ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - バレル研磨/スポークワイヤーホイール

2020.08.01

キャデラック鉄メッキワイヤーホイール15インチ/バレル研磨パウダーアクリルクリアーコーティング

キャデラック鉄メッキワイヤーホイール15インチのバレル研磨パウダーアクリルクリアーコーティング

ワイヤーホイールのワイヤー数百本とセンターボアを分解メッキ剥離してバフ磨きから再メッキして組付けなど現実的に不可能ですので、分解再メッキせずワイヤーが付いたまま手磨きから仕上げ磨きが当社独自のバレル研摩工法です。

ただし「メッキ剥げ、赤錆び、腐食」の酷い物は再磨きバレル研磨不可ですので塗装式になります。

キャデラック鉄メッキワイヤーホイール15インチ/バレル研磨パウダーアクリルクリアーコーティング


岐阜県のお客様・・・キャデラック鉄メッキホイールのバレル研磨2回目オーダーですが今回は赤錆メッキ剥げが少なく程度良好な鉄メッキワイヤーホイールです。

前回のキャデラック鉄メッキホイールは全面赤錆びだらけで磨き復元は出来ませんのでパウダーミラークロームによる塗装式での処置になりました。

よく見ればメッキ剥げ、赤錆びが今回少ないようですので、これならバレル研磨でピカピカに復元復活出来ます。

鉄メッキキャップの修理再メッキは出来ませんが予備をお持ちとの事で今回キャップはノータッチ

ワイヤー交差部やニップルまでかワイヤー1本ずつ全て手作業の手磨きしますので5本となれば日にちが掛かり気の遠くなる根気を要す作業です。

バレル研磨は2~4㎜のセラミックボールで磨きますのでワイヤー交差部の狭い角部へは丸いボールでは角まで磨けませんので全て手磨きです。

インリムも当然錆びて汚れていますがインリムまでは磨きませんのでハンド磨きで汚れ、錆びを取る範囲です。

インナーリムから側面リム研磨

手磨きと手バフとバレル研磨を数回繰り返してバレル仕上げ研磨の完成!

ワイヤー交差部やニップル部の時間と手間を掛けてた手作業がバレル研磨仕上がりに反映されます。

メッキ肌への密着性向上のガスグラスプライマー化学処理して再錆び防止として本体丸塗りのパウダークリアー静電噴射!

バレル研磨パウダーアクリルクリアーコーティング完成!

裏リムは普段洗浄メンテが出来ずメッキ腐食しますので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などパウダーコートがより効果的でガラスコーティングなども必要有りません。

手磨きの完成度こそがバレル研磨完成度に繋がります。

センターボアー周辺も手磨きからバレル研磨でピカピカに光沢復元しました。

こちらはセンターボア一部メッキ剥げ、赤錆が有りましたのでメタル調塗装で部分塗装して有りますが違和感なく仕上がり言わないと判らないレベルです。

メッキ剥げ、メッキ腐食、赤錆びが最小限に在れば鉄メッキでも綺麗に蘇りますので早めの処置が大切です。
ワイヤーホイールバレル研磨不可なモノ

メッキリムの剥げ浮きやセンターボア部金メッキのボロボロ剥げモノはバレル研磨不可です。
アルミリムや鉄リムに関わらずメッキ剥げ、メッキ錆びの修理やバレル研磨は出来ません。

リムがアルミならリムポリッシュしてリム以外のメッキ赤錆び部はパウダーミラークローム塗装処理になりますが、リムまで丸ごとメッキの場合は丸塗りのパウダーミラークローム塗装になります。
アルミポリッシュ+ミラークローム  https://www.243ok.com/blog/category/604/
ワイヤーホイールの塗装磨きによるリフレッシュ・リメークも曲がりガリ傷修理が出来てからの話しです。
※悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせ・お見積は会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2020.06.20

ユーノスロードスター15インチ/ワイヤーホイールのバレル研磨パウダーアクリルクリアーコーティング鉄メッキ赤錆び溶剤メタル塗装

ロードスターワイヤーホイールのバレル研磨パウダーアクリルクリアーコーティングから鉄メッキ赤錆び溶剤メタル塗装です。

ワイヤーホイールのリムには「アルミポリッシュ・アルミクロームメッキ・鉄クロームメッキ」の3通り有ります。・・・アルミポリッシュリムなら曲りガリ傷修理可能でリムもバレル研磨で磨けますが、アルミ&鉄メッキのガリ傷修理は出来ない上にメッキ剥げ、メッキ腐食、赤錆びなどバレル研磨しても光沢は出ません。

ロードスターワイヤーホイールのリムはアルミポリッシュですので、それらはクリアー出来ますが、一部鉄パーツのメッキ剥げ、赤錆びは溶剤メタル塗装で一部なら対処出来ます。

ユーノスロードスター15インチ/ワイヤーホイールのバレル研磨パウダーアクリルクリアーコーティング鉄メッキ赤錆び溶剤メタル塗装


埼玉県のお客様・・・曲りガリ傷有り、リムアルミポリッシュのユーノスロードスター15インチワイヤーホイール

曲りガリ傷より厄介なメッキ剥げ・・・曲りガリ傷は治ってもメッキ剥げ、赤錆びは治りませんし磨いても素材が鉄ですのでポリッシュになりません。

アウト、インリム曲り修理

アウトリムのガリ傷肉盛り修理

インナーリムから側面リム研磨

リム生え際のスポーク部周辺やセンターボアのクロスしたワイヤー周辺は工具、指が入らない個所の為、この周辺を手磨きするのに全体の8割以上の時間と手間を要します。・・・ワイヤー手磨きに比べれば曲りガリ傷修理など屁みたいな作業です。

狭い個所は割りばしを突っ込んで1本づつ丁寧に根気よく磨きます。・・・4本となれば気の遠くなる作業ですが当社の磨き職人はまじめによくやってくれます。(感謝)

手磨きバフ磨きしてバレル研磨へと繋がります。・・・バレル研磨にいきなり突っ込んでハイ完成なんてそんな美味しい仕事など有りません。

手磨きバフ磨きとバレル研磨を数回繰り返しバレル仕上げ研磨の完成!

センターボア縦柱のメッキ剥げ赤錆びはそのまま残りますのでメッキ膜断層をフラットに研磨してメタル調塗装で赤錆びを埋め隠します。

リムとの生え際のリム周辺は腐食痕が残こってますがここはリムフランジから天面リムの様に研磨機で腐食の追い込み研磨が出来ませんので腐食削除には限界が有る場所です。

ポリッシュ密着性UPガスグラスプライマー化学処理してパウダーアクリルクリアー静電噴射

クリアーを済ましてからリムサイドのシーリング削除シーリング打ち直し

パウダーアクリルクリアーの上に密着性UPガスグラスプライマー化学処理してから鉄メッキ赤錆び周辺を溶剤メタル塗装で隠します。

鉄メッキ赤錆び周辺を溶剤メタル塗装完成!
本物のメッキの様には行きませんがパットみ違和感なくいい塩梅です。

ロードスターワイヤーホイールのバレル研磨パウダーアクリルクリアーコーティング一部メタル塗装完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・再錆び防止・ガラスコーティング不要」

誤魔化しの利かない素地表現のポリッシュ曲りガリ傷修理はほぼ完璧です。

センターボアの鉄メッキ赤錆び周辺を溶剤メタル塗装

センターボアの鉄メッキ赤錆び無しのメッキ磨き

純正ポリッシュのクリアーは低温焼き付け溶剤クリアーですので、汚れ、パットカスがへばり付き終いにはクリアー層へ泥水が浸入して取れなくなりますが、高温焼き付け180℃の樹脂膜パウダーアクリルクリアーは汚れ、パットカスが付きにくくシャンプー洗いでOK、お手入れも楽になります。
例えれば・・畳にしみ込んだ汚れとフローリングに付いた汚れ落としの様な物です。

鉄メッキのワイヤーは磨いてしばらくしたら錆びますので再錆び防止とポリッシュ酸化白ボケ防止のの目的、役目としてパウダーアクリルクリアーでコーティングします。
ワイヤーホイールをいきなりバレル研磨機に掛けて綺麗に磨ける訳では在りません・・・バレル研磨までのアルミワイヤー交差部やワイヤー1本ずつ全て手磨きしてから仕上げに水槽混入湿式セラミックボール玉磨きのバレル研磨で光沢が蘇ります。
■ワイヤーホイールの5パーツ素材構造について■
1・スポークワイヤー/鉄メッキ・ステンレス
2・ワイヤー締めニップル//鉄メッキ・ステンレス
3・センターボア/アルミアルマイト・鉄メッキ・ステンレス
4・アウト&イン、リム本体/アルミポリッシュ・アルミメッキ・鉄メッキ
5・センターキャップ/プラ樹脂メッキ・鉄メッキ
注:四輪ワイヤーホイールを分解して再メッキして元通りに組付けするのは不可能です。
再クロームメッキは完全分解してパーツ別メッキが必須条件のためワイヤーホイールの完全分解から組み付けなど現実的に不可能なため手磨きしてバレル研磨&パウダーアクリルクリアーによる画期的な再生研磨工法になります。
再塗装や磨きによるリフレッシュリバレルは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※アウトリムへのガリ傷は悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。 
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
営業時間:AM9:00時~PM19:00時
定休日:日曜祝祭日
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2019.10.29

ユーノスロードスター&WORKアイロクレーン、ワイヤーホイールのバレル研磨オンクリアー&ノークリアー

ユーノスロードスター&WORKアイロクレーンワイヤーホイールのバレル研磨オンクリアー&ノークリアーです。

ワイヤーホイールをいきなりバレル研磨機に掛けて綺麗に磨ける訳では在りません・・・バレル研磨までのアルミワイヤー交差部やワイヤー1本ずつ全て手磨きしてから仕上げに水槽混入湿式セラミックボール玉磨きのバレル研磨で綺麗になります。

パーツ組付けホイールは本来「塗装・磨き・メッキ」分解してパーツ別に施工しますが二輪のワイヤーホイールはそれも出来ても、四輪のワイヤーホイールの分解組付けはほぼ不可能に近く出来たとしても恐ろしくコストが掛かり修理再生としては現実的では有りません。

ワイヤーホイールを分解せずに低コストで全面磨きが出来るのが手磨きからのフィニッシュ磨きがバレル研磨です。

ユーノスロードスター&WORKアイロクレーン、ワイヤーホイールのバレル研磨オンクリアー&ノークリアー


静岡県のお客様・・・ユーノスロードスター15インチのアルミリム/ワイヤーホイール

全体的に程度良好ですが変なシミが入ってます。

三重県のお客様・・・WORKアイロクレーン15インチのアルミリム/ワイヤーホイール

アルミポリッシュ部は腐食が酷く程度が宜しくないですがワイヤーはステンレスの為、錆びが有りません。

WORKアイロクレーンは曲りガリ傷が多数有り

WORKアイロクレーンのガリ傷肉盛り修理

2台共通クリアー剥離からアウトリムはリム研磨機によるリム研磨

2台共通のひたすらアルミ部の手磨きやワイヤー&センターボアのハンドコンパウンド磨き
この工程が全体の8割を占めます。

ユーノスロードスターのバレル研磨完成!
ユーノスロードスターはこれからパウダーアクリルクリアーします。

WORKアイロクレーンのバレル研磨完成!
WORKアイロクレーンはノークリアー希望ですのでここで終了!

ユーノスロードスターのポリッシュ密着性UPガスグラスプライマー化学処理してパウダーアクリルクリアー静電噴射!

ワイヤーホイール付き物のエアー漏れ防止のシーリング削除、シーリング打ち直し
※パウダーアクリルクリアーを塗る場合はクリアーが終わってから一番最後になります。

ユーノスロードスター、パウダーアクリルクリアー完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・再錆び防止・ガラスコーティング不要」

パウダーアクリルクリアーのコーティングによりメッキ剥離と再錆び防止に一役買います。

WORKアイロクレーンのワイヤーとセンターボアはステンレスの為、パウダーアクリルクリアーとは言えステンには密着性が悪い為、ノークリアーになります。

インナーリムから側面リムはバレル研磨でついでに磨かれ綺麗になります。

ノークリアーですのでアルミ、ステン剥き出しの光沢になりますが、雨泥が付着すれば酸化白ボケしますので定期的な磨きメンテが必要です。

腐食したリムでもここまで光沢が蘇ります。
2Psリム本体アルミポリッシュなら、曲り、ガリ傷肉盛り修理可能ですが鉄メッキリムの場合は少々の曲り修理可能でも大きなエグレ、ガリ傷などメッキの上に肉盛り修理は出来ません。
■ワイヤーホイールの5パーツ素材構造について■
1・スポークワイヤー/鉄メッキ・ステンレス
2・ワイヤー締めニップル//鉄メッキ・ステンレス
3・センターボア/アルミアルマイト・鉄メッキ・ステンレス
4・アウト&イン、リム本体/アルミポリッシュ・アルミメッキ・鉄メッキ
5・センターキャップ/プラ樹脂メッキ・鉄メッキ
注:四輪ワイヤーホイールを分解しての再クロームメッキはほぼ不可能です。
再クロームメッキは完全分解してパーツ別メッキが必須条件のためワイヤーホイールの完全分解から組み付けなど現実的に不可能なため手磨きしてバレル研磨&パウダーアクリルクリアーによる画期的な再生研磨工法になります。
再塗装や磨きによるリフレッシュリバレルは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※アウトリムへのガリ傷は悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。 
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
営業時間:9:00時~9:00時
定休日:日曜祝祭日
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2019.04.18

VOLKワイヤー14インチ&Kranzeワイヤー16インチ/バレル研磨パウダークリアーx2台

VOLKワイヤー14インチとKranzeワイヤー16インチのバレル研磨パウダーアクリルクリアーです。

ワイヤーホイールのワイヤースポークは全て鉄メッキですが2Psリム本体は「アルミポリッシュアルミメッキ鉄メッキ」の3パターンとセンターボアは「アルミアルマイト鉄メッキ」の2パターンが有り、VOLK、Kranze共にリムはアルミポリッシュで、センターボアはVOLKがアルミアルマイトでKranzeは鉄メッキです。

2Psリム本体アルミポリッシュなら、曲り、ガリ傷肉盛り修理可能ですが鉄メッキリムの場合は少々の曲り修理可能でも大きなエグレ、ガリ傷などメッキの上に肉盛り修理は出来ません。

VOLKワイヤー14インチ&Kranzeワイヤー16インチのバレル研磨パウダーアクリルクリアー


静岡県のお客様・・リムアルミポリッシュのVOLKワイヤーホイール14インチ

岐阜県のお客様・・・リムアルミポリッシュのKranzeワイヤーホイール16インチ

VOLKワイヤーの方はメッキ剥げ赤錆び有り

VOLK、Kranzeのアウト、インリム曲り修理

VOLKワイヤーはガリ傷無し、Kranzeワイヤーのリムガリ傷肉盛り修理

VOLKワイヤーのオーナメントアルミアルマイトシミ手が入る範囲の手磨き研磨

VOLKワイヤーのハンドバフ磨きからリム研磨
ワイヤーは1本ずつ手磨きです。

Kranzeワイヤーのハンドバフ磨きからリム研磨
ワイヤーは1本ずつ手磨きです。

VOLKワイヤーバレル研磨
赤丸部のアルマイトの手磨き出来ない周辺は白シミが残ります。

Kranzeワイヤーバレル研磨

VOLKワイヤー4本とKranzeワイヤー1本シーリング削除シーリング打ち直し

ポリッシュ密着性UPガスグラスプライマー化学処理して密着性が有り透明度の高い高級パウダーアクリルクリアー静電噴射コーティング

VOLKワイヤーバレル研磨パウダーアクリルクリアー完成!

Kranzeワイヤーバレル研磨パウダーアクリルクリアー完成!
リムガリ傷肉盛り修理は完璧です。

VOLKワイヤーのアルミアルマイトオーナメント部一部白シミが残ります。
センターボアのアルマイト白シミのワイヤー周辺は手が届く範囲までしか研磨出来ません。

Kranzeワイヤーのオーナメントは問題無く光沢復元

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・再錆び防止・ガラスコーティング不要」

VOLKワイヤー14インチ
パウダーアクリルクリアーのコーティングによりメッキ剥離と再錆び防止に一役買います。

Kranzeワイヤー16インチ
パウダーアクリルクリアーのコーティングによりメッキ剥離と再錆び防止に一役買います。

VOLKワイヤー14インチ装着写真を頂きました。
注:四輪ワイヤーホイールを分解しての再クロームメッキは不可能です。
再クロームメッキは完全分解してパーツ別メッキが必須条件のためワイヤーホイールの完全分解から組み付けなど現実的に不可能なため手磨きしてバレル研磨&パウダーアクリルクリアーによる画期的な再生研磨工法になります。
再塗装や磨きによるリフレッシュリバレルは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※アウトリムへのガリ傷は悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。 
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2018.08.04

マクリーン&ロードスター13インチ/ワイヤーホイール鉄メッキ曲り修理バレル研磨パウダーアクリルクリアーコーティング

マクリーン&ロードスター13インチの鉄メッキワイヤーホイールの曲り修理バレル研磨パウダーアクリルクリアーコーティングです。

ワイヤーホイールのワイヤー部は全て鉄メッキですが2Psリム本体は「アルミポリッシュ・アルミメッキ・鉄メッキ」とセンターボアは「アルミアルマイト・鉄メッキ」が有り、今回のマクリーン&ロードスターは「2Psリム本体&センターボア」全パーツ鉄メッキになります。

2Psリム本体がアルミポリッシュなら曲り、ガリ傷肉盛り修理可能ですが鉄メッキリムの場合は少々の曲り修理は出来ても大きなガリ傷などメッキの上に肉盛り修理が出来ないため一部メッキ剥離して肉盛り修理になりますが、そうなれば修理周辺は鉄の地金磨きになりクロームメッキと表現が異なります。

マクリーン&ロードスター13インチ鉄メッキ曲り修理バレル研磨パウダーアクリルクリアー


東京都のお客様・・・少々の赤錆びは有りますが曲りガリ傷無しの程度良好なマクリーン13インチ

東京都のお客様・・・3本リム曲りは有りますが赤錆びの無い程度良好なロードスター13インチです。
曲り、ガリ傷の有無よりメッキ錆びの有無が仕上がりを大きく左右する重要ポイントです。

ロードスターの曲り修理

マクリーン、バレル仕上げ研磨完成

ロードスター、バレル仕上げ研磨完成

クロームメッキ密着性UPのためのガスグラスプライマー化学処理

丸塗りパウダーアクリルクリアー静電噴射

マクリーン&ロードスターキャップのバレル研磨完成

クロームメッキ密着性UPのためのガスグラスプライマー化学処理

丸塗りパウダーアクリルクリアー静電噴射
亜鉛ダイキャストメッキスピナーの蒸着メッキ

ロードスターの赤錆びが有る亜鉛ダイキャストメッキスピナー
亜鉛ダイキャストへのクロームメッキ加工は素材を痛める可能性大のため損傷リスクを避けて蒸着メッキします。

亜鉛ダイキャス肌の研磨

ガスグラスプライマー化学処理から下処理ベースのパウダーグレー静電噴射

パウダーグレーサンディングして蒸着メッキベースの黒塗装

外注加工の蒸着メッキの完成!
蒸着メッキはパーツ装飾用のため耐久性を要すホイールには不向きです。

マクリーン&ロードスター13インチ鉄メッキ8本同時完成!

マクリーン/バレル研磨パウダーアクリルクリアー

赤錆びの有った複雑箇所のワイヤー交差部も綺麗になりました。

ロードスター/バレル研磨パウダーアクリルクリアー

スピナーの再メッキでよりビジュアルUPしました。
蒸着メッキとクロームメッキでは若干光沢質感は異なります。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・再錆び防止・ガラスコーティング不要」などパウダークリアーコーティングが絶お勧めです。

マクリーン13インチ
パウダーアクリルクリアーのコーティングによりメッキ剥離と再錆び防止に一役買います。

ロードスター13インチ
パウダーアクリルクリアーのコーティングにより「メッキ剥げ・腐食・再錆び防止」に一役買います。

写真下段アルミポリッシュワイザー15インチと同時にワイヤーホイールのバレル研磨3台完成!
※ワイヤーホイールの修理からバレル研磨が近年多くなってます。

装着写真を頂きました。
注:四輪ワイヤーホイールを分解しての再クロームメッキは不可能です。
再クロームメッキは完全分解してパーツ別メッキが必須条件のためワイヤーホイールの完全分解から組み付けなど現実的に不可能なためバレル研磨&パウダーアクリルクリアーによる画期的な再生研磨工法になります。
今回のマクリーン&ロードスターは「2Psリム本体&センターボア」全パーツ鉄メッキですが酷い錆びが有りませんでしたのでバレル研磨で問題無く甦りました。
ワイヤーホイールのリムがアルミポリッシュなら曲りガリ傷修理可能ですが、再メッキ出来無いメッキリムの場合修理に限界が有ります。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2017.12.21

ワイザー15インチ/バレル研磨再錆び防止パウダークリアーコーティング

ワイザー15インチのバレル研磨から再錆び防止パウダークリアーコーティングです。

ワイヤーホイールのリム本体には「アルミポリッシュ・アルミクロームメッキ・スチールクロームメッキ」の3種類が有ります。

ワイザーのリム本体は「アルミポリッシュリム」ですのでガリ傷肉盛り修理からバレル研磨して再錆び白ボケ防止役目のパウダークリアーが可能です。
リム本体が程度良好なメッキならバレル研磨可能ですが、「メッキ剥げ・腐食・曲り・ガリ傷」の有るモノはワイヤーホイールの構造上メッキ剥離が出来無いため修理は基よりバレル研磨も不可です。

ワイザー15インチ/バレル研磨、錆び防止パウダークリアーコーティング

鳥取県のお客様・・・曲り、ガリ傷、錆び腐食もほぼ無い程度良好なワイザーです。

ワイザーのリムはアルミポリッシュに薄い溶剤クリアーを塗って在りますので擦り過ぎるとクリアーが剥げてアルミ素地が出てしまいます。

センターボアに市販の洗浄クリーナーを使えば化学反応を起こし白く変色白濁しますのでアルマイトとされた洗浄クリーナーは絶対NGです。

別件ですが化研光輝アルマイリムに市販の洗浄クリーナーを使えばこうなります。

市販の洗浄クリーナーによる白く変色白濁したセンターボア部はお客様が自分で磨きますとの事で一旦返送してお客様に根気よく磨いて頂きました。

センターボア部がアルミアルマイトなら何とか磨けますが金メッキやクロームメッキの腐食したモノはバレル研磨不可能です。

バレル研磨の完成!

ポリッシュ面へのパウダークリアー密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理!

再錆び防止の役目として本体丸ごとパウダークリアーの静電噴射!

バレル研磨パウダークリアー完成!

コーキング打ち直してインナーリムから側面リムはパウダークリアーでコーティング!
裏リムは普段洗浄メンテが出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などパウダーコートがより効果的でガラスコーティングなども必要有りません。

ゴールドニップルはやや金が薄く褪色していますが錆びが無かったため綺麗になりました。

お客様に手磨きして頂いたセンターボアー周辺もバレル研磨で綺麗になり光沢が出ました。

ワイヤー部シーリングが経年劣化剥げが有ります。

念のためエアー漏れ防止のためシーリング打ち直し

バレル研磨による光沢復元から再錆び防止のパウダークリアーコーティングでこれから先しばらくはテカテカ状態が維持されます。

センターロック式はホイール単体ではバレル研摩への装着が出来ませんのでセンターキャップ締め付け式は「オーナメントアダプターと専用レンチ」、センターネジ式は「オーナメントアダプターと専用ナット+」の各専用工具を1個ずつ同封してお送りください。
 
                 ワイヤーホイールバレル研磨不可能なモノ

            ※メッキの剥げはバレル研磨出来ません。

          ↓


センターボア部金メッキやクロームメッキの剥げたモノはメッキ剥離研磨出来ませんのでバレル研磨が出来ません。

アルミリムやスチールリムに関わらず錆びたクロームメッキは修理もバレル研磨も出来ません。
ワイヤーホイールのリムがアルミなら曲りガリ傷、バレル研磨可能ですがメッキリムの場合曲りガリ傷バレル研磨可能は出来ません。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。


メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

       ・・・お正月休み・・・
12月30日は大掃除、12月31日~1月5日までお休みです。

(有)オートサービス西

2017.03.20

フォルテックス&ワイザーワイヤーホイールの修理バレル研磨パウダークリアー

フォルテックス&ワイザーワイヤーホイールの曲りガリ傷修理からバレル研磨パウダークリアーリフレッシュです。

ワイヤーホイールのワイヤー部は全て鉄のメッキですがリム本体は「アルミポリッシュ・アルミクロームメッキ・鉄クロームメッキ」の3種類が有ります。

フォルテックスとワイザーのリム本体は「アルミポリッシュリム」ですのでガリ傷肉盛り修理からバレル研磨して再錆び白ボケ防止役目のパウダークリアーが可能です。
リム本体がメッキの場合はワイヤータイプの構造上メッキ剥離が出来ませんのでメッキの上から肉盛り修理など出来ないためガリ傷や再ポリッシュはアルミ素地に限ります。

フォルテックス&ワイザー15インチ/ワイヤーホイールのバレル研磨パウダークリアーx2台

広島県のお客様・・・フォルテックスの方は白ボケしていますが錆び腐食が少ないですのでこれなら綺麗に仕上がります。

フォルテックスのアウトリム、インリムの曲りガリ傷修理

フォルテックスの肉盛り修理

神奈川県のお客様・・・ワイザーの方は鉄ワイヤー部の錆びはさほど酷く有りませんがアルミのリム部がやや腐食が進行しています。

ワイザーのアウトリム、インリムの曲りガリ傷修理

ワイザーの肉盛り修理

ワイザーの鉄製センターロックのクロームメッキ剥離からメッキのした磨きとなるバフ磨き

予備も含め6個鉄再クローム
フォルテックス&ワイザーの磨きからバレル研磨パウダークリアーまでの共通作業
            ↓


曲りガリ傷修理からリムは回転研磨機でバフ磨きしてそれ以外の箇所は根気と時間のかかる手磨きです。

リム以外の複雑で込み入ったワイヤー周辺は手磨き手作業です。
交差する角部や鉄ワイヤー部1本ずつ手磨きのため完成までの半分以上はこの手磨き工程に手間と時間を要し仕上がりが決まります。
いきなりバレル研磨にかけて磨き光る訳では有りません。

本体丸ごとバレル研磨が完成したら再錆び防止や白ボケ防止の役目としてパウダークリアーでコーティングします。

フォルテックスの方はコーキング打ち直しは有りませんでしたが、ワイザーの方はコーキング打ち直しを要しました。

ポリッシュ面へのパウダークリアー密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理!

本体丸ごとパウダークリアーの静電噴射!

フォルテックスのバレル研磨パウダークリアー完成!

ワイザーのバレル研磨パウダークリアー完成!

フォルテックスの方は腐食が殆ど有りませんでしたのでほぼ完全に綺麗に仕上がりました。

ワイザーの方は虫くい、腐食が多く有りましたので腐食痕が一部残りましたがパウダークリアーによる沸き発泡現象は出ていません。

コーキング打ち直してインナーリムから側面リムはパウダークリアーでコーティング!
裏リムは普段洗浄メンテが出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などパウダーコートがより効果的でガラスコーティングなども必要有りません。

フォルテックスの曲りガリ傷修理バレル研磨パウダークリアー

ワイザーの曲りガリ傷修理バレル研磨パウダークリアー&センタークロックキャップの再クローム

センターロック式はホイール単体ではバレル研摩への装着が出来ませんのでセンターキャップ締め付け式は「オーナメントアダプターと専用レンチ」又センターネジ式は「オーナメントアダプターと専用ナット+」の各専用工具を1個ずつ同封してお送りください。


メッキのワイヤーホイールも再メッキ出来れば理想的ですが、再メッキとなればリムとワイヤーを分解して組み付けなど現実的に不可能ですので、そんな分解出来ない構造のホイールを錆び取りからフル磨きが出来るのが当社独自の画期的な研磨工法のバレル研摩です。
バイクのワイヤーホイールもバレル研磨可能です。
こちらhttp://minkara.carview.co.jp/userid/782662/blog/34610659/
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 


メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2016.11.16

フォルテックス15インチ/ワイヤーホイールのバレル研磨パウダークリアーx2台

ワイヤーホイールのワイヤー部は全て鉄のメッキですがリム本体は「アルミポリッシュ・アルミクロームメッキ・鉄クロームメッキ」の3種類が有ります。

今回紹介のフォルテックス2台共「アルミのポリッシュリム」ですのでガリ傷肉盛り修理は当然の事、バレル研磨からパウダークリアーが可能ですので、バレル研磨による錆び取り全面磨きと、さらにパウダークリアーによる錆び防止が重要な役割目的です。

リムが「アルミメッキ・鉄メッキ」など、完全分解しない事にはリムのメッキ剥離が出来ませんのでリムのメッキ剥げ、虫食い腐食が有るリムメッキのワイヤーホイールのバレル研磨は不可です。

フォルテックス15インチ/ワイヤーホイールのバレル研磨パウダークリアーx2台


愛知県のお客様・・・【A】4本ガリ傷が有りますがポリッシュリムですので問題無くガリ傷修理からバレル研磨が可能です。
※リムがクロームメッキの場合はメッキ剥離が出来ないと肉盛り修理が出来ませんので当然バレル研磨も不可です。

神奈川県のお客様・・・【B】ガリ傷は有りませんが鉄のワイヤー部が一部錆びています。

【A】側、ガリ傷有り
※ガリ傷は完璧に治せても、虫くい腐食は完全には治りません。

【A】側、削り込みとコーキングエアー漏れ有り

【A】側、ガリ傷肉盛り溶接修理

【A】側、ガリ傷修理から本体丸ごとバレル研磨の完成!※パウダークリアー前

【B】側、ガリ傷修理は有りませんでしたが錆びたワイヤー部の錆び取り研磨から本体丸ごとバレル研磨の完成!※パウダークリアー前

【A】【B】2台共コーキング削除研磨

ポリッシュリムとメッキスポークの密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理

http://www.global-suzuki.com/product/gas-glass-primer-2/


再錆防止目的で本体丸塗りのパウダークリアー静電噴射!

ガリ傷の有った【A】側の完成!

ガリ傷の有ったリム周辺修理です。
ガリ傷の有無より錆び腐食が少ない事が重要ポイントです。

ワイヤーが多く交差する入り込んだ複雑なセンターボアー周りもバレル研磨ならご覧の通り綺麗になりパウダークリアーが隅々まで入り込んでコーティングされますので再錆び防止にもなります。

ガリ傷が無かった錆びの有った【B】側の完成!
※元キャップ1個欠品のため4個キャップ交換

バレル研磨までの初めの磨きは全て手磨きしますが手磨きがやりにくい箇所です。

この周辺も最初は歯ブラシや布を突っ込んで手磨きしてからバレル研磨での仕上げです。
いきなりバレル研磨で綺麗になる訳では有りませんのでほぼ手作業です。

コーキング打ち直してインナーリムから側面リムはパウダークリアーでコーティング!
インナーリムから側面リムは普段メンテが出来ませんので汚れたままになります。そこで「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリムはパウダーコートがより効果的でガラスコーティングなども必要有りません。

ガリ傷は有りましたが腐食が無かった【A】側

ガリ傷は無く錆び有りでキャップ4個交換した【B】側

メッキのワイヤーホイールも再メッキ出来れば理想的ですが再メッキとなればリムとワイヤーを分解して組み付けなど現実的に不可能ですのでそんな分解出来ない構造のホイールを錆び取りからフル磨きが出来るのが当社独自の画期的な研磨工法のバレル研摩です。

※バイクのワイヤーホイールもバレル研磨可能です。

こちらhttp://www.243ok.com/blog/2014/12/#date-2014-12-05

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2016.05.20

フォルテックスワイヤーホイールのバレル研磨パウダークリアーx8本

ワイヤホイールのワイヤー全て鉄のメッキですがリム本体は「アルミポリッシュ・アルミクロームメッキ・鉄クロームメッキ」の3種類有ります。

今回のフォルテックス8本は「アルミのポリッシュ」ですので曲りガリ傷修理からのバレル研磨が可能です。

「アルミクロームメッキ・鉄クロームメッキ」の場合は構造上メッキ剥離が出来ませんのでメッキ傷や曲りは簡易的な修理は出来てリムのメッキ剥げ腐食などはバレル研磨不可です。



フォルテックスワイヤーホイールのバレル研磨パウダークリアー



北海道のお客様・・・フルテックス8本はアルミのポリッシュリムですのでバレル研磨からパウダークリアーが可能です。

北海道の最北端、斜里郡から本土最南端の鹿児島までワザワザお送り頂きありがとうございます。





フルテックス15x6.5Jx4枚の方は錆び有りませんが曲りが表裏各所有ります。





フルテックス15x7.0Jx4枚の方は錆びも酷く曲りが表裏各所有ります。





アウトリム8本全て曲り修理から・・・





インリムも8本全て曲り修理・・・・

※曲り、ガリ傷修理が出来ないと磨いて綺麗になっても意味が有りませんので修理こそが基本中の基本です。





ワイヤーホイールはコーキングされていますので経年劣化でエアー漏れを起こす場合が有るためこの機会にコーキングを全て剥離します。





ワイヤー1本1本地道な手磨きからバフ磨きしてバレル研磨の出番です。





バレル研磨完了後に再錆防止目的で本体丸塗りのパウダークリアー静電噴射!





8枚の内特に錆びの酷かった4枚の鉄製のセンターロックキャップのクローム剥離!





センターロックキャップのバフ磨きから鉄再クローム

錆び腐食が酷かったため再クロームしても一部腐食痕は残ります。





6.5J側の完成!

こちらの鉄製のセンターロックキャップの再クロームは無しです。





7.0J側の完成!

こちらの鉄製のセンターロックキャップは再クローム済みです。





コーキング打ち直してインナーリムから側面リムはパウダークリアーでコーティング!

インナーリムから側面リムは普段メンテが出来ませんので汚れたままになります。そこで「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリムはパウダーコートがより効果的でガラスコーティングなども必要有りません。





鉄ワイヤーの錆びは磨いて鉄赤錆びが若干残りますがそう目立つ感じでは有りません。





溶剤クリアーよりパウダークリアーの方がより効果的ですがパウダークリアーは腐食の損傷程度を選びます。今回の程度の錆び位ならパウダークリアー可能でした。





パウダークリアーが奥隅々まで万遍無く覆って保護していますので錆び易い鉄メッキの再錆び防止にも一役買います。





メッキのワイヤーホイールを再メッキ出来れば理想的ですが再メッキとなればリムとワイヤーを分解して組み付けなど現実的に不可能ですのでそんな分解出来ない構造のホイールを錆び取りからフル磨きが出来るのが当社独自の画期的な研磨工法のバレル研摩です。

バイクのワイヤーホイールもバレル研磨可能です。

こちらhttp://www.243ok.co.jp/blog/2014/12/22996/







バレル研磨軍団6台完成!



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お見積は会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2016.04.18

ワイザー&ロードスター/ワイヤーホイールのバレル研磨&パウダークリアー

ワイヤホイールにはアルミポリッシュリムとアルミメッキリムとと鉄メッキリムのが有り、スポーク部は全て鉄のメッキになります。

今回のワイザーとロードスターのワイヤーホイールはアルミリムのポリッシュですので曲り、ガリ傷修理からのバレル研磨が可能です。

アルミメッキリムや鉄メッキリムなど傷や腐食の有るモノはメッキ剥離が出来ないため曲り、ガリ傷の研磨形成が出来ません。

メッキのワイヤーホイールを再メッキ出来れば理想的ですが再メッキとなればリムとワイヤーを分解して組み付けなど現実的に不可能ですのでそんな分解出来ない構造のホイールを錆び取りからフル磨きが出来るのが当社独自の画期的な研磨工法のバレル研摩です。

バイクのワイヤーホイールもバレル研磨可能です。

こちらhttp://www.243ok.co.jp/blog/2014/12/22996/



アルミリムポリッシュのワイザー&ロードスターのワイヤーホイールのバレル研磨

その1・・ワイザー/アルミポリッシュリムのバレル研磨からパウダークリアー



沖縄県のお客様・・曲り、ガリ傷や錆びも無く程度良好なワイザーです。





ワイヤー部や交差するリムの間など工具の届かない箇所は地道な手磨きです。





手磨きからバフ磨きとバレル研磨の繰り返しをします。





バレル研磨が完成したらパウダークリアーの静電噴射!





バレル研磨から本体丸塗りパウダークリアーコーティングの完成!





インナーリムから側面リムも腐食が有りませんでしたので綺麗に研磨出来ました。

 「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」パウダクリアーでコーティングする事で錆防止に効果的です。





パウダークリアーが奥隅々まで万遍無く覆って保護していますので錆び易い鉄メッキの再錆び防止にも一役買います。





溶剤クリアーよりパウダークリアーの方がより効果的では有りますがパウダークリアーは腐食の損傷程度を選びます。





コーキングの剥げ、めくれなどが無い場合はパウダークリアー丸塗りが可能です。



その2・・ロードスター/アルミポリッシュリムの曲り、ガリ傷修理からのバレル研磨溶剤クリアー



神奈川県のお客様・・曲り、ガリ傷、錆びが多数有り程度が悪いですがアルミポリッシュリムですので曲り、ガリ傷など問題無く修理可能です。

ワイヤーホイールは分解からクローム剥離が出来ませんのでリムにクロームメッキされたワイヤーホイールのガリ傷修理は不可となります。





曲り修理から





4本全部ガリ傷修理ですので写真には全て収まり切れません。





リムの曲りガリ傷修理の完成!

メッキリムの場合はこんな修理のリム研磨形成が出来ません。





何処く範囲は工具で磨きますが工具の届かない錆た箇所は手磨きです。





バレル研磨から溶剤クリアーコーティングの完成です。





錆びが酷かったためパウダークリアーが出来ないため表メンマからインナーリム、側面リムまで本体丸ごと溶剤クリアーによるコーティングになります。





リムの曲り、ガリ傷修理はほぼ完璧です。





再錆び防止のための溶剤クリアーによるコーティングです。

※錆び腐食が無い場合はパウダークリアーが可能です。





錆びた箇所が多くメッキ調塗装が殆どでしたのでクローム肌は僅かしか残っていません。





曲り、ガリ傷、錆びだらけのワイヤーホイールの再生出来ました。





クロームメッキとコーキングについて

       



ワイヤーホイールの腐食したアルミのクロームメッキはメッキの剥離が出来ませんのでバレル研磨は不可です。

※アルミのクロームメッキは硝酸で剥離するため鉄のワイヤーが溶けてしましますので分解しない事にはアルミのみの剥離など不可能です。





エアー漏れ防止のコーキングが剥げた物や上塗りコーキングされた物はコーキングを全部剥いで再コーキングする必要が有ります。





コーキング全面剥離!

パウダークリアーを塗って最後にコーキング打ち直しをします。





今回紹介した2セット以外の現時点で9セットワイヤーホイールのバレル研磨をお預かりしている内の同時期入庫4台を一機にバレル研磨中です。

ワイヤー以外その他バレル研磨も10セット以上有りますのでバレル研磨は年中込み合っています。





■再錆び防止としてのパウダークリアーについて■

再錆び防止として密着性、耐久性、頑丈肌の利点からパウダークリアーなら溶剤クリアーより効果的ですがそれには条件が有ります。

1・・錆の酷い箇所へ先塗りの溶剤メタル調塗装(焼き付け70℃)をした場合最終塗りのパウダークリアー(焼き付け200℃)を上塗りは温度差の関係上出来ませんのでその場合は溶剤クリアーになります。

溶剤の上にパウダーコート上塗りは不可ですがその逆は可能です。

2・・ワイヤーホイールはリム側面にエアー漏れ防止でシーリングが塗られているため高温焼き付けのパウダークリアーで耐えきる素材に限ります。





再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お見積は

会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービ西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード