ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - パウダーコートカラー丸塗り

2018.03.10

BMW純正19インチ/ガリ傷修理パウダーシルバー+パウダークリアーフルパウダーコート

BMW純正19インチ4本ガリ傷修理パウダーシルバー+パウダークリアーフルパウダーコートです。

パウダーコートは溶剤塗装より高いイメージが有りますが、剥離からの丸塗り塗装は却って溶剤の方が割高になります。溶剤カラーは上塗り部分塗装が出来る単品修理や指定カラーNo.が有るのみ溶剤の出番です。

耐久性重視したパウダーコートの丸塗り再塗装でも代り映えがしませんのであまりブログで紹介しませんがパウダーコート前の肝心要なガリ傷肉盛り修理が今回ブログのメインテーマです。

BMW純正19インチ4本ガリ傷修理パウダーシルバー+パウダークリアーフルパウダーコート

熊本県のお客様・・・修理や塗装下処理工程を見学ご希望の業者様が熊本よりご来店頂きました。ブログだけで無く直に目で確かめたいと遠方よりご来店頂くお客様も多いですがその方が納得安心されます。。百聞は一見にしかず!

4本見事に大来ガリ傷が有ります。
大概の修理はやすりで削ってパテ埋めて色塗ってハイお終いですね・・・

塗装が被っていれば肉盛り溶接がやりずらいですので大まかに塗装を剥いで4本ガリ傷肉盛り溶接

※写真には全て収まり切れませんので実際はこの倍以上有ります。


裏リムの曲りや割れは使用に影響しますので全て修理致しますが裏リムガリ傷は使用に関係なく普段見得ない箇所の為、リクエスト無い限りガリ傷肉盛り修理はいたしませんが今回裏リムガリ傷の肉盛り修理リクエストです。

タイヤビートあたり面が何故か陥没していますのでここ見逃さず肉盛り溶接修理!

肉盛り溶接、原型修復研磨形成

4本ガリ傷修理完成!

※再塗装は色塗る前に正直な曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。


ガリ傷修理が済んだら本格的な塗装剥離

インナーリムから側面リムの本体丸ごと研磨!

海外鋳造(CAST)ホイールは鋳物肌が粗いため面出しハンドアクション研磨

さらなる平滑面出しの当社独自のバレル荒研磨

※塗装は下処理、仕込みが命です。


パウダーBMWシルバー静電噴射!

1コート目パウダーシルバーではやや艶引き感有るシルバーメタになります。※ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”のリコートをお勧めします。

2コート目パウダークリアーリコート静電噴射!

パウダーBMWシルバーパウダークリアー完成!

純正ホイールや社外ホイールは全て溶剤カラー塗装ですので、外車など特にブレーキパットカスが塗膜に刺さりしみ込んでしまうため汚れが取れなくなります。普段汚れっぱなしの裏リムはメンテ掃除が出来ませんので樹脂膜の高温焼き付けパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点も兼ね揃えたパウダーコートが一番理想的な再塗装です。またパウダーコートへガラスコーティングなど不要です

全周ガリ傷が有ったリム周辺!

平滑レベリング、メタリック艶感など純正溶剤シルバーと引けを取りません。

パウダーコート再塗装の出来栄えより塗ってしまえば見えなくなる完璧な修理の方を評価してください。
ガリ傷への削り込み修理やパテ埋め補修からの再塗装なら素人でも出来ます。


1.剥離ブラスト研磨してアルミ無垢からの再塗装の場合カラーNO指定が無い限り肌の弱い耐久性が悪い一般的なガン吹き溶剤カラーカラー塗装はお勧めしません。
※溶剤塗装剥げ自然劣化現象 http://www.243ok.com/blog/2015/10/#date-2015-10-28

2.溶剤による指定カラー塗装でも溶剤サフ塗装は使用せずパウダーコートをベースとして再塗装しています。



●パウダーコート再塗装の工程●
1.塗装剥離~2.曲りガリ傷修理~~3.ブラスト研磨~4.ハンドアクション研磨~5.バレル荒研磨~6.化成処理~7.脱脂~8.200℃以上空炊き~9.パウダーコート~10.カラーによりパウダークリアー(任意オプション)
1コートで済むマット系と2コート以上必須なカラーも有りますのでカラーにより異なります。

1.マットブラックやガンメタ他マット系はパウダー1コート仕上げのためパウダークリアー2コート、3コートなど不要ですのでパウダーコートカラーでは一番安く上がります。
2.黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。
3.ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。


4・パールやラメ系は「ベースカラー+パールOrラメ」から光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の3コートをお勧めします。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。


メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話番号:0995-65-7225
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。

(有)オートサービス西

 

2018.01.27

エンケイ&スーパーボルク/パウダーホワイト+パウダークリアーフルパウダーコート再塗装

エンケイ、スーパーボルクの溶剤ホワイト経年劣化剥げ腐食のパウダーホワイト再塗装リフレッシュ・リメークです。

ホイールの再塗装は「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPで量産新品には無い一品物ワンオフ塗装ならではの個体パウダーコートフィニッシュが理想的な塗装です。

パウダーコートは溶剤より高価なイメージが有りますが、剥離して丸塗りの場合は却って溶剤の方が割高になり、溶剤が安く上がるケースは塗装剥離~ブラスト研磨不要な新品又は新品同様の再塗装や単品修理でカラー調色を要す場合に限りガン吹き液体溶剤塗装の出番です。

再塗装の工程を10とすれば1~8が「修理・下研磨・仕込み」で9~10が再塗装の工程になり再塗装とは下処理仕込みこそが重要で仕上がりを大きく左右します。
上塗り再塗装なら素人でも出来ます。

エンケイ・スーパーボルク/パウダーホワイト&パウダークリアー/フルパウダーコートx2台

愛知県のお客様・・・何した訳でも有りませんが下処理が悪いため自然に溶剤塗装がボロボロ剥げています。

鳥取県のお客様・・・こちらスーパーボルクも経年劣化で溶剤塗装がボロボロ剥げています。

パウダーコートなら自然にボロボロ剥げる事は有りません。

2台共通の曲りガリ傷修理!

塗装剥げの箇所は腐食が酷く進行しています。

スーパーボルクの方はかなり腐ってます。

一番重要な工程、塗装剥離~ブラスト研磨~リム研磨~ハンドアクション研磨

平滑面出しでさらに当社独自のバレル荒研磨

※再塗装は下処理研磨、仕込みこそが命です。


インナーリムから側面リムの研磨

1コート目パウダーグロスホワイト静電噴射!

黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。

2コート目パウダークリアーリコート静電噴射!

エンケイ/パウダーグロスホワイトパウダークリアー完成!

スーパーボルク/パウダーグロスホワイトパウダークリアー完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

リムロゴシール作製貼り付け

光沢艶、レベリングも申し分ないです。

スーパーボルクのプラ樹脂製キャップ黒墨入れ

腐ったホイールがここまで再生出来るのは下処理研磨、仕込みが有ってこそです。
※1
再塗装の工程を10とすれば1~8が「修理・下研磨・仕込み」で9~10が再塗装の工程になり再塗装とは下処理仕込みこそが重要で仕上がりを大きく左右します。上塗り再塗装なら素人でも出来ます。

※2 パウダーコートの売りは「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPが期待出来ますのでパウダーコートフィニッシュはワンオフ一品物ならではの理想的な塗装です。

拘りの指定カラーNOが有る場合はパウダーコートでは表現で出来ないためパウダーコートはベースとしてその上に調色したガン吹き溶剤カラーになります。

パウダーコートベースからのお化粧溶剤カラー www.243ok.com/blog/2016/11/#date-2016-11-08

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービ西

2017.09.14

日産R34GTR純正カラー近似フルパウダーコート再塗装リフレッシュ・リメーク

日産R34GTR純正溶剤カラーから耐久性重視で近似のフルパウダーコートによるの再塗装リフレッシュ・リメークです。

純正ホイールは全て溶剤カラーですので、単品修理の場合は現品合わせの調色して溶剤カラーになりますが、4本再塗装リフレッシュ・リメークの場合は剥離ブラスト研磨してアルミ無垢からの再塗装ですので量産新品には無い一品モノならではの耐久性UPのパウダーコートカラーが今主流です。

日産R34GTR純正カラー近似のフルパウダーコート再塗装リフレッシュ・リメーク

青森県のお客様・・・数年屋外放置されたR34GTR純正です。

屋内保管なら湿気位で殆ど傷みませんが屋外放置は雨風の影響で塩を吹いたような腐食が出て来ます。

曲りガリ傷は完璧に治せますが腐食の方が心配です。

剥離ブラスト研磨して肌確認で一部虫食い、陥没が有りますがこの程度ならパウダーコートが上手く行きそうです。

リム&ディスクのガリ傷肉盛り溶接!
色塗って誤魔化せるパテ埋め補修、削り込みなどインチキ修理は行っていません。

曲りガリ傷修理が終わればパウダーコートの下処理ハンドアクション研磨

さらに当社独自のバレル荒研磨
※塗装は下処理、仕込みが命!

溶剤純正カラー近似のパウダーカラーの静電噴射!

パウダーカラー1コートで艶質感が出ませんのでさらにパウダークリアーでリコートします。

2コート目パウダークリアー静電噴射!

錆びて傷んだ座金ブッシュは新品交換も有りですが新品は直ぐに錆びますので再錆び防止も兼ねてパウダーグロスブラックで再利用します。

座金ブッシュのブラスト研磨~ガスグラスプライマー~パウダーグロスブラック静電噴射!

座金ブッシュを圧入して完成です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

パウダーコートは溶剤の様に調色が出来ませんので調色無限の溶剤純正カラーと同じ色にはなり切れませんがほぼ近い表現です。

虫食い、陥没、腐食は殆ど目立たないレベルに仕上がりました。

純正の溶剤カラーの色合わせより今回の再塗装のメインは耐久性重視です。

溶剤カラーの出番は単品修理や部分的な修理塗装補修用で4本塗り直しで拘りカラーが無い限り再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。

パウダーコートの売りは「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPが期待出来ますのでパウダーコートフィニッシュはワンオフ一品物ならではの理想的な塗装です。

拘りの指定カラーNOが有る場合はパウダーコートでは表現で出来ないためパウダーコートはベースとしてその上に調色したガン吹き溶剤カラーになります。

パウダーコートベースからのお化粧溶剤カラー http://www.243ok.com/blog/2016/11/#date-2016-11-08

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービ西

2017.09.06

BBS-RGR19インチ/悪質な修理手直しからのパウダーマットブラック

BBS-RGR19インチ開けてビックリ!悪質な修理手直しからのパウダーマットブラックです。

ガリ傷のパテ埋め補修は良く有る事ですが、割れた箇所をパテで誤魔化して有る悪質な修復歴有りです。

ネットでの中古品は現物確認が出来ませんので後塗りされたホイールは疑って掛かり、なるべく避けた方が無難です。

中古ホイール購入は曲りガリ傷が有っても手を加えて無い荒の状態が却って安心です。・・見た目だけ良くするために再塗装されたモノはろくなモノが有りません。

BBS-RGR19インチ/悪質な修理手直しからのパウダーマットブラック

熊本県のお客様・・・熊本からわざわざお持ち込み頂いた後塗りのRGR-19インチです。
※手を加えた丸塗りホイールは塗装を剥がないとどんな修理をした不明のため剥いでからの報告見積りになります。

塗装して有る時点では見えない良く有るガリ傷のパテ埋め補修が出て来ました。

ディスク割れもパテ埋で隠して有りました。ふざけてますね!
カラー塗装はパテ埋めで誤魔化せますので危険が一杯です。

ガリ傷パテ埋め補修部の肉盛り溶接

リムのパテ埋め補修部の肉盛り溶接研磨形成完成!

ディスク割れの溶接修理から研磨形成!
リムの研磨形成は簡単な事ですが山谷のディスク研磨形成は全て手作業のため手間と手間を要します。

割れ、ガリ傷修理が終われば塗装の下処理仕込みのブラスト研磨

ハンドアクション研磨からリム研摩
※パテ埋め補修は一切有りません。

パウダーコート前の当社独自のバレル荒研磨

化成処理して250℃で空炊き冷却後パウダーマットブラックの静電噴射!

丸塗りパウダーマットブラックの完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

リムガリ傷をパテ埋め補修部されてた周辺

割れていたディスク根本周辺

マットブラック再塗装の出来栄え評価よりパテ埋め誤魔化しのガリ傷、割れの修理手直しの方が修理屋として肝心要です。
溶剤もパウダーも色塗りだけなら誰でもそこそこ出来ます。


  ■パウダーカラーのリコートについて■
           

1・黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。

2・ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。

3・パールやラメ系は「ベースカラー+パールOrラメ」から光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の3コートをお勧めします。

4・マットブラックやガンメタ他マット系はパウダー1コート仕上げのためパウダークリアー2コート、3コートなど不要ですのでパウダーコートカラーでは一番安く上がります。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

 

2017.07.04

OZ スーパーツーリズモ&プロドライブ/パウダーコートガンメタ再塗装

OZ18インチ1Ps鋳造(CAST)とプロドライブ17インチ鍛造(FORGED)耐久性重視パウダーコートガンメタ丸塗り再塗装リフレッシュ・リメークです。

OZとプロドライブ共にパウダーガンメタは同種カラーですが、パウダークリアーリコート有り無し。

プロドライブ・・・パウダーガンメタ1コート/パウダークリアー無し
OZスーパーツーリズモ・・・パウダーガンメタ+パウダークリアーリコート+シール抑え一部溶剤クリアー

パウダーカラー1コートとパウダークリアーリコートとの違い特性についてご案内いたします。

OZ&プロドライブ/パウダーコートガンメタ&パウダークリアーリコートの有無

東京都のお客様・・・OZ スーパーツーリズモLM18インチ鋳造(CAST)ホイールです。

OZインリム曲り修理

山口県のお客様・・・・プロドライブ17インチ鍛造(FORGED)ホイールです。

塗装剥離~ブラスト研磨

ハンドアクション研磨~バレル研磨
※塗装は下処理仕込みが命!

インナーリムから側面リム研磨

パウダーガンメタ静電噴射!

プロドライブはパウダークリアー無しのためここで完成!

艶3分引きガンメタです。

OZの方はまだ中間工程でこれから先パウダークリアー~ロゴシール~シール抑えが有ります。

OZ2コート目パウダークリアー静電噴射!

塩ビシールの上にパウダークリアーは塗れませんのでパウダークリアーを塗ってからOZロゴを貼りマスキングして溶剤クリアーでシール抑えです。

OZ スーパーツーリズモLM18インチの完成!

赤ロゴシール周辺のみ溶剤クリアーですが違和感なく仕上がりました。
※トップコートが溶剤クリアーならガンメタの上に塩ビシールを貼り溶剤クリアーで抑えますが再塗装はパウダーコートフィニッシュがより理想的です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

写真左パウダークリアー無し写真右パウダークリアー有り
※1・溶剤のメタリック系「シルバー・ゴールド・ガンメタ」などはクリアーは必須条件ですがパウダーコートの場合はパウダークリアー無しでも構いませんが艶引き感が有りメタリック本来の艶感はの表現出来ません。

※2・黒、白などソリッド系もパウダー1コートでも構いませんがより艶出し効果や耐久性向上の場合パウダークリアーによるリコートがお勧めです。

パウダーカラー丸塗り1コート http://www.243ok.com/blog/2015/10/#date-2015-10-28

※3・黒、白、赤、青などソリッド系でも光沢性、耐食性、耐久性を上げるために”パウダークリアー”でリコートをお勧めします。
パウダー丸塗り2コート(クリアーリコート) http://www.243ok.com/blog/2017/09/#date-2017-09-09

※4・指定カラーが有る場合はパウダーコートはベースとしてパウダーサイディング下処理して調色可能な溶剤カラーが追加となります。
パウダーコートベースからの溶剤カラー http://www.243ok.com/blog/2016/11/#date-2016-11-08
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。
TEL 0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。
日曜祝祭日はお休みです。



(有)オートサービ西

2017.05.16

BBS-RS-GT18&20インチのパウダーマットブラック3分引き/8分引きx2台

BBS-RS-GT18インチはパウダーマットブラック3分引きとリムノークリアーで19インチはパウダーマットブラック8分引きとリムフルパウダーコートx2台です。

パウダーマットブラックは安定した仕上がりで耐久性が有る上に安価で収まり新品カラー設定には無い渋いパウダーマットブラック3分艶引き&8分艶引きなどが有り3~5分が半消しで7~8部引きが全艶消しに当たります。

ディスクのパウダーマットブラックの3分&8分の艶引き感の違いと2Ps本体は研磨無垢仕上げとパウダーブラック&ポリッシュパウダークリアーのフルパウダーコートで塗装内容は違いますが同時期入庫の同時進行で完成した同品2台まとめて紹介します。

BBS-RS-GT18&19インチ/パウダーマットブラック3分引き&8分引き/ノークリアー&フルパウダーコートx2台
その1・・パウダーマットブラック3分引きとリムポリッシュノークリアー

広島県のお客様・・・多少のガリ傷は有りますが程度良好なG-P(ゴールド&ポリッシュ)の18インチRS-GTです。

小さな曲りとガリ傷修理!
中古ホイールで曲りの無いモノはほぼ有りません。

RS-GTはナット締めて無くホイール側にメスネジを切った2Psタイプでネジ台座が特に汚れる箇所です。
その2・・パウダーマットブラック8分引きとリムポリッシュパウダークリアー

愛知県のお客様・・・4本ガリ傷だらけのDSK-P(ハイパーブラック&ポリッシュ)の20インチRS-GTです。

写真には収まらほどの4本全部ガリ傷や削り込みの修理!

18&20インチ2Ps本体の剥離研磨

20インチ側は2Ps本体先塗りパウダーグロスブラックを塗りますのでガスグラスプライマー化学処理!

20インチ側の2Ps本体先塗りパウダーグロスブラック静電噴射!

20インチ側のアウトリムはBBFバフ研磨からバレル研磨してポリッシュ密着性のためのガスグラスプライマー化学処理

20インチ側のポリッシュ面のパウダークリアー静電噴射!

18&20インチセンターディスクは共通の剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

18&20インチセンターディスクのバレル荒研磨で平滑面出し※塗装は下処理仕込みが命!

18&20インチのディスクそれぞれパウダーマットブラック3部引きと7部引きの静電噴射!

18インチ側パウダーマットブラック3分引き組み付け完成!

鍛造リムのノークリアーは鏡面光沢になりますが、雨泥にさらられると酸化白ボケしますので鏡面光沢を維持するために普段もメンテが必要です。その代わり少々の傷などユーザー直しが可能で白ミミズサビの発生も有りません。

2Ps本体インナーリムから側面リムはパウダーカラー無しのアルミ無垢表現です。

20インチ側パウダーマットブラック8分引き組み付け完成!

ポリッシュ専用のアクリルパウダークリアー独特のモッチリとした肉厚感有る透明度の高い頑丈肌になります。

     ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

新品カラー設定には無い耐久性重視のパウダーマットブラック&フルパウダーコート

■BBS-RS-GT18インチ/パウダーマットブラック3分引きノークリアーの詳細■
・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(ノークリアー)

・2Ps本体塗装・・・・・・剥離研磨(ノークリアー)

・センターディスク・・・・パウダーマットブラック3分引き

 ・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨再利用

 ・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

■BBS-RS-GT20インチ/パウダーマットブラック7分引きフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・BBFバフ+バレル研磨(パウダークリアー)

・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーグロスブラック

・センターディスク・・・・パウダーマットブラック7分引き

 ・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨再利用

 ・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

パウダーコートは200℃高温焼き付けの樹脂膜ですので「密着性、耐光性、耐色性、耐熱性、頑丈肌」に優れ丈夫で長持ちお手入れ楽々です。
                   マットブラック「半消し&全消し」
                      ↓


写真左パウダーマットブラック3~5分引き(半消し)
写真右パウダーマットブラック7~8分引き(全消し)
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービ西

2017.04.25

無限CF48&OZクロノ/パウダーグロスホワイト再塗装+ロゴシール作成

四半世紀前の無限CF48&OZクロノの現代塗装パウダーグロスホワイト丸塗り再塗装です。

カラーNoや現品合せの特別なカラー調色が無い限り塗装剥離してアルミ無垢からの再塗装は密着性、耐久性向上でパウダーコートが今や主流で絶対お勧めの再塗装です。

パウダーコートによる「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性は量産式の溶剤カラーの比では有りませんのでワンオフ一品物ならではの理想的な塗装方です。

ロゴシールの上にパウダークリアー抑えは出来ませんのでシール剥げ防止は溶剤クリアー抑えになるため溶剤肌の特性になります。

無限CF48&OZクロノ/パウダーグロスホワイト+ロゴ作成
その1・・無限CF48 15インチ/パウダーグロスホワイト&カウルカバーシール溶剤クリアー抑え

千葉県のお客様・・・いつもご依頼頂くお得意様の無限CF-48です。4本リムが曲がっています。
その2・・OZクロノ15インチ/パウダーグロスホワイト&シール溶剤クリアー抑え

岡山県のお客様・・・・曲りガリ傷修理は有りませんが塗装は傷んでいます。

OZの方は曲り修理無しですが、無限CF48のアウト&インリム曲り修理有りです。・・インリムが曲がればディスクが引っ張られ歪みを起こしますので横振れ現象が起きます。

リム修理後剥離ブラスト研磨&リム研摩

無限&OZインナーリムから側面リムの全面研磨

鋳造(CAST)ホイールは不純物や微小な巣穴が有るため鋳造品には一番重要な200℃で30分以上空炊きします。

当社独自の平滑面出しのバレル荒研磨※塗装は下処理仕込みが命!

パウダーグロスホワイト静電噴射!

無限&OZのパウダーグロスホワイト一旦完成!
これよりロゴ復元シール作製貼り付けに入ります。

シールサイズの配置確認の試作品を試貼りしてからガスグラスプライマー化学処理からの塗装に入りますがFRP製のカウルはパウダーコート不可のため溶剤ホワイト塗装になります。

無限のプラ樹脂製は塗装品では無く樹脂メッキですので金属銅板が再塗装の大きな壁でメッキ剥げ傷など傷取り面出しに困難極まりない素材です。

樹脂メッキキャップから渋めにマットブラックに再塗装です。
※文字出しに苦労しました。

無限CF48パウダーグロスホワイトの完成!

カウルロゴは本来印刷ですので印刷みたいな感じを出すためにクリアーを厚めに塗りシール貼り付け段差を無くして自然な感じに仕上げて有ります。

無限CF48「パウダーグロスホワイト&カウル溶剤ホワイト&ロゴ作成+クリアー抑え+キャップ再塗装」!

OZクロノ15インチパウダーグロスホワイトの完成!

OZクロノ「パウダーグロスホワイト&ロゴ作成+溶剤クリアー抑え」!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・白光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

無限CF48パウダーグロスホワイト&カウルカバー溶剤クリアー抑え!

OZクロノ/パウダーグロスホワイト&溶剤クリアー抑え!
 

フルパウダーコート再塗装によるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービ西

2017.04.22

ATS-タイプE15インチ/パウダーグロスブラック&バレル研磨

ATS-タイプEのオリジナルは量産向き「溶剤ブラック&切削ポリッシュ」ですが、ワンオフならではの「パウダーブラック&バレル研磨」で現代風にアレンジしたカラー&ポリッシュです。

1Psのカラー&ポリッシュは先塗りカラー塗装をして磨きポリッシュの手順になりますが、バレル研摩前提の場合は先塗りカラーは密着性の高いパウダーカラーに限ります。

コンパウンドで磨く従来の乾式BBFバフ研磨は「バフ焼け・バフムラ・バフライン」が出てますのでそれを解消して丸ごと磨けるのが水槽混入のセラミック研磨工法の湿式バレル研摩です。

ATS-タイプE15インチ/パウダーグロスブラック&バレル研磨

奈良県のお客様・・・年代モノゴルフ用ATS-タイプEです。
パウダーグロスブラック&バレル研磨で現代風にアレンジしたカラー&ポリッシュにリフレッシュ・リメーク!

お客様自身で剥離磨きをトライ断念して後はプロにお任せください。

先ずは曲りチェック曲り修理から・・・
古い中古ホイールで曲りガリ傷の無いモノは有りません!

半端に剥いで有る塗装は新たに剥離~ブラスト研磨

パウダーブラックの下処理仕込みのバレル荒研磨

インナーリムから側面リムは回転研磨機でフル研磨

黒先塗りのパウダーグロスブラック静電噴射!

ディスクからリムポリッシュ部の黒を剥ぎながらハンドアクション研磨に入ります。

奥の溝の箇所は研摩傷が入らない様にマスキングしてハンドアクション研磨からリム研摩

120番手から1500番手まで6工程以上研磨してバフ磨きをします。

通常のバフ磨きフィニッシュでは「バフムラ・バフ焼け・バフライン」が入り均等な光沢が出ませんし磨きぼけが出ますのでこれらかバレル研磨の出番です。

バレル仕上げ研磨の完成!
ハンドアクション研磨からバフ磨きがバレル研磨の全てです。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

塗装を剥いでいきなり「バレル荒研磨~バレル中研磨~バレル仕上げ研磨」してこうはなりません。

バレル研磨は手磨きバフ磨きの下処理研磨が全てです。

通常のバフ磨きなら先塗りカラーは溶剤でも構いませんが磨きがバレル研摩の場合は先塗りカラーが溶剤でしたら水槽セラミックの圧力で塗装が剥げてしまうためバレル研摩とカラーの組む合わせは密着性の高いパウダーコートに限ります。
           「巣穴、虫くい、腐食」有無の大きな違い!
  
同年代の古いホイールでも「虫くい、巣穴、腐食」の有無で仕上がりの差が大きく違って来ます。
                                 


写真下の巣穴だらけのモノは倍以上手間が掛かった割には上手く行かず施工する側も残念な気持ちになります。
ポリッシュ仕上げは素材良し悪しがそのまま反映されますので曲りガリ傷修理は治せても「巣穴、虫くい、陥没」など腐食は治せませんのでポリッシュ仕上げは素材、材料の良し悪しが全てです。
パウダーコートもバレル研磨も基本土台となる曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。
削り込み修理やその他修復歴有りの手を加えたモノは完全な修理は出来ません
 

■ポリッシュへのパウダークリアー「可・不可」に付いて■
※低温焼き付け(60~90℃)の溶剤クリアーは腐食が有っても腐食部からブツや湧きなど発砲しませんが、パウダーコートは高温焼き付け(180~220℃)のため腐食が有ればブツや湧きなど発砲しますので「腐食の有無」「素材の良し悪し」でパウダークリアーの「可・不可」が決まります。

1・ダイヤモンドカット
虹色ヘアーライン保護のためオンクリアーは必須条件です。
溶剤硬質クリアーのみとなりパウダークリアーは不可です。

2・BBFバフポリッシュ
バフ光沢仕上げのためノークリアー&オンクリアーどちらも選択可能です。
※パウダークリアーの場合は先塗りカラーもパウダーカラーに限ります。


3・バレル研摩
鏡面バレル仕上げのためノークリアー&オンクリアーどちらも選択可能です。
 ※パウダークリアーの場合は先塗りカラーもパウダーカラーに限ります。

4・ブラッシュド
ブラシライン保護のためオンクリアーは必須条件です。
 ※パウダークリアーの場合は先塗りカラーもパウダーカラーに限ります。


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へ電話番号明記の上お願いいたします。 


メール返信のお願い・・メール問い合わせは日々多いため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールで返信出来ない事が多く有りますので3~4日たってもこちらからの回答返信メールが無い場合はお電話ください。
メール返信出来ない場合はこちらからお電話しますのでメールは全て電話番号明記の上お願いします。

TEL0995-65-7225(AM9:00時~PM19:00時・日曜、祝祭日はお休み)


(有)オートサービス西

2017.04.20

BBS-RG&R35GTR純正マット系パウダー1コートリフレッシュ・リメーク

ダイハツ純正BBS-RG17インチ「パウダーブラックブロンズマット」と日産純正R35GTR20インチ「ブラックロンズメタリック」の艶消しマット系パウダー1コート再塗装です。

「パウダーブラックブロンズマット」は青銅のラメを散りばめたブラックに薄っすらとブロンズが入ったマットブロンズ!

「ブラックロンズメタリック」はサンドペーパーのようなざらつき感を持つ鈍い発色の赤銅艶消しメタリック色!

2台共に鍛造(FORGED)ホイールは「磨いて良し・塗って良し・軽くて良し」の高品質ホイールですが、素材の良く無いモノでもマット系のパウダーコートは素材の良し悪しに影響しにくい比較的安定した仕上がりがマット系パウダーコートの売りです。


BBS-RG&R35GTR純正マット系パウダーコートリフレッシュ・リメーク
その1・・ダイハツ純正BBS-RGパウダーブラックブロンズマット

山形県のお客様・・・曲り、ガリ傷、腐食無し程度良好なダイハツ純正BBS-RGです。

剥離~ブラスト研磨~ゆず肌落としハンドアクション研磨

インナーリムから側面リムの全面研磨

平滑面出しのバレル荒研磨※塗装は下処理仕込みが命!

パウダーブラックブロンズマット静電噴射!

パウダーブラックブロンズマット1コート1Ps丸塗り完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

溶剤マットではザラツキ感が出ますがパウダーマットはつるっとした肌のマットになります。

写真では見えにくいですが実物は薄っすらとブロンズが載った渋い仕上がりです。

程度良好な鍛造品はどんな加工でも全く問題有りませんが、海外製の粗悪な鋳造品や少々腐食の有るモノなどでもマット系のパウダーコートなら素材の良し悪しに殆ど影響されない仕上がりになります。
その2・・日産純正R35GTRブラックロンズメタリック

宮城県のお客様・・・1本大きな曲り有りその他ガリ傷有りの日産純正R35GTR20インチです。

1本大きな曲り有りですが・・・・タイヤ側へ押し込んだリム曲りはディスクまで引っ張られるためディスクが曲り大きく横振れを起こしますので修理不可になります。

新たに1本送ってもらいました。

その他のホイールは歪の無いガリ傷程度ですので肉盛り修理

肉盛り溶接の研磨形成!

塗装剥離・・・剥離していきなりパウダーコートする訳では有りません。

剥離~ブラスト研磨~ゆず肌落としハンドアクション研磨

インナーリムから側面リムの全面研磨

平滑面出しのバレル荒研磨※塗装は下処理仕込みが命!

ブラックロンズメタリック静電噴射噴射!

ブラックロンズメタリック1コート1Ps丸塗り完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

一般的にリンクルザラザラパウダーに部類されるカラー表現です。

同種リンクルザラザラパウダーhttp://minkara.carview.co.jp/userid/782662/blog/c972296/

サンドペーパーのようなざらつき感を持つ、鈍い発色の赤銅艶消しメタリック色!
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
削り込み修理やその他修復歴有りの手を加えたモノは完全な修理は出来ません

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービ西

2017.04.06

BBS-RY18インチ/RacimgGT2大きな曲り割れ修理リフレッシュ

BBS-RY-RacimgGT18インチの大きな曲りに伴う割れ修理からのパウダーコートリフレッシュです。

軟度の有る2Ps・3Ps合金プレスリムは曲り易いですが割れにくく、鋳造や鍛造リムは固いため曲りにくいですが、割れ易い特性が有ります。
大きな曲り割れは強度低下を起こしますので修理不可となりますが「廃盤、絶版、高額品」で熱望されれば修理しますが強度保証無しで納期猶予の条件付きでの修理です。

BBS-RY-RachingGT18インチ曲り割れ修理からのパウダーコートリフレッシュ

和歌山県のお客様・・・ディスクはマグですがリムはアルミ鍛造の以前修理リフレッシュしたBBS-RY-RacimgGT18インチです。大きな曲りと割れ修理の再入庫です。
前回施工http://minkara.carview.co.jp/userid/782662/blog/37986170/

大きくお辞儀した曲りとタイヤ側へ押し込んだ大きな曲り修理です。
※鍛造(FORGED)や鋳造(CAST)は軟度が無く固いため曲りに伴い確実にクラックが入ります。

タイヤ側へ押し込んだ曲りは当然クラックが入っています。

大きくお辞儀した曲りも当然クラックが入ってます。

割れた箇所を仮止め溶接して曲り修理に入ります。

曲りプレス修理が無事完了して本格的な肉盛り溶接をします。

大きな曲り割れ修理以外のその他2本の曲りガリ傷修理!
※大きな曲り割れ修理に比べればこの程度の修理は次いで作業で簡単な修理です。

大きな曲り割れ修理箇所のハンド研磨形成!

強度的な事は保証出来ませんが、大きな曲り割れの原型修復の完成!

リム修理が終われば普段通り剥離研磨してパウダーコートの下処理仕込み!
塗装&磨きにたどり着くまでの8割以上の時間を要しています。

先塗り2Ps本体のパウダーシルバー静電噴射!

アウトリムのBBFバフポリッシュから密着性向上のガスグラスプライマー化学処理!

ポリッシュアウトリムのパウダークリアー静電噴射!

組み付け合体完成!

大きく曲って割れてた周辺!

ポリッシュへのパウダークリアーは密着性が良く透明度の高い高級アクリク系パウダークリアーを採用しています。

    ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ディスクのゴールド再塗装は前回当社で行っていますので洗浄のみ再塗装無しです。
前回施工http://minkara.carview.co.jp/userid/782662/blog/37986170/

ほぼ修理不能扱いの曲り割れ修理でしたがお得意様でしたので時間を頂き修理お請けして無事完了しました。
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
削り込みやパテ埋め塗装なら素人でも出来ます。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«4月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

カテゴリーリスト

フィード