ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - ガリ傷修正

2017.01.30

BBS-RS16インチ/曲りガリ傷割れ修理からのバレル研磨

BBS-RS16インチ「曲り、ガリ傷、欠け、割れ、腐食」修理フルコースからのバレル研磨して女性オーナーらしくワンポイントピンクで演出したエレガントなRSとなって復活再生しました。

損傷劣化が酷かったため現状のまま転売処分と諦めてダメ元でご相談頂きましたが、20数年前のホイールですのでこの程度の修理は良く有る事で全く問題有く心配ご無用のレベルです。

3PsのRSは純正リム、純正パーツなど豊富にストックして有りますので諦める前にまずはご相談ください。

BBS-RS16インチ/修理フルコースからバレル2次元研磨パウダークリアー


山口県のお客様・・・曲り、ガリ傷、欠け、割れ、腐食有りで修理フルコースのRSです。

アウトリム曲りツブレと腐食ですがこの程度はリム交換するほどでは有りませんので修理します。

曲りのツブレはプレス修理して足りない部位は肉盛り溶接で原型修復します。

インリムは4ヶ所割れ有りです。
4ヶ所割れは修理はコストが掛かる上再クラックが入る可能性大のため当社ストックしてある純正リムと交換します。

一部修理と交換したインリムの剥離研磨から定番のパウダーグロスブラックの静電噴射!

センターディスク&メッシュプレートの塗装剥離

ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

バレル荒研磨~バレル中研磨~バフ磨き~バレル2次元研磨の完成!

センターディスク&メッシュプレートのポリッシュ密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理

センターディスク&メッシュプレートのパウダークリアー静電噴射!

アルミ削り出しワンオフ作成の極薄クオーターキャップをバレル3次元研磨 
ワンオフキャップ作成
http://www.243ok.com/blog/2014/08/#date-2014-08-29


ピアスボルト&クオーターキャップのガスグラスプライマー化学処理

ピアスボルト&クオーターキャップはパウダーキャンディーピンクゴールド静電噴射!

全パーツ個々の作業完了!

パウダーキャンディーピンクゴールドのピアスボルトを装着組み付け合体完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

大きく曲がっていたリムの御覧の通り・・
ピアスボルトとバルブはパウダーコートでコーティングの役目もしますので再錆び防止にも一役買います。

バレル研磨のディスクとピンクゴールドのクオーターキャップ&ピアスボルトの相性が女性オーナーらしくなりました。

■BBS-RS16インチ/バレル研摩の詳細■

1・アウトリム・・・・・・・・・・・・リム修理BBFバフポリッシュ(ノークリアー)
2・インリム・・・・・・・・・・・・・リム交換パウダーグロスブラック
3・センターディスク・・・・・・・・・2次元バレル研摩(パウダークリアー)
4・メッシュプレレート・・・・・・・・3次元バレル研摩(パウダークリアー)
5・6角キャップ・・・・・・・・・・・クオーターキャップ交換3次元バレル研摩(パウダーキャンディーピンクゴールド)
6・ピアスボルト・・・・・・・・・・・洗浄研磨(パウダーキャンディーピンクゴールド)
7・ナット・・・・・・・・・・・・・・錆取りブラスト研磨(パウダーシルバー)
8・エンブレム・・・・・・・・・・・・交換無し再利用
9・バルブ・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用
10・分解合体シーリング打ち直し

※RS15~17インチの純正アウト&インリム、ピアスボルト、6角キャップ、メッシュプレートなど各種パーツストックして有りますのでご心配なくご相談ください。

※ストックパーツのみの販売はお断りしています。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2017.01.21

ifogido(アイフォージド)20インチ2Psハメ殺し/曲りガリ傷修理/バレル研磨パウダークリアー

ifogido(アイフォージド)20インチのリムが合金プレス光輝アルマイトでディスクが鍛造のバレル3次元研磨のそれぞれ材質と表面処理が違うモノを溶接で結合されたダミーボルト付きの2Psハメ殺しの本体丸磨きバレル研磨パウダークリアーです。

分解可能な2Psや3Psならリム化研光輝アルマイトもディスクバレル研磨も新品オリジナル通りの施工が可能ですが2Psハメ殺しは分解しての個別加工が出来ませんので施工内容が極一部に限られ唯一バレル研磨ならリムとディスクがくっ付いたままの状態でバレル研磨丸磨きからパウダークリアー丸塗りが可能です。

アイフォージド20インチ2Psハメ殺し曲りガリ傷修理からバレル研磨パウダークリアー


千葉県のお客様・・・大きな曲りガリ傷有りの2Psハメ殺しは修理から磨きや塗装など制限が有る厄介な構造のホイールです。

リムフランジの無い厚い1枚型リムの大きく曲がったリムはプレス修理だけではリム外周は凹んだままで外周が出ません。
※潰れたアルミ缶を伸ばしても元通りにならないのと同じ原理です。

凹んだ外周面は肉盛り溶接します。
足りない箇所は溶接で足すが修理の基本中の基本です。凹んだ箇所が消えるまで面出しするのは素人でも出来る誤魔化しの悪質な削り込み修理です。

大きな曲りの外周肉盛り研磨形成して曲り修理完成!

ガリ傷も傷が消えるまでひたすら削り込みした修理をよく見かけますが、ガリ傷肉盛り修理など大きな曲り、欠け修理に比べればついで作業扱いの簡単な修理でがそれすら出来ない削りみ修理が理解出来ません。

※大きな曲り・割れ・欠け修理例http://www.243ok.com/blog/2016/11/#date-2016-11-26


ガリ傷肉盛り溶接修理・・カラー塗装ならパテ埋めで誤魔化せますが、素地表現ポリッシュの修理は誤魔化しが効きませんので肉盛り溶接が修理技術の見せ処です。

酷かった曲りガリ傷修理から全面バレル研磨の完成です。

大きく曲ってガリ傷の有ったリム修理はほぼ完璧です。
塗装や磨きの出来栄えは基本土台となる見えない下修理が出来てからの話です。

新品元オリジナルより輝き光沢が出ています。

キャップもバフ磨きからバレル研磨

ツル肌の鏡面ポリッシュはカラー塗装の様に足付けサイディングが出来ませんのでパウダークリアーの密着性向上のためにガスグラスプライマーによる化学的な足付け処理をします。

別途キャップと2Ps本体丸塗りのパウダークリアー静電噴射!

再利用可能なダミーボルトを装着して完成です。
ダミーボルトは装着方や素材により外す際に損傷して再利用出来ないモノはダミーボルト有料交換になります。

1Psはリムとディスクに繋ぎ目が有りませんのでムラ無く研磨出来ますが2Psハメ殺しはリムとディスクの境目、繋ぎ目は届く範囲までの研磨になります。

インナーリムから側面リムまでパウダークリアー丸塗りですのでパウダーコート肌のため普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ない裏リムは「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点からインリムへのパウダーコートフィニッシュがより効果的でさらにガラスコーティングなども必要有りません。

バレル研磨仕上げノークリアーフィニッシュ時より若干の艶引き感は避けられませんが密着性向上と透明度の高いアクリル系パウダークリアーを採用していますので従来のパウダークリアーより向上しています。

2Psハメ殺しでもバレル研磨ならリムとディスクがくっ付いた状態のまま丸磨きからパウダークリアーが可能です。

【2Psハメ殺しの施工不可な物】
※分解可能な2Ps.3Psは以下全て可能です。
1・リム光輝アルマイト(ディスクが付いた状態でのリム加工は不可)

2・ディスククロームメッキ(リムが付い状態でのディスク加工は不可)

3・リムかディスクどちらかがクロームの場合クロームでない方がクローム剥離により損傷するため一方だけのクローム剥離不可

4・スパッタリングメッキ(1Psホイールや1パーツ個別加工のみの為不可)

5・ディスクダイヤモンドカット(リムにバイト刃が干渉してリムを傷つけるため不可)

6・リム全面バフ磨き(ディスクに干渉しない箇所までの磨きなら可能ですが磨き筋境目が出ます。)

7・リム全面ブラッシュド(ディスクに干渉しない箇所までのブラッシュドは可能ですがブラッシュドが当たらない箇所が出ます。)

8・その他特殊な加工は全て不可
分解可能な2.3Psはリムとディスク個別加工が可能なため上記8項目全て可能です。
一体型1Psは1個のパーツですのでリムとディスクの個別加工が出来ます。
【2Psハメ殺しの施工可能な場合と留意点】
1・リムからディスクまで溶剤又はパウダーコートのカラー丸塗り
※注):リムとディスクの境目重なり部の隙間から発砲する場合が有ります。

2・リムからディスクまでバレル研摩による丸塗り磨き
※注):ディスクがクロームの場合クローム剥離が出来ませんのでクロームからのバレル研摩は出来ません。

3・リムまたはディスクのマスキングによるパーツ別カラー塗装
※注):リムとディスクの?ぎ目重なり面の奥へは塗装が完全に載りません。

4・リムをガード出来る構造の場合ディスクへの天面2次元BBFバフ研磨や2次元ブラッシュドは一部可能
※注):3次元BBFバフ研磨や3次元ブラッシュドはリムに干渉するため不可


               ・■バレル研摩のメディア■・・

荒研磨・・・3角すいのプラスティック系のメディアに水と混合の湿式水層研磨します。
パウダーコートの塗装前の仕込み下処理研磨にも利用しています。

中研磨・・・1ミリx3ミリの長方形ガラス樹脂系で乾式ですので水混入無しでこのまま空磨きします。
2次元研磨の場合乾式中研磨メディアは使いませんが3次元研磨はこの中研磨が無いと3次元研磨になりません。

仕上げ研磨・・・2ミリと4ミリのセラミックボールで湿式水層で粉末コンパウンドと液体コンパウンドを混ぜて仕上げ研磨します。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

※悪質な削り込み修理 http://www.243ok.com/blog/2011/10/#date-2011-10-30

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2015.08.01

シュティッヒ19インチ曲りガリ傷修理からのリフレッシュ

シュティッヒ19インチ曲りガリ傷修理からのリフレッシュです。

リムの曲りやガリ傷が結構酷かったですが、幸い腐食が有りませんでしたので綺麗にリムの再生が出来ました。

曲りガリ傷云々より腐食の有無が仕上がりを左右する重要なポイントです。



シュテッヒ19インチ曲りガリ傷修理からリフレッシュ



静岡県のお客様・・・曲り、ガリ傷修理は4本皆有りますが腐食が無いのが幸いです。







曲り修理!







肉盛り溶接修理!







曲り、ガリ傷修理の完成!







アウトリムのBBFバフポリッシュ磨きの完成!

※腐食痕はほとんど有りません。







インリムの剥離からリム全面研磨







最近他所も真似し出しましたがインリムは当社定番のパウダーグロスブラック







クロームメッキセンターディスクのバレル洗浄研磨







クロームの剥げは当然治りませんが錆落としや艶出し光沢復元にバレル研磨が活躍します。

関連ブログhttp://243ok.co.jp/blog/category/457/







全パーツの完成!







同封お送り頂いた金メッキのピアスボルトを洗浄研磨して装着完成です。

ポリッシュ仕上げは曲りガリ傷より腐食の有無が仕上がりを大きく左右します。







裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへのパウダーコートフィニッシュがより効果的です。







曲りガリ傷修理はほぼ完璧です。

よく有る削り込み修理磨きでは有りませんので・・・







肉盛り修理をしない擦り傷程度なら化研光輝アルマイトも可能です。

化研光輝アルマイトhttp://243ok.co.jp/blog/category/492/







■シュテッヒ19インチ修理フルリフレッシュの詳細■

1・アウターリム・・・・・・・曲りガリ傷修理BBFバフポリッシュ(ノークリアー)

2・インナーリム・・・・・・・曲り修理パウダーグロスブラック

3・センターディスク・・・・再クローム無しバレル洗浄研磨

4・プレート・・・・・・・・・・・無し

5・6角キャップ・・・・・・・・無し

6・ピアスボルト・・・・・・・・ゴールドクローム洗浄研磨交換

7・ナット・・・・・・・・・・・・・・新品交換

8・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用

9・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し





再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール返信のお願い・・携帯からのメールは一部返信不能や文字化けなど有り電話番号が明記されないとこちらから連絡方が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

日々多いメールのため随時回答返信が出来ない場合や回答返信しても迷惑メール削除されている場合も有りますので2~3日たってもこちらから回答返信が無い場合はお電話お願いします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



(有)オートサービス西

2012.02.17

クロイッツアー・BBS-RX・クラウン純正・RHスポークシルバーメタ修理

社外ブランドホイールや純正ホイールで一番多いタイプのシルバーメタのガリ傷修理の紹介です。

シルバーメタと言ってもボディーカラー同様に各モデル微妙に色がそれぞれ違います。

それらは既存の色を見本に先に調色して色を作ってから修理に入ります。

修理屋の基本となるガリ傷は肉盛り研磨形成修理した後、下処理塗装をして調色して作った色を塗ればほぼ完全な修理が出来上がります。

リム端しへパテ埋めすればタイヤ脱着時どうるか想像付くかと思います。



カラー塗装修理はパテ埋め修理などで誤魔化しがどうにでもなります。そのためにユーザー様に安心して頂けるように、修理作業の透明化を企り「証」として全て写真を撮って提出しています。





その1・クロイッツアーガリ傷、インナーリム割れ修理



表面塗装剥げ、ガリ傷とインナーリム割れ修理です。

クロイッツアーは塗装膜が厚いため塗装割れを起こしてしまいます。





 

塗装膜が厚いと面出しがやりにくいため潔く全面塗装剥離してガリ傷修理に入ります。





 

スポーク奥がポリッシュカットしてありますのでマスキングしてリム研磨形成です。

ご覧のようにリム端しへパテなど一切使用していません。





 

クッラクは開先を大きく切って溶接が万遍無く溶け込むように準備します。







 

インナー割れ溶接箇所をハンド研磨して完成です。不細工な溶接団子など残しません。 溶接団子残しは「強度確保」などの理由ですが、それは何の根拠も無いただの手抜き作業です。

溶接団子についてはこちら







 

事前に調色したシルバーメタを塗って完成です。









その2・BBS-RXガリ傷全周修理

 

リム全周にガリ傷が有ります。

こうゆう全周ガリ傷修理に良く有るのが「ひたすら全面傷が消えてなくなるまで削っちゃえ!みたいな・・」削り込み研磨修理が多いパターンの傷修理です。

削り込み修理とはこちら





 

溶接は何て事の無い簡単な修理ですが、研磨形成が難しく面倒なだけです。

手間を惜しんでいい修理は出来ません。







 

リム原型修復完成後、下処理から調色した色を塗って完成です。







その3・クラウン純正ガリ傷修理

 

このレベルの傷ならパテ埋めでもよさそうですが、頑固にパテは使いません。







 

溶接から研磨形成です。







 

クラウン修正カラーに合わしたシルバーを塗って完成です。







その4・RHガリ傷修理

 

リムに段と筋が有るタイプのためそれを復元するのが面倒なリムです。







 

溶接は簡単ですがリム形状に沿っての復元にやや時間のかかる作業です。 

 





 

リム復元修理も無事終わり調色したシルバーを塗って完成です。



シルバーやゴールド、ガンメタなどメタリック系は部分修理から部分塗装したあとはクリアーコートの部分塗装ではなくホイール丸塗りクリアー塗装が必須です。



ホイールは車のようにボディーカラーNOが有りません。と言うより公表されていません。そのためホイールカラーの調色は修理前に塗装メーカーへホイールを提出して現品に合わして調色してもらいます。

調色は数十種類の色を数パーセント刻みで配合して造りますので私らホイール修理屋で出来る調色作業では有りません。そのため溶剤ウレタンカラーの調色は1本でも4本でも指定カラーが有れば塗料メーカーへ全て依頼しています。

餅は餅屋です。



最終仕上げとなる見た目の塗装や磨きの仕上がりも大切ですが、基本となる見えない修理がキチント出来きてこそ本来の修理塗装です。削り込んでパテ埋めての塗装や磨きは修理屋の仕事では有りません。

それは「ユーザーDIY修理のレベル」です。





単品修理は片道当社負担、4本リフレッシュ・リメークは往復送料無料キャンペーン中です。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。



お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  (有)オートサービス西



(有)オートサービス西HPはこちら

2011.07.21

それぞれ違う表面処理のガリ傷修理(アルマイト&ポリッシュ&クロームメッキ)

リムの表面処理は多種多様ありますが、当社では剥離から各種表面処理に対応しています。

塗装系「ウレタンカラー塗装・パウダーコートカラー塗装」

ポリッシュ系「BBFバフ研磨・ダイヤカット・ミラーバレル研磨」

メッキ系「アルマイト・ブロンズ・スパッタメッキ・クロームメッキ」

その1・・「WORK-VS2P(リムアルマイト+ディスクハイパー塗装)」

その2・・「AMG-3P(リムクリアーポリッシュ+ディスクシルバー塗装)」

その3・・「Carlsson-2P(リムクロームメッキ+ディスクダイヤモンドカット)」

今回紹介する3セットの共通する事は、ディスクは外しての加工なしでリムのみ単体でのBBFバフ鏡面研磨仕上となりノークリアー仕上げです。

表面処理がそれぞれ違うリム曲り、ガリ傷修理でも分解可能でリム単体になるモノなら新品と同質の表面仕上げはもちろん違った表面仕上げも可能です。

※注)ダミーボルト付きの2Ps溶接ハメ殺しタイプのホイールはリム単体での加工が出来ませんので各種表面処理に対応しきれないモノが多くなります。



その1・・「WORK-VS2Ps(アルマイトリム)」



神奈川県のお客様・・良くあるガリ傷です。他2本はよそ様の修理手直しです。







手付かずのこの程度の肉盛り研磨形成はカワイイ修理です。





 

ヤスリかグラインダーで大きく削り込んであります。手を加えた修理は自然なガリ傷修理よりはるかに面倒で料金もそれなりにかかります。





 

やや曲っていましたので曲り修理後、ヤスリ削りの低い箇所を大きめに肉盛り研磨してリムの肉厚、高さの復元です。





 

普段メンテの出来ないピアスボルトはこんな感じで汚れまっくています。メッキが錆びてない限りピアスボルト単体で洗浄研磨すればピカピカになります。外したピアスボルトは全て洗浄研磨してロックタイトを付けて装着しています。





 

本来はアルマイトですがBBF鏡面バフ(ノークリアー)にて完成です。





 

ディスク部のハイパー塗装(DBK)がそろそろ痛んで来て至る所が剥げて来ています。T様近いうちにディスクの再塗装もお待ちします。









その2・・「AMG-3Ps(バフポリッシュリム)」



栃木県のお客様・・相変わらずご依頼の多い旧型の3PsAMGリム全周ガリ傷です。







クリアーを剥いでほぼ全周の肉盛りです。

このホイールに限らずアウターリムのリム研磨はリム単体(リング状)のままでは各種研磨機へセッティングできませんから他のディスクを仮付けして研磨します。

リム研磨はBBFバフ研磨に限らず、バレル研磨もダイヤモンドカットも全てリム単体(リング状)のままでは研磨できませんのでディスクが必要です。







リム修理、リム研磨完成です。





 

完璧なリム修理です。肉盛り研磨形成していますので、リムの肉厚、高さも確保出来てます。 

素人騙しの削り込み研磨など修理屋のプロとして恥べく事です。

削り込み修理はこちら



 

ピアスボルトもピカピカに磨いて装着完了です。

ディスク部のシルバーメタは年代モノの割には程度が良かったです。









その3・・「Carlsson-2Ps(クロームメッキリム)」

 

福岡県のお客様・・クローム層はアルミ素地の上へ銅の金属層が張り付いてますのでこのままでは研磨も溶接肉盛りも出来ません。





 

リム単体になれば再クロームの可能ですが、再クロームは高額な料金となります。

再クローム1本7万円~となり、次また傷を付けてしまえば同額の修理代がかかりますし、それより何回もクローム剥離から再クロームをしてしまえば素材を痛め強度が極端に低下しますので再クロームは2回までが限界です。





 

そんな理由から再クロームではなく今回は鏡面研磨ポリッシュ仕上げを前提にクローム剥離いたしました。

塗装剥離と違いクローム剥離は自前では剥離出来ませんので、クローム工場へ外注依頼しています。





 

銅板の金属層(クローム)が無いアルミ無垢状態なら溶接肉盛り研磨形成も簡単な事です。







リム修理、リム鏡面研磨完成です。

インナーリムはブラック塗装してあります。







ディスクがクロームでリムがBBFバフ鏡面研磨では光沢、質感のバランスが悪くなるかもしれませんが、元々ディスクはポリッシュのダイヤモンドカットですので、かえってリムがクロームよりのBBFバフ鏡面研磨の方が違和も感無くリムとディスクのバランスが取れているように思います。

クロームメッキは、遅かれ早かれいずれメッキが剥がれていきます。

しかも再クロームはリペアー代が高い、剥離代も高い、納期がかかる、剥離と再クロームに伴い素材を痛め強度低下を起こす、別カラー加工も割高となるなど、いいところが一つもありません。



オンクリアー・ノークリアーはご希望に応じて対応いたします。

オンクリアー・ノークリアーの特性についてはこちら





アウターリムポリッシュ仕上げはBBF鏡面研摩、バレル研摩、ダイヤモンドカットの3種の研摩加工にて対応しています。

3種類のアウターリムポリッシュ研磨についてはこちら

 

カラー塗装は溶剤系ウレタンカラーと粉体(パウダー)塗装で対応いたします。

※粉体(パウダー)塗装は部分塗装や指定カラー調色がで来ません。

粉体(パウダー)塗装についてはこちら 





リム、ディスク全てのリフレッシュ、リメークはもちろん、リムのみの加工やディスクのみの加工などどんな事でもご相談ください。











(有)オートサービス西HPはこちら

2011.01.21

ファブレス18インチ リムガリ傷修正

ディスクがクロームメッキでリムがポリッシュタイプの2Ps溶接ハメ殺しの構造となるファブレス18インチリムガリ傷修正です。

アウターリム面が幸いクロームでなくポリッシュでしたので、ガリ傷修理自体は低コストで簡単に修理できますが、リム全面磨きとクリアー塗装に苦労いたしました。



2Ps溶接ハメ殺しのホイールはアウターリム面がクロームメッキの場合、ガリ傷修理から再クロームは絶対不可となります。

※再メッキ加工は1Ps以外の2/3Psは分解可能で単体になるモノに限られます。







ファブレス18インチ リムポリッシュ面ガリ傷修正、全面磨き

 

ディスクがクローム/リムがポリッシュの2Ps溶接ヘメ殺しの分解不可の構造ですが、リムとディスクの境目、根元より研摩できる限りの箇所までリム全面研摩してクリアー塗装までしてあります。







 

写真では納まりきれないほど、曲りもいたる所にあり、4本全て深いガリ傷だらけでポリッシュ特有のシミ、腐食もすすんでいました。

ポリッシュのシミ・腐食について





 

リムガリ傷修正研摩後、リム部へのクリアー塗装のためのクロームディスク部へのマスキングです。

分解可能な場合はディスクを外してリム単体でクリアー塗装いたしますが、溶接ハメ殺しは、マスキング必須となりこれが面倒で、それよりマスキング塗装はリム根元奥部までクリアー塗装が届きませんので、塗装領域範囲に限界があります。

リム研磨個別加工の詳細はこちら

2Ps溶接ハメ殺しタイプの修正やリフレッシュの難点について

2Psホイールは全てリムとディスクの材質、製法、表面処理がそれぞれ違います。

そのため分解できないホイールは完全な修理や表面処理が出来ないものが多くなってしまいます。




その1・再メッキや再アルマイトは分解して個別にやるためメッキ関連は全て不可となります。

その2・デザイン、構造によりリム鏡面研摩などリム根元より完全フル研摩ができない場合があります。

その3・リム交換も当然出来ません。

その4・ディスクへのスーパーミラーバレル研磨も出来ません。

その5・溶接や塗装など現状の届く範囲となり完全な加工が出来ません。



 

リムとディスクの1ミリ位の僅かな隙間を狙って研摩していますのでリムの研摩境目を出さないように研摩するこれこそハメ殺しホイールの研摩の妙技です。

※ディスクの上面から研摩したリム研摩が下写真のように中途半端な研摩となります。

 

 

例)・・・ これでは不恰好、不細工ですよね。

(当店てやった修理品ではありません。)







肉盛り溶接に付き物の巣穴(ピンホール)や凸凹波打ち状など皆無です。

溶接、研摩形成には長年の経験で自信をもって提供しています。

カラー塗装はパテ埋めで誤魔化しが出来ますが、アルミ素地表現のポリッシュはそんな誤魔化しの利かない修理です。

合金プレスリムや鍛造リムは金属組織が高密度のため溶接による巣穴(ピンホール)現象は溶接技術さえしっかりしていればまず現われません。

しかし「nade in アジヤ産」や廉価モノホイールの鋳造品は金属組織が元々スカスカでピンホールだらけですので、いくら上手に溶接してもピンホールから空気が沸いてきてどうしても多少のピンホールは出ます。

メーカーは伏せますが、「nade in Japan」と謳って中国で製造したモノを高級ブランドとして高い料金で販売している某メーカーのホイールなど鋳造品で重量がありスカスカでピンホールだらけで溶接時にはそれが良く判ります。



ガリ傷修理など毎日やっていますので、とるに足らない修理ですが、ガリ傷の大小より表面加工の違いや構造で値段、納期が違ってきます。

各種表面加工の詳細はこちら



最終仕上げとなる外観性の出来栄えより、その前の修正や原型修復の方を評価してください。

曲り歪みを直して、強度確保、原型修復のために、きちんと溶接研摩形成してから磨きや色塗りする事が、ホイール修理屋さんの本来の仕事プロの仕事です。

削り込みやパテ埋めて色を塗るだけなら誰でもどこでも出来る修理です。





4本ワンセットのご依頼は修理のみリフレッシュ・リメークに限らず「みんカラ」会員様、送料往復無料です。



(有)オートサービス西HPはこちら

2010.12.01

レクサス純正ガリ傷・エグレ・曲がり修正から色換え

レクサス純正19インチでガリ傷・エグレが全面あり、稀に見る酷い修理で納期も料金もそれなりにかかりましたが、きちんと修理した後、イメチェンでマットブラックへ色換えしました。







ガリ傷全周・エグレ・曲がりなど手ごわい修理からマットブラック色換え

 

原型修復後ハイパー塗装から艶消し黒(マットブラック)です。

完成写真だけをを見れば何事も無かったように見えますが、これは苦労しました。







 

肉盛り溶接の下準備、確認のため1だけ塗装剥離しての損傷確認!

塗装ホイールは塗装を剥いで見ないとどこまで傷が深いか解りません。

4本の内1本は擦り傷程度ですが、3本がディスクの削れとリム全周ガリ傷と大きな削れがありました。







 

まずは溶接に邪魔になる塗装の剥離と曲り修正からです。







 

リムへの肉盛り溶接です。溶接箇所が多く全部は紹介しきれませんので一部のモノです。

表エグレのあるモノは当然裏面まで包み込むように溶接する必要があります。









 

溶接からのリム形成がこのホイールの一番の難所です。



リムフランジがディスクと離れた通常の構造のモノなら研摩形成も比較的安易に出来ますが、ディスクがリムまで延長して繋がった構造のためリム内側とディスクとのL形状の交差部が機会工具の入る限界があるため完全手作業で「ゴシゴシ」と根気よく研摩しなければならない厄介な構造です。









 

原型修復してからは普段通りの下処理塗装後、メインのマットブラックして完成となります。

今回のリフレッシュは修正工程時間が完成までの90%を占める割合となります。

程度の良いホイールの場合この手の塗装は比較的簡単に早く仕上がります。







 

最終仕上げとなる外観性のカラー塗装の出来栄えより、その前の修正や原型修復の方を評価して欲しいです。

曲り歪みを直して、強度確保のために、きちんと溶接研摩形成してから色塗りする事が、ホイール修理屋さんの本来の仕事プロの仕事です。

パテ埋めて色を塗るだけなら誰でもどこでも出来る修理です。





4本ワンセットのご依頼は「みんカラ」会員様に限り送料往復無料です。

※送料往復無料キャンペーンは12月15日までとなりますのでこの期間中に是非ご相談ください。



(有)オートサービス西HPはこちら






ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«12月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

カテゴリーリスト

フィード