4本全部ですのでここが一番手間と時間が掛かります。





ハンド研磨形成が終わればここからは普段通りブラスト研磨してハンドアクション研磨からバレル研磨にかけます。





パウダーグロスブラックの静電噴射!





インナーリムから側面リムをマスキングしてデザイン天面(フェイス)部のみ溶剤カラー&溶剤クリアーで仕上げます。





最終仕上げは溶剤クリアーで完成です。





外車は特にパットカスが付き易いためそれを防ぐために「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目だたない」などの利点でデザイン天面(フェイス)は溶剤でもインナーリムから側面リムは先塗りのパウダーコート肌を残す理由です。





リムやスポーク一部のガリ傷肉盛り修理した箇所ですが修理こそが一番重肝心要です。

※パテ埋め補修ならわざわざ当社へ依頼しなくても素人でも出来ます。







削り込みやパテ埋め補修など一切行っていません。それはホイール修理屋としてのプライドです。





アルピナのパウダーコートはあくまでもベースの役目となり最終塗膜肌は溶剤の特性になります。



その2・・RAYSTE37/18インチ/パウダーPerlnachtblau&パウダークリアー



宮崎県のお客様・・2回目のオーダーですが今回は修理無しの程度良好なTE37です。

以前も頂いたTE37はかなり酷い修理からのパウダーコートでした。前回施工

http://www.243ok.co.jp/blog/2016/07/23542/31894159/





修理工程が有りませんのでいきなり塗装の剥離からブラスト研磨





さらに面出しのためにバレル研磨





1コート目のややパールの入ったPerlnachtblauの静電噴射!







メタリック系やパール系のパウダーカラー1コートでは光沢が無くやや暗い表現となりますので2コート目のパウダークリアーを塗らないと本来の質感、光沢感の表現が出来ません。





2コート目のパウダークリアーの静電噴射!





1コートパウダーカラーとはがらりと雰囲気表現が変わりました。





裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点からインナーリムから側面リムまでの丸塗りのパウダーコートはより効果的です。









凝視して見て無いと解りにくいですが若干のパールが入ったパウダーブルパールになります。





・・パウダーコート再塗装の工程・・

1・曲りガリ傷修理~2・塗装剥離~3・ブラスト研摩~4・天面ハンドアクション研磨~4・インナーリム側面リム専用回転研磨~5・バレル荒研磨~6・脱脂~7・化成処理~8・160℃以上空炊き~9・パウダー1コート~10・パウダークリアー(オプション)

パウダーコートに限らず再塗装は前処理、下処理が命です。





装着写真を頂きました。



パウダーコートフィニッシュは曲り、ガリ傷の有無より腐食の有無程度の方が最重要です。

※曲り、ガリ傷修理など完全な修理をしてからのパウダーコートですのでそれらは問題としませんが、パウダーコートは腐食の有無でパウダーの「可・不可」と仕上がりが影響されます。



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。日曜祝祭日はお休みです。



  (有)オートサービス西

2016.01.09

BBS-RID19インチ&RS-GT17インチ/パウダーコートによるDBKとDSK

溶剤のハイパー塗装は一般的な溶剤メタリック塗装とは違いメタル調の高級感有る特殊な高級塗装で社外ブランドホイールは基より高級車の純正ホイールにも多く採用されています。

溶剤のハイパー塗装はベースから銀膜添付、トップコートまで多層の重ね塗りのため肌がデリケートで塗装が剥げ易く脆いのが溶剤ハイパー塗装の最大の弱点欠点でも有ります。

そんな溶剤ハイパー塗装の弱点欠点を解消するのが新種のパウダーコート「メタルコート&スーパークリアー」によるパウダー2コート組み合わせで表現する(DBK&DSK)です。



パウダーコート(DBK&DSK)は200℃高温焼き付けの塗膜では無く樹脂膜のため「密着性、耐光性、耐色性、耐熱性、頑丈肌」など溶剤ハイパー塗装の比では有りません。「丈夫で長持ちお手入れ楽々」で耐久性やメンテナンスの面ではパウダーコートによる(DBK&DSK)がお勧めです。



パウダーコートによるDBKとDSK

その1・・BBS-RID19インチ1Ps/パウダーコートDBK



神奈川県のお客様・・・BBS-RID19インチの溶剤DBKです。地面に落とした時の塗装剥げですが、溶剤のハイパー塗装は肌が脆いためちょっとした衝撃干渉で塗装が剥げてしまいます。





傷修理では有りませんので塗装を剥いでブラスト研磨してリム研磨





パウダーコートですのでバレル研磨までします。







1コート目のパウダーミラークロームの静電噴射!





何となくメッキっぽいパウダーミラークロームです。





インナーリムから側面リムもメッキみたいな光沢になります。







2コート目のパウダースーパークリアーの静電噴射!





パウダーコートによるDBK調の完成





一体型1Psホイールの溶剤ハイパー塗装の場合インナーリム、側面リムはベースカラー残しになりますがパウダーコートDBK・DSKの場合はインナーリムから側面リムまで全て同色になります。





溶剤のハイパーブラック(DBK)と全く同じ表現にはなれませんが現時点でのパウダーコートによる溶剤DSKに一番近似では有ります。





フルパウダーコートフィニッシュですので少々の衝撃干渉には耐えうる肌となり塗膜がポロポロ剥げる心配は有りません。





※注意):腐食が酷い場合は腐食周辺箇所はパウダーコートとはいえ密着性が劣りますので剥げる原因にもなります。





溶剤のハイパーブラック(DBK)に比べて色合い的にやや異なりますが、肌の弱い溶剤DBKの色調重視か色合いがやや違ってもパウダーDBKで耐久性重視かの選択になります。



その2・・BBS-RS-GT17インチ2Ps/パウダーコートDSK



石川県のお客様・・・BBS-RS-GT17インチのDSK-Pです。曲りガリ傷は有りませんが腐食がやや進行中です。

腐食の度合いによりパウダーコートによる腐食周辺一部が発泡する場合も有ります。





キャップのハメ外しの繰り返しでキャップとの干渉で塗装肌を痛めて起こる溶剤ハイパー塗装特有の塗装剥げです。





塗装を剥いだら良く解りますが地金まで腐食が浸透しています。角部は特に塗装が剥げやすい箇所です。





塗装剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨~バレル研磨と確実な下処理をしますが地金まで浸透した腐食がこれで完全に取れるモノでは有りません。







1コート目パウダーメタルコートの静電噴射!





1コート目のパウダーメタルコートで銀色に輝くメッキ調になりその上にパウダースーパークリアーを塗ればハイパーシルバー(DSK)調になります。





2コート目のパウダースーパークリアーの静電噴射!





アウトリムのBBFバフポリッシュ完成です。

一部腐食痕が残っていますのでパウダークリアーする事により腐食箇所が一部発泡する場合も有ります。





2Ps本体のインナーリムから側面リムはパウダーカラー塗装では無く無垢の状態へのパウダークリアーになります。





磨き込んだアウトリムから本体丸ごとのアクリルパウダークリアー静電噴射!





心配した腐食痕によるパウダークリアーの発泡現象は近くで凝視して見えるレベルですのでこの程度は良しとしてください。

腐食による微小な発泡を指摘する神経質なお客様も一部いらっしゃいますが、地金組織を犯した腐食痕などいくら磨いても削除出来ませんのでその辺りは良くご理解の上お願いします。





ピアスボルトを洗浄研磨して組み付け完成





カラー塗装なら腐食部にパテやサフ埋めてカラー塗装で腐食部は隠れますが、ポリッシュは磨きによる素地表現のためカラー塗装の様に誤魔化しが効きませんので腐食痕残りは避けられません。腐食がそこそこ取れるまで追い込んだ研磨をすればリムが薄くなり終いにはリムが無くなってしまします。







インナーリムから側面リムはパウダーコートカラーでは無く無垢の状態からのパウダークリアーによるコーティングになります。





このRS-GTはそこまで腐食が酷く有りませんでしたので上手く行きました。





再塗装&再磨きリフレッシュ・リメークはパウダーコートに限らず曲りやガリ傷云々より「虫食い、腐食」の有無こそが仕上がりを大きく左右します。





装着写真を頂きました。



パウダーコート(DBK&DSK)は200℃高温焼き付けの樹脂膜のため「密着性、耐光性、耐色性、耐熱性、頑丈肌」など溶剤ハイパー塗装とは比べモノにならないレベルですが、完全無欠な塗装などは有りませんので弱点欠点も有ります。



・・パウダーコート(DBK&DSK)の弱点欠点・・

1・パウダーコートは粉(個体)の静電気蒸着方のためプラ樹脂製は通電せず高温焼き付けに耐えきれませんので金属製以外のモノは施工が出来ません。

2・液体ガン吹き溶剤塗装の様に臨機応変に部分塗装修理が出来ません。

3・200℃高温焼き付けのため「虫食い、腐食、巣穴」の酷いモノは空気発泡現象が起きます。

4・パウダーコート(DSK)は溶剤DSKとほぼ同じ色調色合いになりますが、パウダーコート(DBK)はやや青赤みが有り溶剤DBKとは若干の色ずれが有ります。



 【溶剤ハイパー塗装とパウダーコート塗装肌の強度比べ】 実験YouTube動画

https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU



■溶剤ハイパー塗装の特性のおさらい■

ハイパー塗装は一般的な調色した溶剤2コートカラー塗装と違い4~5層の塗装を重ねたレイヤー式のメタル調表現のため密着性を犠牲にして成しえる高級感あるハイパー塗装になります。

 

ハイパー塗装はベースカラーの上へ銀膜から最終のトップコートまでの中間塗装はサイディングや密着剤添付が出来ません。つまりベース上の中間から上の層まではバームクーヘンのように挟んで重ねてあるだけのため密着が悪くなり飛び石に弱く、また取り付け時の工具干渉やタイヤ組み付け傷など付きやすく塗装肌が軟弱な事が最大の弱点ですのでタイヤ組み付けや装着作業また普段のメンテなど極デリケートに扱いう必要が有ります。

それら密着性を犠牲にして特殊なカラー表現ですので高級特殊塗装と言われる(ハイパーやスパッタリングメッキ)は重ね塗り手法のためカスタム塗りも社外量産新品や純正ホイールなどハイパー塗装は全て高圧洗浄機や洗車機は絶対厳禁です。

ハイパー銀膜の上に直接クリアーコートして有るためリムへシールなど貼ってシールを剥いだ時にクリアーも付いて剥げる事も有りますのでご注意ください。





再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!



お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。日曜祝祭日はお休みです。



 (有)オートサービス西

2016.01.07

AMG1Ps/ポリッシュ&カラー/パウダーコートベースとパウダーコートフィニッシュ

AMG16インチ1Ps鋳造(CAST)の1Psホイールの「リムポリッシュ&ディスクカラー」の個別仕上げは先にカラー塗装を済ましてからポリッシュ加工の手順になります。

新品又は新品同様の再塗装は溶剤カラーの上塗りも可能ですが古いホイールなど剥離からスタートする場合はパウダーコートをベースにして最終塗装が溶剤カラーの場合と特別指定カラーが無い場合はフルパウダーコートフィニッシュの2通り有ります。

・・パウダーコートをベースにする理由・・

地金への密着性は溶剤よりパウダーコートが遥かに勝っている点とブレーキダストが特に付きやすい外車など熱に強いパウダーコートならブレーキダストが付きにくく汚れ落ちが良くなり腐食もしずらくメンテがやり易くなるなどベース塗りや本体丸り塗装はパウダーコートが断然有利です。



AMG16インチ1Psパウダーコートベースとパウダーコートフィニッシュ



その1・・・AMGパウダーシルバーベースから溶剤シルバー塗装&ポリッシュ



福岡県のお客様・・・曲りと修復歴有りのディスク型AMGです。





剥離してから曲り修理





ベースにパウダーコートを塗りますので面出しのアクション研磨





さらにバレル研磨





インナーリムから側面リムの研磨





ベースカラーとなるパウダーシルバーの静電噴射





パウダーシルバーを足付けサイディングして指定カラーの溶剤シルバーでお化粧塗装をしてディスク面は一旦クリアー塗装まで済ませます。





インナーリムから側面リムはパウダーコート肌を残すためにマスキングしてデザイン天面をサイディングして溶剤シルバーを塗ります。





アウトリムBBFバフポリッシュして溶剤クリアーコーティングで完成です。





裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点からデザイン天面(フェイス)のみ溶剤指定カラー塗装でインナーリムから側面リムはマスキングによる拘りのパウダーコート肌残しです。





ベースがパウダーシルバーでも最終カラーが溶剤シルバーの場合同条件の溶剤クリアーになります。パウダーコートの上に溶剤は塗れますが、溶剤に上にパウダーコートは塗れません。





1Psホイールの「リムポリッシュ&ディスクカラー」の個別仕上げは先にカラー塗装をしますが、そのカラー塗装が溶剤カラーかパウダーカラーでポリッシュへのクリアーも溶剤クリアーかパウダークリアーいずれかに決まります。



その2・・・AMGパウダーシルバー&ポリッシュ&パウダークリアーによるフルパウダーコート



大分県のお客様・・・年代物の割には程度良好なヒトデAMGです。





曲り、ガリ傷修理が有りませんでしたので即、剥離からリム研磨





パウダーコートのためのアクション研磨からバレル研磨





アクション研磨からバレル研磨まですればパウダーコートのレベリングがさらに向上します。





1コート目のパウダーシルバーの静電噴射!





ディスクをマスキングしてアウトリムのBBFバフポリッシュ





磨き込んだアウトリムから本体丸ごと2コート目のパウダークリアーの静電噴射!





ポリッシュリム&ディスクカラーのフルパウダーコートの完成





外車ホイールはパットカスが特に付きやすいため「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などパウダーコートがより効果的です。





パウダーコート独特の肉厚感有るモッチリした樹脂膜肌になります。腐食が酷い場合はパウダークリアーが出来ませんのでその場合は溶剤クリアーに変更します。





パウダーコートは調色が出来ないのが最大の欠点ですが特別な指定カラーが無い場合は耐久性重視でパウダーコートフィニッシュがお勧めです。

色調重視なら溶剤カラーで耐久性重視ならパウダーコートの選択になります。



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!



お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。日曜祝祭日はお休みです。



(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«1月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

カテゴリーリスト

フィード