ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - 2016年07月

2016.07.30

日産Y30純正とHONDAプレリュード純正のパウダーコートからのダイヤモンドカットフルリフレッシュ

古い純正ホイールを当時モノのオリジナルに沿った再生が出来ないって諦めていませんか?

昭和の日産Y30純正とHONDAプレリュード純正をパウダーコートとダイヤモンドカットによる現代の技術でオリジナルに沿った復元再生をしました。

ダイヤモンドカットに限らず1Psホイールのカラー塗装&ポリッシュ「BBFバフポリッシュ・バレル研磨・ブラッシュド」など先にカラー塗装を済ませて先塗りカラーを剥ぎながら各種のポリッシュ加工して最後にトップコートの丸塗りのオンクリアーとなりますので後のポリッシュ方が違うだけで作業の手順は同じです。

「BBFバフポリッシュ・バレル研磨・ブラッシュド」などカスタムポリッシュはパウダークリアーが可能ですが、ダイヤモンドカットはパウダークリアーが出来ませんので溶剤クリアーのみとなり総合的な耐久性はパウダークリアーが出来る他のポリッシュ方より劣りますが純正オリジナル重視ならダイヤモンドカットになります。

日産Y30純正とHONDAプレリュード純正のパウダーカラーコートからのダイヤモンドカットフルリフレッシュ

福岡県のお客様・・・昭和の時代の年代モノの割には珍しく曲り、ガリ傷、腐食の無い程度良好な日産Y30純正15インチ鋳造(CAST)ホイールです。

埼玉県のお客様・・・こちらも25年前の年代モノですが曲り、ガリ傷、腐食など年相応に劣化したHONDAプレリュード純正鋳造(CAST)ホイールです。

HONDAプレリュードの方はダイヤモンドカット溶剤ポリッシュ特有の白ミミズが多く出ています。
純正ダイヤモンドカット白ミミズ腐食の原因はこちら
http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/menu/simifusyoku/

剥離からブラスト研磨

Y30純正の方は曲りガリ傷修理は有りませんが、プレリュード純正の曲り、ガリ傷修理!

プレリュード純正の溶接肉盛り修理!

インナーリムから側面リムまでパウダーコート下処理の本体丸ごとリム研磨

オリジナル溶剤カラー似のパウダーガンメタとパウダーシルバーの静電噴射!

先塗りカラーは溶剤カラーでは無く耐久性重でY30純正はパウダーガンメタでプレリュード純正はパウダーシルバーから天面をスライスカットしてダイヤモンドカットポリッシュになります。

純正ホイールは鉄の座金ブッシュが付いていますのでパウダーコートする際は座金ブッシュは外します。外したついでにサービスで錆をブラスト研磨しますが鉄の座金ブッシュはすぐに錆びますので出来ればパウダーコートするか新品と交換するかいずれかをお勧めします。

日産Y30純正パウダーガンメタ&ダイヤモンドカット溶剤クリアーの完成!

当時物オリジナルとほぼ同じような感じに復元再生出来ました。

HONDAプレリュード純正パウダーシルバー&ダイヤモンドカット溶剤クリアーの完成!

曲り、ガリ傷、腐食有りでしたが、当時物オリジナルとほぼ同じ質感風合いに復元再生出来ました。

デザイン表面パウダーコートしたついでにインリムまでパウダーコートして有ります。

●インナーリムまでパウダーコートしたの理由●

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点でインナーリムまでパウダーコートします。

Y30純正のキャップはプラ樹脂製のためダイヤモンドカット不可のためレンズクリアーで光沢復元

プレリュード純正のキャップはプラ樹脂製の溶剤シルバー塗装仕上げになります。


★ダイヤモンドカット不可なモノと注意点★

 1・鉋でスライスするような天面カットポリッシュ方のためリムやディスクは角張ってエッジが鋭角になり角張ったエッジ部はクリアーが伸びて塗膜が薄くなるためディスク角部やバルブ穴の鋭角な箇所へ水が侵入で白ミミズ腐食が入る原因です。

こちらhttp://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/menu/simifusyoku/

2・繊細な虹色ライン保護のためオンクリアーは絶対条件ですがパウダークリアーは出来ません。

3・表面削り出しで平滑なディスク構造のみとなるため丸みを帯びたディスクにはダイヤカット不可。

4・歪み、横振れ縦振れの有るモノは均等にカット出来ませんのでダイヤカット不可。

5・合金プレス深リムや旧RSリム、旧式のOZ(AMG・フッツーラ)などの3Ps1枚型の肉薄リムは肉厚確保や強度確保の面からダイヤカット不可。

6・ディスク面へのダイヤモンドカットの場合、ホール穴がフラットタイプのディスクは旋盤取り付けの際、治具ナットが干渉しますのでダイヤカット不可。

7・2Ps溶接ハメ殺しのホイールはリム、ディスクが単体にならないため構造デザインにより不可。

6・肉厚の有る1Psはある程度複数回のダイヤカットは可能ですが、元々肉厚の薄い2・3Psのリムは何回もスライスすれば肉厚が薄くなってしまうためダイヤカットは2回までが限度です。

「BBFバフポリッシュ・バレル研磨・ブラッシュド」など磨き修理は何回でも再研磨可能です。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

お問い合わせやお見積もりはこちら nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/505/

2016.07.28

BBS-RGRとRGのスーパーポリッシュバレル2次元&3次元研磨パウダークリアー

BBS-RGR17インチ/バレル2次元研磨パウダークリアーとRG15インチ/バレル3次元研磨パウダークリアーです。

リムはリング状フラット平面のため2次元3次元の区別は有りませんが、ディスクの研磨には2次元&3次元が有ります。

※クロームメッキの2Dと3Dの前研磨としての共通作業です。

2次元研磨はディスク天面のみ鏡面研磨になりディスク縦壁窓部は鋳物ゆず肌の鈍い銀の光沢となりますのでデザイン構造に関係無くサイズ別料金算出となりますが、3次元研磨はディスク縦壁窓部まで全面鏡面磨きのためデザイン構造により研磨の限界値が有りますので3次元研磨不可の場合も有ります。

鍛造(FORGED)ホイールは変な修復歴や腐食が無い限り「パウダー塗って良し・バレル研摩して良し・軽くて取扱いに良し」と3拍子揃った安心して施工出来る高品質ホイールです。

BBS-RGR/RGバレル研摩2次元研磨/3次元研磨パウダークリアー

その1・・BBS-RG-R17インチ/再バレル2次元研磨パウダークリアー

神奈川県のお客様・・・以前当社でバレル2次元研磨ノークリアー仕上げしたRGRです。今回再バレル研磨してパウダークリアー仕上げします。

前回施工http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/2014/08/#date-2014-08-09

ガリ傷は有りませが大事に使われた要すが伺える程度良好です。

前回バレル研磨してベースが出来上がっていますので2回目のバレル研磨は「ブラスト~アクション研磨~中研磨~バレル荒研磨」がカットされますので小傷シミ直し程度でバフ磨きからバレル仕上げ研磨と早く安く上がります。

中央部ホール穴付近は回転率が弱いため一番光沢が出ずらくなりますので2000番手まで磨き込んでバレル研磨を掛けます。

パウダークリアー前に密着性向上のためにガスグラスプライマーで化学的処理をします。
ガスグラスプライマーhttp://global-suzuki.com/gas-glass-primer/

パウダークリアーの静電噴射!

バレル2次元研磨パウダークリアーの完成
※バレル研磨ノークリアー時より2割程度の光沢引きは有ります。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのでパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムカラーはパウダーグロスブラックがお勧めです。またガラスコーティングなども不要です

塗膜の厚いパウダークリアー独特の肉厚感有るモッチリとしたクリアー肌になります。

ディスクサイド面窓部はバレル研磨パウダークリアーによる鈍い銀の光沢ハイパーシルバー(DSK)の様な感じになります。

リムからディスク天面のバレル2次元研磨パウダークリアー
※ディスクサイド面窓部は砂肌ゆず肌のバレル研磨になります。

その2・・BBS-RG15インチ/ガリ傷修理からのバレル3次元研磨パウダークリアー

東京都のお客様・・・多少のガリ傷は有りますが程度良好なRG15インチです。修復歴や腐食が無い事がクオリティーを大きく左右する重要ポイントになります。

先ずはガリ傷肉盛り溶接修理から

剥離ブラスト研磨からリム研摩とハンドアクション研磨

バレル中研磨からバレル荒研磨

ハンドバフ磨き

バフ磨きの段階ですが、バフムラ、バフ焼け、バフラインが残っていますのでここから追い込んだ3次元研磨まで遠く多くの下処理研磨が有ります。

バレル3次元研磨の完成!

国産鍛造(FORGED)へのバレル研磨フィニッシュではメッキの様な光沢を放ちます。

パウダークリアー前に密着性向上のためにガスグラスプライマーで化学的処理をします。
ガスグラスプライマーhttp://global-suzuki.com/gas-glass-primer/

本体丸塗りのパウダークリアー静電噴射!

プラチナシルバーエンブレムとエアーバルブは新品交換してバレル3次元研磨パウダークリアーの完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのでパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムカラーはパウダーグロスブラックがお勧めです。またガラスコーティングなども不要です。

塗膜の厚いパウダークリアー独特の肉厚感有るモッチリとしたクリアー肌になります。

バレル研磨フィニッシュ時のクリアー前よりパウダークリアーにより若干の光沢艶引き感は有りますが耐久性は抜群です。

リムからディスク全面のバレル3次元研磨パウダークリアー
※ディスクサイド面窓部も天面同様鏡面バレル研磨になります。

 

バレル2次元と3次元の違い

写真左/ディスクサイド面窓部ゆず肌銀の光沢バレル2次元研磨と写真右/ディスクサイド面まで鏡面光沢のバレル3次元研磨

バレル研磨の2次元、3次元がクロームメッキの下処理研磨になりますのでこのれをクロームメッキすれば2Dクロームと3Dクロームになります。そのためクロームは耐久性が悪い割にはコストが掛かる理由です。
バレル3次元研磨はサイズ別算出では無くデザイン構造で料金が異なります。また研磨の限界値などで3次元研磨不可な場合も有ります。

オンクリアー&ノークリアーには一長一短が有ります。
ノークリアーの長所・・素材光沢がそのまま表現されます。無垢の状態ですので水の侵入による白ミミズ腐食などは無縁です。また少々の傷直しや白ボケは手磨きでユーザー自身でリペアーメンテが出来ます。

ノークリアーの短所・・雨風にさらされるといずれ酸化白ボケします。それらはDIY作業で輝きは復活しますがメンテがやや面倒です。

オンクリアーの長所・・クリアーで表面を保護すれば酸化白ボケはしませんので洗浄のみで磨きメンテは不要です。
※傷に強く密着性も良い頑丈肌のパウダークリアーでも完全無欠では有りませんので溶剤クリアーよりは長持ち先延ばしにするという意味合いと思ってください。

オンクリアーの短所・・磨き込み時よりやや艶引きが出る事と飛び石や干渉傷が入れば傷口から水の浸入で白ミミズ現象が現れます。クリアーが被ってますので白ミミズや小傷修理など一旦クリアーを全部剥がないとDIY作業では無理なため修理代のコストが掛かります。

 バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。

クロームを剥離したモノや中国製品は素材造りが悪いため基本バレル研摩は不向きです。

 以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心ください。 

4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。 

お問い合わせやお見積もりはこちら nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

お電話でもお気軽にお問い合わせください。 

0995-65-7225  担当ニシまで 

(有)オートサービス西 HPはこちら

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/454/

2016.07.25

YOKOHAMA-AVS-6パウダーコートベースから溶剤パールホワイト

一世風靡した懐かしのAVS-6「曲り、ガリ傷、欠け」修理フルコースからパウダーホワイトベース溶剤パールホワイト修理リフレッシュです。

「密着性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性はパウダーパールホワイトが勝ります。それに対し通常の液体ガン吹き溶剤パールはパウダーコートより耐久性はやや劣りますが、レベリング、パールの発色などビジュアル面では溶剤パールホワイトの方が勝ります。どちらも向き不向き一長一短が有りますので目的に応じて選択ください。

YOKOHAMA-AVS-6パウダーコートベース溶剤パールホワイト

福島県のお客様・・年代モノですので経年劣化褪色はそれなりに有りますがそれよりも怪しげな修理痕有りです。

リムを何とパテで形成されています。
強度を要すリム形成などに信じられない補修ですが、パテ補修は小傷や巣穴を隠す程度のモノです。

リム欠け部を包み込む様に肉盛り溶接!

欠け肉盛り溶接部の研磨形成原型復元!欠け、ガリ傷修理など大きな曲り修理に比べれば屁みたいな修理です。

リム欠け以外の曲り、ガリ傷肉盛り修理

4本全部リム研磨形成の完成!
これより普段通りの下処理仕込みして塗装に入ります。

パールホワイトベースにパウダーコートしますのでインナーリムから側面リムもシビアな研磨
※塗装は下処理が命!

鋳造(CAST)ホイール特有の広範囲な巣穴出現!
素地表現のポリッシュの場合、巣穴はそのまま残りますので対処しようが有りませんが、カラー塗装の場合巣穴程度ならアルミパテで埋めで処置出来ます。

パウダーコート前の重要な下処理仕込みのバレル研磨!

パウダーグロスホワイトの静電噴射!

パウダーコート肌を足付けサイディングしてガスグラスプライマーから溶剤パールホワイトの下準備!

インナーリムから側面リムはパウダーコート肌をあえて残すために溶剤が被らない様に拘りのひと手間かけたマスキングです。

錆びた座金ブッシュのブラスト研磨
※鉄製の座金ブッシュはすぐに錆びますので出来ればパウダーコートするか新品と交換するかいずれかをお勧めします。

溶剤パールホワイトの完成!
※曲り、欠け、ガリ傷修理よりロゴシールの方に難儀してシールごときで1本塗り直しを要しました。

パテ補修されていたリム周辺やガリ傷周辺ですがその辺は普段通り修理はほぼ完璧です。
※色被してしまえば解ら無くなる見えない修理こそが肝心要です。ホイールは飾り物オブジェでは有りません。

●インナーリムから側面リムのパウダーカラー残しの理由●
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点でインナーリムから側面リムはパウダーコート肌を残す理由で、さらにガラスコーティングなども必要有りません。

AVSロゴはカッティングシールのクリアー抑え!
切り文字のカッティングシールは印刷式の様に版下不要のためワンオフ小ロット向きですが、小文字が難しく
小文字ほど剥げ易くなりますのでクリアー抑えは必須条件です。

耐久性ではパウダーパールホワイトの方が勝りますが、丸塗りのパールホワイトに関してはレベリング、パールの発色、見た目、ビジュアル面では溶剤パールホワイトの方が勝ります。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

お問い合わせやお見積もりはこちら nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/495/

2016.07.22

絶版ホイール/エクイップとフォーカスの修理からパウダーコートとバレル研磨の組み合わせ

絶版ホイールのエクイップとフォーカスのパウダーグロスブラック&バレル研磨によるリフレッシュ・リメーク

通常のバフ磨きやダイヤモンドカットの場合は先塗りカラーは溶剤カラーでも構いませんが、バレル研磨の場合は溶剤カラーではバレル研磨により溶剤カラーが剥げてしましますのでバレル研磨しても先塗り塗装が剥げにくい密着性の高いパウダーコートとの組み合わせが必須条件です。

2台共「ディスクサイド面/パウダーブラック&ディスク天面/バレル研磨&アウトリム/BBFバフポリッシュ&インリム/パウダーブラック」で同種加工の同時期入庫でしたので2台まとめて紹介します。

絶版ホイール/エクイップ&フォーカス/パウダーグロスブラック&バレル研磨2台

その1・・エクイップ15インチ

滋賀県のお客様・・・3Psハメ殺しのエクイップです。腐食は有りませんが曲りガリ傷が4本有りです。

その2・・フォーカス14インチ

鹿児島県のお客様・・・本来3Psハメ殺しのフォーカスですが分解2Ps化して社外深リムに交換して有ります。曲りガリ傷は有りませんがディスクの腐食が酷いようです。

エクイップは曲りガリ傷が4本有りますが写真ような押し込みガリ傷はリムも曲りますので曲りを治してからの肉盛り溶接になります。

エクイップの肉盛り修理は4本ですのでこの写真には納まりきれないため抜粋しています。

フォーカスの方は曲りガリ傷は有りませんがディスクの虫食い、腐食、陥没が酷いようです。

剥離ブラスト研磨

今回インナーリムまでパウダーコートしますのでインナーリムから側面リムまで研磨します。

バレル研磨ポリッシュ前に先塗りパウダーグロスブラックの静電噴射!

3Psハメ殺しのエクイップはディスク天面磨きの時はリムが邪魔になりリムを磨く時はディスクの縦柱が邪魔になるためどちらの研磨にしても厄介な構造です。

アウトリムが分解出来るフォーカス側のディスク天面磨きはやり易いですが腐食が深いため有る程度追い込んで削り落とします。

2000番手までペーパー掛け磨き込みバフ研磨からバレル研磨仕上げで腐食痕は最小値まで抑えられました。

フロント側エクイップの完成

ピアスボルトはお客様提出の新品と交換

リアー側エクイップの完成

ぼっこり深リムなどのリム磨きはインチでは無くJJリムの深さで研磨代が異なります。

22インチの浅い一面リムより14インチのひな壇3段リムの方がポリッシュ研磨代は高くなります。

フロント側フィーカス完成!

リアー側フィーカス完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムカラーはパウダーグロスブラックがお勧めです。またガラスコーティングなども不要です。

フォーカスもエクイップと同じ理由でパウダーグロスブラックを塗って有りますが腐食が酷かったためややブツ発泡が出ています。そこはインリムですので塗らないより塗った方が益しでの選択判断です。

エクイップのディスクはバレル研磨、アウトリムはBBFバフポリッシュのノークリアー。

フォーカスのディスクはバレル研磨、アウトリムは新品社外リムのノークリアー。

エクイップ(パウダーグロスブラック+バレル研磨+BBFバフポリッシュ)ノークリアー仕上げ

フォーカス(パウダーグロスブラック+バレル研磨+新品社外リムBBFバフポリッシュ)ノークリアー仕上げ

同時期入庫で同種加工でしたので効率良く8本まとめて完成!

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

お問い合わせやお見積もりはこちら nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/483/

2016.07.19

アジオ20インチ/クローム&アルマイトからブラッシュドパウダースモークブラック

アジオ20インチのBlushed Anodized(アナダイズド)アルマイト&クローム剥離からハブ穴拡大加工してのブラッシュドパウダースモークブラック(薄目)です。

リムのクロームメッキ剥離(外注)~ディスクのハブ穴拡大加工(外注)と当社のブラッシュドフルパウダーコートの3社連携となりましたので納期やコストがそれなりに掛かりましたが1本30万円以上する高額ホイールらしく修理再生する価値有るホイールです。

分解可能な3Psはパーツ別にアルマイト剥離やクローム剥離が可能ですので様々な加工が出来ますがこれが2Psハメ殺しでしたら個別剥離や個別加工が出来ませんのでアルマイトやクロームの場合その時点でアウトです。2Psハメ殺しは極一部に限られたメニューになります。

アジオ20インチ/クローム&アルマイトからブラッシュドパウダースモークブラック

福岡県のお客様・・・福岡からお持ち込み頂きました。ディスクのブロンズアルマイトは損傷有りませんがリムのクロームはお決まりの腐食だらけです。

持ち込みの場合は「可・不可」や限界値など直にご説明出来ますのでお客様も納得いかれます。

クロームメッキ特有のメッキ腐食によるボロボロ状態!

クロームメッキは遅かれ早かれ全てこうなりますが、クローム腐食は高額ホイールも台無しです。

※2Psハメ殺しの場合この時点で修理再生不可です。

インリムの曲り修理

※永く使ったホイールで曲がって無いホイールは殆ど見かけません。

クローム専門工場依頼の外注クローム剥離

※クロームメッキとアグホイールは専門工場外注依頼となります。※2Psハメ殺しはディスク単体になりませんのでクローム剥離の際に関係無いディスクまで痛めます。

クローム腐食でアルミ地金まで侵食した虫食い、陥没です。

こうなるとBBFバフポリッシュやバレル研磨は不可のため虫食い、陥没がより目立たないポリッシュ方は粗目表現のブラッシュドが一番適しています。

ディスク施工前に取り急ぎハブ穴60φ~66.2φへ拡大加工(外注依頼)※2Psハメ殺しの場合はリムがくっ付いた状態のため1Ps扱いとなり重量やサイズが嵩みますので送料や工賃が割高になります。

損傷の酷いインリムの剥離研磨!

外車などインリムにパットカスが付いて特に汚れやすいです。

※2Psハメ殺しのインリムのみ加工はマスキングを要します。

当社定番となったインリムへのパウダーグロスブラックの静電噴射!

パウダーコート肌なら外車特有のパットカスなど付きにくくなります。

※2Psハメ殺しでインリム黒塗装する場合はディスクにパウダーの粉が掛からない様に余計なマスキング手間と時間コストが掛かります。

ディスクのBlushed Anodized(アナダイズド)ブロンズアルマイト剥離!

先行の外注ハブ穴拡大加工待ちのためディスクの加工が大きく遅くなりましたがこれからディスクの加工に入れます。

※2Psハメ殺しのディスクアルマイト剥離の際に関係ないリムまで影響してリムを損傷する場合が有ります。

ブラスト研磨からハンドアクション研磨

※2Psハメ殺しはディスクにブラスト掛ければリムまでブラストがあたるためリムまでのマスキングを要します。

バレル荒研磨

※2Psハメ殺しはディスク単体のみ出来ませんのでリムと同時になりリムとディスクの隙間にはバレル研磨が届きません。

バレル中研磨からバレル仕上げ研磨!

※バレル研磨はあくまでもブラッシュドの前処理のためバレル研磨仕上げの様にシビアに磨く必要が無いためこれで十分です。

※2Psハメ殺しはこのディスク単体の下処理となるバレル研磨が出来ませんので届く範囲です。

バレル研磨ベースの3次元ブラッシュド

※ブラッシュドは機械式では有りませんのでアナログ的な手作業によるブラッシュド混入のためいかにも人の手を加えた雰囲気が漂います。

※2Psハメ殺しはこのディスク単体の様に万遍無くブラッシュドの混入が出来ません。

アウトリムのブラッシュド!

リムはリング形状のため回転式の研磨機でブラッシュドしますのでディスクのブラッシュドと違い比較的簡単で早く上がります。

※2Psハメ殺しのリムは簡単なリム全面に万遍無くブラッシュドも出来ません。

アウトリム&ディスクは同色のパウダースモークブラック(薄目)の静電噴射!

※2Psハメ殺しはパーツ別に満遍なく塗装が届きませんのでざらついてムラが出ます。

センターキャップはオレンジの墨入れしてバフ鏡面研磨します。オレンジの墨入れは溶剤のためトップコートも透明の溶剤クリアーになります。

トップコートに溶剤のスモークブラックも可能ですがそうすればオレンジ文字も黒見がかったオレンジ文字になりますのでオレンジ色を生かす事がメインの場合は透明のクリアーになります。

全個別パーツ施工の完成!

※錆びたピアスボルトは再クロームするより社外の新品クローム交換の方が安上がりのためピアスボルトは交換です。

フロント側・・・社外新品クロームピアスボルト装着組み付け合体完成

フロント側完成・・・リムのクローム腐食が酷かったリアー側のリムもそう目立つほどではないレベルで一安心です。

最近仕入れた新種のパウダースモークブラック黒の濃淡は濃からず薄からず良い塩梅です。

腐食の酷かたリアー側ですが全体的に腐食痕は目立ちません。

※2Psハメ殺しの場合でリム腐食の完全削除が出来ません。

リアー側の腐食の酷かった周辺は一部虫食い陥没が残りましたが大きな発泡ブツは無く愛車に装着してしまえば目立つモノでは有りません。

※2Psハメ殺しでしたらこのレベルでは収まりませんので仕上がりは期待出来ません。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムカラーはパウダーグロスブラックがお勧めです。またガラスコーティングなども不要です。

■アジオ20インチ/クローム&アルマイトからブラッシュドパウダースモークブラックの詳細■

 1・アウターリム・・・・・・・クローム剥離/ブラッシュド(パウダースモークブラック)

2・インナーリム・・・・・・・パウダーグロスブラック

3・センターディスク・・・・・ブロンズアルマイト剥離/ブラッシュド(パウダースモークブラック)

4・センターキャップ・・・・・・・オレンジ文字入れバフ磨き(溶剤クリアー)

5・ピアスボルト・・・・・・・社外M8クロームボルト交換

6・ナット・・・・・・・・・・・・・M8新品交換

8・エアーバルブ・・・・・・・交換無し

9・完全分解に伴うシーリング打ち直し 

・・分解可能な2・3Psと2Psハメ殺しとの仕上がりの違いに付いて・・

分解可能な3Psの場合クロームが傷んでいても施工内容によりオリジナルや別モノでも再生復活出来ます。

しかしこれが分解不可の2Psモドキの2Psハメ殺しでしたらその時点でアウトです。

2Psハメ殺しは新品、新品同様関係無くパーツ別加工が出来ませんのでまず新品同質のオリジナルの加工は全て不可となります。また別加工にしても極一部に限られそれも難儀する割には期待通りには仕上がらない場合が有ります。出来ないモノは出来ませんので出来る範囲内としてご判断ください。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

お問い合わせやお見積もりはこちら nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/507/

2016.07.12

BBS-RS16㌅100-4Hピッチ加工フルパウダーコートによるパールホワイトプリマドンナ仕様

RS16インチ114-4Hディスク提供からBMW-E30用100-4Hピッチ加工して社外リム6枚交換による16X9.0Jと10.Jのワイドサイズにカスタムサイズと拘りのオフセット加工からさらに全パーツパウダーコートによるパールホワイト&ゴールドのプリマドンナ仕様です。

社外リム代とその他パーツ代、ピッチ加工などコストが掛かりましたがお金掛けただけあって世界に一つの愛車にベストサイズな自分だけのRSが出来上がりました。

BBS-RS16x9.0J+10.0J/100-4Hピッチ加工/リム交換/フルパウダーコートプリマドンナ仕様

島根県のお客様・・・100-4Hピッチ加工に一番適した同じ4H同士の114-4Hのローディスクでパット面は下駄逃げの無いフラットディスクの希少なこれ以上無い理想的ディスクをこちらで準備提供してカスタムします。

※フラットディスクですので8穴マルチとして使用可能です。

6角キャップ縦柱に干渉しないために弾丸専用の100-4Hピッチ加工

※フラットディスクで4H~4Hの場合、元穴はそのまま残りますので8穴マルチとして使用出来ます。

リアー側X2枚はアウトリムを稼ぐために5㎜スライスしてオフセット変更

塗装剥離からブラスト研磨

ハンドアクション研磨からバレル研磨してパウダーコートのために200℃で空炊き

1コート目ベースのパウダーグロスホワイトは表裏塗装のためぶら下げてパウダーグロスホワイト静電噴射!

2コート目のパウダーパール静電噴射!

パウダーパールのクリアー前です。2コート目からの裏面はパウダーホワイト残しのためパールホワイトは塗りません。

3コート目のパウダークリアー静電噴射!

パウダー3コートによるディスクパールホワイトは無事終了!

海外輸入社外アウトリム3.5JX2枚と4.0JX2枚入荷

個別便のインリム5.0J入荷待ちです。

海外輸入社外アウトリムはバフ磨きして有りますが磨きムラ輸送傷、手垢、小傷など有るためパウダークリアーを塗る場合はシビアな再BBFバフ研磨が必要となりますので他のディスクを仮付けして再研摩します。

パウダークリアー前に密着密着性向上のためにガスグラスプライマーで化学処理してパウダークリアーの静電噴射!

新品社外5.0JX2枚入荷後、中古5.5JX2枚と同時に剥離研磨します。

インリムのパウダーグロスホワイト静電噴射!

6角キャップはオーダーメイド作成の極薄クオーターキャップクロームメッキの準備

クロームメッキへ密着性向上のためガスグラスプライマーしてクローム光沢を透かしたパウダーキャンディーゴールドの静電噴射!

クロームメッキのピアスボルトとついでにメッキエアーバルブもガスグラスプライマーしてパウダーキャンディーゴールドの静電噴射!

全20パーツ個別のフルパウダーコートの完成

※今回はフルパウダーコートに拘りました。

フロント用ホイール  16X9.0J/100-4H/OFF-5の完成

リアー用ホイール  16X10.0J/100-4H/OFF±0の完成

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリムはパウダーコートがお勧めです。またガラスコーティングなども必要有りません。

パウダーコートは溶剤の倍ほど塗膜が厚くしかもパウダーコートによるパールホワイトも3コートになるため肉厚感有るモッチリとしたパールホワイトです。

■RS100-4Hピッチ加工社外リム交換カスタマイズフルパウダーコートの詳細■

 1・アウターリム・・・・・・・3.5Jx2+4.0Jx2枚社外リム交換(パウダークリアー) 

2・インナーリム・・・・・・・5.0Jx2+5.5Jx2枚(パウダーグロスホワイト)

3・センターディスク・・・・パウダーパールホワイト(パウダー3コート)

4メッシュプレート・・・・・パウダーパールホワイト(パウダー3コート)

5・6角キャップ・・・・・・・・クオータークローム(パウダーキャンディーゴールド)

6・ピアスボルト・・・・・・・クローム洗浄研磨(パウダーキャンディーゴールド)

7・ナット・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨(パウダーシルバー)

8・エアーバルブ・・・・・・新品(パウダーキャンディーゴールド)

9・エンブレム・・・・・・・・新品赤パッチ交換

10・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し 

3PsのRSは着せ替えが自由自在に出来ますでリム幅を軽四用6.0J以下に細くしたり13.0J以上に太くしたりなど愛車に合して好きなサイズにカスタマイズ出来るのがRS3Psの最大の魅力です。また世代を超えて愛されるクロスメッシュデザインが30年経った今でも衰える事無く修理からリフレッシュカスタムの依頼が特に多いモデルで4本セット物から単品修理までRSだけで年間400本以上有りますのでブログでの紹介はほんの極一部です。

RSのピッチ加工やリム交換など最適な条件について

1・4H~4Hや5H~5Hなど同ホイールで有る事

※4H~5Hや5H~4Hは1ヶ所溶接埋めが必要になり溶接による歪修正で裏パット面の直角度出しスライス加工代も掛かります。

2・アウトリムやオフセットを稼ぐためにローディスクで有る事

※ハイディスクではアウトリムの深さやオフセットが稼げません。

3・パット面が下駄逃げの無いフラットディスクで有る事

※下駄逃げはフライス盤でのスライス加工代が伴います。

・・リム交換オフセット計算方・・

フロント用ホイール 各パーツサイズ(3.5J+0.5J+5.0J=9.0J)

9.0J(228.6㎜)÷2=114.3㎜(ホイールの中心)

アウト3.5J(88.9㎜)+ディスクの重ね厚0.5J(12.7㎜)+ディスク下駄の高さ(17.8㎜)合計119.4㎜

114.3㎜-119.4㎜=-5.1

16X9.0J/114-4H&100-4H/OFF-5

※フラットディスクですので8穴マルチとして使用可能

リア用ホイール 各パーツサイズ(4.0J+0.5J+5.5J=10.0J)

※17.8㎜のパット面5㎜カットで12.8㎜X2枚になります。

10.0J(254㎜)÷2=127㎜(ホイールの中心)

アウト4.0J(101.6㎜)+ディスクの重ね厚0.5J(12.7㎜)+ディスク下駄の高さ(12.8㎜)合計127.1㎜

127㎜-127.1㎜=-0.1

 16X10.0J/114-4H&100-4H/OFF±0

※フラットディスクですので8穴マルチとして使用可能

1Ps・2Ps・3Psの構造やメーカー、モデルに関係無く溶剤Orパウダーコートなど塗料、材料さえ揃えれば磨き&塗装などどうにでもなりますが、中古品を扱う以上その前に見えない基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりはこちら nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/468/

2016.07.09

BBS-LM18&19インチDBK-Pと17インチPB-P

BBSの中でもLMが断トツに作業依頼が多くLMとRSはほぼ毎日施工していますので作業内容も同種のモノが多くなるためブログでは極一部の紹介となりますが久しぶりにLMの曲りガリ傷修理修理から溶剤&パウダーコートによるリフレッシュ・リメークを紹介いたします。

DBK-PとPB-Pのアウトリムは耐久性重視のBBFバフポリッシュからのパウダークリアー共通ですが、DBK-Pの2Ps本体(インナーリムから側面リム)は簡易洗浄で、PB-Pは剥離研磨からパウダーシルバーによりディスクまでフルパウダーとなります。ディスクカラーの溶剤のハイパーブラック(DBK)とパウダーグロスブラック(PB)では「密着性・褪色UV性・耐熱性・頑丈肌」などDBKは高級感が有りますがPBに比べて総合的な耐久性では大きな差が有ります。

BBS-LM「DBK-PとPB-P」リフレッシュ・リメーク

その1・・LM-SPからDBK-P(ポリッシュパウダークリアー)

群馬県のお客様・・・NSX用異サイズLM18インチと19インチのスタンダードなSP(シルバーポリッシュ)です。より高級感有るDBK-Pに模様替えします。

永く使用した中古品ですので曲りガリ傷は付き物です。

先ずは曲りガリ傷修理から・・・

2Ps本体の剥離から再塗装はコスト的な面で今回ノータッチとなりましたのでアウトリムのみのBBFバフポリッシュ加工になります。

※2Ps本体の剥離からパウダーコートが有る場合は2Ps本体のインナーリムから側面リムを先に済ましてからのアウトリムのポリッシュ「BBFバフポリッシュ・バレル研磨・ブラッシュド・ダイヤモンドカット」手順になります。

アウトリムへのパウダークリアーの静電噴射!

センターディスクの塗装剥離!

ブラスト研磨!

ハンドアクション研磨からさらに平滑レベリング向上のためにバレル研磨までします。

再塗装は下処理仕込みが命!

DBKベースとなるパウダーグロスブラック

ベースの黒を透かした銀膜のハイパー塗装の添付!(クリアー前)

1・ベース黒(サイディング)~2・プライマー3・アンダーコート~4・銀膜ハイパー~5・溶剤クリアートップコートの5塗装・4焼きで「3・アンダーコート~4・銀膜ハイパー~5溶剤クリアートップコート」の3層は足付けサイディングが出来無い重ね塗りされているだけのため密着性が弱く肌が脆いのがハイパー塗装の弱点です。

DBKのピアスボルトはクロームですのでSPの黒ボルトをクロームメッキします。

クロームメッキしたピアスボルトを装着組み付けして完成です。

他店修復歴有りでリムに管理番号を書き込んで有りますが2Ps本体は再塗装無しですので簡易的な洗浄のみです。

オリジナルのシルバーは肌の弱い溶剤シルバーのためウェイトカスの削除は塗装が剥げる恐れがあるためウェイトカスがは残ったままになります。

リムは耐久性重視のパウダークリアーですがディスクは溶剤のハイパーブラック(DBK)ですので溶剤4コートの重ね塗りのため傷に弱いデリケートな塗装肌です。

■LM19インチ/DBK-P溶剤&パウダーコート仕様の詳細■

 ・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・曲り、ガリ傷修理BBFバフポリッシュ+パウダークリアー

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・ノータッチ洗浄のみ

・センターディスク・・・・・・・・・・・溶剤ハイパーブラック(DBK)

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・黒ボルトから再クローム

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・・交換無し

 

その2・・LM-GPからPB-P(パウダーブラック&ポリッシュパウダークリアー)

長崎県のお客様・・LMでオーソドックスなGP(ゴールドポリッシュ)から耐久性重視のPB-P(パウダーブラック&パウダークリアー)のフルパウダーコートに模様替えします。

曲りガリ傷修理から

2Ps本体の塗装剥離からインナーリムから側面リムの研磨

2Ps本体丸塗りの1コート目パウダーシルバー静電噴射!

アウトリムをBBFバフポリッシュして密着性向上のためにガスグラスプライマーで化学処理をします。

GAS Glass Primerの特性・特徴 http://global-suzuki.com/gas-glass-primer/technology/

アウトリムポリッシュへの2コート目パウダークリアー静電噴射!

リムはここで全て終了です。

次はディスクの施工に入りますますので塗装剥離からブラスト研磨

ゆず肌削除のハンドアクション研磨

パウダーコートに必須下処理となるバレル荒研磨

念のためガスグラスプライマーを添付

パウダーハイグロスブラック静電噴射!

ピアスボルトは工具締めして一部剥げる恐れが有りますのでますのでガスグラスプライマーはより効果的です。

組み付け合体完成です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点から2Ps本体塗装はパウダーコートが絶対オススメです。ガラスコーティングなど不要です。

パウダークリアーは肉厚感有るモッチリとしたポリッシュ肌になります。

ピアスボルトはディスクと同色のパウダーグロスブラックで統一感を演出

■LM17インチ/PB-Pフルパウダーコートの詳細■

 ・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーシルバー

・センターディスク・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・・交換無し

★・溶剤カラーとパウダーカラーの特性・★

ボディーカラーと同種のガン吹き液体溶剤カラーは調色出来るのが最大の売りで無限大のカラー表現が出来ますが、パウダーコートは個体粉末のためカラー調色が出来ないのが欠点でカラーバリエーションが限られます。

しかし「密着性・褪色性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性は溶剤より遥かにパウダーコート勝ります。さらに溶剤DBKは4層重ね塗りのため作業コストが掛かりお値段が高い割には耐久性は期待出来ませんが耐久性を犠牲にした高級カラーとして踏まえてください。

「色調重視か耐久性重視」かの選択です。

溶剤DBKとパウダーコートカラーの違いYouTube https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お見積りお問い合わせはこちら  会社メール nishi@243ok.co.jp  

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/471/

2016.07.07

ポルシェ純正19インチとベルサス18インチのパウダーシルバー&パウダークリアー

ポルシェ純正はシルバー明るめのパウダーP社「PorscheSilver」とベルサスはおとなしめなメタ感有るシルバーメタでスタンダードなパウダーシルバーT社「ASilver」です。

パウダーコートは全カラー6.500色有ります。その中でメタリック系のカラーバリエーションも豊富に取り揃えています。

パウダーコートは調色が出来ませんので希望カラー近似の選択となりメーカー、材料、カラーにより「平滑性、密着性、UV褪色性、色調」など一概に同一では無く特性や得意分野が有り焼き付け温度や時間も異なります。曲りガリ傷より腐食の有無こそが最重要で腐食の酷いモノはブツや発泡を起こしますのでパウダーコートは不向きです。

ポルシェ純正19インチとベルサス18インチパウダーシルバー&パウダークリアー

その1・・ポルシェ純正19インチ「PorscheSilver」&パウダークリアー

長崎県のお客様・・・怪しげな後塗りされたホイールですので塗装を剥がないと結果が見えません。

曲り修理してから取り急ぎ塗装剥離

※一遍他所で再塗装されたホイールは開けてビックリなモノがたまに有りますので塗装を剥いでからのお見積りになります。

案の定出て来ましたガリ傷へのパテ埋め補修跡が・・・

肉盛り溶接研磨形成

※カラー塗装はパテ埋で誤魔化せますがパテ埋め修理など行っていません。

リムからディスクの原型修復研磨形成の完成!パテ埋め補修など一切有りません。

これより普段通りパウダーコートの下処理仕込みに入ります。

レベリング平滑面向上のためさらにバレル研磨までします。

再塗装は下処理が命!

PorscheSilverのパウダーコート静電噴射!

2コート目パウダークリアーの静電噴射!

PorscheSilver&パウダークリアー2コート丸塗りの完成!

※プラ樹脂製のキャップは撮影用に付けた新品オリジナルのカラーです。

インナーリムから側面リムまでパウダークリアー丸塗りですので本体丸ごとテカテカになります。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」など外車は特にパットカスが付きやすいためインリムへのパウダーコートフィニッシュはより効果的です。ガラスコーティングなど不要です。

プラ樹脂製のノータッチのキャップの色がオリジナルな暗い濃い目のガンメタっぽいシルバーです。

P社製「PorscheSilver」はメタリックが弱い明るいシルバーで色調はGoodですがレベリングがやや苦手な感じです。

JJ幅の有るワイドホイールはメインのデザイン天面(フェイス面)よりインナーリムから側面リムの方が面積が広いため材料代が倍以上掛かかっています。

 

その2・・ベルサス18インチ「ASilver」&パウダークリアー

千葉県のお客様・・・溶剤のハイパーブラック(DBK)傷修理ついでに耐久性重視のパウダーコートに模様替えします。他店修復歴無し手付かずの傷ですのでこれなら問題ないです。

ガリ傷の肉盛り修理※カラー塗装はパテ埋で誤魔化せますがパテ埋め修理など行っていません。

リム修理研磨形成からバレル研磨の下処理仕込みをします。

パテ埋め補修など一切有りません。

本体丸ごと研磨した後は気泡や発泡現象を防ぐため200℃以上で空炊きをします。

常温に冷めてからASilverパウダーコート静電噴射!

ASilverの1コート肌のパウダークリアー前ですので艶は有りませんがレベリングは上々です。

2コート目パウダークリアー静電噴射!

ASilver&パウダークリアー2コート丸塗りの完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへのパウダーコートフィニッシュがより効果的でガラスコーティングなど不要です。

T社製「ASilver」は色見がやや暗めですがメタリックが立ってレベリングはGoodです。

一番需要が多いオーソドックなスタンダードタイプのパウダシルバー&パウダークリアーです。

装着写真を頂きました。

メタリック系パウダーコートの短冊サンプルカラー

 

●下処理からパウダーコートの工程●

1・塗装剥離~2・曲りガリ傷修理~・3・ブラスト研磨~4・ハンドアクション研磨~5・バレル荒研磨~6・脱脂~7・化成処理~8・200℃以上空炊き~9・パウダーコート~10・パウダークリアー(任意オプション)※2の曲りガリ傷修理こそが肝心要です。

パウダーコートフィニッシュはビジュアルも重要ですが耐久性がこそが一番の目的です。

「密着性・褪色性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性を重視としたカスタム塗装は溶剤よりパウダーコートが絶対優位ですがそれに対して溶剤カラーはボディーカラーと同質で調色が無限大でレベリング、色調、ビジュアル面は焼き付け溶剤の方が優位です。

そのため量産新品ホイールは耐久性より無限大のカラーバリエーションと色調やレベリング重視のため溶剤カラーが主流となっています。

現品合わせや指定カラーNOが有る場合はパウダーコートはベースとして調色可能な溶剤カラーでトップコートも溶剤クリアーになります。

パウダーコートベースからの溶剤カラーhttp://minkara.carview.co.jp/userid/782662/blog/c732065/

溶剤塗装は焼き付け温度が80℃前後のため使用中にホイールは熱を持ち50℃前後で溶剤塗膜が柔らかくなりパットカスや異物が熱で柔らかくなった塗膜に刺さり付着していくら洗っても取れなくなります。

パウダーコートは樹脂膜の上焼き付け温度が200℃前後のため120℃前後まで達しないと塗膜が柔らかくななりませんので通常の使用熱位ではパットカスや異物などびくともしません。

ブレーキパットカス付着の多い外車などは特にパウダーコートが一番適した塗装です。

ガラスコーティングなどボディーカラーと同様の溶剤肌をコーティング保護するためのモノですのでパウダーコートしたモノへのガラスコーティングなど不要です。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

お問い合わせやお見積もりはこちら nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/494/

2016.07.02

BBS-RS-GT18インチ/バレル2次元研磨パウダーキャンディーゴールド&フルパウダーコート

BBS-RS-GTのバレル2次元研磨からパウダーキャンディーカラー(透明系)のパウダーキャンディーZertinGoldです。

透明系のキャンディーカラーは素地光沢を透した飴玉みたいなカラー表現ですので「BBFバフ研磨・バレル研磨・ブラッシュド」などホイールを磨き上げる事がまず最前提です。

加熱して4トン以上の圧力で金型に押しつけ成形する鍛造ホイールは金属組織の密度が高いため素地表現のバレル研摩やパウダーコートには相性抜群の高品質ホイールです。



BBS-RS-GT18インチ/バレル2次元研磨/パウダーキャンディーゴールド&フルパウダーコート



東京都のお客様・・・ガリ傷は多少有りますが程度良好なRS-GTのDBK-P。





先ずはガリ傷修理から





アウトリムのガリ傷修理が済んだら2Ps本体のインナーリムから側面リムまで剥離研磨!







2Ps本体のパウダーグロスブラックの静電噴射!







アウトリムをBBFバフポリッシュして密着性向上のためにガスグラスプライマーで化学処理をします。

GAS Glass Primerの特性・特徴 http://global-suzuki.com/gas-glass-primer/technology/





アウトリムのパウダークリアー静電噴射!

2Psリムはこれで全て終了!これよりディスクの加工に入ります。





センターディスクの塗装剥離!





センターディスクのブラスト研磨!







デザイン天面部の2次元ハンドアクション研磨





バレル荒研磨からバレル中研磨!





バレル荒、中研磨からいきなりバレル仕上げ研磨で完成では有りません。まだこれからさらにハンドバフで磨き込みをします。







ハンドバフ研磨とバレル研磨を納得いくまで何回も繰り返ししてバレル仕上げ研磨の完成になります。





ペーパー目残りや磨きムラが無いか確認してパウダーキャンディーカラーへ入ります。





センターディスクのパウダーキャンディーZertinGoldの静電噴射!





ピアスボルトも1本ずつ丁寧に磨いて組み付け合体完成です。





裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへのパウダーコートフィニッシュがより効果的でさらにガラスコーティングなども必要有りません。







手の込んだバレル研磨をベースとしたパウダーキャンディーZertinGoldです。





磨き込んだポリッシュリムへのクリアーとしての密着性は最強で透明度も高く耐候性も良いアクリル系のパウダークリアーです。







■RS-GT18インチ/バレル2次元研磨フルパウダーコートの詳細■

・アウターリム・・・・・・・・・・BBFバフ+バレル研磨(パウダークリアー)

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・ディスク塗装・・・・・・・・・・バレル2次元研磨/パウダーキャンディーZertinGold

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・新品交換

・エンブレム・・・・・・・・・・・・赤パッチ新品交換







高級感漂うゴールメッキの様になりますが、クロームメッキでは有りませんので勘違い無い様にお願いします。





昼間と夜間の装着写真を頂きました。





数有るパウダーキャンディーゴールドの中で薄目のゴールドのリクエストでしたので試塗りをして写真左側(ZertinGold)を今回採用です。





透明系パウダーキャンディーカラー全92色

需要の無いカラーは一部廃盤になったモノも御座いますのでお問合せください。





パウダーコートフィニッシュはビジュアルも重要ですが耐久性が最大の目的です。

一般的な溶剤塗装は焼き付け温度が80℃前後のため使用中にホイールは熱を持ち50℃前後で溶剤塗膜が柔らかくなりパットカスや異物が熱で柔らかくなった塗膜に刺さり付着していくら洗っても取れなくなります。

パウダーコートは樹脂膜の上焼き付け温度が200℃前後のため120℃前後まで達しないと塗膜が柔らかくななりませんので通常の使用熱位ではパットカスや異物などびくともしません。

ブレーキパットカス付着の多い外車などは特にパウダーコートが一番適した塗装です。

ガラスコーティングなどボディーカラーと同様の溶剤肌をコーティング保護するためのモノですのでパウダーコートしたモノへのガラスコーティングなど無意味です。



           ・・密着機器導入・・

パウダーコートは密着性が高いのが最大の特徴でパウダーカラー塗装の場合は足付けサイディングしてパウダーカラー塗装しますので密着性はさらに向上します。しかしポリッシュ加工した鏡面肌へは足付けサイディングが出来ないため鏡面ツル肌へ直塗りとなりパウダーコートとは言えパウダーカラー塗装より密着性はやや劣ります。

そんな鏡面ツル肌へのパウダークリアー直塗りと溶剤塗装の密着性向上を目指し2016年4月末よりガスグラスプライマーを採用しています。

GAS Glass Primerはアルミ、マグ、ステンレス、クローム、ガラス、シリコンゴム、セラミックなど金属から特殊樹脂まで幅広く対応可能で密着が弱いモノへの密着向上を図ってます。

GAS Glass Primerの特性・特徴 http://global-suzuki.com/gas-glass-primer/technology/



以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。

バレル研磨の修理はこちらhttp://243ok.co.jp/blog/category/464/



 4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



  (有)オートサービス西

2016.07.01

海外製鋳造ホイールのスーパーポリッシュバレル2次元研磨パウダークリアー

海外製鋳造(CAST)ホイールのスーパーポリッシュバレル2次元研磨からのパウダークリアーです。

海外製の鋳造ホイールは不純物が多く素材自体が良く有りませんのでバレル研磨で上手く光ってくれない事が稀に有ります。中国製のターマックは不安でしたが巣穴や流れ星も少なく何とか光ってくれました。

国産の鋳造ホイールは高品質ホイールですのでバレル研磨やパウダーコートなどほぼ外れは有りませんが海外製の鋳造ホイールは生産国により当たり外れが有りますのでやって見ない事には結果が見えませんが今回の2台は上手く行きました。



海外製鋳造(CAST)ホイールのバレル2次元研磨パウダークリアー



徳島県のお客様・・・後塗りされたターマック海外鋳造1Ps(CAST)ホイールです。





大阪府のお客様・・・モデル名不明の海外鋳造1Ps(CAST)ホイールです。







剥離からブラスト研磨





塗装を剥いだら亀裂出現!さすが中国製これがスタンダードです。





デザイン天面(フェイス)のハンドアクション研磨

※2次元研磨ですのでスポーク窓部サイド面は鋳物ゆず肌表現のためノータッチです。





バレル中研磨からバレル荒研磨







トレースバフ磨き





バフ磨きではバフムラ、バフ焼け、バフラインが出ますがバフ磨きはあくまでもバレル研磨の前処理です。









バレル2次元研磨の完成!





海外製鋳造品でもノークリアー時点の映り込みは御覧の通り!

※国産鋳造や国産鍛造ならさらに光沢が出ます。





パウダークリアーの静電噴射!







パウダークリアーの完成!

※バレル研磨ノークリアー時より若干の艶引き感は有ります。





1Psの場合は本体丸塗りのパウダークリアーのため「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」など効果的でガラスコーティングなど不要です。







アルミ素地そのものの風合い光沢でいぶし銀の輝きです。







スポーク窓部サイド面はバレル2次元研磨からパウダークリアーにより派手さを抑えた鈍い銀の光沢ハイパーシルバー(DSK)にような色合いになります。



前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



  (有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«7月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

カテゴリーリスト

フィード