ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - BBS-LM/修正リフレッシュ・リメーク

2018.09.12

BBS-LM/DBK-P17インチ2Ps7.0Jから3Ps5.5J/100-4H軽四用リバレル

BBS-LM/DBK-P17x7.0J2Psから3Ps5.5J100-4Hにリム幅を細くして軽四用LMリバレルです。

リバレルは通常リム幅を太くして深リムワイドにしますが、逆にリム幅を細くしたケースです。

7.0J+48では軽四用にはインリム幅が太過ぎてサスにインリムが干渉するためインリムを細くする必要が有りますが、LMはリム一本物2Psのためアウトリムとインリムが独立した3Psの様にパーツ別リム交換サイズ変更が出来ませんので3Ps化すればサイズ変更リム交換リバレルが今後自由自在に可能になります。

BBS-LM/DBK-P17インチ2Ps7.0Jから3Ps5.5J/100-4H軽四用リバレル


大分県のお客様・・・新品のLM17x7.0JのDBK-Pです。
※100-4Hですが、軽四用では有りませんのでディスクスライスしてJJ幅を細くします。

ディスクパット面5.05㎜x4枚スライス
※注:パット面スライスすればハブリング溝が無くなるためハブリングは使用出来ません。

ディスク勘合台座から上1.0Jのアウトリムを残しインリム切断削除してアウトリムは再利用再ポリッシュ

ポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理してパウダーアクリルクリアー静電噴射

海外輸入鍛造LM互換性有りワンオフオーダーのインリム17x4.5Jx4枚入荷
※1.5J(38.1㎜)インリムが細くなりますのでインリムは干渉しなくなります。

インリムは当社定番のパウダーグロスブラック静電噴射!

アウトインリム1本モノ2Psのディスク勘合台座は1枚厚ですので写真左傘下26㎜のショートタイプです。3Ps化すればアウトリムとインリム2枚分の台座厚みになりますので写真右傘下32㎜ロングボルト交換を要します。

BBS純正傘下32㎜ロングボルトの再クローム

パーツ別施工の完成!

シーリング組み付け軽四用17x5.5J+34の完成!ですが・・大失敗インリム色間違い

インリムパウダーグロスブラックを剥いでパウダーシルバーに塗り替え!

インリムのパウダーシルバーに塗り替えして完成!

密着性透明度の高い高級アクリルクリアー

ディスクDBKは新品のためノータッチですが再クロームした純正ピアスボルトがDBKにマッチしてより高級感を醸し出します。

・・・インリムのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

■LM17インチ2Psから軽四用3Ps化リバレルの詳細■
・アウターリム・・・・・・・1.0J元リム再利用BBFバフポリッシュパウダーアクリルクリアー
・インリム・・・・・・・・・4.5J交換パウダーシルバー
・センターディスク・・・・・新品DBKノータッチ
・ピアスボルト・・・・・・・BBS純正ロングボルト交換再クローム
・ナット・・・・・・・・・・新品ナット再利用
・エアーバルブ・・・・・・・新品再利用
・エンブレム・・・・・・・・新品再利用

写真左LM7.0Jリム1本物2Ps・・写真右LM5.5Jアウトインリムが独立したシーリング式3Ps
※アウトリム1.0J変わらずインリムが1.5J(38.1㎜)細くなった5.5Jです。
※1本物2Psから3Ps化により今後車種に応じて自由自在にリム交換サイズ変更リバレルが可能になります。

軽四装着写真を頂きました。
LM17インチが面一に収まってます。

今後、曲りガリ傷が入ってもアフターフォローは安心してお任せください。

※曲り、ガリ傷修理は30年の経験実績で絶対の自信もって行っています。

※悪質な削り込み修理 http://www.243ok.com/blog/2011/10/23368/

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お見積は会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

 電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.06.04

BBS-LM/BKM-P17インチ2Ps7.0Jから3Ps5.5J/100-4H軽四用リバレル

BBS-LM17インチ2Ps7.0Jから3Ps5.5J100-4Hにリム幅を細くした軽四用LMリバレルです。

リバレルは通常リム幅を太くして深リムワイドにしますが、軽四用はインリム幅を細くする必要が有ります。

7.0J+48では軽四用にはインリム幅が太過ぎてサスにインリムが干渉するためインリムを細くする必要が有りますが、LMはリム一本物2Psのためアウトリムとインリムが独立した3Psの様にパーツ別リム交換サイズ変更が出来ませんので3Ps化すればサイズ変更リム交換リバレルが自由自在に可能です。

BBS-LM/BKM-P17インチ7.0J2Psから3Ps5.5J/100-4H軽四用リバレル


栃木県のお客様・・・LM17x7.0J+48/100-4H限定販売カラーBKM-Pです。
限定販売カラーBKM-P100-4HはFF乗用車1600~2000CC用ですので660CC軽四用にはインリムが太過ぎるため収まる訳が無くスペンサー逃がしでもインリムが干渉します。
※仮にインリム干渉のスペンサー逃しが出来てもスペンサー厚み分アウトリムがフェンダーに干渉はみ出ます。

フェンダー側のアウトリムのクリアランスを稼ぐため5㎜スライスオフセット加工
※注:パット面スライスすればハブリング溝が無くなるためハブリングは使用出来ません。

ディスク勘合台座から上1.0Jのアウトリムを残しインリム切断削除してアウトリムは再利用します。
※アウトリム0.5J交換の場合はインリム切断不要で新規のアウトリム0.5J交換になります。

アウトリムのBBFバフポリッシュアウトリムのBBFバフポリッシュ

ポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理してパウダーアクリルクリアー静電噴射!

海外輸入鍛造LM互換性有りワンオフオーダーのインリム17x4.5Jx4枚入荷
※1.5J(38.1㎜)インリムが細くなりますのでインリムは干渉しません。

インリムは当社定番のパウダーグロスブラック静電噴射!

アウトインリム1本モノ2Psのディスク勘合台座は1枚厚ですので写真左傘下26㎜のショートタイプです。3Ps化すればアウトリムとインリム2枚分の台座厚みになりますので写真右傘下32㎜ロングボルト交換を要します。

BBS純正傘下32㎜ロングボルトの再クローム

パーツ別施工の完成!

シーリング組み付け軽四用17x5.5J+34の完成

密着性透明度の高い高級アクリルクリアー

ディスクBKMは限定カラーで程度良好なためノータッチ

・・・インリムのパウダーグロスブラック推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

■LM17インチ2Psから軽四用3Ps化リバレルの詳細■
・アウターリム・・・・・・・1.0J元リムBBFバフポリッシュパウダーアクリルクリアー
・インリム・・・・・・・・・4.5J交換パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・・限定カラーBKMノータッチ
・ピアスボルト・・・・・・・BBS純正ロングボルト交換再クローム
・ナット・・・・・・・・・・元ナット洗浄再利用
・エアーバルブ・・・・・・・洗浄再利用
・エンブレム・・・・・・・・交換無し

写真左LM7.0Jリム1本物2Ps・・写真右LM5.5Jアウトインリムが独立したシーリング式3Ps
※アウトリム1.0J変わらずインリムが1.5J(38.1㎜)細くなった5.5Jです。
※1本物2Psから3Ps化により今後車種に応じて自由自在にリム交換サイズ変更リバレルが可能になります。

LM軍団第一陣同時期7台完成!LM軍団第二陣作業進行中

今後、曲りガリ傷が入ってもアフターフォローは安心してお任せください。

※曲り、ガリ傷修理は30年の経験実績で絶対の自信もって行っています。
※悪質な削り込み修理 http://www.243ok.com/blog/2011/10/23368/

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お見積は会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

 電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.05.22

BBS-LM19インチ曲り削り込み手直し修理からDBK-Pリフレッシュ・リメーク

BBS-LM19インチ曲り削り込み手直し修理からDBK-Pリフレッシュ・リメークBBS-LM19インチ曲り削り込み手直し修理からDBK-Pリフレッシュ・リメーク

人気モデルほど多くのオーナーを渡り歩き、その間色んな修理屋さんにも遭遇しますで、トンでも無い修理歴有りに遭遇する事が多々有ります。

悪質な削り込み修理やパテ埋め補修、大雑把な曲り修理では人気の高い高額なLMも台無しです。

BBS-LM19インチ曲り削り込み手直し修理からDBK-Pリフレッシュ・リメーク


京都府のお客様・・・怪しげな修復歴有りの年期モノのBBS-LM-SP19インチです。

アウトリム&インリムボコボコ曲がってます。

アウトリムフランジは削り込み修理され低くなってます。
※こんな修理して心が痛まないのでしょうか?・・・

ガリ傷修理では有りません。削り込みで低くなった周辺の肉盛り溶接研磨形成です。
※無いモノは溶接して足す・・それがホイール修理の基本鉄則です。

曲り、削り込み手直し修理が無事終われば2Ps本体剥離研磨

限定販売DBK-Pの2Ps本体は溶剤シルバーメタですがディスクのハイパー塗装(DBK)にはパウダーグロスブラックの方がディスクとマッチングが良いですのでパウダーグロスブラックの静電噴射!

アウトリムのBBFバフポリッシュ

アウトリムポリッシュ面密着性向上のガスグラスプライマー化学処理からパウダーアクリルクリアー静電噴射!

ディスク剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

さらに平滑面出し当社独自のバレル荒研磨
※再塗装は下処理仕込みが命!

ハイパー黒ベースのサンディング

溶剤ハイパー塗装(DBK)は剥離から始まり「ベース黒~アンダーコート~銀膜ハイパー~クリアートップコート」の4コート4ペグを要します。

ディスクハイパー塗装(DBK)LM-Rと同時完成!

純正黒ボルトからクロームメッキにより純正ボルト再利用
※ヤフオフで出回ってる社外クロームボルトも純正ボルトクロームメッキも値段は変わりません。・・BBS刻印の無い社外ピアスボルトでは一見パチ物に見えますので純正ボルトをメッキ再利用した方がいいに決まってます。

再クロームしたピアスボルト組み付け装着してSPからDBK-Pの完成です。

         ・・・2Ps本体インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

削り込み有ったリムフランジ周辺です。
※カラー塗装ならパテ埋めインチキ修理で誤魔化かせますが、アルミ素地ポリッシュ仕上げはそんな誤魔化しが利きません。

2コートのガンメタとは違い4コート(塗装)4ペグ(釜焼き)して高級感有るめメタル調ハイパー塗装DBKになります。

■LM19インチSPからDBK-Pの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・曲り削り込み修理からBBFバフポリッシュ+パウダークリアー
・2Ps本体・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・・・溶剤ハイパー塗装(DBK)
・ピアスボルト・・・・・・・・黒ボルトから再メッキ
・ナット・・・・・・・・・・・再錆び防止洗浄研磨パウダーシルバー
・エアーバルブ・・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

3月末~4月頭入荷分今日の時点のLM軍団第一陣ディスクのみ7セット完成!現在2Psリム作業中です。

第二陣4月以降入荷のLM軍団のお客様はもうしばらくお待ちください。
※超繁忙期で作業が追い付かず回らない状況ですので納期に関し猶予をお願いします。
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行ってません。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。
TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。
日曜祝祭日はお休みです。

(有)オートサービ西

2018.05.01

BBS-LM19インチ表組み&裏組みバレル2次元研磨リフレッシュ・リメーク

BBS-LM19インチ表組み&裏組みバレル2次元研磨リフレッシュ・リメーク BBS-LM19インチフロント表組み&リアー裏組みバレル2次元研磨ノークリアーのリフレッシュ・リメークです。

バレル研摩には2次元研磨と3次元研磨が有りますが、バレル研磨機でいきなり2次元研磨や3次元研磨になる訳では有りません。・・ハンド研磨で何処まで磨き込みかの違いで手磨きバフ磨きがバレル研磨の基本中の基本です。

素地表現のフルポリッシュ仕上げは曲りガリ傷云々より「虫食い、陥没」腐食の有無こそが仕上がりを大きく左右する重要なポイントです。・・・素地内部まで侵食された「虫食い、陥没」はいくら磨いて金太郎アメの様に腐食が残ります。

BBS-LM19インチ表組み&裏組みバレル2次元研磨リフレッシュ・リメーク


神奈川県のお客様・・・他店修復歴有りですが腐食が有りませんのでこれならバレル研磨フルポリッシュで見事に光沢が出ます。

オリジナルのリムフランジ天面はシルバー塗装で縦柱はポリッシュですがパテ埋めのため縦柱までシルバー塗装されています。

リムフランジ手直し修理して2Ps本体剥離研磨

2Ps本体は当社定番パウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムはリムフランジまで全面BBFバフポリッシュ

ポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理してパウダーアクリルクリアー静電噴射!

塗装剥離ブラスト研磨

2次元天面ハンドアクション研磨

バレル中研磨

バレル荒研磨

ハンドバフ磨き

バレル2次元完成

パーツ別加工の完成!

フロント側・・表組み(オーバーヘッド)組み付け!

リアー側・・裏組み(アンダーヘッド)組み付け!

・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」インリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。パウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

2Ps本体塗装の量産新品黒と当社パウダーブラックの黒光り光沢の違い!
量産新品のインナーリム、側面リムは溶剤の黒が薄く被った程度ですが丸塗りパウダーブラックはインリムとは言え丁寧に塗っています。

ディスクからリムまで同種バレル研磨フルポリッシュですので表組み裏組みの見分けが付きにくいです。

■LM19インチ/バレル2次元研磨表組み&裏組みリフレッシュ・リメークの詳細■
・アウターリム・・・・・・・バレル研磨ノークリアー
・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・バレル次元研磨ノークリアー
・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨再利用
・ナット・・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨錆び防止パウダーシルバー
・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・中古再利用


●ノークリアー(パウダークリアー無し)の特性●

【ノークリアーの利点】
1・アルミ素地磨き状態のため素材そのものの光沢輝きが表現出来る
2・一部の傷補修や少々の傷消しはサンドペーパーとコンパウンドさえあればユーザー自身でリペアー可能
3・普段から小まめに洗浄、磨き、ワックス掛けメンテすれば光沢が永く維持出来る
4・曲りガリ傷修理の際にクリアー剥離が無いめ修理と磨で終わるため短納期で修理ランニングコストが安くなる
5・塗装が無いため塗装の変色、剥げなどの概念が無い

【ノークリアーの欠点】
1・アルミ素地剥き出しのため傷が付き易く雨泥で酸化白ボケし易い
2・塩風の有る海岸沿い、火山灰が降る地域、雪国で凍結剤を使う地域などは特に腐食を起し易い
3・水や泥が付いてそのまま放置すればシミ、腐食の原因となり普段のメンテナンス(洗浄・ワックス・磨き)など週2回以上の磨きメンテが常に必要となる
4・クオリティの維持は使用条件化や普段のメンテナンスの有無に左右される
※ノークリアーメンテについてはこちら http://www.243ok.com/menu/noclearmente/

●オンクリアー(パウダーアクリルクリアー)の特性●

【パウダークリアーの利点】
1・素地ポリッシュにパウダークリアーコーティングされているため洗車水洗い程度で済む
2・パウダークリアーは量産新品の軟弱な一液型溶剤クリアーと違い「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPが期待出来る

【パウダークリアーの欠点】
1・磨き込んだ鏡面研磨光沢がクリアー塗装により鏡面光沢がやや落ち艶引き感が出る
※例・・鏡にクリアーを塗れば映り込みが弱くなりボケ感が出るのと同じ現象
2・曲りガリ傷修理の際にクリアー剥離代が伴い修理後に全面再クリアー代も掛かるためノークリアーより納期や修理ランニングコストが高くなる
3・パウダークリアーとは言え経年劣化やガリ傷、角部からアルミ素地とクリアーの間へ水が浸入してに白シミ、ミミズシミ、塗装の浮きがいずれ起こる
4・ユーザー自信で部分傷補修が出来ない
※傷、シミの入った箇所を研磨してもクリアーが剥げるだけでアルミ素地が出て却って不格好な仕上りになる

■ノークリアー&オンクリアーまとめ■
ノークリアーは週1ペースでのメンテが必要ですが、メンテ次第で光沢クオリティーが永く維持出来てユーザー自身でリペアー可能である
オンクリアーは水洗いOKですが小傷から水侵入白錆びや曲りガリ傷が入れば一旦クリアーを剥ぐ必要が有りユーザー自身で磨きリペアーが出来無い

■ノークリアーメンテについて■
ノークリアー仕上げはオンクリアーの様に水侵入による白ミミズシミは入りませんがアルミの無垢状態ですので水、泥、灰、塩カリなど水気や塩分が一番の敵です。
水気や塩分による白ボケ、酸化を防ぐために定期的に水洗いして乾燥後に水気弾きの強いワックスでも掛けておけばより光沢維持効果が有ります。
ポリッシュホイールやアルマイトホイールなど市販されているホイールクリーナー(汚れ落とし)などを使えば
化学反応を起こし表面を犯してしまいますのでホイールクリーナー(汚れ落とし)は絶対NGです。
中性洗剤で洗浄して水弾きワックを掛けておけば素地コーティングの役目をして光沢を長持ちさせます。


BBS軍団完成!

バレル研摩ポリッシュ仕上げは曲りガリ傷云々より虫食い、陥没、腐食の有無こそが重要なポイントです。
以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.04.17

BBS-LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)+パウダー赤フランジ(裏組み)

BBS-LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)+パウダー赤フランジ(裏組み) BBS-LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)とリムフランジパウダーレッド、フルパウダーコート裏組みです。

表組み(オーバーヘッド)台座勘合のモノを裏組み(アンダーディスク)組みすれば勘合が無いため裏から組んで「ハイ完成!」と安易な組み付けでは有りません。

裏組みは勘合の無い正規組み付けでは有りませんので改造組み付け自己責任としてお願いします。

BBS-LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)パウダー赤ライン/フルパウダーコート(裏組み)


愛知県のお客様・・・数回ご依頼頂いているお得意様の程度良好なLM-DSK-Pです。

剥離~ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

バレル荒研磨・・・塗装は下処理仕込みが命!

ディスクのパウダーマットブラック(5分引き)静電噴射!

2Ps本体剥離インナーリムから側面リム研磨

2Ps本隊パウダーマットブラック(5分引き)丸塗り静電噴射!

リムフランジ部が溶剤赤ラインなら簡単で楽なのですが、フルパウダーコートがお客様の拘りですのでリムフランジもパウダーコートによる赤ラインを入れます。

マット黒の上に赤上塗りでは鮮やかな赤になりませんのでリムフランジを黒を剥ぎ研磨します。
溶剤赤の場合は白をベース塗りして赤を塗りますのでリムフランジの黒を剥ぐ必要は有りません。

リムフランジマスキングしてパウダーレッド静電噴射!パウダー2コートになります。

ピアスボルト、エアバルブのブラスト研磨からガスグラスプライマー化学処理パウダーマットブラック静電噴射

全パーツ個別のパウダーマットブラック

フロント裏組み完成!

リア-裏組みけ完成!

・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

微かな艶がある5分消しマットブラック
溶剤マットブラックの場合、艶消し添加剤塗装のため肌がザラツキ感が出ますが、パウダーマットブラックはザラツキ感の無いツル肌になりメンテもやり易くなります。

裏組みによりリムが一段深リムになり9.0J+45から9.0J+28になります。
※リムが深くなり見た目が良くなりますが、勘合の無い裏組みは最善の方法を施しては有りますが正規の組み付けでは無く改造組み付けですのでご使用に関し自己責任としてお願いします。

裏組みによりリムが一段深リムになり9.0J+45から9.0J+28になります。
※リムが深くなり見た目が良くなりますが、勘合の無い裏組みは最善の方法を施しては有りますが正規の組み付けでは無く改造組み付けですのでご使用に関し自己責任としてお願いします。

■LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)裏組みアンダーディスクの詳細■
・アウターリム・・・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)+パウダー赤ライン
・アウターリム・・・・・・・赤ロゴシール作製貼り付け
・2Ps本体塗装・・・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)
・センターディスク・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)
・ピアスボルト・・・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)
・ナット・・・・・・・・・・洗浄研磨
・エアーバルブ・・・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)
・エンブレム・・・・・・・・赤パッチ新品交換

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225
・・・・・繁忙期のため納期遅延のお詫び・・・・・
2月~3月入庫が普段の倍以上有り4月末GW前の納品やお客様のイベント出品が多く迫っているため普段の納期より全て遅延してますのでご理解ご了承のお願いします。

(有)オートサービス西

2018.04.02

BBS-LM18インチ/バレル2次元研磨パウダースモークブラック(黒薄目)フルパウダーコート

BBS-LM18インチ/バレル2次元研磨パウダースモークブラック(黒薄目)フルパウダーコートです。

毎日入荷するBBS軍団の中でもLMとRSは断トツに作業依頼の多いモデルですがそれも根強い人気の証しです。

BBSに限らす分解可能な2Ps・3Psはパーツ別個々の様々な施工が無限に可能でさらに鍛造(FORGED)ホイールは「塗って良し・磨いて良し・軽くて取り扱いに良し」3拍子添ろった高品質ホイールですので「虫食い・陥没・腐食・修復歴」が無ければスムーズに仕事が進みます。

なんちゃってダミーボルト付きの2Psハメ殺し2Psモドキは施工内容が極一部に制限され本来の2Ps・3Psの様には出来ませんのでご注意ください。

BBS-LM18インチ/バレル2次元研磨パウダースモークブラック(黒薄目)フルパウダーコート


茨木県のお客様・・・曲り、ガリ傷、腐食のない程度良好なLM-DSK-Pです。
修理ついでのリフレッシュでは無くバレル研磨フルパウダーコートによる耐久性も兼ねたリメークをします。

曲り、ガリ傷が有りませんのでいきなり塗装剥離研磨
曲り、ガリ傷が無いと作業がスムーズに進みます。

2Ps本体当社定番のパウダーブラック静電噴射!

アウトリムBBFバフポリッシュからさらにバレル研磨鏡面仕上げ
BBFバフポリッシュはバフラインが出ますがそれを完全に消して鏡面ポリッシュにするのがバレル研磨の出番です。

ポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理してパウダーアクリルクリアー静電噴射!
※2Ps本体はここで終了です。

次にセンターディスクの塗装剥離

ディスクブラスト研磨

ディスクハンドアクション研磨

ディスクバレル荒研磨

ディスクバレル中研磨

ハンドバフ磨き・・バフ磨きはバレル研磨の仕上がりを大きく左右する重要な下磨きです。

ハンドバフ磨きとバレル研磨を数回繰り返しバレル2次元鏡面研磨の完成です。

ポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理してパウダースモークブラック(黒薄目)静電噴射!
※今回はさらに光沢を出すためにパウダースモークブラックの上にパウダーアクリルクリアーリコートしましたが、パウダーコートを塗り重ねると一部ブツ発泡が出るリスクを生じます。

クロームメッはピアスボルト洗浄研磨して再錆び防止の役目としてパウダーアクリルクリアー静電噴射!

組み付け合体完成!

・・・2Ps本体インリムパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

鏡面ポリッシュリムはもっちりとした肉厚感有る透明度の高いパウダーアクリルクリアーです。

ホイール中心部ホール穴周辺はバレル研磨機の回転が弱いため2000番手まで追い込んだバフ磨きからのバレル研磨ですので均等に光沢が出ます。

リム鏡面ポリッシュのパウダーアクリルクリアーとディスクの薄っすらと透き通る薄い黒のパウダースモークブラックで2トーン表現です。

■BBS-LM18インチ/バレル2次元研磨パウダースモークブラック(黒薄目)フルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・BBFバフ+バレル研磨パウダーアクリルクリアー
・2Ps本体塗装・・・・・・・パウダーグロスブラック
・ディスク・・・・・・・・・バレル2次元研磨パウダースモークブラック(黒薄目)+パウダーアクリルクリアー
・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨錆び防止パウダーアクリルクリアー
・ナット・・・・・・・・・・洗浄再利用
・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・交換無し
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール
nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービ西

2018.03.30

BBS-LM18インチDBK-P裏組みリフレッシュ・リメーク

BBS-LM18インチ初期型SP(シルバー&ポリッシュ)からハイパー塗装DBK-P(ダイヤモンドブラック&ポリッシュ)裏組みリフレッシュ・リメークです。

表組み勘合に設計されたモノを裏組みすれば勘合が合わ無いため裏から組んで「ハイ完成!」と安易な組み付けでは有りません。

裏組みは勘合合わせの無い正規の組み付けでは有りませんので改造組み付け自己責任としてご判断ください。

BBS-LM18インチDBK-P裏組みリフレッシュ・リメーク


滋賀県のお客様・・・修復歴有りのLM18インチSP(シルバー&ポリッシュ)です。
人気商品のため古いタイプのLMは色んなオーナーを渡り歩いていますのでどこかで修理されたモノが多いです。

他店修復歴有りは「削り込みやパテ埋め補修」など怪しげな修理が多いため塗装を剥いで検品チェックしてから手直し修理に入ります。
あまりにも酷い修理歴のモノは手の施し様の無いモノも少なく有りません。

塗装浮き剥げ腐食進行中

塗装の浮いた箇所は黒済み腐食が進行中ですが研磨下処理で何とかなります。
※塗装は下処理仕込みが命です。

剥離~ブラスト研磨

腐食痕削除研磨してハンドアクション研磨

バレル荒研磨・・・塗装前の下処理仕込みはこの上無いバレル研磨による平滑面出しです。

2Ps本体の剥離研磨化成処理して200℃釜空炊き

2Ps本体パウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムのBBFバフポリッシュ鏡面ポリッシュ

ポリッシュ密着性UPガスグラスプライマー化学処理してパウダーアクリルクリアー静電噴射!

ピアスボルトのブラスト研磨からパウダーグロスブラック静電噴射!

赤錆だらけのナットもブラスト研磨して再錆び防止の役目としたパウダーシルバー静電噴射!

個々のパーツ別施工完成!

裏組み組み付けDBK-Pの完成

・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

2Ps本体塗装の量産新品黒と当社パウダーブラックの黒光り光沢の違い!
量産新品のインナーリム、側面リムは溶剤の黒が薄く被った程度ですが丸塗りパウダーブラックはインリムとは言え丁寧に塗っています。

年期モノで経年劣化腐食が進行したモノは早期に処置すれば下処理次第で綺麗に再生出来ます。
※曲りガリ傷の有無より虫食い、陥没、腐食が仕上がりを大きく左右します。

裏組みによりリムが一段深リムになり10J+20から10J+3になります。
※リムが深くなり見た目が良くなりますが、勘合の無い裏組みは最善の方法を施しては有りますが正規の組み付けでは無く改造組み付けですのでご使用に関し自己責任としてご判断ください。

■LM18インチDBK-P裏組(アンダーディスク仕様)の詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)
・2Ps本体塗装・・・・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・・・・溶剤ハイパー塗装(DBK)
・ピアスボルト・・・・・・・・・パウダーグロスブラック
・ナット・・・・・・・・・・・・再錆び防止パウダーシルバー
・エアーバルブ・・・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・・交換無し

装着写真を頂きました。



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール
nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

2018.01.20

BBS-LM18インチ/曲りガリ傷修理からパウダーコートDSK-Pフルパウダーコート

BBS-LM18インチ曲りガリ傷修理からパウダーコートDSKフルパウダーコートです。

耐久性重視のパウダーコートDSK光輝シルバーは発色性が高く「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性は溶剤ハイパー塗装の比では有りませんので量産新品には無いワンオフ一品物ならではの塗装法です。

BBS-LM18インチ曲りガリ傷修理からパウダーコートDSK-Pフルパウダーコート
神奈川県のお客様・・・多少のガリ傷は有りますが程度良好なLM-SP(シルバーメタ・ポリッシュ)からDSK-Pに模様替えしますが、DSK-Pならフルパウダーコートの方が断然お勧めです。

【溶剤ハイパー塗装とパウダーコートの塗装肌強度の違い】 https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU


曲り修理

ガリ傷肉盛り修理
僅かなガリ傷でも削り込みやパテ埋め補修などインチキ修理は行ってません。

アウトリムのガリ傷修理完了後は2Ps本体の剥離から全面研磨

2Ps本体のパウダーシルバー静電噴射!

アウトリムのBBFバフポリッシュ疑似ライン混入

アウトリムのガスグラスプライマー化学処理してアウトリムのパウダークリアー静電噴射!

ディスクの剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

バレル荒研磨

パウダーミラークローム静電噴射!

メーカー名称は「ミラークローム」ですがメッキっぽく無くメタ目の無い光輝シルバーです。

「ミラークローム」を透かす感じの2コート目スーパークリアー静電噴射!

DSK-Pは黒ボルトよりクロームボルトの方がより高級感を演出しますので黒ボルトをクロームメッキします。

フルパウダーコートDSK-Pの完成!

 ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

溶剤ハイパー塗装(DSK)により近いパウダーコートDSK

ポリッシュ面は密着性透明度が高い高級アクリルクリアーで先塗りパウダーシルバーのリムフランジはシルバー残し!

■LM18インチ/パウダーコートDSK-Pフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・・パウダーシルバー

・センターディスク・・・・・・・・・・・パウダーコートDSK

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・黒からクロームメッキ

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・新品交換

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・赤パッチ再利用

R32-GTR装着写真を頂きました。


本日BBS軍団6セット完成!ただ今作業預かり中のBBS軍団20セット以上りますのでしばらくお待ちください。

Ps本体先塗りのパウダーカラーからアウトリムをポリッシュにする祭に「リムフランジのカラーを残す方法」と「リムフランジ部からポリッシュする方法」が有りますがお値段は変わりませんのでどちらが良いかご希望をお知らせください。

写真左溶剤ハイパー塗装(DSK)で写真右パウダーコート光輝シルバーDSK
【溶剤ハイパー塗装とパウダーコートの塗装肌強度の違い】 https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU

・・パウダーコート(DBK&DSK)の弱点欠点・・
1・パウダーコートは粉(個体)の静電気蒸着方のためプラ樹脂製は通電せず高温焼き付けに耐えきれませんので金属製以外のモノは施工が出来ません。
2・液体ガン吹き溶剤塗装の様に臨機応変に部分塗装修理が出来ません。
3・200℃高温焼き付けのため「虫食い、腐食、巣穴」の酷いモノは空気発泡現象が起きます。
4・パウダーコート(DSK)は溶剤DSKより光輝シルバーになりますが、パウダーコート(DBK)はやや青赤みが有り溶剤DBKとは若干の色ずれが有ります。


 【溶剤ハイパー塗装とパウダーコート塗装肌の強度比べ】 実験YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU

■溶剤ハイパー塗装の特性のおさらい■
ハイパー塗装は一般的な調色した溶剤2コートカラー塗装と違い4~5層の塗装を重ねたレイヤー式のメタル調表現のため密着性を犠牲にして成しえる高級感あるハイパー塗装になります。
 
ハイパー塗装はベースカラーの上へ銀膜から最終のトップコートまでの中間塗装はサイディングや密着剤添付が出来ません。つまりベース上の中間から上の層まではバームクーヘンのように挟んで重ねてあるだけのため密着が悪くなり飛び石に弱く、また取り付け時の工具干渉やタイヤ組み付け傷など付きやすく塗装肌が軟弱な事が最大の弱点ですのでタイヤ組み付けや装着作業また普段のメンテなど極デリケートに扱いう必要が有ります。

それら密着性を犠牲にして特殊なカラー表現ですので高級特殊塗装と言われる(ハイパーやスパッタリングメッキ)は重ね塗り手法のためカスタム塗りも社外量産新品や純正ホイールなどハイパー塗装は全て高圧洗浄機や洗車機は絶対厳禁です。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※色塗って誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など素人でも出来る塗装修理などプロの仕事とは言えません。


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービ西

 

2018.01.06

BBS-LM19インチ/バレル2次元研磨ブラッシュド/フルパウダーコート

新年明けましておめでとうございます。

昨年も一番オーダー多かったLMですので今年初めのブログはLMのバレル2次元研磨ブラッシュドからのフルパウダーコートを紹介いたします。

昨年同様2018年も宜しくお願いいたします。

BBS-LM19インチ/バレル2次元ブラッシュド/フルパウダーコート

大阪府のお客様・・・ガリ傷は有りますが程度良好なLM-DSK-Pです。

ガリ傷肉盛り研摩形成

アウトリムのガリ傷修理完了後は2Ps本体の剥離から全面研磨

2Ps本体のパウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムのBBFバフポリッシュ

アウトリムのガスグラスプライマー化学処理してアウトリムのパウダークリアー静電噴射!

ディスクの剥離~ブラッシュド

ハンドアクション研磨

バレル研磨ベースの粗目金属ラインで高級感漂うブラッシュド!

パウダークリアー静電噴射!

パーツ別パウダーコートの完成!

1本ずつ洗浄研磨したピアスボルト装着合体完成!

    ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

密着性透明度が高い高級アクリルクリアー

ワンオプ一品モノならではの職人の手による繊細な技で成し得る多種小ロット対応のバレル2次元研磨ブラッシュド

■LM19インチ/バレル研磨ブラッシュド/フルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・センターディスク・・・・・・・・・・・バレル2次元研磨ブラッシュド(パウダークリアー)

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・・黒パッチ新品交換
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※悪質なパテ埋め補修、削り込み修理など一切行っていません。


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール返信のお願い・・
毎日たくさんのお問い合わせがあり随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。 

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。
日曜祝祭日はお休みです。

(有)オートサービ西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«12月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード