ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - 2010年11月

2010.11.30

メッキホールの修正、再メッキ(クロームメッキ&スパッタリングメッキ)

メッキホイールの曲り、ガリ傷修正は損傷の大小に関わらず全て一旦既存のメッキ(スパッタ・クローム)を剥いでから全面メッキとなりますので、他のホイールと違い、納期がかかり、料金が割高となってしまいます。

クロームやスパッタメッキ修正は修理代が高い順位「第1位・2位」となってしまいます。・・・でも新品同様に治ります。

詳細ブログはこちら http://243ok.co.jp/blog/category/489/







クロームメッキホイールに良くあるメッキ剥げ腐食への再メッキ

 

ブラバス19インチ

元々はクロームメッキですが、自然劣化の割には酷いメッキの腐食と剥げ、メクレがあり、素材自体の腐食劣化が激しいため再クロームは不可となりスパッタリングメッキにての対応再メッキとなりました。 

 

※クロームメッキの再メッキは損傷状態や構造を選びますので、何でも再クロームできるものではありません。

クロームメッキの修正/再クロームについてはこちら









スパッタリングメッキ(SBC)のガリ傷修正からスパッタリングメッキ再メッキ

 

エンケイRP-03 18インチ(SBC)黒味かかったメッキで、この色のメッキは難しいタイプです。

リムガリ傷とディスクの擦り傷修正からのSBC再メッキとなります。









スパッタリングメッキは塗装式のメッキですので、当店でメッキ剥離が可能です。

メッキ剥離後、通常のガリ傷肉盛り研摩形成となります。









研摩形成して原型の修復は完璧です。ここまでが普段通りの当店のお仕事となります。

 

これから先がクロームやスパッタリングなど専門分野となるメーカーのメッキ工場の出番となります。

 





 

メーカー工場から上がって来たスパッタリングメッキの完成品です。

メッキ工場の仕上がりがいくら良くても基本基礎となる修正がしっかり出来ないと凸凹状や波打ったリムのままのメッキ仕上げとなってしまいます。

また逆にいくら完璧に修正してもメッキの仕上がりが悪いと外観性に難がでます。

当店の完全なる修理メーカー依頼によるメッキ処理との連携でほぼ新品同様となって仕上がります。

※ホイール修理屋さんで自前でメッキまで出来るお店はありません。







 

裏側面はスパッタリングメッキのベースとなる黒の粉体塗装となります。

SMB)とはクローム色のスパッタメッキとなります。

SBC)とはやや黒っぽいブラックメッキとなります。

スパッタリングメッキ修正の詳細はこちら



(有)オートサービス西HPはこちら








2010.11.27

ミラーポリッシュの傷修正は安い・早い・綺麗の3拍子!!

既にミラーポリッシュされた商品や、以前当店でミラーポリッシュ加工したホイールの修理は「安い・早い・綺麗」を提供できますので、ご安心ください。

またノークリアーで収めたミラーポリッシュは少々の傷程度はユーザー自信で簡単に傷直しできますので、今回のブログを参考にしてください。

※大きなガリ傷は肉盛りを要しますので、その場合は、当店にお任せください。





当店でミラーポリッシュしてノークリアーで収めた商品は飛び石程度の傷や引っかき傷程度は短時間で簡単にユーザー自身で治せます。

 

このBBSは以前当店でミラーポリッシュしたホイールでディスクの僅かな引っかき傷修正です。

もちろん当店で元通り完璧に修理しましたが、この商品を例にとり、今回はミラーポリッシュノークリアー仕上げの部分修正は一般ユーザーでも簡単に修理、磨きできますので参考にしてください。









1・ペーパー掛け 傷の程度にもより、耐水ペーパー荒め240♯ 320♯ 400♯ 800♯ 1000♯ 1500♯とコンパウンドを準備します。

消しゴムサイズの充て木をして水を付けながら傷よりやや広めに240♯で傷を取りそれからペーパー目を細かくして行き、最終のペーパー1500♯まで根気良く研摩します。









2・コンパウンド磨き フィニッシュは光沢艶出しのために、コンパウンドを付けポリッシャーで修正箇所だけでなく表面全体を磨けば完成です。

ポリッシューをお持ちの方は千円程度の出費で傷修正ができます。

少々の傷直し程度は自分で出来る事がミラーポリッシュ(ノークリアー)仕上げの最大の利点です。



●コンパウンド磨きのアドバイス●

修理箇所は粗めのコンパウンドで磨き込み、周りとなじますために極細のコンパウンドで全体的に磨けば境目が目立たずなじんできます。

一般的なコンパウンドでのバフ研摩はどうしてもコンパウンド傷や摩擦熱とムラがやや出ますので力を加えず大きく広く研摩するのがポイントです。

これだけでユーザーによるリペアーとしては十分なレベルまでの完成度となります。

所有時間約20分程度 

材料代 耐水ペーパーA4サイズで1枚70円前後です。

コンパウンドは「荒め・仕上げ」の2種類はあった方がいいです。

耐水ペーパーも必要な分だけ無駄なく切って使えば次も使えます。







これから先の仕上げがプロの仕事です。

 

バレル研摩仕上げ コンパウンド傷や摩擦熱と周りとのムラを無くすためにバレル研摩で仕上げればご覧の通り、元通に完璧に治ります。

※注)浅い傷程度はユーザーの修理で十分ですが、肉盛りを要す深いガリ傷は手を加えず当店にお任せください。

 

今回の引っかき程度の修理は全面再研磨仕上げして1.2万円(ノークリアー)位で収まります。

※2Ps・3Psホイールは分解してのミラーポリッシュとなりますので分解・合体の手間と費用でやや工賃がかかります。



これがメッキホイールの場合・・・

全面メッキ剥離から再メッキとなりますので、同サイズ、同レベルの傷直しで

スパッタリングメッキで約3.5万円~ クロームメッキで約6万円~

ダイヤモンドカットも3Dデータ作成からの表面全面切削カットとなりますので2.5万円~

小さな傷治しでもコストと納期が表面処理の違いでこんなに違ってきます。







ポリッシュホイール部分修理(オンクリアー)の場合の例

※オンクリアーを解りやすくした例です。



表面にクリアーが載っていると一旦クリアーを全面剥が無いと研摩できません。

そのまま研摩するとこんな仕上がりとなりますので、かえってやらない方が好い結果となります。



オンクリアー・ノークリアーはご希望に応じて対応いたします。

オンクリアー・ノークリアーの特性についてはこちら



ポリッシュホイールはカラー塗装ホイールと違い、ガリ傷修正など肉盛り研磨形成の誤魔化しのきかないホイールです。



外車・国産車純正ホイールや社外品ホイール問わずスーパーミラーポリッシュ可能です。

素材自体の磨き工法のため素材の良し悪しに仕上がりが反映されます。

鍛造加圧式(FORGED)品は特にお勧めします。



(有)オートサービス西HPはこちら







2010.11.25

BBS-RS15インチ 100-4H ゴルフ用 バリ深のリム交換!スーパーミラーポリッシュ

毎度おなじみのRSです。

BBS-RS15インチ ゴルフⅡ用 ピッチ100-4H

ディスクへのミラーポリッシュ  (-_★)キラーン!!

さらに「特注の深~いアウターリム」3J・3.5Jリムと交換!

注目度!目立ち度!抜群のスタイルです。










特注リム交換からミラーポリッシュリフレッシュ



15x6.5Jの普通の程度良好!RSがこんなに変わりました。

F・フロントのアウターリムは1.0Jから3.0Jへ交換してFホイールサイズ6.5Jから8.5Jとなります。

R・リアーのアウターリムは1.0Jから3.5Jへ交換してRホイールサイズ6.5Jから9.0Jとなり ます。

超ワイドサイズリムと当店自慢のスーパーミラーバレル研磨との連携で激変いたします。

BBS-RSリム交換とサイズの詳細はこちら





 

リム曲り修正からはじまります。

小さな曲りも見逃しません。







 

ディスク・キャップ・プレート(ミラーポリッシュ)/インナーリム再塗装

各パーツ個別の作業の完成です。







 

リム裏面/側面も綺麗になってます。

コーキングのシーリングはムラの確認と見た目綺麗な透明を使ってます。









F・フロント8.5J (アウターリム3J) 深さ76ミリ



 

R・リアー9.0J (アウターリム3.5J) 深さ89ミリ

ピカピカの深いリムですのでカラー塗装のディスクよりミラーポリッシュのディスクがよくマッチしています。

6画キャップは元々薄いタイプでしたが、深いリムには重量感のある厚いキャップが似合いますので磨きこんだ厚めのキャップと交換しました。



■細部まで拘ってリフレッシュいたします。■



●1・ディスク・メッシュプレートはスーパーミラーバレル研磨(ノークリアー)

●2・特注アウターリム/ポリッシュ仕上げ新品購入(ノークリアー)

輸入新品リムはクリアー無しとなっています。

※オンクリアーは4本20.000円アップとなります。

サイズ深さでお値段が変動いたします。

オンクリアー・ノークリアーの特性についてはこちら



●3・アウターリム/インナーリム側面、裏面はシルバーメタ塗装、クリアー塗装済み

●4・ピアスボルトの洗浄研磨、錆び止め防止剤添付済み

●5・6画キャップの鏡面研磨(オンクリアー)

●6・BBSロゴのプラ製エンブレムレンズクリアー済み

※プラレンズクリアー透明プラの光沢が蘇えります。



4本ワンセットのご依頼は「みんカラ」会員様に限り送料往復無料です。

※送料往復無料キャンペーンは12月16日までとなりますのでお早めにどうぞ!





BBS-RS15インチ 16インチ 17インチ 販売用の在庫も多数ございます。

希少品 BBS-RS15インチ 100―4穴 6J~6.5J~7Jのサイズは現在5セットございます。

お気軽にお問い合わせください。





(有)オートサービス西のHPはこちら



2010.11.23

当店販売品もご希望に沿ってオーダーメードで加工販売いたします。

普段の仕事はお客様からホイールをお預かりしてお客様のホイールを修正からリフレッシュ・リメークなどを本業としていましが、販売ホイールのお問い合わせも多く頂いていますで、今回お買い上げ頂いた当店ストック販売品も普段のノウハウ通りにお客様のご希望に沿ってリム交換からカラー変更した販売ホイールのご紹介をいたします。

普通の中古ショップのように中古を仕入れて現品、現状のままで販売するのではなく、普段の作業ご依頼品同様、販売品もご予算に応じてリフレッシュ・リメークしてからよりよい品を提供いたします。 もちろん、傷、曲がり、歪などありません。 

 



BBS-RS GX71系用 アウターリム交換からディスク2色カラー(ゴールド・シルバー)塗り替え!

 

フロント7Jから7.5Jへワイド化(鏡面研摩)

元は7Jのアウターリム1.5インチリムですしたが、2.0インチとリム交換してフロント7.5JとなリOFF+24からOFF+17前後になります。







リアー8Jから8.5Jへワイド化(鏡面研摩)

元は8Jのアウターリム2.0インチリムですしたが、2.5インチとリム交換してリアー8.5JとなリOFF+24からOFF+17前後になります。







 サイド面も綺麗にしてます。





 

裏面も研摩塗装しています。

ナットは現状のまま使用!





 

■ご予算に応じて販売品も細部まで拘ってリフレッシュしています。

●1・ディスク・メッシュプレートは塗装剥離後、希望のカラーへ塗り替え(オンクリアー済み)

●2・アウターリムポリッシュ部/鏡面研摩(ノークリアー)

※オンクリアーは4本12.000円アップとなります。

オンクリアー・ノークリアーの特性についてはこちら



●3・アウターリム/インナーリム側面、裏面はシルバーメタ塗装、クリアー塗装済み

●4・ピアスボルトの洗浄研磨、錆び止め防止剤添付済み

●5・6画キャップの鏡面研磨(オンクリアー)

●6・BBSロゴのプラ製エンブレムレンズクリアー済み

※プラレンズクリアー透明プラの光沢が蘇えります。



BBS-RSリム交換の詳細はこちら



販売品在庫に関してのお問い合わせはお電話かメールにてお気軽にお問い合わせください。 

 

BBS-RS15インチ 16インチ 17インチ 販売用の在庫も多数ございます。

希少品 BBS-RS15インチ 100―4穴 6J~6.5J~7Jのサイズは現在5セットございます。

お気軽にお問い合わせください。


電話番号 0995-65-7225

メールはこちらinfo@243ok.co.jp



有)オートサービス西のHPはこちら



2010.11.20

BBS-RSのアウターリム交換について

リフレッシュに伴いリム交換依頼が一番多いBBS-RSのアウターリム交換とディスクとの関連について今回はご案内ご説明いたします。

写真は0.5インチから3.0インチまでの代表的なアウターリムです。

※ホイールサイズの15や16インチではなくアウターリムのみの高さ深さのインチの意味です。

1Psや2Psホイールは幅サイズJの変更は出来ませんが、3PsホイールはRSに限らずアウター&インナーリム交換が可能ですので、お好みのサイズにカスタム出来ます。



BBS-RSアウターリム  国産0.5inchから輸入品4inch

0.5インチ(約13ミリ)

15インチ~17インチまでのオフセット数値の大きいFF車やハイキャリ車などに使われており、中古で一番多く出回っている、0.5インチリムです。

13ミリの浅いリムを深く表現するためディープリム風に凹状の形状となっています。









 

1.0インチ(約25ミリ)

オフセットが30ミリ代のモノから20ミリ代のモノなどへ多く使われています。

15インチの国産車用リムは1.0インチまでしか在りません。

15インチ1.5インチ以上のワイドリムは輸入リムとなります。

※当店に在庫が無いのではなく商品設定が無く販売されていない意味です。







 

1.5インチ(38ミリ)

1.5インチ~の国産車用リムは16・17インチからの設定となります。

マツダ車や日産系のFR車用のフロントまたはリアーなどに多く使われています。

Y31・32系セドリック、シーマ、R30.31.32スカイラインなど









 

2.0インチ(約50ミリ)

トヨタのFR車用のリアーなどに多く使われています。

130系ワイドクラウンなど

2インチ以上は一部外車用がありますが国産品とは互換性の無いものがあります。

16・17インチの国産車用リムは2.0インチまでしか在りません。

16・17インチの2.5インチ以上のワイドリムは輸入リムとなります。

※当店に在庫が無いとの意味ではなく商品設定が無く販売されていない意味です。







2.5インチ以上は国産品の設定が有りませんので輸入品となります。

2.5インチから5.0インチ位のアウターリムのみ入手可能ですが、全て輸入品となります。

サイズや幅で価格は変動しますが、ドル換算で1枚200~300ドル前後ですので1ドル90円弱として3万前後で購入できます。(2010年平均値)

輸入品は今が買い時かも知れません。

 

2.5インチ(約64ミリ)

【輸入品】BMW・Benz・Ferrari・Golf などヨーロッパ車用に多く使われています。







 

3.0インチ(約76ミリ)

【輸入品】BMW・Benz・Ferrari・Golf などヨーロッパ車用やカスタム車に使われています。







 

4インチ(約101ミリ)

【輸入品】オーバーフェンダーやブリスターフェンダーなどカスタム改造車に多く使われます。









センターディスクの形状について

オフセット40前後のローディスクからオフセット15前後のハイディスクはディスクの形状(もっこリ山並み、フラット平面)と下駄の厚さが違います。



同じ1インチリムをオフセット40前後のローディスク(左)とオフセット15前後のハイディスク(右)に組んだら高さがこれだけ違います。つまり高さ(出っ張り)に余裕のあるローディスクは2インチリムを組んでもハイディスク1インチと比べフェンダー側への出域は全く同じとなり、より深いリムが選択できる事になります。



※カスタムホイールのアドバイス)

1・アウターリム3インチ以上の輸入品は今が買い時です。

2・ローディスクは下駄が薄いのでフェンダー側へ余裕が出てきます。キャリパーに干渉しない程度のローディスクの選択によりワンランク上のホリ深のアウターリムが設定できる事になります。ディスクの厚みでアウターリムの選択が決まります。


例・・フェンダーへのはみ出しがハイディスクの2インチが限界の時、ローディスクの場合3インチまで収まる事になります。

ローディスクの場合キャリパーへの干渉がある車種は逃げとなる下駄の厚みが必要となりハイディスクで無いといけない場合も多くあります。



ホイールサイズはアウターリムとインナーリムで決まりますが、オフセットはディスクの高さやリムの深さなどそれぞれの組み換え組み合わせで変わってきます。





BBS-RSリム交換の詳細はこちら





(有)オートサービス西のHPはこちら



BBS-RS15インチ 16インチ 17インチ 販売用の在庫も多数ございます。






希少品 BBS-RS15インチ 100―4穴 6J~6.5J~7Jのサイズは現在4セットございます。

お気軽にお問い合わせください。

2010.11.15

ガリ傷の大小より表面加工の違いでお値段、納期が大きく変わってきます。

「ガリ傷が入りました。いくら掛かりますでしょうか?」と合わせを頻繁にいただきますが、ガリ傷修理自体は簡単な事ですので傷云々では有りません。



曲り、ガリ傷を修理してから現品オリジナルに近づけるためにそれぞれ違う表面処理には安く上がるものから限りなく新品に近くなるモノ、新品より高くなってしまうモノなど料金、納期に大きく差が出てしまいます。





ガリ傷の大小より表面加工の違いがお値段の違いです。

傷や欠けの原型修復工程はホイールを問わず共通です

 

研摩形成までの修正過程は溶接肉盛り、歪みやプレス円真度出しなど修理屋さんの一番肝心要なお仕事です。

パテ埋めて塗ったり、削ったりは素人でも出来ます。

傷修理から様々なホイールの表面処理に応じて料金と納期が変わります。



例写真のホイールはハイパー塗装ですのでハイパー塗装までして約18.000円前後となりますが、普通の溶剤カラーの場合約10.000円前後で収まり、クロームやスパッタリングメッキの場合、1本/約55.000円以上かかってしまいます。



同サイズで同条件のガリ傷修理から表面処理の違いで料金の高い順位を整理しますと以下の順番

高い順番~
※15~18インチクラス(曲り、ガリ傷の損傷の大小で変わります。)

1位・全面クロームメッキ(1本/60.000円~)

2位・全面スパッタリングメッキ(1本/55.000円~)

3位・全面ダイヤモンドカット(1本/35.000円~)

4位・リム全面アルマイト(1本/25.000円~)

5位・部分ハイパー塗装(1本/20.000円~)

6位・部分ブラッシュド(1本/18.000円~)

7位・部分バレル研摩(1本/15.000円~)

8位・部分溶剤カラー(1本/10.000円~)

9位・リム磨きフィニッシュ(1本/8.000円~)



修正工程は同じでも最終処理のそれぞれ異なる

表面加工料金の高い順位

ガリ傷修正から表面処理までの1本分のお値段です。

1位 クロームメッキ加工(電解硬質金属膜箔)



傷の大小に関わらず、クローム金属膜の全面剥離から始まり素地をバフ研摩して丸ごと再クロームメッキとなるため、ワンオフではコストが掛かり、ホイールによっては新品を買った方が安く上がる事も少なくありません。

部分修理が出来ず、再クロームするたびに素材が犯され強度低下を起こし、さらに高額で納期も掛かるとなればありは良い所はありません。

クロームメッキ修正の詳細はこちら

料金: 最低でも1本/6万円~10万円以上

納期: 50日~(外注工場の受注状態などで外注工場の都合に依存されますので納期に関しこちらでは確約出来ませんので納期に猶予を持ってお願いします。)





2位 スパッタリングメッキ(クローム蒸着式SBC・SMB)

 

ベースとなる粉体塗装をしてクロームを蒸化させてその上にクリアー塗装で抑える塗装式のメッキ処理です。

これもメッキですのでクローム同様、傷の大小に関わらず、スパッタメッキの全面剥離から始まり丸ごと再スパッタリングメッキとなるため、商品により新品で購入したほうが安く上がる事もあります。

塗装式メッキのため強度低下の心配はありませんので、軽量で強度が売りの鍛造ホイールなどに適しています。

傷に弱く、飛び石などで塗装割れを起こしやすく、表面が弱くてもろいのが難点です。

元々塗装式のためイメチェンして他のカラーへ4本再塗装してもお安く上がります。

※旧式のアルミを飛ばして蒸着させる真空蒸着メッキではありません。 スパッタリングメッキは同じ蒸着式でも品質、仕上がりは新品同等となります。

料金: 1本/4万円~6万円以上

納期:  40日~(外注工場の受注状態などで外注工場の都合に依存されますので納期に関しこちらでは確約出来ませんので納期に猶予を持ってお願いします。)







3位 ダイヤモンドカット(削りだし研摩)



PC旋盤にてダイヤモンドチップで表面のみを一皮向い削り出す切削ライン光沢仕上げです。

これも部分修正が出来ませんので傷の大小に関わらず表面丸ごと切削となります。

付属パーツのキャップやキャッププレートなどはダイヤモンドカットが出来ませんのでホイールと同質の仕上げが不可となります。

ダイヤモンドカットの新品の生産の場合は数百個単位で同じ形状のものをラインにて切削加工するためコストが安くなり、ダイヤモンドカット商品は1本1万円代の低価格ホイールも数多く販売されたいますので、新品の方が安く上がる場合が少なくありません。

新品で1本/1万円台のモノでも1本モノの切削加工は1個1個3Dのデータを作る必要があるため1本モノの修理は価格が高くなってしまします。

ダイヤモンドカット修正の詳細はこちら

料金: 1本/2.5万円~3.5万円~

納期: 20日前後





4位 アルマイト光輝リム(酸化皮膜)



ディスクがスパッタリングメッキでリムがアルマイトメッキの個別加工の合体型2Psホイールです。

作業例のWORKホイールはアルマイト再メッキしたモノです。

アルマイト再メッキへの2つの必須条件 

1・リム単体に分解できる事

2・擦り傷、シミ程度のモノで、肉盛りして直したものは再アルマイトメッキが出来ません。

アルマイトメッキリム修正の詳細はこちら

リムアルマイト光輝メッキ代

料金: 1本/1.8万円~3.5万円前後

納期: 14日前後







5位 ハイパー塗装(DBK・DSK)



一般的なシルバーメタやガンメタとよく勘違いされますが全く別モノです。

シルバーメタやガンメタ塗装と違いハイパー塗料のお値段や塗装工程(6層塗装)の違いでウレタンカラー塗装よりはやや割高となります。

ウレタン塗料とハイパー塗料では同じ計量で数十倍高価ですが当店ではハイパー塗装の部分修正を可能としているため 色の誤差も無くウレタンカラーの6割増し程度でお安く修正しています。

ハイパー塗装修正の詳細はこちら

料金: 1本/1.8万円~2.5万円前後

納期: 10日前後







6位 ポリッシュホイール(削りだし・磨きこみ)



アルミ素地表現の上面に透明のクリアーで保護されていますのでこれも部分修正が出来ないため丸ごと研摩となります。

アルミ素地表現ですのでパテ埋めなど当然出来ません。

深い傷は溶接肉盛りが必要不可欠となり溶接範囲の広さと場所にも影響され さらに既存のクリアー剥離も窓部カラー塗装剥がずに残すハンド剥離となりまた溶接による 窓部カラーの部分塗装などデザイン構造で料金に幅が出てきます。

当店のポリッシュの最終仕上げは一般的なBBバフ研摩ではなく水槽式べレル研摩機による スーパーミラーポリッシュ研磨をしています。 そのためムラ無く均等に光沢が蘇ります。

ポリッシュホイール修正の詳細はこちら

料金: 1本/1.2万円~2.8万円前後

納期: 7日前後







7位 バレル研磨2次元&3次元(磨きこみ)



7位 バレル研磨フルポリッシュホイール

元々フルポリッシュされているホイールや当店で以前ミラーポリッシュ加工したホイールはベースが出来上がっているため部分修理から再バレルになるためお安くなります。

スーパーポリッシュバレル研磨の詳細はこちら

料金: 1本/1.5万円~2.5万円前後(オンクリアー・ノークリアーが可能です。)

納期: 7日前後 (塗装工程の無い軽い傷程度は3日で上がります。)







8位 ウレタンカラー塗装ホイール(二液型アクリル)

 

カラーバリエーション豊富な車のボディーカラーと同質の焼付け2液型アクリルウレタンカラーです。

もちろん部分修正が可能で色さえピシャット合えばほぼ新品同様に仕上がります。

白、黒、赤、青と言ったソリッドカラーやシルバー、ゴールドのようなメタリック系など調色も自由自在です。

ウレタンカラー塗装修正の詳細はこちら

料金: 1本/1.0万円~1.8万円前後(カラーの調色代が別途掛かる場合があります。)

納期: 7日前後







9位 アルマイトリムの鏡面研摩(磨きこみ)

 

ディスクがダイヤモンドカットでリムがアルマイトリムの個別加工の合体型2Psです。

上記3位のアルマイトメッキの1・2の条件を満たないものや 価格の面でアルマイトに似た感じに仕上げる場合リム鏡面研摩加工となります。

一番お安くなる理由は肉盛り研摩形成して磨き込みフィニッシュで塗装工程が無いから一番お安くなります。

当店ではきちんと最後に保護膜として ガラス樹脂コートしてのお値段です。

ガラスコーティングについてはこちら 

注)肉盛り溶接しないで、傷部を削り込み、面合わせして磨き込んである削り込み修正が非常に多いタイプでもあります。

削り込み修正についてはこちら



アルマイトリムの鏡面研摩修正の詳細はこちら

料金: 1本/8千円~1.5万円前後

納期: 5日前後





番外編  ステンレスジャケット(リムカバー式)

ホイールリムの上面に光輝ステンレスを貼り付けてあるカバータイプです。

ステンレスは肉盛りや研摩が出来ませんのでカラー塗装で塗り替えるか、ステンレスジャケットの交換となります。

メーカーにより仕入れの「可・不可」がありますので全て交換が出来るものではありません。

ステンレスジャケット交換(ジャケット貼り付け工賃込み)

料金 1本/3.5万前後~6万円前後

納期 10日前後





対応できる表面処理は全てアルミホールに限ります。

マグスチールは表面処理不可のモノがあります。


 

マグネシュームホイールへの表面処理不可のモノ(メッキ・磨き系は不可です。)

クロームメッキ加工 

スパッタリングメッキ  

アルマイトメッキ

ダイヤモンドカット

ポリッシュ&スーパーミラー研摩

加工可能な表面処理

パウダーコートをベースとしてのカラー塗装(溶剤ウレタン・パウダー・ハイパー塗装)は可能です。





鉄スチールホイール(磨き系は不可です。)

アルマイトメッキ

ダイヤモンドカット

ポリッシュ&スーパーミラー研摩

加工可能な表面処理

クロームメッキ、スパッタリングメッキ、カラー塗装(溶剤ウレタン・パウダーハイパー塗装)は可能です。





(有)オートサービス西HPはこちら

2010.11.10

WORK シェパード16インチ 2PS溶接結合ホイールのガリ傷、曲り修正

2PS溶接結合ホイールのガリ傷、曲り修正について!

良くある大きく曲ったアウターとインナーの曲り修正です。

曲り修正自体はそう難しくはありませんが、2Ps溶接ハメ殺しタイプは修理屋さんにとって非常に厄介な構造のホイールです。

デザイン面アウターリムはホイールの構造により修正の仕上がり限界置が大きく変わります。









裏のディスク付け根当たりを覗けば溶接ビートとダミーボルトがありますので、分解の「可・不可」は誰でも判断付くかと思います。





 

このホイールはリムが合金プレスのアルマイトリムでディスクは鋳造のダイヤモンドカットとなり異種アルミ合金を別々に加工されたパーツを合体した最近よくある2Ps構造のホイールです。


インナーリム修正は関係しませんが、アウターリム修正の場合、ダミーボルト(お化粧ボタン)付きの溶接ハメ殺しはディスクが邪魔になり研摩形成や修正復元に限界があります。









大きな曲りによりリムがディスクへ干渉しており、喰い込み跡が見えます。

モノチューブのカールリム修正は外周の肉盛りは必要不可欠です。

アルマイトカールリム修正の詳細についてはこちら





 

リムへの喰い込み跡が残っています。

リムとディスクに僅かな隙間がありますので肉盛り研摩形成ができない事はありませんが、溶接の際、溶接熱によりディスクのポリッシュ部が焼けて変色してしまいますので、今回は溶接ができません

※ディスクの塗り替えを前提とした修理ならこの程度は溶接にて埋めることは可能です。

またリムがカラー塗装品なら、喰い込み跡もパテ埋めしてカラーで隠れてしまいます。







 

他3本のガリ傷修正も構造上ディスクが邪魔になり、リム根元より鏡面研摩ができませんので写真のようにリム上面のみの仕上げとなってしまいます。







2Ps溶接ハメ殺しタイプの修正やリフレッシュの難点について



2Psホイールは全てリムとディスクの材質、製法、表面処理がそれぞれ違います。

そのため分解できないホイールは完全な修理や表面処理が出来ないものが多くなってしまいます。




その1・再メッキや再アルマイトは分解して個別にやるためメッキ関連は全て不可となります。

その2・デザイン、構造によりリム鏡面研摩などリム根元より完全フル研摩ができません。

その3・リム交換も当然出来ません。

その4・ディスクへのスーパーミラーバレル研磨も出来ません。

その5・溶接や塗装など現状の届く範囲となり完全な加工が出来ません。



OZやBBSなどで代表される完全分解できるものは個別加工が可能なため綺麗に蘇りどうにでもなります。



※同じ分解不可の一体型の1Psホイールの場合はリムとディスクが同一材質ですので再メッキや再ポリッシュは可能となります。







(有)オートサービス西HPはこちら

2010.11.03

スカイラインGT-R35 純正20インチ 3次元スーパーミラーポリッシュ

スカイラインGT-R35 純正20インチのガリ傷修正から3次元スーパーミラーポリッシュ!

頑丈で素材の良いRAYS製「鍛造加圧式(FORGED)」はスーパーミラーバレル研摩に相性抜群で、こんなに変わります。







スカイラインGT-R35純正ホイールへの3次元スーパーミラーポリッシュ!



フロント9.5J側です。ガリ傷修正から始まります。

R35純正色はハイパー塗装で黒味の濃いタイプとなります。

リム端までスポークがきていますので20インチ以上さらに大きく見えます。

 ※アルミ製のキャップはホイール同質のミラーポリッシュ可能となりますが、プラ樹脂製のキャップは研摩不可のためハイパーシルバーで対応しています。









リアー10.5J側です。フロントとは幅、オフセットが大きく違うためスポークの盛り上がり感が違います。

10J以上になると下処理から仕上げのバレル研摩機の設定なども変わってきます。









3次元研摩の側面です。

スポークサイド面も表面同様に仕上がっています。

クロームとは違ったアルミ独特の柔らかい落ち着いた大人の光沢です。

2次元・3次元研磨についてはこちら

オンクリアー・ノークリアーはご希望に応じて対応いたします。

オンクリアー・ノークリアーの特性についてはこちら





※重要)鍛造ホイールへのクロームメッキ加工は不向きです。

鍛造でもクローム加工も出来ない事はないですが、「もったいない」って事です。

今回のR35ホイールは最初クロームメッキを希望されてました。 クロームは最鏡の輝きとなりますが、リスクも伴います。そのリスクとは、リクロームする際、合金の一部が犯され素材を痛め、強度がどうしても低下してしまいます。鍛造ホイールは頑丈で軽量な事が一番の売り、特徴です。 それらをわざわざ高額な料金を払って強度を落とし、鍛造の有るべき要素を低下させてクロームにするより、強度品質を損なわず、鍛造と相性の良いミラーポリッシュを今回お勧めいたしました。

クロームメッキは科学反応によりアルミ合金の一部を溶かし犯してしまうため市販されているクロームホイールは全て鋳造(CAST)ホイールとなり、クロームする事を前提にあらかじめ太く分厚く造るため重量が課さんでしまいます。

クロームホイールは同サイズの鍛造ホイールの倍近い重量があるのはそのためです。クローム層が重たいのでは無く、素材自体が分厚く重くなるのです。

鍛造ホイールをクロームメッキしてしまえば鍛造本来の意味が無くなるため鍛造のクロームメッキは市販されていません。

AVSやSSRなど鍛造ホイールに一部メッキホイールが有りますが、それらは全て素材を痛めない塗装式のスパッタリングメッキ(SMB・SBC)となります。

つまり市販されているメッキホイールの分類として鋳造ホイールのメッキはクロームが主となり鍛造ホイールのメッキは全てスパッタリングメッキとなっています。

※コストの面で鋳造品でも廉価ホイールはクロームでなく蒸着メッキもあります。

ミラーポリッシュはクロームメッキのように錆び、腐食、剥げ、などの損傷劣化の心配もありません。

※普段のメンテナンスの有無で光沢の維持は左右されます。

仕様中生じたガリ傷など当店で一遍磨いてありますので、ローコスト、短納期で修理、再研磨が何回でも可能です。

●再修理代(ノークリアーの場合)12.000円~

●納期 1週間程度

※クロームメッキの修正再クロームは剥離から始まり再クロームとなりますので、18インチクラスで1本/7万円以上となり納期は40日以上かかります。

さらに再クロームは溶剤漬け電気分解により一部素材が犯されますので強度が3割ほど低下するため再クローム回数には限界があります。

※スパッタリングメッキは塗装式ですので強度低下の影響はほとんどありません。



クロームメッキの修正/再クロームについてはこちら



カラー塗装ホイールと違い素材自体の表現ですので、ガリ傷修正など肉盛り研磨形成の誤魔化しのきかないホイールです。



外車・国産車純正ホイールや社外品ホイール問わずスーパーミラーポリッシュ可能です。

素材自体の磨き工法のため素材の良し悪しに仕上がりが反映されます。

鍛造加圧式(FORGED)品は特にお勧めします。





ミラーポリッシュサンプル販売品もあります。





(有)オートサービス西HPはこちら

2010.11.02

★BBS-RS(189)6Jx15 PCD100-4H オフ+38 2台お譲りいたします。★

極上!新品同質、同様のBBSピッチ100-4Hのホイールを提供いたします。

写真2セット(A-1&A-2)ともサイズ、スペックは全く同じです。

BBS-RS(189)

6Jx15inch/OFF+38/PCD100-4H/ハブ径56mm



A-1 極上品! 新品同質同様のBBS-RS(189)

A-2 極上品! ミラーポリッシュ化したBBS-RS(189)

ミニバン、コンパクトカー、軽カーなどにお勧めです。



※ハブ径57mmのサイズも1セットございます。





A-1 極上品、新品同質同様のBBS-RS(189)

 

ディスクとメッシュプレートは、塗装剥離して同色再塗装してあります。

リム部(アウター・インナー)/キャップ/ピアスボルト/バルブ全て新品のまま未使用品ですので新品同様のクオリティーです。







アップ写真

ポリッシュに付き物のミミズシミ、白錆びなどありません。

リム、キャップ、ピアスボルトなどオリジナル肌のままです。

20年位前の商品でこんな極上ホイールは滅多にお目にかからないです。







裏、側面

長期在庫品でしたのでカラー部は厳密に言えばやや色落ちがあるかも知れませんが、全く手をつけていませんので新品オリジナルのままです。

■納期 即納(3日以内)

■価格 ASK











A-2 細部まで拘り、他所では出来ないミラーポリッシュした完全オリジナルBBS-RS(189)



お客様からの加工ご依頼を数多く頂く当店自慢のスーパーミラーバレル研磨工法のRS販売品です。 他所には無い研摩工法ですので、Miracle,Premiumホイールとなります。

■細部まで拘ったミラーポリッシュリフレッシュ加工内容■

●1・ディスク・メッシュプレートはバレル研磨にてミラーポリッシュ(オンクリアー済み)

●2・アウターリムポリッシュ部/ミラーポリッシュ(ノークリアー)

※オンクリアーは4本12.000円アップで塗装いたします。

●3・アウターリム/インナーリム側面、裏面はシルバーメタ塗装、クリアー塗装済み

●4・ピアスボルトの洗浄研磨、錆び止め防止剤添付済み

●5・6画キャップの鏡面研磨(オンクリアー)

●6・BBSロゴのプラ製エンブレムレンズクリアー済み

※プラレンズクリアーで光沢が蘇っています。







アップ写真

元々程度の良い商品でしたので、2次元下処理研摩から仕上げのバレル研摩でデザイン表面部はご覧の通りツルピカです。

 

※ミラーポリッシュは素材表現のため素材や程度の良し悪しで仕上がりが左右されます。

そのためより程度の良い物を選んで提供しています。








裏、側面

塗装面もキチンとシルバーメタさらにクリアー塗装してあります。

※中古品からのリフレッシュですので裏面のナットはそのまま使用しています。

 

※お客様のホイールも同質加工いたします。 メーカーは問いません。



スーパーミラーバレル研磨の詳細はこちら

■納期 即納(3日以内)

■価格 ASK







■販売商品のお問い合わせについて■

A-1&A-2ともリム交換にてワイド化(6.5J、7J)までサイズアップ可能です。

ご注文、お買い上げ頂いたオーダーメイドホイールの詳細はこちらもご覧ください。


http://www.243ok.co.jp/blog/2010/11/23490/



商品販売に関するお問い合わせは会社のメールかお電話にてお問い合わせください。

 

電話番号 0995-65-7225

会社メールはこちら info@243ok.co.jp



●他RS16インチ・17インチの同品質の在庫ございます。

※16インチ・17インチのピッチ100-4穴の在庫はありません。

※16インチ・17インチのピッチ114.3/4穴と114.3/5穴のみとなります。

サイズ、ピッチ、在庫に関してのお問い合わせはお電話にてお願いいたします。



■お支払い方■

①銀行お振込み

②代金引換 

③カード決済e-コレクトサービス



■送料について■

「みんカラ」会員様に限り送料無料です。





(有)オートサービス西のHPはこちら

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«11月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

カテゴリーリスト

フィード