ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - リムライン塗装

2020.06.11

COLIN13インチ/パウダーグロスブラック+パウダーアクリルクリアー+溶剤イエローライン

COLIN13インチのパウダーグロスブラック/パウダーアクリルクリアーの上に溶剤イエローラインです。

リム端のラインマスキングはイラストレーターでデータを作りカッティングシートマスキング出来ますので綺麗に簡単に出来ますがリム縦壁のマスキングはフリーハンドの為、綺麗な円を出すのが難しく更にディスクとの境目ラインはディスクの出っ張りが邪魔になり中々上手く行かず時間も掛かる為、一人4本は気が遠くなりますのでスタッフ4人で1本ずつマスキングで溶剤イエローラインが難儀でした。

COLIN13インチ/パウダーグロスブラック+パウダーアクリルクリアー+溶剤イエローライン


愛知県のお客様・・・曲り、ガリ傷有りのCOLIN13インチ

量産溶剤カラーにありがちな塗装剥げ・・・パウダーコートならこんなにボロボロ剥げる心配は有りません。

先ずはインリム曲り修理から

ガリ傷肉盛り溶接修理・・・色モノはパテ埋めで誤魔化せますが、そんなインチキ修理など行っていません。

塗装剥離・・・ダイキャストマシニングして直のガン吹き液体溶剤カラー塗装ですのでそりゃあ剥げます。

ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

1Psインナーリムから側面リム研磨

当社独自の平滑面出しのバレル粗研磨・・・再塗装は下処理、仕込みが命!

パウダーグロスブラック静電噴射!

パウダーグロスブラック1コートならここで完了ですが、まだ先が有ります。

溶剤イエローラインを入れる前にパウダーアクリルクリアーリコート静電噴射

フリーハンドライン出しのマスキング

キャッププラ樹脂メッキの剥げ・・・樹脂メッキはプラの上に銅板貼り付けメッキですので同種メッキは出来ませんので真空蒸着メッキなら可能ですが今回は溶剤シルバーメタ塗装にします。

メッキの剥げ断層研磨・・・赤茶に見えるのが銅版です。

パウダーグロスブラック+溶剤イエローライン完成

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などガン吹き溶剤クリアーには無い利点が有りさらにパウダーコートはガラスコーティングなども不要です。パットカスが付き易い外車には一番理想的な再塗装です。

手間の掛かったリム縦壁溶剤イエローライン

パウダーグロスブラックにパウダーアクリルクリアーリコートする事によりモッチリとした光沢の有る奥深いブラックになります。・・・この表現はガン吹き液体溶剤ブラックでは難しです。

マスキングに苦労した分達成感が有ります。
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※ガリ傷削り込み修理や色塗って誤魔化せるパテ埋め補修など行っていません。
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2019.06.12

シビックタイプR純正20インチ/パウダーブラック&リム赤ライン

シビックタイプR純正20インチのパウダーブラック&リム溶剤赤ラインです。

1Psの純正ホイールや社外量産ホイールは溶剤カラー塗装でインナーリムから側面リムはついでに被った程度の塗装のためそれが気にいらずパウダーコートで本体丸塗りして赤ライン入れによるパウダーコート再塗装です。

シビックタイプR純正20インチのパウダーブラック&リム溶剤赤ライン


愛媛県のお客様・・・程度良好のシビックタイプR純正20インチです。
模様替えでは無く溶剤ブラックから耐久性重視のパウダーコートで同じ表現にします。

塗装剥離~ブラスト研磨

ガリ傷肉盛り修理

リム研磨形成~ハンドアクション研磨~バレル研磨で鋳造肌を整えます。

インナーリムから側面リム研磨

1Ps本体丸塗りパウダーグロスブラック静電噴射!

パウダーグロスブラック

インナーリムから側面リムはパウダーコート肌残しのためにマスキングしてデザイン天面(フェイス)ぶのみ足付けサイディング

黒の上にいきなり赤塗装ではどす黒い赤になりますので白を塗って赤ライン塗装

リム赤ラリンからディスクまで丸塗りトップコート溶剤クリアー

インナーリムから側面リムのパウダーコート肌残し拘り理由
裏リムは普段メンテ掃除が出来ません。溶剤塗装ではパットカスが付き取れ無くなり泥油汚れが付っぱなしで痛みが激しくなります。「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強くパットカスが付きにくい・硬質樹脂膜ため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などの理由でインナーリムから側面リムマスキングしてパウダーコート肌残し理由です。またパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ベースはパウダーコートですがデザイン天面(フェイス)は溶剤塗装の特性になります。

リム溝ライン溶剤赤+溶剤クリアー

純正と同色、同表現ですが溶剤とパウダーコートの違いです。

シビックタイプR純正・・・左の溶剤黒と右パウダーグロスブラック
量産新品の溶剤ブラックのインナーリムから側面リムは被った程度の塗装ですが、パウダーグロスブラックは表裏満遍なく塗ってますので奥深く黒光します。

AMGマットブラック&リム赤ライン修理
ガリ傷修理など大した事無いですが赤ライン塗装が難関です。

肉盛り溶接・・・アウトリムへのガリ傷は悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。 

ガリ傷修理研磨形成!

カッティングマシーンで赤ラインマスキングシート作成

赤ライン溶剤塗装

溶剤マットブラック&溶剤赤ライン修理完成
※これは単なる修理ですので剥離無し上塗りによる剥離からのパウダーコートなど本格的な再塗装では有りません。
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行ってません。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード