ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - 二輪コムスターホイール修理リフレッシュリメーク

2020.01.16

二輪コムスター3Psホイール/ボア欠け修理リム交換リフレッシュリメーク

二輪コムスター3Psホイールのリム幅1.85J~2.15Jにリム交換の為に互換性有るドナーホイールを準備して頂きボア欠け修理からのリムとディスク差し替え交換し2個一のリフレッシュ・リメークです。

一体型1Psホイールはリムやディスク交換など出来ませんが、2Ps、3Psなら二輪ホイールでもドナーとなるホイールをご用意頂ければリム&ディスク交換可能です。

二輪コムスター3Psホイール/ボア欠け修理リム交換リフレッシュリメーク


東京都のお客様・・・・2本それぞれリムとディスク交換差し替えホイール2個一にします。

2.15×18塗装&ポリッシュのリム幅の太いリム取りホイール

1.85×18フルメッキのディスク羽、センターボア取りホイール

2本全パーツ分解・・・リベット止めはドリル削除の為、リベット再利用出来ません。

センターボア取りのセンターボア欠け有り・・・センターボア逆だったら良かったのですが?

センターボア欠け肉盛り修理

センターボア欠けハンド研磨形成・・・これが出来ないとリム交換に繋がりません。

2.15×18リムの剥離研磨

2.15×18リムバフ磨き

2.15×18リムバレル研磨

2.15×18ポリッシュ密着性UPガスグラスプライマー化学処理からパウダーアクリルクリアー静電噴射!

密着性、透明度の高い高級パウダーアクリルクリアー

個別2個一パーツの完成!

2.15×18リム+メッキディスク羽+ボア欠け修理の組付け完成!

ボア欠け修理方・・・パット見違和感なく仕上がりました。
ロング&ショートステンピアスボルトとナットは贅沢にBBSのM7モリブデン鋼メッキナットを利用
■コムスターホイール/リベット止めリム交換分解組付け詳細■
1・リムリング・・・・・・・・バフポリッシュ+バレル研磨パウダーアクリルクリアー
2・ディスク・・・・・・・・・鉄メッキ洗浄研磨
3・ハブ・・・・・・・・・・・欠け修理
4・リベット削除組付け・・・・M7ステンボルト&BBSモリブデン鋼ナット
5・ベアリング&カラー・・・・外し装着無し
6・エアバルブ交換・・・・・・無し
二輪ホイールの再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。
悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。
2本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール  nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2019.08.31

CBX400F/3Psリベット止めコムスターホイール分解リム全面バレル研磨&パウダーブラック塗装フルパウダーコート

CBX400F/3Psリベット止めコムスターホイール分解リム全面バレル研磨&パウダーブラック塗装フルパウダーコートです。

CBX400Fのホイールは「リム・ディスク・ハブ」3Psのリベット止めのためリム全面ポリッシュやディスク・ハブのパーツ個別再塗装が出来ませんので本体丸塗りかリムポリッシュは磨ける範囲のリムポリッシュになります

リム全面バレル研磨や再塗装するためには3Psリベット削除分解してのパーツ別施工となり組付けはボルトナットオンです。。

CBX400F/3Psリベット止めコムスターホイール分解ポリッシュ&パウダーブラック塗装フルパウダーコート


三重県のお客様・・・・CBX400F3Psリベット止めコムスターホイールのオリジナルは白アルマイトですがアルマイトの上に本体丸塗り溶剤ホワイト塗装して有ります。
薄いアルミ板のディスクを表裏組付けして有る3Psコムスターホイールはリム曲りに伴うディスク板も曲り歪み横振れを起こすため修理不可の多いホイールです。

リベット止め削除分解

ホワイト塗装剥離+ベース白アルマイト剥離
オリジナルは白アルマイトですので剥離2回要します。

ブラスト研磨

鋳物バリ取り、平滑面出しハンドアクション研磨・・再塗装は下処理、仕込みが命!

リム以外下処理から化成処理して200℃窯空焚き

パウダーグロスブラック静電噴射!

リムリング剥離~ブラスト~ハンドアクション~リムリング専用アタッチメント装着
※リング状態では研磨機セッティングが出来ませんので当社独自のリムリング専用アタッチメント装着

リムリング専用アタッチメント装着BBFバフポリッシュからさらに当社独自のバレル仕上げ研磨

磨きポリッシュ密着性UPガスグラスプライマーしてパウダーアクリルクリアー静電噴射!

個々の施工全パーツ完成!

フロント側ステンレスボルト、ナット組付け完成

フロント側左

リア側ステンレスボルト、ナット組付け完成

リア側左

ポリッシュへのパウダークリアーは密着性、透明度の高い高級パウダーアクリルクリアーを採用しています。

3Psホイールは分解してパーツ別加工で無いとバレル研磨フルポリッシュや再塗装など出来ません。
※ボルトナットオンですので次回修理の全面再バレル研磨、再塗装など自由に出来ます。

■CBX400F3Psリベット止め分解組付けバレル研磨&パウダーブラックの詳細■
1・リムリング・・・・・・・・・バフポリッシュ+バレル研磨パウダーアクリルクリアー
2・ディスク・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック
3・ハブ・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック
4・リベット削除組付け・・・・・M8ステンボルト&ナット
5・ベアリング&カラー・・・・・外し装着無し
6・エアバルブ交換・・・・・・・無し

香川県のお客様・・・・HONDA-CB1100Rも同じ構造の3Psリベット止めコムスターホイールです。
お客様で分解、組付けして頂き当社はパウダーゴールとパウダーアクリルクリアーの塗装のみです。
分解無しポリッシュ&ハイパー塗装DBK

白アルマイト剥離して3Psリベット止めコムスター分解無しのポリッシュ&溶剤ハイパー塗装
アルマイトへの溶剤直上塗りは密着性が劣りますのでアルマイト剥離は必須条件
3Ps分解無しのポリッシュ&カラー塗装は先に溶剤カラー又はパウダーカラー塗装を済まして届く範囲までのリフポリッシュになります。
1・先塗りカラーが溶剤カラーの場合、ポリッシュクリアーは溶剤アクリルクリアー
2・先塗りカラーがパウダーカラーの場合、ポリッシュクリアーはパウダーアクリルクリアー
●・・二輪ホイール曲り修理の特性について・・●
二輪ホイールはリム幅が細いため曲りにより反対側が引っ張られ反ってしまいホイール本体が横振れを起こします。さらにタイヤ側への押し込み曲りはエアー漏れはしませんがディスクまで押されるためディスク自体の曲り、横振れ、歪み現象が起きます。
曲りによる反りホイール本体のよじれ歪みが大きく残るモノは見た目曲りは治っても横振れで使用に影響しますので修理不可となります。
※自転車のようなワイヤーホイールやアルミ板のコムスターホイールは歪現象が顕著に現れます。
修理不能歪現象はこちら https://www.youtube.com/watch?v=c3kQbnR5Vs8
二輪ホイールの再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。※悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。
2本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2014.02.18

CB750FのDBK-Pとワイヤーホイールのバレル研摩

CB750Fの塗装&磨きでDBK-Pとのワイヤーホイールのリムリングのバレル研摩です。

バイクは乗用車の様に統一されたホールピッチが有りませんのでバイク別に規格がマチマチで塗装なら大概なモノに対応出来ますが磨き(BBFバフポリッシュやバレル研摩)になると各バイクに応じたジク作成が伴う事も有ります。

今回のCB750Fのフロント側のベアリング穴に突起が有り特殊な構造のためジク作成に1ケ月以上要しトータル2ケ月かかりました。

CB750FのDBK-Pとワイヤーホイールのバレル研摩

その1・・・DBK-P(ハイパーブラック+ポリッシュ)

大阪府のお客様・・・アルマイト仕上げで薄いディスクの羽が表裏からリベット止めして有りますので重ね面の裏側が影になるため困難極める塗装です。
ディスクがくっついた構造のホイールはパーツ別に塗装出来ませんので重なり部は完全な塗装が出来ませんしリム研磨も限界値が有ります。



アウトリムは磨き仕上げですが赤ラインの箇所からが限界域です。



先に塗装を済ます手順からアルマイト剥離して研磨してDBKのベースとなるパウダーグロスブラックの前処理に入ります。



パウダーグロスブラックの静電噴射



ベースのパウダーグロス完成後に「サイディング~アンダーコート~ハイパー塗装~トップコート」とまだまだDBK完成までの長~い工程が待っています。



DBK完成してからリムの磨きです。
リアーのリム磨きは順調に進みましたがフロント磨きに大きな壁が有り一旦保留



リアー側DBK-P(オンクリアー)の完成!



フロント側DBK-P(オンクリアー)の完成!
フロント側は図面を書いて鉄鋼所に専用治具を造ってもらって無事リム研磨出来ました。新たに作った専用治具は大概のバイクのリム磨きに対応できると思います。


その2・・・ワイヤーホイール/リムリングのバレル研摩

神奈川県のお客様・・・ハンド研磨からバフ磨きして仕上げは当店自慢のバレル研摩で仕上げます。



ワイヤー(ディスク部)が有りませんのでリム研磨機にセッティングしての前研磨が出来ませんからここはひたすらハンド研磨で小傷や凹凸を研磨します。



リムリングのみのバレル研摩用のジクは過去作っていましたのでバレル即バレル研摩が出来ます。当店オリジナル治具のためモザイク入りですみません。



一般的なバフ仕上げでは表現出来ないバレルならではの磨き仕上げです。
※ここまで研磨出来ればさらに光輝アルマイトも可能です。



腐食が進行していましたのでやや腐食痕は残りますが、タコの吸盤みたいな凸凹も万遍無く綺麗に研磨出来ます。
※磨きホイールは腐食が進行する前に早めの処置が大切です。

バイクでもバレル研摩、リムのみ研磨、パウダーコート、アルマイトなど四輪とほぼ同じ加工が可能です。

※バイクホイールの場合「大きく曲がったモノ、振れ歪の有るモノ、修復歴有るモノ」は修理リフレッシュは不可になります。

バイクホイールも2本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中です。
こちらからの発送は運送会社の2次的な「紛失、盗難、損傷」などに備えて保険を掛けて発送しています。

お問い合わせやお見積もりなどは nishi@243ok.co.jp  の方へ「写真、住所、電話番号」明記の上お願いいたします。

お電話でもお気軽にお問い合わせください。
0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード