ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

溶剤ウレタン焼付けカラー塗装の修正

2013.11.27

OZホイールの曲り、ガリ傷修理から溶剤カラー&ロゴシール作成

OZホイールの曲り、ガリ傷修理から車のボディーカラー同質の焼き付け溶剤カラー仕上げです。

溶剤カラーは調色次第でカラー表現が無限大な事と低温焼き付け(70度前後)のため程度の良し悪しや素材のを選びませんので何にでも対応できるのが最大の売りです。

一般的に量産新品ホイールは溶剤カラーがメインです。

OZは似たようなモデルでもロゴが大文字、小文字、正文字、逆文字など多種多様に有るようです。





OZホイールの曲り、ガリ傷修理からの溶剤カラー&ロゴシール作成



大分県のお客様・・・リフレッシュのやりがいのあるホイールです。ガリ傷だらけでかなり傷んでいますが、変な修復歴さえなければ見た目の損傷など全く関係有りません。





インリム欠けも今回は修理します。

※インリムの曲りや割れは使用に影響しますので全て治しますがインリムのガリ傷はリクエストの有無で対応いたします。







ガリ傷の肉盛溶接・・リム端への削り込み修理やパテ埋め修理など一切行っていません。







リム修理から全面研摩の完成!

「リム修理~リム研磨~ハンド研磨~ドライブラスト~ウェトブラスト」など下処理があって確実な塗装が出来ます。









インナーリムや側面リムも細かく研磨して無垢の状態に戻します。

これから新たな塗装工程に入ります。







サフからベースカラーの塗装







溶剤グロスブラック完成後にロゴシールを張り付けしてクリアー抑えで完了です。







インリムのガリ傷も完璧に直して有ります。







腐食が酷いモノはパウダーコートは不可ですが溶剤カラーなら元通り綺麗になります。







栃木県のお客様・・・・こちらは経年劣化で色褪せ退色レベルで程度の良いOZです。







曲り修理から・・永年使用したホイールで曲って無いモノはほとんど有りません。







下処理塗装







スーパーホワイト塗装







ロゴシールを貼り付けて完成!







インナーリムや側面リムももちろんキチンと丸塗り







OZラリーのロゴフォントは過去で7パターンほど作ってますがまだ有るかも知れません。





溶剤アクリルウレタン塗装と粉体塗装パウダーコートの長所と短所※目的に応じて選択してみてください。

■溶剤アクリルウレタン塗装■

・素材を選ばない

・腐食した物でも下処理次第で塗装可能

・液体のため混合調色できますのでカラー表現が無限大

・部分修理塗装が可能

・既存の塗装へ上塗りが可能

・塗装肌が弱いため傷つき易く剥げやすい

・紫外線に弱く退色し易い

・低温焼き付けのため熱に弱い

・塗装仕上げ見た目レベリングが良い

・2コート、3コートなど多層コートを得意とする



■粉体塗装(パウダーコート)■

・素材を選ぶ(金属製に限る)

・腐食した物は気泡、ブツが発生する(ベースとしての利用可能)

・粉個体のため混合カラー調色が出来ない

・部分修理塗装が出来ない

・既存の塗装へ上塗りが出来ない(金属無垢の状態からの塗装が条件)

・塗装が樹脂膜のため頑丈硬肌で傷つきにくく易く剥げにくい

・紫外線に強く退色しにくい

・高温焼き付けのため熱に強い

・メタリック系は見た目レベリングが溶剤よりやや劣る(ソリッド系は問題無し)

・パウダー同士の2コート、3コートなどコート数が多くなるほど品質が落ちる。



※溶剤カラーもパウダーカラーも基本土台となるまともな修理が出来てからの話です。



4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へ電話番号明記の上お願いいたします。





お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西HPはこちら

2013.10.22

割れ、曲り、ガリ傷、修理フルコースからの溶剤カラー塗装

割れ、曲り、ガリ傷などかなりひどい修理のフルコースからの溶剤カラー塗装と修理無しからの溶剤カラー塗装仕上げです。

酷い修理有りでも修理無しでも当たり前の修理とキチンとした下処理して修理の有無に関わらず同じ条件で普段通りのパウダーコートや溶剤カラー塗装など用途に応じて塗装仕上げします。

カラー塗装前の基本となる修理が出来てからの塗装仕上げです。





割れ、曲り、ガリ傷修理フルコースからの溶剤カラー塗装



茨城県のお客様・・・こんな酷い修理でも昔は1日数本仕上げる元気が有りましたが、今はそんな元気も無くなり後継者が育たないのが一番の悩みです。

さて気合いを入れて集中して修理に入ります。







曲りによる割れ有りです。鋳造や鍛造の1Psは粘りが有りませんので曲がれば基本割れが入ります。







修理に邪魔になる塗装をとりあえず剥離します。







割れたままでのプレス修理では出来ませんのでプレスのために割れ部を仮止め溶接します。







曲がったリムを直してから割れ修理の本格的な溶接に入ります。









割れ以外の箇所のガリ傷肉盛りです。

曲り、割れ修理に比べればガリ傷修理など屁みたいな修理です。







原型修復研摩形成の完成!パテ埋め補修など一切行っていません。







溶剤カラーお化粧塗装のための下地塗装







スーパーホワイトオンクリアーの完成!









多きくパックリ割れていた箇所です。

※再剥離から再利用できるサイズ明記シールも再貼り付けしたさりげないサービスです。









福岡県のお客様・・・・福岡と鹿児島は同じ九州とは言え結構な距離が有りますが休みを利用してわざわざご来店していただきました。

工場見学をして頂き詳しく説明できましたのより安心信用頂けたかと思います。







こちらは前の酷い修理など有りませんのですんなり下地作業に入れます。









左右色違いで2色カラー仕上げです。







左側スーパーホワイト!







右側R32GTR純正ガンメタカラー







装着写真を頂きましたので紹介します。

左右どちらも甲乙つけがたくそれぞれ愛車に良く似合っています。





4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。



FaceBookはこちら



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へ電話番号明記の上お願いいたします。



お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



日曜、祭日はお休みですので返信、対応は営業日になります。



(有)オートサービス西HPはこちら

2011.09.01

NSXタイプSとインテグラ/タイプRのホンダ純正ホイールの修理&リフレッシュ

HONDA純正ホイールの割れ、ガリ傷修理から溶剤ウレタン焼付けカラー再塗装!

割れとガリ傷の修正が済んでから仕上げのカラーが違うだけで、塗装剥離から下処理までの作業やキャップのHマーク復元などは全く同じですのでカラー丸塗り仕上げまでの作業を2台まとめてご案内します。







HONDA NSXタイプS純正ホールの割れ修理&シルバメター再塗装

 

東京都のお客様・・ 他店修復暦有りのホイールが1本有り、そのホイールのスポーク付け根にクッラクが入っていました。またリム傷修理はいつものパテ埋め修理です。 他3本は小傷は有りますが、手付かずの程度良好のホイールです。





 

1本クラック修理とパテ埋め修理手直しついでに4本同色塗り直しのために塗装剥離からスタートします。







スポーク付け根の割れとリム部のパテ削除です。





開先を取って溶接が完全に溶け込みように溶接の準備をします。





 

溶接ムラやピンホール(巣穴)が出ないように慎重に溶接します。





 

グラインダーやヤスリ、ペーパーを使って完全手作業による研磨形成です。

この作業だけは20年前から変わりません。





 

溶接修理箇所からのエアー漏れや溶接欠損が無いかタイヤを組んでエアー漏れチェックします。

エアーが漏れ無い事を確認してそれからいよいよ塗装に入ります





 

溶剤系のカラー仕上げですので同じ溶剤系の密着プライマーからサフの下塗装です。キャップも同じ様に個別の下処理となります。





 

シルバーメタ塗装完成!割れていた箇所のアップです。





 

ホンダロゴ「Hマーク黒」のシールも自作です。

「Hマーク黒」をキャップに貼り付けシールが剥げない様にクリアーで抑えてあります。





HONDA インテグラR純正ホールの割れ修理&チャンピョンシップホワイト再塗装



鹿児島県のお客様・・ ヤフオフでの購入らしく、劣化が激しいインテグラタイプRのホイールです。

「スーパーミラーバレル研磨」や「パウダーコート」は素材の良し悪しで仕上がりが左右されますが、溶剤カラーは巣穴や虫食い、腐食があっても下処理サフやカラーで隠れますので、少々の劣化ダメージは関係無く綺麗に仕上がります。





 

いつものように塗装剥離からガリ傷、肉盛り修理です。

先ほどの「NSX タイプS」ホイールの割れ修理と比べればガリ傷修理は何て事の無いカワイイ修理です。





 

リム研磨形成からブラスト研磨!





 

「NSX タイプS」と同様の下処理塗装!





 

調色指定カラー(ホンダ純正色のチャンピョンシップホワイト)を塗ってゴムバルブから金属バルブに交換して完成です。

こちらも「Hマークエンジ」を製作貼り付け後、シールが剥げない様にクリアーで抑えてあります。





溶剤系カラーは、車のボディーカラーと同じですので普段のメンテがしっかりしていれば耐久性も十分なレベルです。また溶剤カラーの最大の特徴は調合次第で無限のカラーが作れる事と部分修理、部分塗装が可能な事が一番の利点です。

それに対してパウダーカラー調色が出来ない部分塗装や重ね塗りが出来ません。

パウダーコートについてはこちら





スーパーミラーポリッシュ・BBF鏡面研磨・ハイパー塗装・ウレタンカラー塗装・粉体パウダー塗装など、磨きや塗装が出来ても、基本・土台となる確実な修理、修正が出来てないと見た目だけ綺麗にしても意味がありません!!





(有)オートサービス西HPはこちら

2011.07.26

カラーホイールの修理から再塗装リフレッシュ・リメーク

リム、ディスク同色の丸塗りカラー塗装仕上!

塗装剥離からの表、裏、側面の丸ごと再塗装です。

その1・・「OZクロノ1Ps18インチスーパホワイト+赤ロゴ製作」

その2・・「BMW・E46用パウダーコートから溶剤ウレタンカラー(BBS-LM同色ゴールド)」







その1・・「OZクロノ1Ps18インチスーパホワイト+赤ロゴ製作」

 

中古にガリ傷は付き物ですので気にせずまあまあ程度良好のクロノです。



 

溶接肉盛り研磨形成から始まります。



 

ブラスター剥離



 

下処理からすべて焼付け溶剤ウレタン系のスーパーホワイト仕上げです。

黒ロゴから、赤ロゴでイメージチェンジ!

ロゴ製作・ロゴ見本はこちら







 

裏、側面も丸ごと塗装です。







その2・・「BMW・E46用パウダーコートから溶剤ウレタンカラー(BBS-LM同色ゴールド)」

 

お客様が途中まで塗装剥離に挑戦されたようですが、塗装が頑丈で剥離が難儀なホイールです。





 

剥離剤からブラスト研磨して研磨機にて無事、塗装剥離完了!





 

パウダーコートが前提のため下処理として、さらに当社独自の脱脂剤添付してバレル荒研磨します。

※パウダーコートの下処理でバレル研磨をするのは当社のオリジナルです。





 

ゴールドのパウダーコートを180℃で50分前後焼付けします。





 

お客様はパウダーゴールド1コートでよいとの事でしたが、メタリック系のパウダーコートはメタが立ち、写真では解りませんが、やや肌のざらつき感と艶に難が出てきました。





 

メタリック系の1コートではまずいと判断して2コート目となるパウダークリアーを重ね塗りしました。 しかしこれでも溶剤系のゴールドに比べれば正直言って見劣りします。

お客様に相談してフィニッシュは通常のウレタンカラー仕上げとさせて頂きました。



 

今回のパウダーコートはあくまでもベース下地の役目として、裏面、側面はパウダーゴールドのままとなり、表デザイン面は溶剤系ウレタンゴールド(BBS-LMのゴールドを調色)して完成させました。

※ハイパー塗装もこれと同様でパウダーコートのHDブラック(艶有り)をベースとしてその上へアンダーコートからハイパーを塗りトップコートで抑えるスプレーガン式の塗装方です。





パウダーコートのメタリック系カラー仕上げの結論として

パウダー塗装で1コート仕上げの場合「クリアーブラック、マットブラック ホワイト」などのソリッドカラーは溶剤ウレタンと遜色無く仕上がりますが、パウダー塗装のメタリック系は2コートが必須となるためビジュアル的には溶剤系のウレタンカラーと比べて肌艶やカラー表現はやや劣ります。

パウダーコートは重ね塗りするたびに仕上がり品質が低下します。 ※それは1回目で塗装が被っているため2回目は静電しにくくなるからです。



また「ゴールド、ガンメタ、シルバー」などは無限大に様々な色合いがあります。

パウダーコートではその無限大の調色カラー表現ができないためメタリック系は溶剤ウレタンカラー塗装にはやっぱりかないません。

パウダーコートは全て既存のカラー仕上げとなります。



溶剤カラーの最大の特徴は、車のボディーカラー同様に耐久性も十分なレベル(下地で左右されます。)で、カラー調合次第で無限のカラーが作れる事が最大の利点です。

それに対してパウダー塗装は調色が出来ません。その代わり塗装膜が頑丈で耐久性が良いのが最大の利点です。

それぞれの特徴を生かして連携すればよりよいカラー塗装が出来上がります。

既存のパウダーカラーバリエーション内ならALLパウダーカラー仕上げも可能です。

パウダー塗装やパウダーカラーバリエーションについてはこちら



スーパーミラーポリッシュ・BBF鏡面研磨・ハイパー塗装・ウレタンカラー塗装・粉体パウダー塗装など、磨きや塗装が出来ても、基本・土台となる確実な修理、修正が出来てないと見た目だけ綺麗にしても意味がありません!!





(有)オートサービス西HPはこちら

2010.09.19

カラー塗装ホイールは色さえ合えばほぼ完璧に修正できますよ!

カラー塗装ホイール(ウレタン塗装・ハイパー塗装・メッキ塗装)は最終の色さえ合えばほぼ完璧に修正できます。

欠け・割れ・エグレなどの損傷が酷いものでも、プレス修正から肉盛り研磨形成の原型修復は絶対的な自信を持っています。

部分修正後の部分カラー塗装でも全て下地塗装(プライマー・サフ)をしてメインとなるカラー塗装後最終仕上げとなるクリアートップコートはもちろん全面丸ごと塗装しています。



カラー塗装の修正から再塗装



15インチベンツ純正/ リムがエグレて無くなっています。

プレス修正から肉盛り研磨形成して調色シルバーメタ塗装仕上げ 。







15インチゴルフ純正/ リムがエグレて深いガリ傷です。

プレス修正から肉盛り研磨形成して調色シルバーメタ塗装仕上げ 。









18インチBMW純正/ リムの深いガリ傷です。

肉盛り研磨形成して調色シルバーメタ塗装仕上げ

※リムとディスクが交差したデザインのため肉盛り研磨形成が難しい構造のホイールです。

 







19インチマセラッティー純正/ リムの深いエグレです。

肉盛り研磨形成して調色ガンメタ塗装仕上げ 。









18インチBBS-LM/ ディスク部の一部割れ

リムへの衝撃痕が有りませんので、なぜディスクが割れているのか?原因が解りません。

開先を取って溶接にての修正です。

この辺は場所的に完全フリーハンド職人技の研磨です。

DSK(ハイパー塗装)でしたので同色DSK塗装となります。



当店では4本セットのリフレッシュ・リメークだけをしている訳ではありません。四輪、二輪問わず1本・2本といった単品修正も毎日数多くご依頼頂いていますので、1本でもお気軽にお問い合わせください。





カラー塗装ホイールは色を塗ってしまえばどんな修理をしたのか判らなくなります。

パテ埋めして色を塗る修理は素人でも出来ます。

基本となる修理・修正が完璧に出来て本来のホイール修正カラー塗装となります。



1本修正ついでに4本イメージチェンジなども是非ご検討ください。







(有)オートサービス西のHPはこちら



ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

ブログ内検索

カレンダー

«6月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーリスト

フィード