ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - ケーニッヒ

2017.06.03

SSRケーニッヒ曲りガリ傷修理パールホワイト&3Dプリンター

ケーニッヒ19インチの曲りガリ傷修理からパウダーコートベースの溶剤パールホワイトのリフレッシュ・リメークです。

パールホワイトは通常「溶剤サフ~溶剤ホワイト~パールホワイト~溶剤クリアー」の4コート溶剤重ね塗りのため塗装肌が脆くなります。・・・そこで今回のケーニッヒはパウダーコートをベースに「化成処理~ガスグラスプライマー~パウダーグロスホワイト~溶剤パールホワイト~溶剤トップコート」のパウダー&溶剤3コート塗装です。

さらに耐久性重視で「パウダーグロスホワイト~パウダーパール~パウダークリアー」によるフルパウダー3コートのパールホワイトも可能です。
こちら http://www.243ok.com/blog/2017/03/#date-2017-03-25
ついでに3Dプリンターでレア物キャップ作成も紹介します。

SSRケーニッヒ19曲りガリ傷修理からパールホワイトリフレッシュ・リメーク

山形県のお客様・・・SSRのケーニッヒ19インチです。
外観の程度はまあまあですが良く有る修復歴有りです。

不細工な手抜きのインリム割れ溶接団子残し・・・
リム曲がったまま溶接やりっぱなしは修理とは言えません。・・・溶接団子削除から再溶接手直しは一切いたしません。

アウトリムとインリムの曲り修理

ガリ傷肉盛り溶接修理

丸リングを抑えるボルトが各所錆びついてい折れていますがこれも取れませんので折れた柱残しのまま作業進行します。

ディスク&センタープレートの塗装剥離

ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

バレル荒研磨
※塗装は下処理仕込みが命です。

パールホワイトのベースとなるパウダーグロスホワイトの静電噴射!

溶剤パールホワイトからトップコートの完成!
パールホワイトは最低3コートになります。

キャップ抑えネジ錆びのブラスト研磨からガンコートの艶有り黒を塗装します。

クロームのピアスボルトは洗浄研磨してガスグラスプライマー化学処理からパウダーキャンディーゴールド静電噴射!

丸リングはバフ磨きからバレル研磨してガスグラスプライマー化学処理パウダーキャンディーゴールド静電噴射!

塩ビのゴールドカッティングシートでログ作成!
ホイール修理屋さんにはカッティングプロッターは必需品です。
3Dプリンターでレア物プラ樹脂製キャップ作成もOK!最下段詳細参照・・・・

合体組み付け完成です。

アウトリムは今回ノークリアーです。

ガリ傷肉盛り修理した周辺は完璧です。

■ケーニッヒ19インチ修理からのリフレッシュ・リメークの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・曲り修理BBFバフポリッシュ(ノークリアー)

・インリム2Ps本体・・・・・曲り修理再塗装無し

・センターディスク・・・・・パウダーホワイトベース溶剤パールホワイト

・センタープレート・・・・・・パウダーホワイトベース溶剤パールホワイト

・アルミリング・・・・・・・・・・バフ磨きパウダーキャンディーゴールド

・ロゴ復元作成・・・・・・・・ゴールドシートクリアー抑え

・エンブレム・・・・・・・・・・磨き研磨のみ

・ピアスボルト・・・・・・・・洗浄研磨パウダーキャンディーゴールド

・ナット・・・・・・・・・・・・・・洗浄のみ

・エアーバルブ・・・・・・・再利用無し

写真左が今回のインリム洗浄のみ塗装無しで、右が剥離研磨からパウダーグロスブラックとナット新品交換です。
インリム洗浄でのウェイトカスの削除は塗装が一部剥げるためウェイトカスがは残ったままの簡易洗浄となります。

装着写真を頂きました。
         3Dプリンターで樹脂キャップ作成
                    ↓


採寸3Dデータ作成からプリント出力

プリント出力からパテ埋め形成

背景の丸塗り黒塗装から銀のロゴシール貼り付けしてクリアー塗装で抑えて完成です。!
3Dプリント自体は安いモノですが3Dデータ作成代にコストが掛かりますので今後の大きな課題です。
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービ西

2017.01.14

ケーニッヒ18インチ/カールWリム曲り修理からリフレッシュ・リメーク

ケーニッヒのリム曲り修理からリフレッシュ・リメークです。

一枚型リム曲り修理は程度によりプレス修理で外周面は出ますが、パイプ状のWリムは空洞リムのためリム外周が凹でしまうためリム外周の肉盛り溶接は必須条件です。

凹だ箇所が消えるまで凹で無い箇所を削ずって面合せすればさも治ったかの様に見えますが、削り込んだ箇所は皮一枚残った肉厚になりいずれヒビが入り穴が開きます。

リムは縦に割れる事は有っても横に割れる事はほぼ有りませんので見せかけだけの薄くなった悪質な削り込み修理は手の施し様が有りませんので手直し修理不可になります。

ケーニッヒ18インチ/モノチューウブカールWリム曲り修理からリフレッシュ・リメーク


岡山県のお客様・・・スピードスター製の超深リムのケーニッヒです。

裏リムは1枚リムですので簡単に治せますがアウトリムは曲りはパイプ状のカールWリムですのでプレスのみでは治りません。

パイプ状のカールWリムはプレス修理だけではリム外周面は凹んだままになります。

一枚型リムとパイプ状のカールWリムの断面写真
カールWリムの修理 http://www.243ok.com/menu/repair/wheel_repair_almait/


パイプ状のカールWリムを肉盛りもせず削り込みすれは下の写真の様にクラックが確実に入ります

頻繁に舞い込む削り込み修理されたカールWリムです。皮一枚残った極薄リムのため結果普段横割れするはずの無い横割れが入る現象です。
※リムは縦に割れる事は有っても横に割れる事はほぼ有りませんので見せかけだけの悪質な削り込み修理は危険です。
※削り込みした前修理屋さんは空洞カールリムを知らずに厚手の一枚リムと思って削り込んだのでしょう・・・?

凹んだリム外周の肉盛り溶接・・・足りない処は溶接で足す極当たり前の事です。

}3Psですがアウトとインリム溶接された実質2Ps構造です。

2Ps本体のパウダーグロスブラック静電噴射

ディスク&プレートの剥離ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

バレル荒研磨・・・再塗装は下処理仕込みが命!

プレート研磨

キャップリングはバフ磨き

印刷金文字の上にプラカバーされた樹脂製のエンブレムはレンズクリアーしましたが印刷の金文字の程度が悪いため黒塗って金文字ロゴの再生でやり直しです。

ピアスボルトは洗浄研磨して錆び防止のためにガスグラスプライマーからパウダークリアー静電噴射!

フロント18x9.0Jの組み付け完成!

リアー18x13.0Jの組み付け完成!

   ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

エンブレムのロゴ金とディスクのロゴ黒はカッティングシールによる作成復元です。

アウトリムは素地光沢を生かすためにノークリアーですので週1回位はリム磨きしてワックスでも塗ってメンテしてください。

■ケーニッヒ18インチ修理からのリフレッシュ・リメークの詳細■

・アウターリム・・・・・・・・曲り修理BBFバフポリッシュ(ノークリアー)
・インリム2Ps本体・・・・・曲り修理(パウダーグロスブラック)
・センターディスク・・・・・溶剤シルバーメタ(溶剤クリアー)
・センタープレート・・・・・溶剤シルバーメタ(溶剤クリアー)
・エンブレムリング・・・・・バフポリッシュ(パウダークリアー)
・エンブレム・・・・・・・・・・ロゴ作成復元(溶剤クリアー抑え)
・ピアスボルト・・・・・・・・洗浄研磨(パウダークリアー)
・ナット・・・・・・・・・・・・・・フランジナット新品交換
・エアーバルブ・・・・・・・再利用無し

                  

 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

悪質な削り込み修理 http://www.243ok.com/blog/2011/10/#date-2011-10-30

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2015.11.11

SSRケーニッヒ18インチ修理フルコースからのリフレッシュ・リメーク

SSRケーニッヒ18インチの「アウト&インリムの曲り・ガリ傷・リム割れ・修復歴有り」の修理フルコースからのリフレッシュ・リメークです。

中古ホイールは修理や腐食の無い程度良好なホイールから程度の極悪いホイールまで損傷はピンキリですが、今回のケーニッヒは修理フルコースのため修理に時間と手間を要しました。

修理が出来ない事には再塗装や再磨きなどのリフレッシュ・リメークへと繋がりません。



SSRケーニッヒ18インチ/修理フルコースからのリフレッシュ・リメーク



栃木県のお客様・・・写真ではそこそこ普通に見えますが、現物はかなり損傷が酷い状態です。 ※ヤフオフの中古品なども写真では良く見えますが現物は結構酷モノが多く曲りや歪など写真では判断出来ません。







アウトリム4本各数か所曲り有り・・・

パイプ状のモノチューブリムは空洞リムのためプレスし修理して良しでは有りません。







パイプ状のモノチューブリムは空洞リムのためプレスしても外周が出ませんの足りない凹んだ外周面の表裏肉盛りする必要が有ります。

モノチューブリムの修理 http://www.243ok.co.jp/menu/w_rimu_ripea/





アウトリム4本皆ガリ傷への肉盛り修理・・・

モノチューブリムの曲り修理に比べればガリ傷修理など通過点屁みたなモノです。







インリム4本各数ケ所曲り有り・・・

インリムは1枚型リムですのでプレスのみで修理できます。







インリム2本クラック割れ有り・・・







良く見る溶接団子残し修理は強度確保が理由らしいですが、団子の上や団子の横から割れしまい何の根拠も効果も無く見たも目不細工で手抜き作業以外何物でも無いです。

溶接団子残しのインリム割れ修理が頻繁に有りますがこれら手直し修理は全てお断りしています。







本来3Psですがアウトリムとインリム溶接結合の実質2Psのため2Psリム本体丸ごと研磨

※注):インリムの曲りや割れは使用に影響しますので全て直しますが、インリムのガリ傷は使用に影響しない普段目に付かない外観性裏面のため任意修理となりますのでリクエストが無い限り傷のバリを取る程度で傷は残ったままとなります。









ピアスボルトと2Ps本体丸塗りのパウダーグロスブラックの静電噴射!







アウトリムのパウダーグロスブラックを剥ぎながらBBFバフポリッシュしてインナーリムから側面リムにクリアーが被らない様にマスキングしてのポリッシュ面へのオンクリアー





センターディスクの塗装剥離





センターディスクのブラスト研磨から面出しのハンドアクション研磨からさらにバレル研磨~化成処理~プライマー~ゴールド塗装への下処理をします。

※いきなりゴールドを塗る訳じゃ有りません。





付属パーツの剥離から磨き&塗装







センタープレートもセンターディスク同様の下処理をします。







キャップリングの研磨からパウダークリアーをします。







全パーツ個別仕上げの完成!





4本皆曲りガリ傷など何事も無かったようにリフレッシュ・リメークの完成です。





裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへのパウダーコートはより効果的でガラスコーティングも一切不要です。







ガリ傷肉盛り修理箇所は巣穴も無くほぼ完璧です。

※ポリッシュリムへの肉盛り修理はカラー塗装の様に色で隠す誤魔化しなど出来ませんので修理技術!腕の見せ所でも有ります。







大きく曲がって肉盛り修理したリムの周辺です。







■ケーニッヒ18インチ修理フルコースからのリフレッシュ・リメークの詳細■

1・アウターリム・・・・・・・曲り、ガリ傷修理からBBFバフポリッシュ(オンクリアー)

2・インナーリム・・・・・・・曲り、割れ傷修理から パウダーグロスブラック

3・センターディスク・・・・溶剤ゴールドメタ

4・センタープレート・・・・溶剤ゴールドメタ

5・キャップリング・・・・・・・バレル研摩(パウダークリアー)

6・ピアスボルト・・・・・・・・ブラスト研磨からパウダーグロスブラック

7・ナット・・・・・・・・・・・・・・研磨塗装無し

8・エアーバルブ・・・・・・・交換無し再利用

9・エンブレム・・・・・・・・・研磨してレンズクリアー

10・ケーニッヒロゴ・・・・黒カッティングシール復元貼り付け(クリアー抑え)



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。

日曜祝祭日はお休みです。



(有)オートサービス西

2013.02.19

ケーニッヒ19インチパーツ別パウダーコートによるリフレッシュ・リメーク

パット見!簡単そうな丸塗りの黒塗装に見えますが、それぞれパーツごと別々にパウダーコートの色分け(グロスブラック・マットブラック・ゴールドメタ)とゴールドメッキ調などして手の込んだ塗り分けによるリフレッシュ・リメークの紹介です。







ケーニッヒ19インチパーツ別パウダーコートによるリフレッシュ・リメーク



熊本県のお客様・・・表面はポリッシュ特有白錆び有りでインリムが5ヵ所割れています。これを黒を基調とした塗り替え模様替えをします。









文章と違いイラストで塗り替えを詳しく書いてくださったので非常に解り易すく助かります。







まずはインナーリム割れの修理を済ませないと先へは進めません。









インリム割れは強度確保の理由らしく「塗り壁や鼻くそ」みたいな溶接団子残し修理がほとんどです。しかしそれらは強度確保には何ら関係しません。溶接団子を残しても溶接方が悪かったり使用条件化や素材の当り外れも有りますのでいくら団子を残しても割れるモノはまた割れますし修理としては単なる手抜き作業にしか見えませんし何よりも見た目が不細工です。

団子残しの再クラック手直し修理は団子完全削除からの修理となりまた凸凹に波打ったリムの手直しは煩雑極めますので全てお断りしています。

「引っ張りタイヤ・シャコタン・トーインハの字」などインリムへ極端に負担をかけますので、クラックや再クラックの入る可能性が高くなります。







クラック溶接後に表裏研磨して見た目もよくするのが本来の割れ修理です。









センターディスクの剥離から研磨!







2Ps本体丸ごと剥離から研磨







ディスクプレート研磨







キャップオーナメントリング研磨







キャップネジのブラスト研磨







2Ps本体丸ごとパウダーグロスブラック







センタープレートのパウダーマットブラック







キャップネジへのパウダーゴールド







ピアスボルトのゴールド







センターディスクの丸塗りパウダーマットブラック







センターディスクはこれで完成では有りません。これからさらにディスクサイド面縦壁をグロスブラックにします。







フリーハンドでRの局線を出すのが難しいく手間のかかるマスキングです。







ゴールドのロゴシールも復元制作して合体無事完成!

長~い道のりでした。







インリム、側面もパウダーグロスブラック仕上げです。

※インリム割れもキチンと研磨形成してありますので見た目もいいです。







スポークサイド面縦壁はあまり目立ちませんがさりげなくグロスブラックとのツートーンで拘りの表現です。



■ケーニッヒ19インチパーツ別リフレッシュ・リメークの詳細■

1・センターディスク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーマットブラック

2・センターディスクサイド縦壁・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

3・センタープレート・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーマットブラック

4・キャップオーナメントリング・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

5・キャップオーナねじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーゴールド

6・2Psリム本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

7・インリム5ケ所割れ修理・・・・・・・・・・・・・・溶接完全研磨形成

8・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ゴールドメッキ調カラーチェンジ

9・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・交換無し

10・ケーニッヒロゴ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ゴールドシール自社制作

11・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨パッキン、キャップ交換



基本土台となる修理が出来てそれから磨き塗装によるリフレッシュ・リメークへと繋がります。



4本セット塗り替え、磨きリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中です。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へ電話番号明記の上お願いいたします。





お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西HPはこちら

2010.07.15

古~いホイルのリペアー・リフレッシュ・・その2

古くても人気のあるホイールや旧車愛好家のこだわりのホイールなどリペアー、リフレッシュの事なら経験と実績の有る当店にお任せください。

10~20年以上現役で使われていればホイールもそれなりに痛んでいます。

古いホイールでガリ傷、曲りの無いものはほとんどありません。

ホイール修正をまず基本、土台とし「ビシット直してから」お化粧の段階!   塗り換え、磨きへと繋がります。

2・3Psホイールで分解可能なホイールなどより綺麗に確実なし上がりのため全て分解してリム/ディスクそれぞれ個別の塗装・磨きの加工を行っています。

 

★リム研磨個別加工の詳細はこちら



★ディスク分解個別加工の詳細はこちら



完全なるホイール修正からリフレッシュ・リメーク

 

koenigケーニッヒ/アルマイトリムになんとパテ埋めしてあり、それを削除、肉盛り研磨形成して鏡面研磨/塗装剥離同色ゴールド塗装/ケーニッヒロゴ自社製作です。(完全分解個別加工)



 

Shadowリム修正鏡面研磨/塗装剥離/ゴールド塗装





ENKEI R-6S リム修正鏡面研磨/ディスクは当店自慢のスーパーミラーバレル研磨です。/キャップハイパーシルバー



 

VOLK Gr-C 高額で人気のあったモデルで専用アダプターの付いた特殊なホイールです。 リム修正鏡面研磨/ガンメタ塗装





SSR-MarkⅡリム曲り大修正鏡面研磨/リム研磨のみのリフレッシュ/ディスク塗装無し

※「ここまで直るのか?本当かのな?」など、半信半疑に思う方もいるのでないでしょうか?他ホイールの写真と差し替えてあるのかと疑われる方もいらっしゃるかと思います。

この写真の場合、修正の際のアタッチメントのボルト当たり傷により傷が変わって見えますが、現実に直した現品です。

違うホイールを並べるようなインチキはいたしません。



古~いホイール、腐ったホイール、傷ついて曲ったホイールなんでもご相談ください。

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«12月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

カテゴリーリスト

フィード