ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - ダイヤモンドカットからバレル研磨

2019.11.21

AMG鋳造19インチ溶剤ダイヤモンドカットからパウダーガンメタ+バレル研磨パウダーアクリルクリアーフルパウダーコート

AMG19インチのダイヤモンドカット溶剤クリアーから耐久性重視のパウダーガンメタ+バレル研磨パウダーアクリルクリアーフルパウダーコートに模様替え!

元はダイヤモンドカットですが、ダイヤモンドカットはデザイン構造により何回も切削カットすれが形状が変わります。さらにダイヤモンドカットはパウダークリアーが塗れません。

ダイヤモンドカット修理の「条件・欠点・留意点」を詳しく案内してますので参考にしてください。

AMG鋳造19インチ溶剤ダイヤモンドカットからパウダーガンメタ+バレル研磨パウダーアクリルクリアーフルパウダーコート


茨木県のお客様・・・・他店でダイヤモンドカットからバフ磨き溶剤クリアーのAMG純正19インチです。

曲りガリ傷修理が有りませんでしたのでいきなり塗装剥離~ブラスト研磨

インナーリムから側面リム研磨

鋳物ゆず肌落とし平滑面出しパウダーガンメタ下処理バレル荒研磨

1Ps本体丸塗りパウダーガンメタ静電噴射!

パウダーガンメタ先塗完成!

ポリッシュのリムディスク天面2次元ハンド研磨

リムディスク天面2次元ハンドバフ磨き

リムディスク天面バレル2次元研磨完成

ポリッシュ密着性UPガスグラスプライマー化学処理してパウダーアクリルクリアー静電噴射!

パウダーガンメタ+バレル研磨パウダーアクリルクリアーフルパウダーコート

 ・・・溶剤ガンメタとパウダーガンメタブラの大きな違い・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」1Ps本体塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。パウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ダイヤモンドカットは溶剤クリアーのみ対応ですがバレル研磨、ブラッシュドはパウダーアクリルクリアーが塗れるのが一番の売りです。
ポリッシュへのパウダークリアーは密着性が良く透明度の高い頑丈肌の高級パウダーアクリルクリアーです。

前回ダイヤモンドカット修理でAMGロゴ凹文字が浅くなってますのでもうこれ以上ダイヤモンドカットスライスすれば終いにはAMGロゴ凹文字が無くなります。

ダイヤモンドカットに拘る必要ない場合ばワンオフならではの高級感有るハンドメイドのバレル研磨やブラッシュドへのパウダーアクリルクリアーフルパウダーコートがお勧めです。
ダイヤモンドカットは2回目までが修理限界ですがバレル研磨は何回でも修理可能です。
バレル研磨の修理 https://www.243ok.com/blog/category/464/
ダイヤモンドカット修理2回目以降の留意点!
ダイヤモンドカットはカンナで削るような切削削り込み式ですので以下の留意点が有ります。

他店でのダイヤモンドカット修理ですが凹彫り文字ロゴが浅くなってます。
2回目のダイヤモンドカットすれば凹彫り文字ロゴがさらに浅くなり3回目のダイヤモンドカットで終いには凹彫り文字ロゴが消えてしまいます。

2回目のダイヤモンドカットですがディスク窓部ガンメタ溝が無くなり3回目のダイヤモンドカットをすればガンメタと平坦になり段差が無くなります。

1回目のダイヤモンドカット修理ですがディスクとリム幅がやや広くなってます。
2回目以降はさらにリム幅が広くなり形状が変わります。

凹掘り込み赤ラインミ溝がどうしても浅くなりますが2回目以降はさらに浅くなります。

ダイヤモンドカットはエッジが鋭角になり角バリますので角部は溶剤クリアーが伸びて薄くなるため角部から水侵入による白ミミズシミが早期に入ります。
■ダイヤモンドカット不可な物、欠点、留意点■
バレル研磨は磨き工法の為、以下全て対応可能でパウダーアクリルクリアーが塗れます。
1・曲り歪みの有る場合、均等に切削が出来ないため振れ歪みの有る物はダイヤモンドカット不可
2・切削カット修理するたびに肉厚を失い強度低下、形状変化を起こすためダイヤモンドカット修理は2回目までが限界
3・キャップ、プレートやその他パーツの傷直しダイヤモンドカット不可
4・合金プレス1枚型リムなど薄いリムをスライスカットすれば肉厚が失われるためダイヤモンドカット不可
5・二輪バイクホイールはピッチホール穴が無い為ダイヤモンドカット不可
6・凹掘り込み文字や凹掘り込みラインなどカット修理により凹掘り込み文字ラインが浅くなる。
7・リムとディスク境目が浅い構造はダイヤモンドカット2回目以降はリムとディスクの境目段差が薄くなり3回目以降は境目段差が無くなる
8・パウダークリアーが出来ないためガン吹き液体溶剤クリアー塗装のみ対応の為、耐久性に難が有る
9・ディスクのエッジが鋭角になり溶剤クリアーが伸びてクリアーが薄くなるため角部から水侵入により白ミミズシミが早期に入る
耐久性に難が有る上に修理コストが掛かる「ダイヤモンドカット」に拘るか、修理コストを抑えてパウダーコートによる耐久性UPの「バレル研磨・ブラッシュド・その他」模様替えするかの選択です。
アルミ素地表現の「バレル研磨・ブラッシュド・ダイヤモンドカット」は曲りガリ傷よりもポリッシュ腐食の大小が仕上がりを大きく左右します。
曲り、ガリ傷、欠け、割れは治っても虫食い、陥没、腐食は金太郎飴の様にいくら磨いても完全には治りません。
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
営業時間:AM9:00時~PM19:00時
定休日:日曜祝祭日
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2019.04.11

HOSHINO-IMPUL-G5-13インチ/パウダーブラック&バレル研磨ノークリアー

インパルG5-13インチのパウダーブラック&バレル研磨ノークリアーです。

4本曲りガリ傷が多く有りますが、ノークリアーが幸いして酷い腐食が無くバルレ研磨が出来ました。

曲りガリ傷は治せても虫食い、陥没など侵食した腐食痕は消えませんので素地磨きのフルポリッシュバレル研磨は「曲りガリ傷の有無」より「腐食の有無」こそが仕上がりを大きく左右する重要ポイントです。

ホシノインパルG5-13インチ/パウダーブラック&バレル研磨ノークリアー


福岡県のお客様・・・30年前の2Ps溶接ハメ殺しのHOSHINO-IMPUL-G5-13インチ
4本曲りガリ傷が多く有りますがノークリアーのため酸化白ボケしても腐食は殆ど有りません。

4本8ヶ所以上曲り修理

ガリ傷肉盛り修理・・・ペンチ曲げ直しが有りますが曲り、ガリ傷より手間が掛かりますので手を加えずお願いします。

リム修理が無事終われば塗装剥離からディスク表裏ブラスト研磨

2Ps本体インナーリムから側面リム研磨

2Ps本体先塗りのパウダーグロスブラック静電噴射

凹部の黒を残しディスクからリム研磨

ハンドアクション研磨

ディスク部バフ磨き

リムのバフ研磨

黒のダミーボルトは有りませんのでメッキダミーボルト装着してバレル研磨完成!

・・・2Ps本体インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

リムの曲りガリ傷修理はほぼ完璧です。

腐食が有りませんでしたので鏡面ポリッシュ映り込み良好!

ペーパライン、バフライン、バフムラ、パフ焼けなど完全に消して鏡面ポリッシュになるのがバレル研磨です。
一液型溶剤クリアー白ミミズシミ腐食現象について
ノークリアーのインパルは白ボケしてますが雨、泥水は直ぐに蒸発乾燥しますのでミミズシミなど入らず虫食い、陥没も起きにくくなります。
4駆の方は肌が弱い薄い一液型溶剤クリアーを塗って在りポリッシュ素地とクリアーの間に水が浸入して常に湿った状態のため白ミミズシミが入り終いには素地内部まで侵された虫食いが起き金太郎飴の様にいくら磨きても腐食痕が残ります。
ベース先塗りカラーが溶剤でない限り当社ポリッシュオンクリアーは全てパウダーアクリルクリアーになります。
焼き付け温度の違いで溶剤(70℃)の上にパウダークリアー(180℃)は出来ません。
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行ってません。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.05.30

四駆1Ps鋳造(CAST)プラ樹脂製ダミーボルト付き15インチ/バレル2次元研磨パウダーアクリルクリアー

四駆1Ps鋳造(CAST)プラ樹脂製ダミーボルト付き15インチ/バレル2次元研磨パウダーアクリルクリアー四駆1Ps鋳造(CAST)プラ樹脂製ダミーボルト付き15インチのバレル2次元研磨パウダーアクリルクリアーです。

少々傷んだ鋳造(CAST)ポリッシュでも国産鋳造品ならバレル研摩で殆ど上手く行きますが・・・アジヤ産(中国製)の鋳造(CAST)は素材造りが良くないモノが多いため新品でも上手く光らない場合が有ります。

素地表現のポリッシュ仕上げ「BBFバフポリッシュ・バレル研磨・ブラッシュド」は素材の良し悪しと虫食い、陥没、腐食の有無こそが仕上がりを大きく左右します。

生産国素材によるバレル研磨仕上がりの大きな違い http://www.243ok.com/blog/2012/11/23239/

四駆1Ps鋳造(CAST)プラ樹脂製ダミーボルト付き15インチ/バレル2次元研磨パウダーアクリルクリアー


沖縄県のお客様・・・腐食進行中の旋盤カットポリッシュのプラ樹脂製ダミーボルト付き四駆1Ps鋳造(CAST)15インチです。

量産式旋盤カットポリッシュはエッジが鋭角になりしかも肌が弱く薄い一液型溶剤クリアーのため鋭角な角部から水侵入で早期に白ミミズシミ腐食が入る原因です。

接着剤で付けて有るプラ樹脂製ダミーボルトは再利用しませんのでドリルで削除します。

腐食削除ハンドアクション研磨

湿式バレル荒研磨

当社独自の乾式バレル中研磨
※バレル中研磨をしつこ位長く研磨すれば少々の腐食痕は有る程度研磨出来ます。

ハンドバフ磨き

バフ磨きとバレル研磨を数回繰り返しバレル仕上げ研磨の完成!

鏡面ポリッシュの密着性向上のガスグラスプライマー化学処理しパウダーアクリルクリアーの静電噴射!

プラ樹脂製ダミーボルト装着して完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ホール穴周辺はバレル研磨機の円周回転が弱いため光リにくい周辺のため20000番手まで追い込んだ下研磨が必要です。

パウダーアクリルクリアーは透明度が高くレベリングも良くパウダーコート独特の肉厚感有るクリアーです。

バレル研磨仕上げノークリアー時より若干の艶引き感は有りますが透明度の高いパウダーアクルルクリアーを採用していますので一般的なパウダークリアーのような大きな艶引きや白ボケは有りません。

傷んだポリッシュホイールがバレル研摩ノークリアー時はメッキの様な光沢になります。
※コンパウンドやピカールなど一般的なバフ磨きでは「バフライン・バフ焼け・バフムラ」が出ますがそれを解消するのが鏡面ポリッシュバレル研磨の役目大きな違いです。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。 

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

 (有)オートサービス西

2018.05.08

14&15インチ1Ps鋳造(CAST)バレル2次元研磨ノークリアーx2台

14&15インチ1Ps鋳造(CAST)バレル2次元研磨ノークリアーx2台です。

年期モノの鋳造(CAST)ホイールでも、純国産鋳造ホイールなら「虫食い、陥没、腐食」さえなければほぼ問題無くバレル研磨可能です。

素地表現の「バレル研磨、BBFバフポリッシュ、ブラッシュド」は曲りガリ傷の有無より「虫食い、陥没、腐食」の有無と生産国で仕上がりを大きく左右する重要なポイントです。

国産鋳造と海外鋳造の違い
http://www.243ok.com/blog/2012/11/23239/

バレル2次元研磨ノークリアー&パウダーアクリルクリアー

その1・・・14インチ1Ps鋳造(CAST)バレル2次元研磨ノークリアー


岐阜県のお客様・・・多少曲りは有りますが年期モノの割には程度良好です。

アウト、インリムの曲り修理から・・

上塗り塗装で塗装ヒビかクラックかは塗装を剥いでからの判断

塗装剥離・・幸いクラックで無く重ね塗りの塗装割れで一安心・・・

ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

インナーリムから側面リムの研磨

当社独自の乾式バレル中研磨

湿式バレル荒研磨

ハンドバフ磨き

バレル2次元仕上げ研磨の完成!

インナーリムから側面リムはバレル研磨によりついでに綺麗になります。

通常のバフ磨きでは「バフライン・バフ焼け・バフ磨きムラ」がどうしても出ますがそれを無くし鏡面ポリッシュにするのがバレル研磨です。

ディスクサイド面窓部はバレル研磨によりゆず肌の鈍い銀の光沢になりこれがバレル2次元研磨の特徴です。

ノークリアーはオンクリアーの様に剥げる概念が無く白ミミズシミ腐食など心配有りませがアルミ素地は酸化白ボケしますので普段小まめなメンテナンスが必要不可欠です。
その2・・・15インチ1Ps鋳造(CAST)バレル2次元研磨ノークリアー+キャップ塗装

東京都お客様・・・・年期モノエンケイディッシュ6本です。

錆びた鉄メッキのキャップ再クロームは綺麗にならない上にコストが掛かりますのでハイパー塗装DSKに塗り替えします。

赤錆びの虫食い、陥没部はパテ埋め補修

パウダーコートベースのハイパー塗装DSK

エンブレムは剥離研磨してパウダーグロスブラック静電噴射

赤ロゴ作成貼り付けしてクリアー抑えして鉄キャップの完成!

元々ノークリアーですのでオンクリアー特有の白ミミズシミ腐食が無いためこれなら磨き込めバレル研磨で当時物オリジナルよりは綺麗になります。

ブラスト研磨

ガリ傷肉盛り溶接修理

肉盛り溶接研磨形成ハンドアクション研磨

インナーリムから側面リム研磨

ハンド研磨バフ磨き

当社独自の乾式バレル中研磨

湿式バレル荒研磨

ペーパー目残りチェックしてバフ磨き

バレル2次元仕上げ研磨の完成!

インナーリムから側面リムはバレル研磨によりついでに綺麗になります。

ディスクサイド面窓部はバレル研磨によりゆず肌の鈍い銀の光沢になりこれがバレル2次元研磨の特徴です。

「バフライン・バフ焼け・バフ磨きムラ」の無い均等な鏡面ポリッシュになります。

回転研磨機でのリム磨きではどうしても回転磨きラインが出ますがそれも有りません。

30年前の鋳造(CAST)ホイールでもここまでフルポリッシュ再生出来ます。

●ノークリアー(パウダークリアー無し)の特性●

【ノークリアーの利点】
1・アルミ素地磨き状態のため素材そのものの光沢輝きが表現出来る
2・一部の傷補修や少々の傷消しはサンドペーパーとコンパウンドさえあればユーザー自身でリペアー可能
3・普段から小まめに洗浄、磨き、ワックス掛けメンテすれば光沢が永く維持出来る
4・曲りガリ傷修理の際にクリアー剥離が無いめ修理と磨で終わるため短納期で修理ランニングコストが安くなる
5・塗装が無いため塗装の変色、剥げなどの概念が無い

【ノークリアーの欠点】
1・アルミ素地剥き出しのため傷が付き易く雨泥で酸化白ボケし易い
2・塩風の有る海岸沿い、火山灰が降る地域、雪国で凍結剤を使う地域などは特に腐食を起し易い
3・水や泥が付いてそのまま放置すればシミ、腐食の原因となり普段のメンテナンス(洗浄・ワックス・磨き)など週2回以上の磨きメンテが常に必要となる
4・クオリティの維持は使用条件化や普段のメンテナンスの有無に左右される
※ノークリアーメンテについてはこちら http://www.243ok.com/menu/noclearmente/


●オンクリアー(パウダーアクリルクリアー)の特性●

【パウダークリアーの利点】
1・素地ポリッシュにパウダークリアーコーティングされているため洗車水洗い程度で済む
2・パウダークリアーは量産新品の軟弱な一液型溶剤クリアーと違い「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPが期待出来る

【パウダークリアーの欠点】
1・磨き込んだ鏡面研磨光沢がクリアー塗装により鏡面光沢がやや落ち艶引き感が出る
※例・・鏡にクリアーを塗れば映り込みが弱くなりボケ感が出るのと同じ現象
2・曲りガリ傷修理の際にクリアー剥離代が伴い修理後に全面再クリアー代も掛かるためノークリアーより納期や修理ランニングコストが高くなる
3・パウダークリアーとは言え経年劣化やガリ傷、角部からアルミ素地とクリアーの間へ水が浸入してに白シミ、ミミズシミ、塗装の浮きがいずれ起こる
4・ユーザー自信で部分傷補修が出来ない
※傷、シミの入った箇所を研磨してもクリアーが剥げるだけでアルミ素地が出て却って不格好な仕上りになる

■ノークリアー&オンクリアーまとめ■
ノークリアーは週1ペースでのメンテが必要ですが、メンテ次第で光沢クオリティーが永く維持出来てユーザー自身でリペアー可能である
オンクリアーは水洗いOKですが小傷から水侵入白錆びや曲りガリ傷が入れば一旦クリアーを剥ぐ必要が有りユーザー自身で磨きリペアーが出来無い

■ノークリアーメンテについて■
ノークリアー仕上げはオンクリアーの様に水侵入による白ミミズシミは入りませんがアルミの無垢状態ですので水、泥、灰、塩カリなど水気や塩分が一番の敵です。
水気や塩分による白ボケ、酸化を防ぐために定期的に水洗いして乾燥後に水気弾きの強いワックスでも掛けておけばより光沢維持効果が有ります。

ポリッシュホイールやアルマイトホイールなど市販されているホイールクリーナー(汚れ落とし)などを使えば
化学反応を起こし表面を犯してしまいますのでホイールクリーナー(汚れ落とし)は絶対NGです。
中性洗剤で洗浄して水弾きワックを掛けておけば素地コーティングの役目をして光沢を長持ちさせます。

バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材の違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されますが、その前に修理が出来てからの話しです。

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。 

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2017.12.02

日産純正15インチ/スーパーポリッシュバレル3次元研磨ノークリアー

日産純正15インチのスーパーポリッシュバレル3次元研磨ノークリアーです。

お客様自身でバフ磨きにトライして途中で断念!

専門知識・技術無しの研磨は削り過ぎや凸凹な研磨ムラが出て手直し研磨などで手間が倍掛かります。

簡単な上塗りカラー塗装なら誰でも出来ますが、フルポリッシュ磨きはバレル研磨、磨きのプロにお任せください。

日産純正15インチ/スーパーポリッシュバレル3次元研磨ノークリアー

岡山県のお客様・・・切削ポリッシュダイヤモンドカットの2本凸凹に研磨された日産純正15インチです。

旋盤で天面カットするダイヤモンドカットはエッジが角張りディスク天面は平べったくなります。

お客様自身で研磨してある2本ですが、角を潰し過ぎです!
これに合わせてスポーク4本角潰し丸目に形成します。

赤印周辺がこのホイールで磨きが難しい箇所です。

狭い奥角は研磨工具が入りませんので全て手磨きです。

お客様が研磨した2本を手直し研磨してその2本に合した形成研磨

4本同じような形状に研磨形成!

湿式バレル荒メディア

バレル荒研磨

乾式バレル中メディア

バレル中研磨

湿式バレル仕上げセラミックメディア

仕上げバフ磨きとバレル仕上げ研磨を数回繰り返しバレル3次元研磨の完成!

鏡面仕上げ映り込みもGOODです。

インナーリムから側面リムはついで研磨で表面の様に光沢は出ませんが綺麗になります。

研磨工具が入らない難しい狭い奥角は根気よく手磨きしてのバレル研磨です。

バフ磨きフィニッシュでは均等に綺麗に磨けない箇所もバレル研磨でムラなく磨けます。

写真左は角張ったダイヤモンドカット、写真右は角を潰したバレル研磨

20年以上前の鋳造ホイールですが大きな腐食も無く国産鋳造品ですのでバレル研磨で光沢が蘇ります。
バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材の違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(国産品・海外生産品)」などで大きく左右されますが、その前に修理が出来てからの話しです。

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。アフターケアーは安心してお任せください。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されていないメール「迷惑メール」と判断して削除されますので回答・返信出来ません

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2017.04.08

センチュリー純正とエンケイバハ/バレル2次元研磨パウダークリアー

鋳造(CAST)ホイール1Psフィンタイプのセンチュリー純正バレル2次元研磨ノークリアーとエンケイバハのバレル2次元研磨パウダークリアーです。

センチュリー純正とエンケイバハは磨きポリッシュでは無く旋盤カットポリッシュのため同じ加工ではまた白ミミズシミが入りますので別加工ポリッシュのバレル研磨ノークリアー&パウダークリアーで耐久性重視です。

丸塗りカラー塗装(溶剤カラー&パウダーカラー)はデザイン構造に関係しませんが、ハンド磨きからバレル研磨は浅いモノと深いモノでは磨き領域が大きく違いますのでデザイン構造で料金や納期も異なります。

センチュリー純正とエンケイバハのバレル2次元研磨ノークリアー&パウダークリアー
その1・・・センチュリー純正15インチ/バレル2次元研磨ノークリアー&ハブ穴拡大加工

千葉県のお客様・・・鋭角に切られた旋盤カットに溶剤クリアーを塗った切削ポリッシュ特有の水侵入による白ミミズシミ腐食有りのセンチュリー純正15インチです。

旋盤カット(ダイヤモンドカット)の溶剤クリアーは100%白ミミズシミ腐食が入ります。その理由http://www.243ok.com/menu/simifusyoku/

先ずはハブ穴60φ~67.2φに拡大加工!

塗装剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

湿式バレル荒研磨~乾式バレル中研磨

インナーリムから側面リム研磨

バフ磨きから仕上げはバレル湿式仕上げ研磨

アルミ素地の磨きをそのまま表現したいとお客様のリクエストでノークリアー仕上げです。

インナーリムから側面リムはついで磨きですので腐食は完全には取れません。

ノークリアーは酸化白ボケしますが、白ミミズシミなど入る事は有りませんので磨き直しすれば光沢が復帰します。
その2・・・エンケイバハ15インチ/バレル2次元研磨パウダークリアー

大分県のお客様・・・エンケイバハはノークリアーの切削ポリッシュですので白ミミズシミは有りませんがバレル研磨再ポリッシュしてパウダークリアーでコーティングします。

ゆず肌部のブラスト研磨

インナーリムから側面リム研磨

ディスクフィンからリム天面のアクション研磨

ハンドバフ磨き

湿式バレル荒研磨

乾式バレル中研磨

再度バフ磨き

湿式仕上げバレル研磨

ポリッシュ密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理してパウダークリアー静電噴射!

バレル2次元研磨&パウダークリアー完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・鈍い光沢で見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ポリッシュへのパウダークリアーは密着性が良く透明度の高い高級アクリク系パウダークリアーです。

ゆず肌部はバレル研磨で鈍い銀になりますので銀を透かしたパウダークリアーでハイパー塗装(SDK)風になります。
ウェットブラストも完備していますがウェットブラストでは鈍い銀光沢にならず白ボケ光沢になりますのでウェットブラストは今や出番が無くなりました。

古い年代モノの鋳造(CAST)ホイールでも純国産品は腐食さえなければバレル研磨もパウダーコートもほぼ問題無く仕上が海外製の鋳造(CAST)ホイールは当たり外れが有ります。
鋳造(CAST)ホイールでも生産国による違いhttp://minkara.carview.co.jp/userid/782662/blog/28346812/
鋳造も鍛造もホイールの製法・技術・品質は日本製が世界一です。
                     
Made in Japan

バレル研磨の鏡面光沢を透かしたパウダーキャンディーゴールドを塗れば金メッキ調になります。
パウダーキャンディーカラーは100色以上有りますのでバレル研磨との組み合わせで個性豊かに様々なポリッシュカスタムキャンディーカラーを提供いたします。
 

バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりはメール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 


メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

2017.03.23

ハヤシレーシング14&15インチ/溶剤&パウダーコートリフレッシュ・リメーク

ハヤシレーシング14インチ(新品)と15インチ(新品同様)のため修理ついでのリフレッシュでは無く模様替えと耐久性重視のリフレッシュリメークです。

14インチ/ハヤシ・・・個性的で派手目な溶剤塗装による3トーンカラーによる色調カスタム重視!マスキングを要す多色重ね塗りはパウダーコート不可のため溶剤カラーに限ります。

15インチ/ハヤシ・・・パウダーシャンパンゴールドとポリッシュパウダークリアーフルパウダーコートによる耐久性重視!
バレル研磨が前提の場合、先塗りのカラーが溶剤カラーでは密着性が悪いためバレル研磨で塗装が剥げてしましますので先塗りカラー塗装&バレル研磨は密着性の高いパウダーコートに限ります。

溶剤カラーとパウダーコートそれぞれの塗装特性を生かしたハヤシx2台を紹介します。

ハヤシレーシング/パウダーコート&溶剤リフレッシュ・リメークx2台
 その1・・・ハヤシ14インチ/マスキングによる溶剤多色カラー重ね塗りのリフレッシュ・リメーク

埼玉県のお客様・・・新品14インチのハヤシx5本を「黒・赤・ポリッシュ」の溶剤塗装による3トーンカラーにリメークします。

溶剤カラー再塗装はベースが新品又は新品同様の場合に限り塗装剥離無いで下処理から上塗り塗装が可能です。

マスキングして最初に溶剤の赤塗装!

赤塗装部をマスキングして黒塗装のための2回目のマスキング!

赤塗装部をマスキングして窓部への溶剤の黒塗装!

リムポリッシュ部は磨き直して「ポリッシュ+赤+黒」3トーンカラーの完成です。

インナーリムから側面リムもマスキングしてカラー塗装無しのアルミ剥き出しです。

ポリッシュはノークリアー仕上げです。

マスキングを数回要す重ね塗り多色カラーの場合パウダーコートでは塗膜が厚いためマスキング断層が出ますので、重ね塗り多色カラーは溶剤カラーに限ります。
その2・・・ハヤシ15インチ/パウダーシャンパンゴールド&パウダークリアーフルパウダーコート

愛知県のお客様・・・15インチ程度良好のハヤシ!新品設定がノークリアーのためパウダークリアーが目的でそのついでに溶剤黒からパウダーシャンパンゴールドに模様替えします。

黒剥離からブラスト研磨

インナーリムから側面リムの研磨

ハンドアクション研磨からバレル荒研磨!

先塗りのパウダーシャンパンゴールド静電噴射!

リムからディスク天面のパウダーコート削除研磨

バレル研磨前の下処理バフ磨き

バレル仕上げ研磨!
※バレル研磨する場合の先塗りカラー塗装が溶剤カラーでは密着が悪いため剥げてしましますので後でバレル研磨する場合の先塗りカラー塗装は密着性の高いパウダーコートに限ります。

本体丸塗りのパウダークリアー静電噴射!

シャンパンゴールド&ポリッシュパウダークリアー完成!

裏リムは普段洗浄メンテが出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などパウダーコートがより効果的でガラスコーティングなども必要有りません。

先塗りのパウダーシャンペンゴールドからポリッシュまでベロット丸ごとパウダークリアーする事でシャンペンゴールドの光沢向上と耐久性もアップします。

ポリッシュ鏡面肌により密着性と透明度のより高い高級アクリル系パウダークリアーを採用していますので鏡面ポリッシュ艶引き感も最小限に抑えられます。

カラー&バレル研磨や最終クリアーがパウダークリアー希望の場合は溶剤カラーとの組み合わせが出来ませんので先塗りカラー塗装&バレル研磨は密着性の高いパウダーコートに限ります。
 


   ・・・溶剤カラーとパウダーコートの特性について・・・
●溶剤カラーの長所●
1・素材を選ばない
2・部分修理塗装や上塗り塗装が出来る
3・液体のためブレンド自由自在に無限大のカラー表現が出来る
4・キャンディー系の濃淡調色が自由自在に出来る

●溶剤カラーの短所●
1・「密着性・褪色性・耐UV性、」が劣るため塗装剥げや褪色の劣化が早い
2・耐熱性が無いため熱により柔らかくなった塗膜にパットカスや汚れが浸透付着する
3・塗装膜が弱いため傷が付きやすい
4・有機溶剤のため人体や環境に悪い


●パウダーコートの長所●
1・粉末状の樹脂膜のため塗膜が固く傷が入りにくい
2・密着性が高いため塗装が剥げにくい
3・褪色性・耐UV性が高いため色褪せしにくい
4・200℃焼き付けのため少々の熱に強い
5・耐熱性が高いため塗膜にパットカスや汚れが浸透付着しない
6・有機溶剤を使わないため人体や環境に良い
7・ガラスコーティングなど不要


●パウダーコートの短所●
1・金属製に限り素材を選ぶ
2・塗装を剥いで金属無垢に戻す必要が有る
3・部分修理塗装や上塗り塗装が出来無い
4・カラーNOや指定カラーなどカラー調色に対応出来ない。
5・マスキングを要す多色カラー重ね塗りが不向き
6・キャンディー系の濃淡調色が出来ない。


完全無欠の塗装など有りませんのでそれぞれ一長一短特性を生かして目的に応じた選択です。


再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

2016.11.01

シボレー純正16インチ/バレル2次元研磨ノークリアー

シボレー純正ポリッシュオンクリアー白ミミズ腐食研磨削除からのバレル研磨によるポリッシュ光沢復活です。
 
旋盤切削やマスニング形成は鋭角な角張ったデザインになるため溶剤オンクリアーしても鋭角な角張った角部はクリアー層が極端に薄くなりその角部のアルミとクリアーの間に水が侵入して早期に白ミミズ腐食が確実に入りる原因で屋外で使用する以上ポリッシュオンクリアーの宿命ですのでいくらメンテしても無駄な抵抗です。
 
ポリッシュへのオンクリアー&ノークリアーの特性と一長一短を詳しくご案内いたします。

シボレー純正16インチ/バレル2次元研磨ノークリアー


茨木県のお客様・・・・曲りガリ傷は有りませんがポリッシュオンクリアー特有の白ミミズ腐食が酷く進行しています。

アルミとクリアー塗装の間に水が侵入して常に湿った状態のままとなり白錆びが出ますが、白錆びは早めの処置をしないとアルミ地金まで腐食が浸透して虫くい陥没状態になります。

薄っぺらいクリアーを剥離してブラスト研磨します。

マシニングされたディスク窓部が特に腐食が進行していますのでブラストで集中的に狙い研磨

リム研摩とディスク面はハンド研磨で腐食が有る程度消えるまで追い込んで研磨削除します。

バレル荒研磨からバレル中研磨

インナーリムから側面リムは研磨機による研磨

裏インリムもかなり腐食していますが裏ですのでデザイン天面(フェイス)部ほどの研磨では有りません。

バレル2次元研磨の完成!
今回はノークリアーのリクエストですのでここで完了!

側面リムは普段タイヤで覆われていますので殆どのモノは腐食していません。

インリムは特別磨いた訳ではなく1Ps本体水槽漬けのバレル研磨でついでに綺麗なるレベルです。

マシニングされたスポーク側面窓部は特に腐食が進行していましたので虫くい、陥没が多少残りました。

当社のバレル研磨メディアは「バレル荒研磨・バレル中研磨・バレル仕上げ研磨」の3種類のメディアを使い研磨していますので大概のモノは光沢復元出来ます。

ノークリアーですのでアルミ光沢がそのまま表現され量産の薄いクリアーによる白ミミズ腐食は入りませんがアルミ無垢のため酸化白ボケを起こしますので普段の磨きメンテが必要です。


ポリッシュオンクリアーの白ミミズ腐食現象について
            
【A】バフ磨きポリッシュノークリアー
ノークリアーの場合は雨泥が付いても水気はすぐに蒸発しますので湿りが無く白ミミズ腐食は入りませんが雨泥が付いた状態のままでは酸化ボケはしますので普段のメンテが必要です。
乾燥した所へはカビは生えませんが、水気、湿気がある所へはカビが生えるのと同じ現象です。
インナーリムは汚れてやブレーキパッド痕は付きますが、インナーリムは剥き出しかカラー塗装のため虫食い腐食の現象が起きないのもそのためです。
【B】切削カットポリッシュ溶剤一液型オンクリアー

ダイヤモンドカットオンクリアー新品卸しで僅か2年程度で全て角部からの水の浸入により発生した白ミミズシミ現象です。屋外で使う以上角部への水の浸入は避けられませんので毎日手入れしても無駄な抵抗の自然腐食現象です。
切削ポリッシュやダイヤモンドカットは天面を鉋で切るような手法のため平面の角張った構造になりただでさえ薄く弱い量産式の一液型クリアーで鋭角な箇所はクリアーが伸びてさらに薄くなるためクリアー層の薄い角部から水が浸入して腐食が起きる原因です。
ポリッシュ「オンクリアー&ノークリアー」長所・欠点
ポリッシュ研磨完成後のクリアー塗装の有無はご要望の応じて対応いたしますがどちらも一長一短がございます。
●オンクリアー(クリアー塗装有り)の特性●
アルミ剥き出しは酸化白ボケ現象や水泥が付いてそのまま放置すればシミの原因となります。それらを防ぐためにクリアー塗装で保護皮膜をかけます。
1・鏡面研磨終了後のフィニッシュ時の光沢輝きからプライマー、クリアーコートをした時点で光沢輝きは1割ほど落ちます。

2・年数劣化により角部よりアルミ素地とクリアーの間へ水が浸入してに白シミ、ミミズシミ、塗装の浮き、また飛び石によるクリアー剥げなどポリッシュ仕上げ特有の損傷劣化は避けられません。 

3・一部の傷補修でもカラー塗装のように部分直しが不可のため一旦クリアーを全面剥離する必要がありリペアー代が割り高となります。

4・ユーザー自信で部分傷補修はできません。
※傷、シミの入った箇所を研磨しても部分的にクリアーを剥いでしまいアルミ素地が出来るだけで不格好な仕上りとなります。
●ノークリアー(クリアー塗装無し)の特性●
1・アルミ素地剥き出しのため傷が付きやすく、雨風に触れると酸化白ボケ現象を起こします。また水や泥が付いてそのまま放置すればシミ、腐食の原因となりますので普段のメンテナンス(洗浄・ワックス・磨き)など常に必要となります。

2・一部の傷補修や少々の傷消しはサンドペーパーとコンパウンドさえあればユーザー自身でも傷修正可能となります。

3・肉盛りを要す深いガリ傷修正でもクリアー塗装剥離やクリアー再塗装がないため、リペアー代が安く上がります。

4・アルミ素地剥き出しのため、汚れやすく、傷が入りやすくなりますが、塗装の変色、剥げなどはなくなります。※クオリティの維持は使用条件化や普段のメンテナンスの有無に左右されます。
ノークリアーメンテについてhttp://www.243ok.com/menu/noclearmente/
ポリッシュへのクリアーコートには液体ガン吹き溶剤系(アクリルウレタン樹脂)と固体パウダー系(ポリエステル&アクリル樹脂)があります。
液体ガン吹き溶剤アクリルウレタン樹脂にも1液型(硬化剤無し)と2液型(硬化剤有り)の2種類があります。
その1・溶剤系(液体)「1液型のクリアーコート」新品量産型 
その2・溶剤系(液体)「2液型の硬質のクリアーコート」硬化剤混合硬質型 ワンオフ向き
その3・静電式(固体)「パウダーコートクリアー」塗膜ではなく樹脂膜の頑丈型(第3のクリアー) 
その1・溶剤系(液体)「1液型のクリアーコート」は自然硬化しないため120℃前後の強制乾燥の釜焼きが必要です。透明度が高く、量産向となり新品ホイールは「1液型のクリアーコート」が主流です。 
弱点は塗膜が薄く肌が弱いため飛び石傷や干渉傷が入りやすくクリアー劣化も早いのが難点で新品ホイールやパーツのポリッシュは数年で白ミミズ、シミ現象が入るのは塗膜が薄く肌の弱い1液型のためです。1液型は見た目は良いですが塗膜肌が軟弱です。 
その2・溶剤系(液体)「2液型の硬質クリアーコート」はワンオフでの塗装向きで、1液型よりさらに肌の硬い2液型でよりよい高価な塗料を選別して使っています。硬化剤の比率が高いほど塗料代も高くなりますが、塗装肌の硬さも期待できるため一品物ワンオフでのクリアー塗装は2液型が主流となっています。
難点としてツル肌仕上げのポリッシュへの塗装は光沢仕上げのため「足付けの荒研磨」が出来ません。そのため肌が硬くても密着性に関しては1液型と同レベルです。
※注)カラー塗装へのクリアーは足付け研磨しますので2液型でも問題ありません。これはあくまでもポリッシュへのオンクリアーの場合の事を指します。

その3・静電式(固体)「パウダーコートクリアー」は「密着性・褪色性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPでポリッシュへのオンクリアーとして最強のクリアーですがパウダークリアーにも一長一短が有ります。
■パウダークリアーの長所■
1・地金素地への密着性が高い
2・退色性、耐光性が有り色褪せしにくい
3・頑丈な樹脂膜で塗装肌が固く干渉傷や飛び石に強い
パウダーコート肌実証動画 https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU
■パウダークリアーの短所■
1・素材を選ぶ(一部海外製など質の悪い鋳造ホイールは不純物が多いためブツなど発砲を起こします。)
2・腐食の有るモノも腐食痕周辺からブツなど発砲を起こします。
3・ポリッシュ光沢が若干艶引きします。
4・1Psなどディスクや窓部など溶剤カラーを塗って有るモノは温度差の関係上パウダークリアーと混合が出来ません。
バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。
以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。 
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

2016.02.29

国産鍛栄舎15インチと海外ブラバス20インチのバレル2次元研磨からのパウダークリアー

鍛栄舎15インチ国産鍛造(FORGED)とブラバス20インチ海外鋳造(CAST)のスーパーポリッシュバレル2次元研磨からのパウダークリアーです。

1Pホイールには鋳造鍛造があります。

鋳造ホイールは金属を溶かし鋳型に流して形成される量産向き鋳造ホイールです。

鍛造ホイールは加熱しながら4トン以上の圧力をかけて金型に押しつけ加熱形成するためコストが掛り大量生産が出来ませんので鍛造ホイールは高額になります。

流し込んだままの形成で重量の有る鋳造に比べて圧力を掛けた鍛造は金属組織の密度が濃く丈夫で頑丈な軽量ホイールになります。

鍛造と鋳造では材料や製法が全く違いますので素地磨き込みなど仕上がりに当然差が出てきますが、同じ鋳造でも国産鋳造と海外鋳造(中国製)では比較にならないほど大きな差が出ます。http://243ok.co.jp/blog/category/465/



国産鍛造と海外鋳造のスーパーポリッシュバレル2次元研磨からのパウダークリアー

その1・・国産鍛造(FORGED)15インチのスーパーポリッシュバレル2次元研磨&パウダークリアー



滋賀県のお客様・・・鍛栄舎15インチ国産鍛造(FORGED)です。ガリ傷修理、バレル2次元研磨からパウダークリアーにします。





肉盛り溶接※金属組織の粗いスカスカの鋳造と違い鍛造は密度が濃いため溶接による巣穴も殆ど出ません。





肉盛り修理研磨形成





リム研磨からディスクはハンドアクション研磨





本体丸ごとのバレル中研磨からバレル荒研磨







バフ磨きからバレル仕上げ研磨完成







ディスクの窓部サイド面はバレル2次元研磨によるゆず肌の銀の光沢になります。

※ディスクの窓部サイド面までデザイン天面同様に鏡面仕上げする事をバレル3次元研磨と言います。







パウダークリアーの静電噴射!







パウダークリアーでコーティングして完成です。







インナーリムから側面リムまで丸塗りのパウダーコートは「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」など効果的です。





ディスクの窓部サイド面はゆず肌の銀光沢のためパウダークリアーによりハイパーシルバー(DSK)の様な色調になります。





パウダークリアーは樹脂膜のため肌が固く厚いためバレル研磨フィニッシュ時より若干の艶引き感は避けられません。





メッキの様な派手な輝きでは無くアルミ独特の落ち着いた大人の光沢風合いでいぶし銀の輝きです



その2・・海外鋳造(CAST)ブラバス20インチのスーパーポリッシュバレル2次元研磨&パウダークリアー



岩手県のお客様・・・鋳造ポリッシュに多いのがダイヤモンドです。鋳造ブラバス20インチのダイヤモンドカットから耐久性重視を図りバレル2次元研磨からのパウダークリアーにします。





ガリ傷の押し込み曲りも有ります。







曲りガリ傷肉盛り溶接修理から







リム修理が終わればディスク面のダイヤモンドカットラインをハンド研磨します。





インナーリムから側面リムまでフル研磨







バレル中研磨からバレル荒研磨







バフ磨きからのバレル研磨を何回も繰り返し光沢が出るまで磨き込みます。







バレル2次元研磨の完成!納得いくまで磨き込んだらパウダークリアーに入ります。





パウダークリアーの静電噴射!





パウダークリアーの完成





インナーリムから側面リムまで丸塗りのパウダーコートは「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」など効果的です。





パウダークリアーによりバレル研磨フィニッシュ時より若干の光沢引き感が出ます。





海外製の鋳造(CAST)ホイールは胡麻を降ったような小さな巣穴が多少現れます。

国産鋳造は巣穴現象など殆ど出ません。





バレル研磨やリム磨き、パウダーコートなど曲りガリ傷は治せても「虫食い、陥没、腐食」など完全には治りませんので腐食損傷の有無こそが仕上がりを大きく左右する重要ポイントです。

バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。



国産鍛造&国産鋳造と海外鋳造の違い

国産鍛造は品質、技術共に世界一ですので「塗って良し・磨いて良し・軽くて取り扱いに良し」です。鋳造でも国産鋳造と海外鋳造では大きく仕上がりに差が出ます。

国産鋳造とアジヤ産鋳造の生産国による仕上がりの違いhttp://243ok.co.jp/blog/category/465/



以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。





4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

2015.10.19

16インチバレル2次元研磨と22インチバレル3次元研磨x2台

1Ps鋳造(CAST)ホイールx2台で16インチの方はバレル2次元研磨からパウダークリアーで22インチの方はバレル3次元研磨ノークリアーです。

バレル2次元研磨はリムからディスク天面が鏡面磨きとなりそれ以外のスポークサイド面窓部はユズ肌の鈍い銀の光沢になります。

バレル3次元研磨はリムからディスク天面さらにディスクのサイド面窓部全て(立体的な磨き)全面鏡面磨きになります。

バレル2次元研磨はインチサイズで算出しますがバレル3次元研磨はインチサイズだけで無く構造デザインにより研磨領域や難所など大きく違って来ますので構造デザインにより料金や納期が異なります。また構造デザインによっては一部研磨が完全に届かない箇所も出る場合が有ります。



16インチバレル2次元研磨と22インチバレル3次元研磨x2台

その1・・16インチ/バレル2次元研磨パウダークリアー



広島県のお客様・・・程度良好な16インチ1PsのXXRホイールです。バレル2次元研磨の場合は比較的安価で短納期が可能です。







塗装剥離





ブラスト研磨





バレル荒研磨







大型トレースバフ磨き機やアクションバフ磨きなど部位に応じてバフ研磨します。







バレル2次元研磨の完成!

これよりパウダークリアーでポリッシュ肌のコーティング







パウダークリアーの静電噴射!







バレル2次元研磨からパウダークリアーの完成







インナーリムから側面リムも丸塗りのパウダークリアーのコーティング







フルポリッシュへのオンクリアーは現時点ではパウダークリアーが最強です。







バレル2次元研磨は天面鏡面光沢になりスポークサイド面リム凹部はユズ肌の鈍い銀の光沢になります。







バレル研磨フィニッシュ時の光沢からパウダークリアーによりやや艶引き感はどうしても出て来ます。





その2・・22インチ/バレル3次元研磨ノークリアー



愛知県のお客様・・・ガンメタからのダイヤモンドカットの22インチホイールですが、バレル3次元研磨にはかなり困難で複雑なデザイン構造のホイールで2次元研磨と違い3次元研磨は料金や納期もそれなりに掛かります。





塗装の剥離状態です。・・ダイヤモンドカットは天面を旋盤で切り込んだ切削ポリッシュですのでカンナで切ったようにスポーク角が鋭角になってます。

スポーク角が鋭角になれば角部はクリアーが載らず角部から水侵入により白ミミズシミが入る大きな原因です。

こちらhttp://www.243ok.co.jp/menu/simifusyoku/





スポーク下に帯状のポリッシュが有りますがここも磨く必要が有り場所的に困難な箇所です。







曲り、ガリ傷の肉盛り修理

※素地ポリッシュですので修理に誤魔化しが出来ません。







リム修理してブラスト研磨







スポーク下の帯状部は研磨機にて研磨







ハンド研磨からバレル荒研磨







バレル中研磨~ハンド研磨~ハンドペーパー掛け~ハンドバフ磨き~バレル研磨の同じ事を数回繰り返します。







バレル3次元研磨の完成!







インナーリムから側面リムは特別狙って磨いた訳では無く表面をバレル研磨掛けた際についでに磨かれたレベルです。







アルミ製のセンターキャップも個別にバフ磨きからの仕上げはバレル研磨です。









スポークサイド面から帯状リングまたリム凹み部まで細部に渡り隅から隅まで磨き込む手の込んだ芸の細かな研磨が3次元研磨です。







バレル2次元&3次元研磨の限界サイズは22インチまで。

バレル3次元研磨のYouTube動画




バレル研磨後のオンクリアー&ノークリアーにも一長一短が有ります。

バレル研摩には2次元研磨と3次元研磨が有りバレル研磨後のオンクリアー(溶剤クリアーOrパウダークリアー)とノークリアーどちらも選択できます。

ダイヤモンドカットやブラッシュドなどヘアーラインポリッシュはヘアーライン保護のためオンクリアーは必須条件です。



オンクリアーの長所・・クリアーで表面を保護されていますので酸化白ボケはしませんので洗浄のみでメンテが楽になります。



オンクリアーの短所・・磨き込み時よりやや艶引きが出る事と飛び石や干渉傷が入れば傷口から水の浸入で白ミミズ現象が現れます。クリアーが被ってますので白ミミズや小傷修理など一旦クリアーを全部剥がないとDIY作業では無理です。

傷に強く密着性も良い頑丈肌のパウダークリアーでも完全無欠では有りませんので溶剤クリアーよりは長持ち先延ばしは期待出来ます。

ノークリアーの長所・・素材光沢がそのまま表現されます。クリアー層の下へ入る水の侵入など有りませんの白ミミズ腐食などは無縁です。また少々の傷直しや白ボケは手磨きでユーザー自身でリペアーメンテが出来ます。

ノークリアーの短所・・雨泥や塩カリ、降灰が被ったまま放置すると水垢や酸化腐食、白ボケを起こしますので普段のメンテが必要になります。お住まいの環境地域条件にも大きく左右します。



ノークリアーのメンテについて・・

アルミ素地無垢は泥や水気が一番の敵ですので泥汚れは水洗いして乾燥させた後に市販のコンパウンドで手磨きして水弾きの強いワックスを塗ってコーティングしておけば光沢を永く維持出来ます。洗車や磨きを至福の喜びとする方にはお勧めです。



バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。



今回の北米トヨタ純正の鋳造(CAST)はエンケイさんの日本製ですのでバッチリ仕上がりましたが海外製の鋳造(CAST)は一部中国産が有るため素材造りの違いで上手く行かない場合も有ります。

生産国による仕上がりの違いはこちらhttp://243ok.com/blog/category/465/



以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



  (有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«12月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード