ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - 2018年01月

2018.01.31

インパルBBS18インチ/ブラッシュド溶剤シャンパンゴールドリング

インパルBBS18インチの溶剤シャンパンゴールド&ブラッシュドパウダーコートから溶剤シャンパンゴールドリング塗装です。

リムリングは通常シール式ですが、ディスクカラーのBBS-RGシャンパンゴールドと同色希望のため「リム・キャッププレート・6角キャップ」はマスキングによる拘りの手の込んだ溶剤シャンパンゴールドリング追加塗装です。

インパルBBS18インチ/ブラッシュド溶剤シャンパンゴールドリング

神奈川県のお客様・・・程度はまあまあですが修復歴有りのインパルBBSです。

リム曲りと凸凹波打ち修復歴の手直し修理

剥離~ブラスト研磨

ゆず肌落としハンドアクション研磨

平滑面出しバレル研磨 ※塗装は下処理、仕込みが命!

2Ps本体剥離研磨

当社定番パウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムブラッシュド

ポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理からパウダーアクルルクリアー静電噴射!

カッティングマシーンでのリングマスキング

アウトリムをリングマスキングして溶剤シャンパンゴールド塗装

キャッププレートバフ磨きからポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理してパウダーキャンディーカラーゴールド静電噴射!

6角キャップの3次元バレル研磨

6角キャップガスグラスプライマー化学処理してパウダーキャンディーカラーゴールド静電噴射!

ベースカラーのパウダーキャンディーゴールド完成!これよりマスキングして色分けします。

キャッププレートと6角キャップをマスキングして溶剤シャンパンゴールド塗装

エアバルブと同時にピアスボルトのパウダーキャンディーゴールド静電噴射!

パーツ別施工の完成!

組み付け合体完成!

   ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

リムリングカラーはディスクと同色のRGシャンパンゴールド

6角キャップのシャンパンゴールドマスキング塗り分けが一番手間が掛かりました。

※パールホワイトプリマドンナ仕様のキャップと同じ手法です。


6角キャップ&プレートはプリマドンナ仕様と溶剤カラーが違うだけで同じ手法です。


■インパルBBSリフレッシュ・リメークの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ブラッシュドパウダークリアー+シャンパンゴールドリング塗装

・インリム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・センターディスク・・・・・・・・・・・・・・・・・溶剤シャンパンゴールド

・センタープレート・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーキャンディゴールド+シャンパンゴールドリング塗装

・6角キャップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・バレル研磨パウダーキャンディゴールド+シャンパンゴールド塗装

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーキャンディーゴールド

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーキャンディーゴールド

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。
悪質な削り込み修理 http://www.243ok.com/blog/2011/10/#date-2011-10-30


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。


メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

 電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.01.27

エンケイ&スーパーボルク/パウダーホワイト+パウダークリアーフルパウダーコート再塗装

エンケイ、スーパーボルクの溶剤ホワイト経年劣化剥げ腐食のパウダーホワイト再塗装リフレッシュ・リメークです。

ホイールの再塗装は「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPで量産新品には無い一品物ワンオフ塗装ならではの個体パウダーコートフィニッシュが理想的な塗装です。

パウダーコートは溶剤より高価なイメージが有りますが、剥離して丸塗りの場合は却って溶剤の方が割高になり、溶剤が安く上がるケースは塗装剥離~ブラスト研磨不要な新品又は新品同様の再塗装や単品修理でカラー調色を要す場合に限りガン吹き液体溶剤塗装の出番です。

再塗装の工程を10とすれば1~8が「修理・下研磨・仕込み」で9~10が再塗装の工程になり再塗装とは下処理仕込みこそが重要で仕上がりを大きく左右します。
上塗り再塗装なら素人でも出来ます。

エンケイ・スーパーボルク/パウダーホワイト&パウダークリアー/フルパウダーコートx2台

愛知県のお客様・・・何した訳でも有りませんが下処理が悪いため自然に溶剤塗装がボロボロ剥げています。

鳥取県のお客様・・・こちらスーパーボルクも経年劣化で溶剤塗装がボロボロ剥げています。

パウダーコートなら自然にボロボロ剥げる事は有りません。

2台共通の曲りガリ傷修理!

塗装剥げの箇所は腐食が酷く進行しています。

スーパーボルクの方はかなり腐ってます。

一番重要な工程、塗装剥離~ブラスト研磨~リム研磨~ハンドアクション研磨

平滑面出しでさらに当社独自のバレル荒研磨

※再塗装は下処理研磨、仕込みこそが命です。


インナーリムから側面リムの研磨

1コート目パウダーグロスホワイト静電噴射!

黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。

2コート目パウダークリアーリコート静電噴射!

エンケイ/パウダーグロスホワイトパウダークリアー完成!

スーパーボルク/パウダーグロスホワイトパウダークリアー完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

リムロゴシール作製貼り付け

光沢艶、レベリングも申し分ないです。

スーパーボルクのプラ樹脂製キャップ黒墨入れ

腐ったホイールがここまで再生出来るのは下処理研磨、仕込みが有ってこそです。
※1
再塗装の工程を10とすれば1~8が「修理・下研磨・仕込み」で9~10が再塗装の工程になり再塗装とは下処理仕込みこそが重要で仕上がりを大きく左右します。上塗り再塗装なら素人でも出来ます。

※2 パウダーコートの売りは「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPが期待出来ますのでパウダーコートフィニッシュはワンオフ一品物ならではの理想的な塗装です。

拘りの指定カラーNOが有る場合はパウダーコートでは表現で出来ないためパウダーコートはベースとしてその上に調色したガン吹き溶剤カラーになります。

パウダーコートベースからのお化粧溶剤カラー www.243ok.com/blog/2016/11/#date-2016-11-08

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービ西

2018.01.26

絶版レア物シュティッヒ18インチ/クロームメッキからDBK-Pリフレッシュ・リメーク

絶版レア物シュティッヒ18インチのクロームメッキからDBK-Pリフレッシュ・リメークです。

クロームメッキは専門外注剥離からの塗装、磨きにとなりますが、剥離せずクローム専用研磨処理からパウダーコートでベース塗りの溶剤ハイパー塗装です。

クロームメッキ直にガン吹き溶剤カラーでは密着性に難が有りNGですが、パウダーコートなら専用下処理次第でクロームメッキの上に再塗装が可能です。

シュティッヒ18インチ/クロームメッキからDBK-Pリフレッシュ・リメーク

千葉県のお客様・・・ディスクシルバー塗装のシュティッヒかと思いきやクロームメッキのシュティッヒです。

アウト&インリムの曲り修理

シルバーメタを剥離したら中途半端に研磨剥離したクロームメッキが出て来ました。

クロームの下層になる赤銅は金属膜のためアルミとの断層が出ます。

クローム剥離した方が確実な作業が出来て仕事もやり易いですが、お客様のご予算も有り研磨処理にてパウダーコートで埋めます。

銅板金属膜とアルミ素地との断層が無くなるまでハンドアクション研磨

クローム専用の下処理をしてパウダーグロスブラックの静電噴射!

パウダーグロスブラックをベースにアンダーコート~銀膜ハイパー塗装~溶剤クリアーでハイパー塗装(DBK)になります。

ハイパー塗装はベースから数えて4ペグ(焼き付け)、4コート(塗装)で時間と手間が掛かる高級メタル調塗装です。


インリム剥離研磨

インリム当社定番パウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムBBFバフポリッシュ

ポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理からパウダーアクルルクリアー静電噴射!

他のお客様のエアバルブと同時にピアスボルトのパウダーキャンディーイエローゴールド静電噴射!

パーツ別施工の完成!

組み付け合体完成!

   ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ハイパー塗装DBK-P(黒濃い目)

クローム銅板金属膜の断層は完全に消えてます。

ディスク溶剤ハイパー塗装でリムはフルパウダーコートです。

■シュティッヒ18インチ/DBK-Pリフレッシュ・リメークの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュパウダークリアー

・インリム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・センターディスク・・・・・・・・・・・・・・・・・溶剤ハイパー塗装DBK

・センタープレート・・・・・・・・・・・・・・・・・クローム磨き

・6角キャップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・プラ樹脂メッキのため磨きのみ施工無し

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーキャンディーイエローゴールド

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新品交換

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・2Psから3Ps化・・・・・・・・・・・・・・・・・・・シーリング打ち直し組み付け

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。
悪質な削り込み修理 http://www.243ok.com/blog/2011/10/#date-2011-10-30


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。


電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.01.23

SSRケーニッヒ18インチ/リム交換リバレルリフレッシュ・リメーク

SSRケーニッヒ18インチのリム交換リバレルリフレッシュ・リメークです。

リア側のアウトリム4.0Jをフロント側に移植してリア側へは当社初めての超ワイド7.0Jのアウトリムに交換します。

SSRケーニッヒはアウトリムとインリムを溶接された実質2Psのため、シーリング式3Psの様にピアスボルトを外して分解出来る簡単なモノでは有りませんので、アウトリムを切断削除する必要が有り切断したアウトリムは再利用出来ません。

ケーニッヒ18インチ/リム交換リバレルリフレッシュ・リメーク

大阪府のお客様・・・SSRケーニッヒ18インチです。

ボルト欠品と規格外ショートボルトが一部有りますのでボルト交換を要します。

再利用するアウトリムとインリムの曲り修理

SSRケーニッヒはアウトリムとインリムを溶接された実質2Psです。

再利用するインリムを損傷しない様にアウトリムを切断削除します。
※切断したアウトリムは再利用出来ません。

インリム研磨

インリムは当社定番のパウダーグロスブラック静電噴射!

ディスクの剥離ブラスト研磨

ディスクハンドアクション研磨

ディスクのバレル研磨
※ハンドアクション研磨から当社独自のバレル荒研磨による平滑面出し下処理研磨込み(再塗装は下処理、仕込みが命です)。

付属パーツも個々に施工

キャップリングのバレル研磨からガスグラスプライマーしてパウダースモークブラック静電噴射!

キャップ締めボルトとピアスボルトのガスグラスプライマー

黒背景色を塗りサンディングしてKSロゴの作成貼り付けして溶剤クリアー抑えをします。

パーツ別施工の完成!

フロント側18x10.5Jの完成!

リア側18x14.0Jの完成

      ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ディスク&プレート赤はベンツボディーカラー指定色NO-589の溶剤レッド溶剤クリアー

元のリア側アウトリム4.0Jをフロントへ移植

リア側はアウトリム7.5Jです。
※アウトリムだけでホイール1本分サイズの超ワイド深リムです。

F:18x10.5J&R:18x14.0J
溶接2Psから3Psリバレル http://www.243ok.com/blog/2017/12/#date-2017-12-26


■ケーニッヒ18インチ/リム交換リバレルリフレッシュ・リメークの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・・0.4J+7.5JBBFバフポリッシュ(ノークリアー)

・インリム・・・・・・・・・・・・・・・・・曲り修理(パウダーグロスブラック)

・センターディスク・・・・・・・・・・・・・カラーNO-589溶剤レッド溶剤クリアー

・センタープレート・・・・・・・・・・・・・カラーNO-589溶剤レッド溶剤クリアー

・エンブレムリング・・・・・・・・・・・・・バレル研磨(パウダースモークブラック)

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・・・溶剤ブラック+赤ロゴ作成復元(溶剤クリアー抑え)

・ピアスボルト&キャップボルト・・・・・・・洗浄研磨パウダーキャンディーゴールド

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・新品交換

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・・・新品交換

・2Psから3Ps化・・・・・・・・・・・・・・・シーリング打ち直し組み付け

※溶接2Psから3Psリバレル http://www.243ok.com/blog/2017/12/#date-2017-12-26

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。
悪質な削り込み修理 http://www.243ok.com/blog/2011/10/#date-2011-10-30

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2018.01.20

BBS-LM18インチ/曲りガリ傷修理からパウダーコートDSK-Pフルパウダーコート

BBS-LM18インチ曲りガリ傷修理からパウダーコートDSKフルパウダーコートです。

耐久性重視のパウダーコートDSK光輝シルバーは発色性が高く「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性は溶剤ハイパー塗装の比では有りませんので量産新品には無いワンオフ一品物ならではの塗装法です。

BBS-LM18インチ曲りガリ傷修理からパウダーコートDSK-Pフルパウダーコート
神奈川県のお客様・・・多少のガリ傷は有りますが程度良好なLM-SP(シルバーメタ・ポリッシュ)からDSK-Pに模様替えしますが、DSK-Pならフルパウダーコートの方が断然お勧めです。

【溶剤ハイパー塗装とパウダーコートの塗装肌強度の違い】 https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU


曲り修理

ガリ傷肉盛り修理
僅かなガリ傷でも削り込みやパテ埋め補修などインチキ修理は行ってません。

アウトリムのガリ傷修理完了後は2Ps本体の剥離から全面研磨

2Ps本体のパウダーシルバー静電噴射!

アウトリムのBBFバフポリッシュ疑似ライン混入

アウトリムのガスグラスプライマー化学処理してアウトリムのパウダークリアー静電噴射!

ディスクの剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

バレル荒研磨

パウダーミラークローム静電噴射!

メーカー名称は「ミラークローム」ですがメッキっぽく無くメタ目の無い光輝シルバーです。

「ミラークローム」を透かす感じの2コート目スーパークリアー静電噴射!

DSK-Pは黒ボルトよりクロームボルトの方がより高級感を演出しますので黒ボルトをクロームメッキします。

フルパウダーコートDSK-Pの完成!

 ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

溶剤ハイパー塗装(DSK)により近いパウダーコートDSK

ポリッシュ面は密着性透明度が高い高級アクリルクリアーで先塗りパウダーシルバーのリムフランジはシルバー残し!

■LM18インチ/パウダーコートDSK-Pフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・・パウダーシルバー

・センターディスク・・・・・・・・・・・パウダーコートDSK

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・黒からクロームメッキ

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・新品交換

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・赤パッチ再利用

R32-GTR装着写真を頂きました。


本日BBS軍団6セット完成!ただ今作業預かり中のBBS軍団20セット以上りますのでしばらくお待ちください。

Ps本体先塗りのパウダーカラーからアウトリムをポリッシュにする祭に「リムフランジのカラーを残す方法」と「リムフランジ部からポリッシュする方法」が有りますがお値段は変わりませんのでどちらが良いかご希望をお知らせください。

写真左溶剤ハイパー塗装(DSK)で写真右パウダーコート光輝シルバーDSK
【溶剤ハイパー塗装とパウダーコートの塗装肌強度の違い】 https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU

・・パウダーコート(DBK&DSK)の弱点欠点・・
1・パウダーコートは粉(個体)の静電気蒸着方のためプラ樹脂製は通電せず高温焼き付けに耐えきれませんので金属製以外のモノは施工が出来ません。
2・液体ガン吹き溶剤塗装の様に臨機応変に部分塗装修理が出来ません。
3・200℃高温焼き付けのため「虫食い、腐食、巣穴」の酷いモノは空気発泡現象が起きます。
4・パウダーコート(DSK)は溶剤DSKより光輝シルバーになりますが、パウダーコート(DBK)はやや青赤みが有り溶剤DBKとは若干の色ずれが有ります。


 【溶剤ハイパー塗装とパウダーコート塗装肌の強度比べ】 実験YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU

■溶剤ハイパー塗装の特性のおさらい■
ハイパー塗装は一般的な調色した溶剤2コートカラー塗装と違い4~5層の塗装を重ねたレイヤー式のメタル調表現のため密着性を犠牲にして成しえる高級感あるハイパー塗装になります。
 
ハイパー塗装はベースカラーの上へ銀膜から最終のトップコートまでの中間塗装はサイディングや密着剤添付が出来ません。つまりベース上の中間から上の層まではバームクーヘンのように挟んで重ねてあるだけのため密着が悪くなり飛び石に弱く、また取り付け時の工具干渉やタイヤ組み付け傷など付きやすく塗装肌が軟弱な事が最大の弱点ですのでタイヤ組み付けや装着作業また普段のメンテなど極デリケートに扱いう必要が有ります。

それら密着性を犠牲にして特殊なカラー表現ですので高級特殊塗装と言われる(ハイパーやスパッタリングメッキ)は重ね塗り手法のためカスタム塗りも社外量産新品や純正ホイールなどハイパー塗装は全て高圧洗浄機や洗車機は絶対厳禁です。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※色塗って誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など素人でも出来る塗装修理などプロの仕事とは言えません。


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービ西

 

2018.01.18

WORKマイスター2Psハメ殺し曲りガリ傷修理パウダーゴールド&リムポリッシュフルパウダーコート

WORKマイスター2Ps溶接ハメ殺しのパウダーゴールド&リムポリッシュパウダークリアーのフルパウダーコートです。

分解可能な2Ps・3Psならリムとディスク個別施工が無限に可能ですが、2Ps溶接ハメ殺しはリムとディスクそれぞれ素材と表面処理の違うモノがくっ付いたままでの施工は手間時間が掛かる上に極一部の限られた施工しか出来無い面倒で厄介なホイールです。

WORKマイスター2Psハメ殺し曲りガリ傷修理パウダーゴールド&リムポリッシュフルパウダーコート

岩手県のお客様・・・曲りガリ傷がかなり酷い色違いのマイスターです。

タイヤ側へ大きく押し込まれた曲りでぐにゃぐにゃに曲がっています。

ワークさん特有の塗装剥げ腐食が多くが出て来ました。

リムとディスクの付け根の腐食は研磨しにくい箇所です。

外観性を問わない裏リムは使用に影響しない傷はリクエストが無い限り修理しませんが、お客様のリクエストで裏リムガリ、エグレも修理します。

アウト&インリムの曲り修理から肉盛り溶接修理

大きく凹んで円の出ないアウトリムの足りない部位は大きく肉盛りして原型修復研磨形成します。

※凹んで円の出ない箇所が平滑になるまで誤魔化す修理が悪質な削り込み修理です。
足りない箇所は溶接して足す、これが本来の修理です。


肉盛り研磨形成原型修復はほぼ完璧です。

ハンドアクション研磨~バレル研磨してパウダーコートの下準備

リムとディスク奥付け根にパウダーコートが被らない様にマスキング
分解可能な2Psに無い2Psハメ殺しはリムやディスクへの面倒で手間の掛かるマスキング工程を伴います。

ディスクからインリムへの先塗り1コート目パウダーゴールド静電噴射!

ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、その他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのためパウダークリアーリコートをお勧めします。

ディスクに干渉傷が入らぬようにディスクとリム付け根限界値までのアウトリムBBFバフポリッシュ

BBFバフ研磨機ではディスクにバフが干渉しますので人の手による地道な研磨になります。
2Psハメ殺しの研磨は非常に難しく、2Psハメ殺しリム研磨の腕の見せ所です。

ポリッシュ面密着向上のためのガスグラスプライマーから本体丸塗りパウダークリアー静電噴射!

ロゴシール溶剤クリアー抑えして完成です。

      ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・高温焼き付けで熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

透明度が有り密着性の高い高級パウダーアクリルクリアーを採用しています。

パウダーゴールドはパウダーアクリルクリアーによりゴールドメタ本来の光沢艶を発揮します。

2Psハメ殺しですがマイスターはディスクの出っ張りが無いため何とかリム全面研磨が出来る構造です。
 ・・・ロゴシールのクリアー抑えについて・・・

量産新品のロゴシールは透明シート印刷式がホイールへのダイレクト印刷のいずれかです。

ワンオフシールはカッティング切り文字シールのため小さな文字は剥がれ易いですので溶剤クリアーでシール抑えをします。

溶剤カラーならシール抑えに溶剤クリアーを塗りますがパウダークリアーの上にシール抑えに溶剤クリアーを塗ればパウダークリアーを塗った意味が無くなり溶剤クリアーの特性になってしまします。
そこでパウダーコート肌へのシールクリアー抑えはロゴ文字の枠1㎜程度のオフセットパスデータを造りシール枠をマスキングしてシール周辺を溶剤クリアー抑える方法を取っています。
   ・・・リム全面研磨不可な2Psハメ殺しについて・・・

WORKモデル「シュヴァーツ、マイスター(一部)、ヴァリアンツァ、復刻版エクイップ・seeker・その他」なんちゃってダミーボルト付きとボルト無しの2Ps溶接ハメ殺しです。
リムにディスク出っ張りが有る2Psハメ殺しは写真①のリム面までが研磨可能範囲です。

※リム合金プレスの光輝アルマイトでディスクが「クロームメッキ・ダイヤモンドカット」など新品と同じ表面処理は分解出来ないためリムもディスクもオリジナル同様の修理など全て不可能です。

※分解可能な2Ps、3Psのカスタムサイズリバレル
http://www.243ok.com/blog/2017/12/#date-2017-12-30

安物廉価品の使い捨てホイールなら2Ps溶接ハメ殺しでも構いませんが、末永く使うお気に入りホイールの修理やリバレルなど、将来を見据えたユーザー様はつぶしの効かない2Ps溶接ハメ殺しは避けられた方が無難です。

※2Ps溶接ハメ殺しはピアスボルト締めでは有りませんので切ったり貼ったりのアウトリム交換のワイドサイズなどカスタムサイズリバレルは不可です。

分解可能な2Ps、3Ps合金プレスリムの化研光輝アルマイト
http://www.243ok.com/blog/2016/10/#date-2016-10-04

【2Psハメ殺しの施工不可な物
1・リム光輝アルマイト(ディスクが付いた状態でのリム加工は不可)

2・ディスククロームメッキ(リムが付い状態でのディスク加工は不可)

3・リムかディスクどちらかがクロームの場合クロームでない方がクローム剥離により損傷するため一方だけのクローム剥離不可

4・スパッタリングメッキ(1Psホイールや1パーツ個別加工のみの為不可)

5・ディスクダイヤモンドカット(リムにバイト刃が干渉してリムを傷つけるため不可)

6・リム全面バフ磨き(ディスクに干渉しない箇所までの磨きなら可能ですが磨き筋境目が出ます。)

7・リム全面ブラッシュド(ディスクに干渉しない箇所までのブラッシュドは可能ですがブラッシュドが当たらない箇所が出ます。)

8・その他特殊な加工は全て不可
分解可能な2Ps、3Psはリムとディスク個別加工が可能なため上記8項目全て可能です。
一体型1Psは1個のパーツですのでリムとディスクの個別加工が出来ます。


【2Psハメ殺しの施工可能な場合と留意点
1・リムからディスクまで溶剤又はパウダーコートのカラー丸塗り
※注):リムとディスクの境目重なり部の隙間から発砲する場合が有ります。

2・リムからディスクまでバレル研摩による丸塗り磨き
http://www.243ok.com/blog/2017/11/#date-2017-11-14
※注):ディスクがクロームの場合クローム剥離が出来ませんのでクロームからのバレル研摩は出来ません。

3・リムまたはディスクのマスキングによるパーツ別カラー塗装
※注):リムとディスクの?ぎ目重なり面の奥へは塗装が完全に載りません。

4・リムをガード出来る構造の場合ディスクへの天面2次元BBFバフ研磨や2次元ブラッシュドは一部可能
※注):3次元BBFバフ研磨や3次元ブラッシュドはリムに干渉するため不可

 

2Psハメ殺しの再塗装や磨きによるリフレッシュリバレルは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

 TEL:0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.01.15

OZ-AMG3Ps18インチ/バレル3次元研磨リム交換リバレル-フルパウダーコート

OZ製AMG3Ps18インチのバレル3次元研磨からのリム交換リバレル-フルパウダーコートです。

フルポリッシュホイールはアルミそのものの輝き光沢表現ですので曲りガリ傷修理が出来ないとフルポリッシュ修理など出来ません。よく有るパテ埋め補修で誤魔化せるカラー塗装修理とは訳が違います。

カラー塗装品より高額なフルポリッシュでも磨きベースが出来上がったポリッシュホイールからのバレル研磨の場合「安い、早い、綺麗」に仕上がりさらにフルパウダーコートで耐久性もUPします。

OZ-AMG3Ps18インチ/バレル3次元研磨リム交換リバレル-フルパウダーコート

埼玉県のお客様・・・希少なフルポリッシュの旧AMG3Ps17インチです。

先ずは曲りチェックして曲り修理から・・・※年代モノで曲りの無いホイールはまず有りませんので微小な曲りも見逃しません。

インリムの剥離研磨

インリム当社定番パウダーグロスブラック静電噴射!

溶剤クリアーの剥離※ポリッシュ商品にはブラスト研磨はホイール穴とディスク裏だけです。

小傷、シミ、腐食の削除研磨

バレル研磨の下処理となるハンドバフ磨き

バレル仕上げ研磨完成!

バレル鏡面研磨の映り込み!
バレル研磨はハンド研磨を2000番手までの追い込みバフ磨きして鏡面バレルになります。いきなりバレル研磨して鏡面光沢になる訳では有りません。

ポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理からパウダークリアー静電噴射!

海外輸入社外鍛造アウトリム入荷
ヤフオフで良く見かける国産リムは鍛造では無く合金プレスリムで0.75や0.8スタートからの0.5J刻みのため3.25やなど半端な数値になりますが、当社扱いの海外輸入社外リムは「6000番フーローフォミング鍛造リムで0.5Jスタートからの0.5J刻みですので3.5Jや4.0J」になります。


新品リムでも再ポリッシュしてからポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理からパウダークリアー静電噴射!

ピアスボルト洗浄研磨ガスグラスプライマー化学処理からパウダークリアー静電噴射!

ナットはブラスト研磨から再錆び防止パウダーシルバー

全パーツ個別のパウダーコート完成!

17x8.5Jから17x9.5Jリバレル/フルポリッシュフルパウダーコートの完成!

      ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」インリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。パウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

元ポリッシュは溶剤クリアーですがバレル研磨は全てパウダークリアーですので溶剤クリアーより遥かに耐久性UPします。

パウダークリアーは密着性が高く透明度の高いパウダーアクリルクリアーを採用しています。

■AMG3Ps17インチ/バレル研磨フルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・1.0J~2.0交換BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)

・インナーリム・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・センターディスク・・・・・・・・バレル3次元研磨(パウダークリアー)

・ピアスボルト・・・・・・・・・・洗浄研磨(パウダークリアー)

・ナット・・・・・・・・・・・・・再錆び防止パウダーシルバー

・エアーバルブ・・・・・・・・・・新品交換                  

・キャップエンブレム・・・・・・・施工無し

・リム交換分解合体に伴うシーリング打ち直し

 

再塗装や磨きによるリフレッシュリバレルは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール問い合わせのお願い・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されていないメール「迷惑メール」と判断して削除されますので回答・返信出来ません

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.01.09

トラック鉄ホイール17.5インチのクロームメッキ

トラック鉄ホイール17.5インチのクロームメッキです。

メッキ層へ漬けていきなり「化研光輝アルマイト」や「クロームメッキ」になる訳では有りません。・・・「ハンドバフ磨き、バレル研磨」などの下処理研磨がメッキ工程の8割を占めます。

アルミやスチールへのクロームメッキは「ハンドバフ磨き、バレル研磨」の下処理研磨して「化研光輝アルマイト」や「クロームメッキ」など鏡面メッキになります。

トラック鉄ホイール17.5インチのクロームメッキ

大分県のお客様・・・新品卸しのトラック鉄ホイール17.5インチです。

トラック用の鉄ホイールは重たく作業がしにくいため作業取り扱い上クロームメッキはこのサイズまでが限界です。


塗装剥離~鉄剥離は直ぐに錆びますので付きっ切りの作業です。

ブラスト研磨

研磨」などの下処理研磨がメッキ工程の8割を占めます。
フロント側の砂肌落とし研磨

ハンドバフ磨き

深リムのリア側は溶接されているため溶接スパッタが多く飛び散った状態で新品とは言え鉄ホイールですのでビジュアル無視のかなり雑な仕上げです。
※このような状態でも新品なら「こんなモノです」とまかり通っても、これがワンオフ施工ならクレームの対象になります。

新品ホイールのクオリティー、耐久性は低くても後施工の方は見た目やクオリティー、耐久性など期待度のハードルが高くなります。


掘りの深いリアー側のハンドバフ磨き

フロント側ハンドバフ磨きからのクロームメッキ完成!

下処理のハンドバフ磨きが良くないと鏡面クロームには成りません。

リア側ハンドバフ磨きからのクロームメッキ完成!

深リムのリア側はフロン側の倍以上ハンドバフ磨きの時間と手間が掛かりますのクロームメッキ代は同じですがハンドバフ磨きの下処理研磨代が異なります。

インナーリムから側面リムはついでのクロームメッキ
          バフ磨き無しとバフ磨きからのクロームメッキの違い
                             ↓


写真左・・バフ磨き無しのクロームメッキはでゆず肌の鈍い銀メッキで鏡面クロームメッキになりません。
写真右・・バフ磨きからのクロームメッキは鏡面クロームメッキになります。

クロームメッキは「バフ磨き、バレル研磨」下処理こそが命です。

■クロームメッキの工程■
1・塗装剥離~2・ブラスト研磨~3・曲りガリ傷修理~4・ハンドアクション研磨(2次元&3次元)~5・バレル荒研磨~6・バフ磨き(2次元&3次元)~7・バレル中研磨~8・バレル仕上げ研磨~9・クロームメッキ加工
※1~8までが当社加工で最後の9・クロームメッキ加工が外注加工になります。
※クロームメッキ加工は各専門分業制で他店ではメッキは丸投げしますので各専門工場「剥離工場」・「バフ磨き工場」・「メッキ工場」になりるため料金が高額になり納期2ヵ月前後掛かります。
※4・ハンドアクション研磨(2次元&3次元)や6・バフ磨き(2次元&3次元)の下処理で2Dクロームか3Dクロームになりますのでメッキ加工代には関係しません。

バフ研磨+バレル研磨+クロームメッキのブログ
http://www.243ok.com/blog/2016/11/#date-2016-11-23
http://www.243ok.com/blog/2014/11/#date-2014-11-22

■クロームメッキ不可なホイール■
1・・2Psハメ殺し


クロームメッキは分解してパーツ別施工が必須条件のため分解出来ない2Psハメ殺しのクロームメッキは出来ません。
2・・ワイヤーホイール

センターボアがアルミメッキでワイヤー部が鉄メッキの素材の違う分解出来ないワイヤーホイールへの再クロームメッキは出来ません。それ以前のクローム剥離さえも出来ません!

・・・クロームメッキ剥離出来ない理由・・・
センターボアがアルミメッキでワイヤー部が鉄メッキの場合のアルミメッキ剥離で鉄メッキのワイヤー部が溶けてしまいます。
再クローム出来ないワイヤーホイールのバレル研磨パウダークリアー
http://www.243ok.com/blog/category/457/

■クロームメッキの工程■
1・塗装剥離~2・ブラスト研磨~3・曲りガリ傷修理~4・ハンドアクション研磨(2次元&3次元)~5・バレル荒研磨~6・バフ磨き(2次元&3次元)~7・バレル中研磨~8・バレル仕上げ研磨~9・クロームメッキ加工(外注)
※1~8までが当社加工で最後の9・クロームメッキ加工が外注加工になります。
※クロームメッキ加工は各専門分業制で他店ではメッキは丸投げしますので各専門工場「剥離工場」・「バフ磨き工場」・「メッキ工場」になりるため料金が高額になり納期2ヵ月前後掛かります。
※4・ハンドアクション研磨(2次元&3次元)や6・バフ磨き(2次元&3次元)の下処理で2Dクロームや3Dクロームになりますのでメッキ加工代には関係しません。

バフ研磨+バレル研磨+クロームメッキのブログ
http://www.243ok.com/blog/2016/11/#date-2016-11-23
http://www.243ok.com/blog/2014/11/#date-2014-11-22


ハンドバフ2次元研磨からバレル研摩したクロームメッキが2Dクロームになり、ハンドバフ3次元研磨からバレル研摩したクロームメッキが3Dクロームになります。
ハンドバフ2次元研磨や3次元バフ磨きからのバレル研摩してパウダークリアーがフルポリッシュパウダークリアーになります。

最終工程がクロームメッキかパウダークリアーかの違いだけでハンドバフ磨き+バレル研磨の下処理研摩は共通作業で化研光輝アルマイトメッキも同様です。
バレル研磨後やクロームメッキ後に透き通るパウダーカラークリアーでパウダーキャンディーカラーも可能です。
こちら http://www.243ok.com/blog/2017/09/#date-2017-09-16
 

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール返信のお願い・・
毎日たくさんのお問い合わせがあり随時回答返信が出来ない場合や
携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。 
TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。
日曜祝祭日はお休みです。

(有)オートサービ西

2018.01.06

BBS-LM19インチ/バレル2次元研磨ブラッシュド/フルパウダーコート

新年明けましておめでとうございます。

昨年も一番オーダー多かったLMですので今年初めのブログはLMのバレル2次元研磨ブラッシュドからのフルパウダーコートを紹介いたします。

昨年同様2018年も宜しくお願いいたします。

BBS-LM19インチ/バレル2次元ブラッシュド/フルパウダーコート

大阪府のお客様・・・ガリ傷は有りますが程度良好なLM-DSK-Pです。

ガリ傷肉盛り研摩形成

アウトリムのガリ傷修理完了後は2Ps本体の剥離から全面研磨

2Ps本体のパウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムのBBFバフポリッシュ

アウトリムのガスグラスプライマー化学処理してアウトリムのパウダークリアー静電噴射!

ディスクの剥離~ブラッシュド

ハンドアクション研磨

バレル研磨ベースの粗目金属ラインで高級感漂うブラッシュド!

パウダークリアー静電噴射!

パーツ別パウダーコートの完成!

1本ずつ洗浄研磨したピアスボルト装着合体完成!

    ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

密着性透明度が高い高級アクリルクリアー

ワンオプ一品モノならではの職人の手による繊細な技で成し得る多種小ロット対応のバレル2次元研磨ブラッシュド

■LM19インチ/バレル研磨ブラッシュド/フルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・センターディスク・・・・・・・・・・・バレル2次元研磨ブラッシュド(パウダークリアー)

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・・黒パッチ新品交換
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※悪質なパテ埋め補修、削り込み修理など一切行っていません。


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール返信のお願い・・
毎日たくさんのお問い合わせがあり随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。 

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。
日曜祝祭日はお休みです。

(有)オートサービ西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«1月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード