ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - スパッタリングメッキから別加工

2019.03.05

ヘッド40/17インチ/スパッタリングメッキ(SMC)からバレル2次元研磨パウダーアクリルクリアー

ヘッド40/17インチのスパッタリングメッキ(SMC)スーパーメタルコートからバレル2次元研磨パウダーアクリルクリアーです。

「スパッタリングメッキ」はパウダーコート(黒、グレー)ベースにクロームを気化蒸気したクローム層に溶剤クリアーで抑えて有りベースとトップが塗装のため塗装メッキと呼ばれていますが塗装でメッキする簡単なモノでは有りません。

スパッタリングメッキはベースカラーと溶剤クリアーの間に足付け出来ないクローム層をバームクーヘンの様に挟み込んで有るだけのため密着性が極めて悪く洗車機や高圧洗浄機など掛け過ぎるとメッキ層が剥げたりタイヤ組み替えでリム端のメッキが剥げるなどデリケートに扱う必要が有り値段が高い割には密着性や耐久性を犠牲にしたメッキはしばらく光っているだけで褪色、剥げが直ぐに起き長持ちしません。

ヘッド40 17インチ/スパッタリングメッキ(SMC)からバレル2次元研磨パウダーアクリルクリアー


埼玉県のお客様・・・スパッタリングメッキ(SMC)は耐久性が有りませんので同じ光物でも耐久性有る素地磨きバレル2次元研磨パウダーアクリルクリアーフルパウダーコートに模様替えします。

スパッタリングメッキはしばらく光っているだけで「密着性・耐UV性・耐熱性」など耐久性が無い為、メッキ褪色、メッキ浮き、メッキ縮みが出て来ます。

曲りガリ傷修理から

スパッタリングメッキ剥離・・・クロームメッキは外注剥離になりますが、スパッタリングメッキは自社剥離可能な為、安く上ります。

ハンドアクション2次元研磨・・・デザイン構造上ハンドアクション3次元研磨は無理です。

バレル荒研磨~バレル中研磨~ハンドバフ研磨

インナーリムから側面リム研磨

バレル2次元研磨仕上げ完成・・・ハンドアクション2次元研磨がベース磨きですのでそのままバレル2次元研磨になります。

ポリッシュ密着性UPガスグラスプライマー化学処理してパウダーアクリルクリアー静電噴射!

バレル2次元研磨パウダーアクリルクリアー完成!

密着性、透明度の高い高級パウダーアクリルクリアーを使用しています。
※ポリ系パウダークリアーでは光沢が落ち、艶引き感が大きい為使用していません。

スポークが多く間隔が狭いフィンタイプはバレル3次元研磨や3Dクロームが出来ませんので、複雑な構造のメッキはベース塗装式クローム蒸着のスパッタリングメッキしか方法が無い理由です。

インナーリムから側面リムまで丸塗りですので普段メンテ洗浄研磨出来ない裏リムこそ「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

いぶし銀の落ち着いた大人の光沢になりスパッタリングメッキの様に簡単には簡単には剥げにくいです。

バレル研磨パウダークリアーはスパッタリングメッキの様に劣化しませんので末永く愛用出来る上、再スパッタリングメッキの1/3程度の納期、料金で上がりますので修理ランニングコストも安心です
 カールソン/スパッタリングメッキ(SMB)からバレル2次元研磨

カールソン19インチ/スパッタリングメッキ(SMB)

グレーパウダーコートベーの上にメッキ蒸着して溶剤クリアーで抑えて有るためベース上からメッキがボロボロ剥げて来ます。・・・密着性が極めて悪いスパッタリングメッキは高圧洗浄機や洗車機は絶対NGです。

バレル2次元研磨

バルレ2次元ベースに透明のパウダーアクリルクリアーを塗りか、透き通る色付パウダーカラークリアー(パウダーキャンディーカラー)を塗るかで様々なポリッシュ表現が可能です。
現在カスタムでスパッタリングメッキのオーダーは殆ど無く唯一スパッタリングメッキは単品修理が年間、数本程度です。パッタリングメッキ剥げ、曲り、ガリ傷修理2本以上になればバレル研磨や他の加工4本同時にした方が早く安く上ります。
スパッタリングメッキの2回目の修理にしても1回目と同料金、同納期(約2ヶ月)が掛かりますのでメッキ以外の他の加工修理ならスパッタリングメッキの1/2~1/4程度で収まります。
スパッタリングメッキの単品修理は「値段が高い、納期が掛る、お手持ち品と色が合わ無い、耐久性が無い」など問題が多い為、それら留意点をご理解、納得の上お請けしています。※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。
以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。
※バレル研磨の曲り、ガリ傷修理 http://www.243ok.com/blog/category/464/
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2017.05.18

カールソン/バレル2次元研磨パウダースモークブラックとシャレン/バレル3次元研磨パウダーキャンディーゴールド

カールソン19インチ「スパッタリングメッキ」からバレル2次元研磨パウダースモークブラックとシャレン20インチバレル3次元研磨パウダーキャンディーゴールドです。

「スパッタリングメッキ」は塗装ベース(黒やグレー)の上に蒸気化したクロームを飛ばしクローム層に溶剤クリアー塗装で抑えて有るため一般的に塗装メッキと呼ばれています。

スパッタリングメッキはクローム層へ直に溶剤クリアー塗装で抑えて有るため高圧洗浄機や洗車機など掛け過ぎるとメッキ層がパリパリ剥げたりタイヤ組み替えでもリム端のメッキが剥げる事も多々有るそんな密着性、耐久性を犠牲にした見た目重視のメッキはしばらく光っているだけで褪色、剥げが直ぐに起き長持ちしません。

バレル2次元研磨パウダースモークブラック&(黒薄目)バレル3次元研磨パウダーキャンディーゴールドx2台

その1・・カールソン19インチ/バレル2次元研磨パウダースモークブラック(黒薄目)

宮城県のお客様・・・スパッタリングメッキのカールソン19インチです。スパッタリング再メッキは高額な割にはすぐに剥げますので耐久性有るバレル2次元研磨からパウダーコートに模様替えします。
メッキから別加工 http://minkara.carview.co.jp/userid/782662/blog/c645474/

スパッタリングメッキは密着性が悪いためメッキ層がパリパリ剥げて来て塗装のグレーが見えて来てます。密着性を犠牲にした見た目だけのメッキですので長持ちしません。
※扁平タイヤなど組み替えでリム端のメッキが剥げる事も多く有ります。

先ずは基本の曲りガリ傷修理から

裏リムフランジはなぜか削り込んで有ったため肉盛り溶接で原型修復!

スパッタリングメッキ剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

湿式バレル荒研磨

乾式バレル中研磨!
乾式バレル中研磨は他所には無い当社独自の下処理研磨です。

ハンドバフ研磨とバレル仕上げ研磨を納得いくまで繰り返しバレル2次元研磨の完成!

バレル研磨はクロームメッキや化研光輝アルマイト同様バフ磨きの下処理が全てです。

パウダースモークブラック(黒薄目)の静電噴射!

パウダースモークブラック(黒薄目)180℃焼き付け完成!

インナーリムから側面リムまで丸塗りですので普段メンテ洗浄研磨出来ない裏リムこそ「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

鏡面光沢を透かした黒の鈍い光沢です。

スポークサイド面窓部はバレル2次元研磨銀ゆず肌光沢になりスモークブラックを塗る事で渋めのハイパーブラック(DBK)風になります。

スパッタリングメッキの派手さを抑えたアルミ磨き独特の落ち着いたポリッシュスモークブラックで高級感漂う光沢になります。
その2・・シャレン20インチ/バレル3次元研磨パウダーキャンディーゴールド

北海道のお客様・・・シャレン20インチセンターディスクのバレル3次元研磨!素材がいいですのでメッキの様な輝きを放ちます。

シャレンのセンターディスクは高品質な鍛造削り出しですのでバレル3次元研磨のは相性抜群の素材です。
バレル2次元&3次元研磨とは凹凸の有るディスクの下処理研磨の違いで平面磨きの2次元研磨のに対して立体的な磨きが3次元研磨になりますのでリング状のリムには2次研磨や3次元研磨の概念は有りません。

アウトリムのBBFバフ研磨からバレル研磨してポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマー化学処理!

バレル3次元鏡面研磨したセンターディスクとアウトリムのパウダーキャンディーゴールド静電噴射!

インリムはど派手なパウダーグロスレッド静電噴射!

パーツ個別のパウダーコートの完成!

1本ずつ丁寧に磨き込んだピアスボルトを装着組み付け合体完成です。

インナーリムから側面リムまでパウダーコートフィニッシュですので、普段汚れっぱなしでメンテ洗浄出来ない裏リムなど頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良いの利点からンリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。パウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

極太の深リムはピアスボルト装着時に工具でリムを傷付け無い様に1本ずつ手締めのため一番気を使う処です。

ゴールドメッキ風でゴールドメッキより安価で耐久性は遥かに勝ります。

■シャレン20インチ/バレル3次元研磨パウダーキャンディーゴールドの詳細■
・アウターリム・・・・・・・BBFバフ+バレル研磨+パウダーキャンディーゴールド

・インナーリム・・・・・・パウダーグロスレッド

・センターディスク・・・・バレル3次元研磨+パウダーキャンディーゴールド

 ・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨再利用

 ・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・交換無し
※パウダーコートは200℃高温焼き付けの樹脂膜ですので「密着性、耐光性、耐色性、耐熱性、頑丈肌」に優れ丈夫で長持ちお手入れ楽々です。

パウダーキャンディーカラー見本短冊(90色以上有り)
バレル鏡面研磨の光沢を生かした透き通るパウダーキャンディーカラーで「密着性・褪色性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性も兼ね備えたカラフルで個性豊なバレル研磨キャンディーカラーを提供いたします。
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービ西

2013.09.04

ヨコハマコニサー19インチバレル3次元研磨からのブラックポリッシュ

コニサー19インチのバレル3次元研磨からのブラックオンクリアーによる3次元ブラックポリッシュです。

元はスパッタリングメッキ(SBC)ですが僅かな傷でもメッキ全面やり直しのため高額な修理代になってしまう理由と今後の修理コストも考えてバレル研磨に変更リフレッシュ・リメークです。

ヨコハマコニサー19インチバレル3次元研磨からのブラックポリッシュ


香川県のお客様・・・僅かなリム傷やメッキ剥げでもスパッタリングメッキ修理は高額になりさらに納期も不安定で1本の修理でも1~2ヶ月かかりす。次回からの修理コストも考慮して別加工バレル研磨に変更リフレッシュします。



スパッタリングメッキ剥離からブラスト研磨
スパッタリングメッキは自社剥離可能ですがクロームメッキは外注依頼となります。



3次元は縦壁もツル肌研磨しますのでスポーク縦壁のユズ肌が粗くこれは手こずりそうです。



様々なアクションツールで万遍なくハンド研磨します。



肌確認のためとりあえずバレル荒研磨



写真では解りませんが、ペーパー目が大きく残り平滑がまだまだです。



中間研磨の同じ作業を何回も繰り返してペーパー目や凹凸は無くなりましたが艶がまだ出ません。



最終の仕上げバレルも何回もかけて肌チェックしてどんどん光沢が出て来ます。



7割程度の仕上げですが回転面の低いホール穴付近はまだ艶が出ません。



3次元バレルの完成です。隅々までテカテカになりました。



ブラックオンクリアーしてブラックポリッシュの完成です。



インナーリムや側面リムは透明のクリアー仕上げになります。



一遍磨き込んだバレル研磨は次回修理の時は傷部だけ直して再バレル研磨出来ますので短納期、低コストになります。毎回高額な修理代がかかる再メッキ修理に比べてバレル修理はメッキの3割程度で収めります。



朝10時頃:桜島の写真

今日の夜中は台風が県本土に上陸して朝4時頃から起こされて台風通過後は久しぶりに快晴となりました。・・が・・いつものように目の前の桜島が相変わらず活発な噴火をしています。灰の影響で少なからず仕事に影響しますので思ったように事が進みません。

以前当社でミラーバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。

4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。

お問い合わせやお見積もりなどは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

PS:お問い合わせや見積もりなどこちらからのメールでの回答など手が空かず当日連絡は出来ない事も多々ございますが、2~3日以内には返信するようにしています。 それでも返信がない場合は携帯やPCの迷惑メール設定などが考えられますので2~3日以内に当方からの返信が無い場合は確認のため直接お電話ください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください。
0995-65-7225  担当ニシまで

(有)オートサービス西

2012.09.15

ベンツ用19インチスパッタリングメッキからシルバー&ポリッシュ仕上げ

クロームやスパッタリングなどメッキホイールは耐久性が悪くメッキ剥げやメッキ腐食がどうしても起きてしまいます。それをまた再メッキとなれば高額な料金となる上にまた再発の恐れも避けられませんので再メッキの受注が少ないのは現実です。 

それらメッキホイールを再メッキしないでコストの安い別加工にしてカラー塗装や磨きによる違った表現にリフレッシュ・リメークするケースが非常に多くなっています。 

★クローム&スパッタリングの腐食について★

クロームメッキ特有の錆びからの剥げ浮きです。

クロームメッキはアルミの上へ銅(20~30ミクロン)がのってその上へニッケル(20~30ミクロン) その上にクローム(1ミクロン)が載って厚さ50~60ミクロン(0.05ミリ)で形成されています。

クロームの劣化は一番下の層、銅から錆び、腐食が始まりそこからメクレ浮きが発生します。

アメリカ製のクロームホイールは中国製ですので素材が良くありません。その粗い表面を覆うために銅板を厚めにつけて有りますので余計に剥げ易いと言われています。



タイヤ組み換えのレバー傷からメッキが剥げて表面までメクレて来るケースやガリ傷からメクレて来るケースなどスパッタリング特有のクローム層の剥げです。

スパッタリングは一部傷が入ればそこからどんどん上面が剥げて来ます。

スパッタリングメッキはベースに粉体塗装(パウダーコート)をしてその上にクロームを飛ばし蒸着させた数ミクロンのクロームを保護するために溶剤のクリアーで抑えて有ります。 ベースコートとトップコートが塗装式のため一般的に塗装メッキと呼ばれています。

数年前までのスパッタリングはアルミを飛ばし銀膜を蒸着させる方法でしたが、アルミ銀膜では色飛び、退色が早く外観も銀紙を被せたような安っぽい仕上げりだったため現在国産量産品のスパッタリングメッキは全てクローム蒸着式となっています。

スパッタリングのクローム層は1~2ミクロンで極薄なためベース(黒・グレー)がどうしても透けます。そのためクローム色でなくやや黒見がかったメッキとなります。

粉体塗装のベース黒がSBCで、ベースグレーがSMBと呼びます。


ベンツ用19インチスパッタリングメッキからシルバー&ポリッシュ仕上げ


熊本県のお客様・・最初の御依頼は酷かった方の2本だけの再メッキのご希望でしたが、再メッキはとにかく高くつきます。残り2本もそう遠くない内に劣化し始めますのでこの際、2本分の再メッキ代で他の方法なら4本リフレッシュしてもお釣りがでますので急遽カラー&ポリッシュに変更となりました。

 
紫外線の影響でくすんで退色が進み、剥がれによるベースの粉体塗装(パウダーコート)の黒が見えて来ています。
スパッタリングの再メッキは高額な上にまた同じ症状がいずれ出ますので今回は別表現でのリフレッシュ・リメークをお勧めいたしました。


 
まずはダミーボルトを外して剥離からハンド研摩します。
スパッタリングメッキは上下の層が塗装式のためクロームのように剥離外注依を要さず自社でお安く剥離で来ます。


 
インナー、側面はリム研摩機にて前処理します。



全面剥離してあればベースは粉体塗装(パウダーコート)も施せますが最終が溶剤仕上げのため予算的にベースも溶剤サフで前処理します。


 
仕上げの溶剤ウレタン焼付けシルバーを塗りクリアーまで完成させます。


 
オリジナルに似た同系の新品プラ製のダミーボルトを用意!
※注):プラ製のダミーボルトは外す際に潰れて損傷しますので再利用は出来ません。


 
本体塗装完成後にリム磨き込みポリッシュ研摩して完成です。 


 
スパッタリングメッキとはまた違った別表現方も有りかと思います。 それに塗装&磨きホイールなら傷を付けてしまってもスパッタリングの1/4程度の修理代で収まり経済的です。

4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

お電話でもお気軽にお問い合わせください。
0995-65-7225  担当ニシまで

(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«10月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード