ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - BBS-LM裏組・アンダーディスク仕様

2018.05.01

BBS-LM19インチ表組み&裏組みバレル2次元研磨リフレッシュ・リメーク

BBS-LM19インチ表組み&裏組みバレル2次元研磨リフレッシュ・リメーク BBS-LM19インチフロント表組み&リアー裏組みバレル2次元研磨ノークリアーのリフレッシュ・リメークです。

バレル研摩には2次元研磨と3次元研磨が有りますが、バレル研磨機でいきなり2次元研磨や3次元研磨になる訳では有りません。・・ハンド研磨で何処まで磨き込みかの違いで手磨きバフ磨きがバレル研磨の基本中の基本です。

素地表現のフルポリッシュ仕上げは曲りガリ傷云々より「虫食い、陥没」腐食の有無こそが仕上がりを大きく左右する重要なポイントです。・・・素地内部まで侵食された「虫食い、陥没」はいくら磨いて金太郎アメの様に腐食が残ります。

BBS-LM19インチ表組み&裏組みバレル2次元研磨リフレッシュ・リメーク


神奈川県のお客様・・・他店修復歴有りですが腐食が有りませんのでこれならバレル研磨フルポリッシュで見事に光沢が出ます。

オリジナルのリムフランジ天面はシルバー塗装で縦柱はポリッシュですがパテ埋めのため縦柱までシルバー塗装されています。

リムフランジ手直し修理して2Ps本体剥離研磨

2Ps本体は当社定番パウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムはリムフランジまで全面BBFバフポリッシュ

ポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理してパウダーアクリルクリアー静電噴射!

塗装剥離ブラスト研磨

2次元天面ハンドアクション研磨

バレル中研磨

バレル荒研磨

ハンドバフ磨き

バレル2次元完成

パーツ別加工の完成!

フロント側・・表組み(オーバーヘッド)組み付け!

リアー側・・裏組み(アンダーヘッド)組み付け!

・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」インリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。パウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

2Ps本体塗装の量産新品黒と当社パウダーブラックの黒光り光沢の違い!
量産新品のインナーリム、側面リムは溶剤の黒が薄く被った程度ですが丸塗りパウダーブラックはインリムとは言え丁寧に塗っています。

ディスクからリムまで同種バレル研磨フルポリッシュですので表組み裏組みの見分けが付きにくいです。

■LM19インチ/バレル2次元研磨表組み&裏組みリフレッシュ・リメークの詳細■
・アウターリム・・・・・・・バレル研磨ノークリアー
・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・バレル次元研磨ノークリアー
・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨再利用
・ナット・・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨錆び防止パウダーシルバー
・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・中古再利用


●ノークリアー(パウダークリアー無し)の特性●

【ノークリアーの利点】
1・アルミ素地磨き状態のため素材そのものの光沢輝きが表現出来る
2・一部の傷補修や少々の傷消しはサンドペーパーとコンパウンドさえあればユーザー自身でリペアー可能
3・普段から小まめに洗浄、磨き、ワックス掛けメンテすれば光沢が永く維持出来る
4・曲りガリ傷修理の際にクリアー剥離が無いめ修理と磨で終わるため短納期で修理ランニングコストが安くなる
5・塗装が無いため塗装の変色、剥げなどの概念が無い

【ノークリアーの欠点】
1・アルミ素地剥き出しのため傷が付き易く雨泥で酸化白ボケし易い
2・塩風の有る海岸沿い、火山灰が降る地域、雪国で凍結剤を使う地域などは特に腐食を起し易い
3・水や泥が付いてそのまま放置すればシミ、腐食の原因となり普段のメンテナンス(洗浄・ワックス・磨き)など週2回以上の磨きメンテが常に必要となる
4・クオリティの維持は使用条件化や普段のメンテナンスの有無に左右される
※ノークリアーメンテについてはこちら http://www.243ok.com/menu/noclearmente/

●オンクリアー(パウダーアクリルクリアー)の特性●

【パウダークリアーの利点】
1・素地ポリッシュにパウダークリアーコーティングされているため洗車水洗い程度で済む
2・パウダークリアーは量産新品の軟弱な一液型溶剤クリアーと違い「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPが期待出来る

【パウダークリアーの欠点】
1・磨き込んだ鏡面研磨光沢がクリアー塗装により鏡面光沢がやや落ち艶引き感が出る
※例・・鏡にクリアーを塗れば映り込みが弱くなりボケ感が出るのと同じ現象
2・曲りガリ傷修理の際にクリアー剥離代が伴い修理後に全面再クリアー代も掛かるためノークリアーより納期や修理ランニングコストが高くなる
3・パウダークリアーとは言え経年劣化やガリ傷、角部からアルミ素地とクリアーの間へ水が浸入してに白シミ、ミミズシミ、塗装の浮きがいずれ起こる
4・ユーザー自信で部分傷補修が出来ない
※傷、シミの入った箇所を研磨してもクリアーが剥げるだけでアルミ素地が出て却って不格好な仕上りになる

■ノークリアー&オンクリアーまとめ■
ノークリアーは週1ペースでのメンテが必要ですが、メンテ次第で光沢クオリティーが永く維持出来てユーザー自身でリペアー可能である
オンクリアーは水洗いOKですが小傷から水侵入白錆びや曲りガリ傷が入れば一旦クリアーを剥ぐ必要が有りユーザー自身で磨きリペアーが出来無い

■ノークリアーメンテについて■
ノークリアー仕上げはオンクリアーの様に水侵入による白ミミズシミは入りませんがアルミの無垢状態ですので水、泥、灰、塩カリなど水気や塩分が一番の敵です。
水気や塩分による白ボケ、酸化を防ぐために定期的に水洗いして乾燥後に水気弾きの強いワックスでも掛けておけばより光沢維持効果が有ります。
ポリッシュホイールやアルマイトホイールなど市販されているホイールクリーナー(汚れ落とし)などを使えば
化学反応を起こし表面を犯してしまいますのでホイールクリーナー(汚れ落とし)は絶対NGです。
中性洗剤で洗浄して水弾きワックを掛けておけば素地コーティングの役目をして光沢を長持ちさせます。


BBS軍団完成!

バレル研摩ポリッシュ仕上げは曲りガリ傷云々より虫食い、陥没、腐食の有無こそが重要なポイントです。
以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.04.17

BBS-LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)+パウダー赤フランジ(裏組み)

BBS-LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)+パウダー赤フランジ(裏組み) BBS-LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)とリムフランジパウダーレッド、フルパウダーコート裏組みです。

表組み(オーバーヘッド)台座勘合のモノを裏組み(アンダーディスク)組みすれば勘合が無いため裏から組んで「ハイ完成!」と安易な組み付けでは有りません。

裏組みは勘合の無い正規組み付けでは有りませんので改造組み付け自己責任としてお願いします。

BBS-LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)パウダー赤ライン/フルパウダーコート(裏組み)


愛知県のお客様・・・数回ご依頼頂いているお得意様の程度良好なLM-DSK-Pです。

剥離~ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

バレル荒研磨・・・塗装は下処理仕込みが命!

ディスクのパウダーマットブラック(5分引き)静電噴射!

2Ps本体剥離インナーリムから側面リム研磨

2Ps本隊パウダーマットブラック(5分引き)丸塗り静電噴射!

リムフランジ部が溶剤赤ラインなら簡単で楽なのですが、フルパウダーコートがお客様の拘りですのでリムフランジもパウダーコートによる赤ラインを入れます。

マット黒の上に赤上塗りでは鮮やかな赤になりませんのでリムフランジを黒を剥ぎ研磨します。
溶剤赤の場合は白をベース塗りして赤を塗りますのでリムフランジの黒を剥ぐ必要は有りません。

リムフランジマスキングしてパウダーレッド静電噴射!パウダー2コートになります。

ピアスボルト、エアバルブのブラスト研磨からガスグラスプライマー化学処理パウダーマットブラック静電噴射

全パーツ個別のパウダーマットブラック

フロント裏組み完成!

リア-裏組みけ完成!

・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

微かな艶がある5分消しマットブラック
溶剤マットブラックの場合、艶消し添加剤塗装のため肌がザラツキ感が出ますが、パウダーマットブラックはザラツキ感の無いツル肌になりメンテもやり易くなります。

裏組みによりリムが一段深リムになり9.0J+45から9.0J+28になります。
※リムが深くなり見た目が良くなりますが、勘合の無い裏組みは最善の方法を施しては有りますが正規の組み付けでは無く改造組み付けですのでご使用に関し自己責任としてお願いします。

裏組みによりリムが一段深リムになり9.0J+45から9.0J+28になります。
※リムが深くなり見た目が良くなりますが、勘合の無い裏組みは最善の方法を施しては有りますが正規の組み付けでは無く改造組み付けですのでご使用に関し自己責任としてお願いします。

■LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)裏組みアンダーディスクの詳細■
・アウターリム・・・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)+パウダー赤ライン
・アウターリム・・・・・・・赤ロゴシール作製貼り付け
・2Ps本体塗装・・・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)
・センターディスク・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)
・ピアスボルト・・・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)
・ナット・・・・・・・・・・洗浄研磨
・エアーバルブ・・・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)
・エンブレム・・・・・・・・赤パッチ新品交換

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225
・・・・・繁忙期のため納期遅延のお詫び・・・・・
2月~3月入庫が普段の倍以上有り4月末GW前の納品やお客様のイベント出品が多く迫っているため普段の納期より全て遅延してますのでご理解ご了承のお願いします。

(有)オートサービス西

2018.03.30

BBS-LM18インチDBK-P裏組みリフレッシュ・リメーク

BBS-LM18インチ初期型SP(シルバー&ポリッシュ)からハイパー塗装DBK-P(ダイヤモンドブラック&ポリッシュ)裏組みリフレッシュ・リメークです。

表組み勘合に設計されたモノを裏組みすれば勘合が合わ無いため裏から組んで「ハイ完成!」と安易な組み付けでは有りません。

裏組みは勘合合わせの無い正規の組み付けでは有りませんので改造組み付け自己責任としてご判断ください。

BBS-LM18インチDBK-P裏組みリフレッシュ・リメーク


滋賀県のお客様・・・修復歴有りのLM18インチSP(シルバー&ポリッシュ)です。
人気商品のため古いタイプのLMは色んなオーナーを渡り歩いていますのでどこかで修理されたモノが多いです。

他店修復歴有りは「削り込みやパテ埋め補修」など怪しげな修理が多いため塗装を剥いで検品チェックしてから手直し修理に入ります。
あまりにも酷い修理歴のモノは手の施し様の無いモノも少なく有りません。

塗装浮き剥げ腐食進行中

塗装の浮いた箇所は黒済み腐食が進行中ですが研磨下処理で何とかなります。
※塗装は下処理仕込みが命です。

剥離~ブラスト研磨

腐食痕削除研磨してハンドアクション研磨

バレル荒研磨・・・塗装前の下処理仕込みはこの上無いバレル研磨による平滑面出しです。

2Ps本体の剥離研磨化成処理して200℃釜空炊き

2Ps本体パウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムのBBFバフポリッシュ鏡面ポリッシュ

ポリッシュ密着性UPガスグラスプライマー化学処理してパウダーアクリルクリアー静電噴射!

ピアスボルトのブラスト研磨からパウダーグロスブラック静電噴射!

赤錆だらけのナットもブラスト研磨して再錆び防止の役目としたパウダーシルバー静電噴射!

個々のパーツ別施工完成!

裏組み組み付けDBK-Pの完成

・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

2Ps本体塗装の量産新品黒と当社パウダーブラックの黒光り光沢の違い!
量産新品のインナーリム、側面リムは溶剤の黒が薄く被った程度ですが丸塗りパウダーブラックはインリムとは言え丁寧に塗っています。

年期モノで経年劣化腐食が進行したモノは早期に処置すれば下処理次第で綺麗に再生出来ます。
※曲りガリ傷の有無より虫食い、陥没、腐食が仕上がりを大きく左右します。

裏組みによりリムが一段深リムになり10J+20から10J+3になります。
※リムが深くなり見た目が良くなりますが、勘合の無い裏組みは最善の方法を施しては有りますが正規の組み付けでは無く改造組み付けですのでご使用に関し自己責任としてご判断ください。

■LM18インチDBK-P裏組(アンダーディスク仕様)の詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)
・2Ps本体塗装・・・・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・・・・溶剤ハイパー塗装(DBK)
・ピアスボルト・・・・・・・・・パウダーグロスブラック
・ナット・・・・・・・・・・・・再錆び防止パウダーシルバー
・エアーバルブ・・・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・・交換無し

装着写真を頂きました。



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール
nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

2017.09.09

BBS-LM17&18インチ裏組みフルパウダーコートリフレッシュ・リメークx2台

LM17&18インチのG-P(ゴールド&ポリッシュ)からオリジナルG-Pの雰囲気を替えずにフルパウダーコートによるG-P裏組みLMです。

溶剤塗装G-Pに対してパウダーコートでのG-Pは「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPは溶剤塗装G-Pの比では有りません。

S-PやDSK-Pのシルバー系は年式ロットで色見は殆ど変わりませんがG-PゴールドやDBK-Pハイパーブラックの新品は年式ロットで色見色合いが微妙に違います。

同時期入庫でパウダーゴールドの色が違うだけで工程は同じですのでLM裏組みG-Pフルパウダーコート2台まとめて紹介です。

BBS-LM17&18インチ裏組みフルパウダーコートリフレッシュ・リメークx2台

千葉県のお客様・・LM-GP(ゴール&ポリッシュ)17インチです。

広島県のお客様・・LM-GP(ゴール&ポリッシュ)18インチです。

2台共通基本中の基本、曲りガリ傷修理から

ディスクの塗装剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

さらに当社独自のバレル荒研磨!
塗装は下処理仕込みが命です。

TransparentGoldとSpanishGoldパウダーゴールド静電噴射!

TransparentGold17インチとSpanishGold18インチのワンコートゴールド
ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。

2コート目リコートパウダークリアー静電噴射!

2Ps本体剥離研磨

2Ps本体パウダーグロスブラック&パウダーシルバー静電噴射!

17インチ側はリムフランジ黒まで剥いでアウトリムのBBFバフ研磨からバレル研磨

18インチ側はリムフランジシルバーを残しアウトリムのBBFバフ研磨からバレル研磨

ポリッシュ密着向上のためのガスグラスプライマー化学処理

アウトリムのバレル鏡面研磨のアクリルパウダークリアー静電噴射!

ピアスボルト剥離ブラスト研磨からパウダーグロスブラック静電噴射!

パーツ別個別のフルパウダーコート完成!

17インチ114.3-4H裏組み完成!

色褪せした黒ボルトから黒光りするピアスボルトが鏡面光沢リムと効果に

17インチ側のTransparentGoldは煌びやかで明る目なゴールド

裏組みにより17㎜フェンダー側で出て面一になった装着写真を頂きました。

17インチ114.3-5H裏組み完成!

18インチ側のSpanishGoldは明るさ控えめの落ち着いたゴールドです。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

■LM17インチ裏組みG-Pフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・バレル研磨+パウダークリアー

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーブラック

・センターディスク・・・・・・・・・・・パウダーTransparent Gold +パウダークリアー

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・・交換無し

■LM18インチ裏組みG-Pフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・バレル研磨+パウダークリアー

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーシルバー

・センターディスク・・・・・・・・・・・パウダーSpanish Gold+パウダークリアー

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・錆び止めパウダーシルバー

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・・交換無し
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

2017.07.21

BBS-LM20インチ裏組みバレル3次元研磨パウダーコート

修理リフレッシュが断トツに多いBBSのその中でも年中途切れる事の無いLMの当社自慢バレル3次元研磨からの裏組みです。

BBSに限らず国産鍛造(FORGED)ホイールは「磨いて良し、塗って良し、軽量で取り扱いに良し」と3拍子揃った高品質ホイールですのでバレル研磨ブラッシュドなどの素地表現は曲りガリ傷より「虫食い、腐食」の有無こそが重要ポイントです。・・※曲り、ガリ傷は治せても地金素地を犯した「虫食い、陥没、腐食」の酷いモノは完全には治りませんので腐る前の早めの処置が大切です。

BBS-LM20インチ裏組みバレル3次元研磨

千葉県のお客様・・・曲りガリ傷腐食の無い程度良好なLM-DSK-Pです。

2Ps本体インナーリムから側面リムの研磨

2Ps本体インナーリムから側面リムへのパウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムはBBFバフ研磨からさらにバレル研磨

回転研磨機によるBBFバフ研磨フィニッシュのバフ磨きラインやペーパーラインを完全に消して鏡面ポリッシュにするのがバレル研磨の役目です。

パウダークリアー下処理のガスグラスプライマー化学処理からパウダークリアー静電噴射!

塗装剥離ブラスト研磨

ディスクは3次元研磨ですのでディスクのサイド面窓部隅々までハンドアクション研磨します。

3次元研磨には絶対欠かせない乾式バレル中研磨

センターディスクのバレル3次元研磨完成!

2Ps個々の完成!

裏組みして完成です。

       ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」インリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。パウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

アクリルパウダークリアーは透明度が高く肉厚感が有り耐久性は溶剤クリアーの比では有りません。

鍛造は不純物が無く金属組織の密度が高いため鋳造よりさらに鏡面になりクロームメッキの様な光沢になりますが耐久性が無いクロームメッキとは違いアルミ素地磨きの落ち着いた大人の光沢でメッキの様に剥げる概念は有りません。

高品質鍛造アルミの素材を生かしたアルミ独特の光沢鏡面仕上げのLM-MP(ミラーポリッシュ)プレミアムホイール!

■LM20インチ/バレル3次元研磨裏組みの詳細■
・アウターリム・・・・・・・バレル研磨(パウダークリアー)

・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーグロスブラック

・センターディスク・・・・バレル3次元研磨(ノークリアー)

・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨再利用

・ナット・・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨錆び防止パウダーシルバー

・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・赤パッチ新品交換

左バレル3次元研磨と右バレル3次元研磨ベースのブラッシュド!当社独自の手法で個性豊なゴージャスLMです。

毎日手掛けてるLM軍団のブログは極一部ですのでご了承ください。
バレル研摩ポリッシュ仕上げは曲りガリ傷云々より虫食い、陥没、腐食の有無こそが重要なポイントです。

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。アフターケアーは安心してお任せください。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されていないメール「迷惑メール」と判断して削除されますので回答・返信出来ません

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

2017.03.11

BBS-LMバレル2次元研磨パウダーキャンディーゴールドフルパウダーコート裏組み

BBS-LMバレル2次元研磨からパウダーキャンディーゴールドによるフルパウダーコート裏組みです。

簡易的なパウダーキャンディーカラーはパウダークロームカパウダーシルバーをベースにしてキャンディーカラーを塗る方法ですがそれでは飴玉みたいに透き通る本来のキャンディーカラーになりません。

キャンディーカラーとはまずベースをピカピカに光らす事です。・・「バレル研磨・BBFバフ研磨・ブラッシュド」で磨き上げた素地ポリッシュ加工で鮮やかな高級感有るキャンディーカラーになります。

BBS-LM19インチ/バレル2次元研磨パウダーキャンディーゴールド&フルパウダーコート

秋田県のお客様・・・前回当社でDBK-Pリフレッシュ・リメーク裏組みしたLMですが、バレル2次元研磨パウダーキャンディーゴールドに模様替えします。

1・・塗装剥離
※限定販売品は平滑面出しのためプライマーをぼっこり厚く塗って有るため剥離剤でも簡単には剥げません。

2・・ブラスト研磨!

3・・ハンドアクション研磨!

4・・バレル荒研磨!

5・・バレル中研磨!

6・・ハンドバフ研磨!

7・・バレル仕上げ研磨完成!
ピカピカに磨き込んだバレル研磨からお好みのパウダーキャンディーカラーでより美しく華やかなパウダーキャンディーカラーになります。

ポリッシュ肌密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理してパウダーキャンディーゴールドの静電噴射!

ピアスボルトも当然ガスグラスプライマーしてパウダーキャンディーゴールドの静電噴射!

ホイールの顔となるセンターディスクのバレル2次元研磨パウダーキャンディーゴールド!

2Ps本体の塗装剥離から全面研磨!

先塗り2Ps本体(インナーリムから側面リム)丸塗りパウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムをBBFバフポリッシュしてパウダークリアー静電噴射!

美しく豪華なパウダーキャンディーゴールドで高級感に満ちた仕上りの裏組みLM。

    ・・・インリムへのパウダーコート推奨・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

磨き込んだポリッシュリムへのクリアーとしての密着性と透明度が高く耐候性も良いアクリル系のパウダークリアーです。

ピアスボルトもディスク同色のパウダーキャンディーゴールドです。

■BBS-LM-19インチ/バレル2次元研磨パウダーキャンディーゴールドの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・ディスク塗装・・・・・・・・・・バレル2次元研磨/パウダーキャンディーゴールド

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・洗浄研磨パウダーキャンディーゴールド

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・・・・研磨再利用

美しく豪華なパウダーキャンディーゴールドで高級感に満ちた仕上りになりその他パーツ全てパウダーコートですので「密着性・褪色性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性もUPします。

毎日手掛けているLM軍団の中で4セット完成!
 

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。
バレル研磨の修理から再バレル研磨http://www.243ok.com/blog/2016/02/#date-2016-02-08


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス

2016.12.31

BBS-LM18インチ/バレル2次元研磨と19インチ/3次元研磨x2台

BBS-LM18インチのバレル2次元研磨パウダースモークブラックと19インチのバレル3次元研磨ノークリアー裏組みです。

修理やリフレッシュではBBSが断トツに多いですがその中でも年中途切れる事の無いBBS-RSとLMです。

人気の度合いが修理依頼のバロメーターでも有り、数が多い分ブログで紹介出来るのは極々一部となりますが今年最後のブログはLMへの当社自慢のバレル2次元研磨と3次元研磨で締めとさせて頂きます。

バレル2次元研磨と3次元研磨の違い特性など詳しくご案内しますので最後まで目を通してください。

2017年も宜しくお願いいたします。

 

 
BBS-LM18&19インチ/バレル2次元研磨と3次元研磨x2台

その1・・バレル2次元研磨パウダースモークブラック


福井県のお客様・・・以前4本SPにリフレッシュしたLMですが2本損傷して同サイズ2本購入されて4本ついでに今回はバレル2次元研磨パウダースモークブラックに模様替えします。

前回パウダーグロスブラックに塗った方2本インリムが曲がっていますが小さな曲りでもインリムが曲がれば横振れを越しますので曲り修理は必須です。

後で買ったゴールド2本の方はガリ傷有りです。

後で買ったゴールドの方だけ2本2Ps本体の剥離からリム研摩

パウダーグロスブラックの静電噴射!

アウトリムBBFバフポリッシュしてパウダークリアー下処理のガスグラスプライマー化学処理

アウトリムのパウダークリアー静電噴射!

ディスク4枚剥離ブラスト研磨からハンドアクション研磨

バレル荒研磨

ハンドアクション研磨からトレースバフ磨き

バフ磨きとバレル仕上げ研磨数回繰り返しバレル2次元研磨の完成!

ポリッシュ密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理してパウダースモークブラックの静電噴射!

パウダーブラックに塗ったピアスボルトを装着して組み付け完成!

    ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

樹脂膜のパウダークリアーは肉厚感が有り溶剤クリアーより耐久性は期待出来ます。

■LM18インチ/バレル2次元研磨/パウダースモークブラックの詳細■
・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)
・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・バレル2次元研磨パウダースモークブラック
・ピアスボルト・・・・・・・パウダーグロスブラック
・ナット・・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨/パウダーシルバー
・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

その2・・バレル3次元研磨ノークリアー裏組み

岩手県のお客様・・・限定販売のDBK-Pです。経年劣化で結構傷んでいます。

4本ガリ傷有りです。
※曲り、ガリ傷の有無より虫食い、陥没、腐食が有りませんので問題は有りません。

4本ガリ傷肉盛り修理!
※ポリッシュ仕上げはパテ埋めで誤魔化せるカラー塗装仕上と違いますのでガリ傷肉盛り修理が出来ないとバレル研磨は出来ません。

ディスクと2Ps本体の個別塗装剥離からブラスト研磨!

2Ps本体インナーリムから側面リムの研磨

2Ps本体インナーリムから側面リムへのパウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムはBBFバフ研磨からさらにバレル研磨です。
※回転研磨機によるBBFバフ研磨フィニッシュのバフ磨きラインやペーパーラインを完全に消してツル肌の鏡面にするのがバレル研磨の役目です。

こちらのディスクは3次元研磨ですのでディスクのサイド面窓部隅々までハンドアクション研磨します。

バレル中研磨からバレル荒研磨!
※バレル2次元研磨はバレル中研磨は有りませんがバレル3次元研磨の場合バレル中研磨は必須です。

ハンドバフ磨き~トレース研磨~バレル仕上げ研磨を数回繰り返しバレル3次元研磨の完成です。

ディスクのサイド面窓部まで磨き込むバレル3次元研磨はバレル2次元研磨の数倍時間と手間が掛かります。

ピアスボルト一部交換してディスク裏組アンダーディスク仕様バレル3次元研磨の完成!

    ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

鍛造は不純物が無く金属組織の密度が高いため鋳造よりさらに光沢が出ますのでクロームメッキの様な光沢になりますが耐久性が無いクロームメッキとは違いアルミ素地磨きの落ち着いた大人の光沢でクロームメッキの様に剥げると言う概念は有りません。

■LM19インチ/バレル3次元研磨/裏組(アンダーディスク仕様)の詳細■
・アウターリム・・・・・・・BBFバフ+バレル研磨ノークリアー
・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・バレル3次元研磨ノークリアー
・ピアスボルト・・・・・・・クローム洗浄研磨再利用
・ナット・・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨/パウダーシルバー
・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

高品質鍛造アルミの素材を生かしたアルミ独特の光沢鏡面仕上げプレミアムホイールになります。
 
バレル2次元研磨と3次元研磨について
リムはリング状の平面ですので2次元3次元の概念が有りませんが2次元3次元とはディスクの平面または立体の研磨領域を指します。
                  ↓

              ・・●バレル2次元研摩●・・
2次元研磨(平面磨き)はディスク天面のみバレル鏡面仕上げとなりディスクサイド面窓部はバレル研磨によるゆず肌銀の光沢になります。。※この状態からメッキ掛ければ高品質な2Dクロームになります。

              ・・●バレル3次元研摩●・・
3次元研磨(立体的な磨き)はディスク天面からサイド面窓部全てがバレル研磨による鏡面光沢になります。※この状態からメッキ掛ければ高品質な3Dクロームになります。


・・■バレル研摩のメディア■・・

荒・中・仕上げのバレル研磨メディアです。
荒研磨・・・3角すいのプラスティック系の素材に水と混合で磨きます。
中研磨・・・1ミリx3ミリの長方形ガラス樹脂系の素材でこのまま磨きます。
仕上げ研磨・・・2ミリと4ミリのセラミックボールで水層に粉末コンパウンドと液体コンパウンドを混合させて磨きます。
2次元研磨の場合中研磨メディアは使いませんが3次元研磨は中研磨が無いと3次元研磨になりません。
3種類のメディアを通していきなり3次元研磨が出来る訳では有りませんので各メディアの間に多くのハンド磨きが有って初めてバレル2次元&3研磨になります。
   ・・・・バレル2次元&3次元研磨の長~い工程・・・
1・塗装全面剥離~2・ブラスト研磨~3・曲りガリ傷修理~4・3次元ハンドアクション研磨~5・バレル荒研磨~6・3次元ハンドアクション研磨~7・バレル中研磨~・8・3次元ハンドアクション研磨~9・3次元バフ磨きトレース研磨~10・バレル仕上げ研磨~11・3次元バフ磨き~12・バレル仕上げバレル研磨完成~13・クリアートップコート(有無)
・・2次元研摩は天面研磨のため3本スポークも12本スポークもまた複雑な荒目のメッシュなどデザイン構造を選びませんが、3次元研磨は立体的な全面磨きのためデザイン構造でお値段が異なりデザイン構造により磨きが完全に届かない場合が有ります。
磨きも塗装も基本土台となる曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しですが、バレル研摩ポリッシュ仕上げは曲りガリ傷云々より虫食い、陥没、腐食の有無こそが重要なポイントです。
以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。 
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会写メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。


電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225
年末年始のお知らせ
12月30日~1月5日までお正月とさせて頂きます。

  (有)オートサービス

2016.09.17

LM18インチDSK-P&19インチGPからDBK-P仕様裏組リフレッシュ・リメーク

LMとRSの修理リフレッシュのオーダーが断トツに多いため極一部に限ったブログになりますが、今回のブログは同時期入庫の2Ps本体のパウダーカラーとピアスボルトの再クロームが違うだけで施工の工程が同じLMのDBK-P裏組を紹介します。

表組用の勘合に設計されたディスクを裏から組んで当然勘合が合わないモノを裏から組み付てピアスボルトを付けて「ハイ完成!」と安易な組み付けでは有りません。

勘合の無いモノを裏組して最善の方法を施しては有りますが正規の組み付けでは無く改造組み付けですのでご使用に関し自己責任としてご判断ください。

LM18&19インチDBK-P裏組(アンダーディスク)フレッシュ・リメーク

愛知県のお客様・・・LM18インチDSK-Pから裏組DBK-Pに模様替えします。DSK-Pのピアスボルトはクロームタイプですので洗浄研磨して再利用出来ます。

 

長崎県のお客様・・・LM19インチG-Pから裏組DBK-Pに模様替えします。G-Pのピアスボルトは黒ボルトですのでクロームにしたい場合は再クロームする必要が有ります。

 

LM18インチの方は曲りは有りませんが肉盛りを要すガリ傷修理

 

LM19インチの方はガリ傷は有りませんがリム曲り修理

 

18&19インチ曲りガリ傷を治して2Ps本体塗装剥離からリム研摩

 

2Ps本体先塗のパウダーシルバー&パウダーグロスブラックの静電噴射!

 

裏組ですので本来ディスク台座となるピアスボルトのあたり面からBBFバフポリッシュ

 

ポリッシュ面への密着性向上を図りガスグラスプライマー化学処理

 

2コート目となるアウトリムへのパウダークリアー静電噴射!

 

ディスク8枚塗装剥離からブラスト研磨 

 

ハンドアクション研磨

 

バレル荒研磨※塗装は下処理仕込みが命!

 

ハイパー塗装(DBK)ベースの黒塗装
※センターボアまでハイパー塗装を塗ればタイヤバランスやキャップハメ外しで肌の弱いハイパー塗装が剥げ易くなるためあえて塗装が載らない様に拘りのマスキングをしています。

 

18&19インチセンターディスク8枚ハイパー塗装(DBK)の完成

 

19インチGPの方は純正が黒ボルトですので黒ボルトからクローム加工

 

18&19インチ各パーツの完成! 

 

LM18インチDBK-P裏組の完成! 

 

LM19インチDBK-P裏組の完成!

 

LM18インチの2Ps本体(インナーリムから側面リム)は1コートパウダーシルバーになります。

 

LM19インチの2Ps本体(インナーリムから側面リム)は黒光りするパウダーグロスブラックになります。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートのカラーに関係なく「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などインリムはパウダーグロスブラックがお勧めです。またガラスコーティングなども必要有りません。

 
 

カラー塗装やクリアー塗装に完全無欠な物など有りませんがポリッシュへ面のコーティングではパウダークリアーが現時点では最強のクリアーでオリジナル新品の溶剤クリアーの比では有りません。

 

パウダーコートによるDBK調も有りますがハイパーブラック(DBK)に関しては溶剤の方が濃淡、色調、レベリングなど見た目はメーカーDBKと同質の溶剤ハイパー塗装DBKの方が勝ります。

 

■LM18インチDBK-P裏組(アンダーディスク仕様)の詳細■

・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)
・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーシルバー
・センターディスク・・・・溶剤ハイパーブラック(DBK)
・ピアスボルト・・・・・・・クローム洗浄研磨再利用
・ナット・・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨/パウダーシルバー
・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

■LM19インチDBK-P裏組(アンダーディスク仕様)の詳細■

・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)
・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・溶剤ハイパーブラック(DBK)
・ピアスボルト・・・・・・・黒から再クローム
・ナット・・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨/パウダーシルバー
・エアーバルブ・・・・・・・新品交換
・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

その他BBSとLM軍団5台完成!
現在施工中のBBS軍団9台はSW明けになります。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

9月18日~20日までSWお休みとさせて頂きます。

  (有)オートサービス西

2015.12.09

BBS-LM19インチ/リム修理からフルパウダーコートによる裏組MB-P

LM限定販売品DBK-Pのリム傷修理ついでに模様替えついでに耐久性をより重視した一品物ワンオフならではのフルパウダーコートによるMB-P(マットブラック&ポリッシュ)からの裏組アンダーディスク仕様にします。

パウダーコートフィニッシュの売りである「密着性、耐色性、耐光性・頑丈肌」など総合的な耐久性は溶剤ハイパー塗装(DBK-P)の比では有りません。

ハイパー塗装(DBK&DSK)は通常のガンメタやシルバーメタとは違い銀膜挟みの多層塗装により高級感あるメタル調塗装になります。塗膜が厚くなれば必然的に塗装肌が脆くなりますがそんな耐久性を犠牲にした脆いデリケート肌がハイパー塗装の大きな欠点でも有ります。



BBS-LM19インチ/リム修理からフルパウダーコート裏組MB-P

岡山県のお客様・・・全体的には程度良好ですが修復歴有りのホイールは塗装を剥いでみない事には結果が見えません。





塗装を剥いでビックリ!・・リムをパテ埋で形成して有ります。

パテ埋め補修の役目は巣穴や擦り傷程度を埋めるためのモノで形状作成をするためのモノでは有りません。





パテ埋め削除の箇所とその他のガリ傷





パテ埋め箇所その他ガリ傷部の肉盛り溶接





リムフランジの肉盛り研磨形成の完成!

※これが本来のガリ傷修理です。削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。







インナーリムから側面リムも完全研磨





2Ps本体のパウダーグロスブラックの静電噴射!





アウトリムはBBFバフ研磨からさらにバレル研磨





ピアスボルト台座面からのアウトリムのバレル研磨完成!





アウトリムのパウダークリアーの静電噴射!





センターディスクの剥離ブラスト研磨からハンドアクション研磨





センターディスクの塗装までの下処理として1・塗装剥離~2・ブラスト研磨~3・ハンドアクション研磨~4・バレル研磨~5・化成処理~とこちらも念入りに下処理をしています。塗装は下処理が命です。







センターディスクのパウダーマットブラックの静電噴射!





パウダースモークブラック艶引き感は5部引きです。





黒のピアスボルトを剥離してパウダーグロスブラックの静電噴射!





ディスク裏組みして完成です。

※ディスクを裏から組んで良しと言った安易なモノでは有りません。





LM2Ps本体は全て溶剤シルバー、溶剤ブラックで普段掃除メンテの出来ない汚れっぱなしの裏リムの劣化は避けられません。それに対してパウダーコートは「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点から2Ps本体塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。





カラー塗装やクリアー塗装に完全無欠な物など有りませんがポリッシュへ面のコーティングではパウダークリアーが現時点では最も期待出来る最強のクリアーと言えるでしょう。





リムからディスク、ピアスボルトに至るまで全てがパウダーコートになります。





■LM19インチMB-P(マットブラック&ポリッシュ)フルパウダーコートの詳細■

 ・アウターリム・・・・・・リム修理からバレル研磨(パウダークリアー)

・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーグロスブラック

・センターディスク・・・・パウダーマットブラック(5部引き)

 ・ピアスボルト・・・・・・・パウダーグロスブラック

・ナット・・・・・・・・・・・・・・洗浄再利用

・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨

・エンブレム・・・・・・・・・交換無し





LM軍団ハーフ&フルリフレッシュ4セット完成!

左から(DSK-P・BK-P・MBK-P・DBK-P)現在お預かり中のLM軍団8セットは年内までには納品いたしますので今しばらくお待ちください。





再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。

日曜祝祭日はお休みです。

当社の業務はお客様の所有物(ホイールやその他パーツ)をお預かりして修理から塗装及び研磨というサービス(役務)を専門として行っています。中古品や新品を当社で手を加えて通販、ネット販売している販売ショップでは御座いませんので勘違い、お間違え無いようお願いします。



 (有)オートサービス西

2015.09.03

BBS-LM裏組ブラッシュドからのパウダークリアー&パウダーキャンディーゴールド

4年ほど前に当社でバレル3次元研磨からスモークブラックにしたLMです。

曲りと割れ修理ついでにブラッシュドからのフルパウダーコートに模様替えしてオフセットを稼ぐために裏組します。

やや腐食が進行していましたのでパウダーコートにより発砲ブツが出る可能性は有りますがその犠牲は踏まえた上で耐久性重視でフルパウダーコートにします。



BBS-LM20インチ裏組ブラッシュドからのパウダークリアー&キャンディーゴールド



大阪府のお客様・・・旅行がてら大阪から車で鹿児島まで持ち込み頂きました。

4年の内に曲りや割れが出たようで修理ついでに模様替をえします。

前回施工http://www.243ok.co.jp/blog/2016/07/23542/24077034/





4年ほど経ち曲りと割れが起きています。

※扁平引っ張りタイヤやハの字シャコタンはインリムに大きな負荷がかかるため修理しても再クラックが入り易くなりますのでご注意してください。







溶接が完全に万遍なく届き溶け込むように開先を取ります。







割れた縦筋溶接では無く包み込むように大き目に溶接します。







表裏完全研磨してこれが本来の割れクラック修理です。







溶接団子残しのインリム割れ修理が頻繁に有りますがこれら手直し修理は全てお断りしています。

強度確保が理由らしいですが、団子の上から割れてしまい何の根拠も効果も無く見た目不細工で手抜き作業以外何物でも無いです。









2Ps本体剥離からリム研磨







2Ps本体は無垢の状態からパウダークリアー丸塗りになります。







前回バレル3次元研磨済みですので2回目のバレル3次元研磨は簡単に早くできます。







バレル3次元研磨からの天面部位へのブラッシュド









パウダークリアーとパウダーゴールドクリアーの静電噴射!







ピアスボルトはパウダーグロスブラック







全パーツ個別施工の完成







裏組してリム&ディスク共にブラッシュドからパウダークリアー





裏組してリム&ディスク共にブラッシュドからパウダークリアーとパウダークリアーゴールド







インナーリムから側面リムまで丸塗り







ブラッシュドからパウダー透明クリアーとパウダーゴールドクリアー







2Ps本体リムからディスクさらにピアスボルトまでフルパウダーコートになります。







こちらはリム&ディスクバレル研磨からディスクは溶剤クリアーキャンディーゴールドです。

いかにも金メッキ風のゴールドポリッシュで色合い、透明度、光沢感は溶剤が遥かに勝りパウダーキャンディーゴールドではこの表現は出来ません。



密着性、退色性、頑丈肌など耐久性はパウダークリアーキャンディーゴールドが勝りますが見た目ビジュアルは溶剤クリアーキャンディーゴールドが優位です。

溶剤かパウダーは耐久性重視かビジュアル重視かの選択です。

※黒白赤マットブラックと言ったソリッド系などパウダーワンコートで十分ですがメタリック系は溶剤よりやや劣りますのでパウダー2コートすればビジュアルもUPします。



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



  (有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«10月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード